2009年1月 7日 (水)

甲府のスタはゴル裏の芝生がヨカッタのだが。

Stadiumr_591_41662133_o 3連発です(笑) 貯金使いはたしそう。。

ここは「小瀬スポーツ公園陸上競技場」です。

設備はまあまあ。屋根はない。売店は少なかったなあ。いや、数はあったけど、客さばきがイマイチで、ずっと行列だった。あの快晴の日にビールが前半終了持たずに完売はいただけない。
 芝生はいい感じだったが、専スタなのにどうして観客席からピッチまでが遠いのだろう。そこが最大に残念だったところ。
 立地条件は、きびしいなあ。環境は海のそばだし風は気持ちいいしでいいのだが、公共交通機関とのアクセスが悪すぎやしないか?その分、駐車場は大きかったが、しかし車移動前提のスタってのもどうかと思った。
 そうそう、スタのとなりに練習場があって、そこの芝生もスタなみに美しかった。ボールを蹴りたくなる芝だったなあ。その日はたぶん福井市の小6のトレセンが練習してましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

福井県にもいいスタジアムがあるんですよ。

Stadiumr_911_2810da62_o 連日すいません(^-^;
テクノポート福井スタジアムです。
2年前に一度、行きました。

設備はまあまあ。屋根はない。売店は少なかったなあ。いや、数はあったけど、客さばきがイマイチで、ずっと行列だった。あの快晴の日にビールが前半終了持たずに完売はいただけない。
 芝生はいい感じだったが、専スタなのにどうして観客席からピッチまでが遠いのだろう。そこが最大に残念だったところ。
 立地条件は、きびしいなあ。環境は海のそばだし風は気持ちいいしでいいのだが、公共交通機関とのアクセスが悪すぎやしないか?その分、駐車場は大きかったが、しかし車移動前提のスタってのもどうかと思った。
 そうそう、スタのとなりに練習場があって、そこの芝生もスタなみに美しかった。ボールを蹴りたくなる芝だったなあ。その日はたぶん福井市の小6のトレセンが練習してましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

長野県サッカーの聖地 アルウィン

Stadiumr_912_03371891_o たまには忘れてなかったことをちゃんと証明することも必要かと(笑) スタジアムシリーズです。。


見易さという点では文句はない。トヨタスタジアムほどじゃないがやや高めの観客席からはピッチ全体がいい感じで見渡せる。芝もいいなあ。うらやましいぞ。
売 店は少なかった。ちょっと物足りない気がした。立地だが、インターから近く、車派の私には便利。空港のそばなので松本駅からのアクセスも悪くはないが、バ ス停からだいぶ歩くことになる。高速バスを利用する場合は高速バスのバス停から30分くらい歩かないとダメじゃないかな。松本山雅がJにあがるころには、 このへんも改善されているといいのだが。
にしても、ここは長野県サッカーの聖地。それに見合うだけの施設だと、私は誇りに思ってますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

ヤマハスタジアム

なんたってピッチに近い。迫力が違うよね。選手の息遣いまで伝わってくる感じ。
あの一体感はうらやましいね。さすがサッカー所静岡のスタジアムだ。わかってる~!って感じだ。Stadiumr_587_2a08bc1c_o

初めて行ったときは、私は息子ふたりと自家用車で行ったのだが、スタジアムのそばに駐車場もあるし、そこからの道案内もしっかりしてるので迷うことはなかった。京都にもこんなスタジアムがあったらな、と思った。それからここには年に1回程度、私以外thinkの家族が行っている(笑)

■アクセス・・・車が便利にように思うが詳しくはジュビロ磐田のHPでご確認を。
■食べ物・・・すいません、食べてません。
■飲み物・・・缶コーヒーしか飲んでない。
■おすすめ観戦ポイント・・・まあアウェイですからアウェイゴール裏しかないですわ。他はもうびっしり水色です。
■思い出に残る場面・・・2006 J1 第3節 ジュビロ磐田対京都パープルサンガ
後半ロスタイムにパウリーニョの同点ゴールが目の前で決まったときは、ものすごい盛り上がりだったぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

長良川球技場について・・・

Stadiumr_1173_f3f0bb67_o
岐阜市の中心部ややはずれ、くらいにあるこのスタジアム、名前の通り長良川のほとりにあります。

■車でのアクセス・・・まずまずかな。関 インターからの道は難しくはないが、案内板はもう少しあってもいいんじゃないかと思った。関インターからは10キロくらい。途中渋滞もあったので20分く らいかかったかな。コンビニは道沿いに2箇所あったが反対車線で寄り難い。ガソリンスタンドも同様。かえりはラクだけどね。 あと、スタ近くは路地が細 く、ちょいと渋滞気味になる。ちなみに付属の駐車場代は有料、時間従量制、でもそんなに高くはなかった。(2008年現在) でも出庫時の混雑には閉口し たな。20分は待たされた。 付近に民間の駐車場もあった。こちらは800円という文字が目に入った。付属の駐車場よりいくらか高いが、その分スタには近 かった。

■見易さ・・・傾斜がゆるく、スペクタクル感には欠ける。ゴール裏とバクスタは最後尾の通路で行き来自由。これは私にはだいぶ新 鮮だった。なので前半はバクスタ中央で、後半の前半はアウェイゴール裏で、後半の後半はホームゴール裏で観戦なんてことができる。実際私はそうした(すい ません)

■設備・・・ナイターではなかったので照明の具合はわからない。そのほか一般の設備に不備はないし、清潔な感じ。客席はゴール裏 もバクスタも、前半分程度がベンチで、後ろ半分は芝生席。とりわけバクスタはその上に屋根があり、日陰になるのでマタリ観戦派には心地よさそう。不意の雨 の日なんかも威力発揮しそう。なんたってゴル裏からも移動可能なので、そん時は敵味方仲良く観戦できてしまいそう(笑)

■グルメ・・・露天はメインスタンド入り口に集中的にあった。私が行った時にはローソンの出店があって驚いた。あと、お約束のスカパーの出店とオフィシャルグッズ店、あとは飲食店が軒を並べている。全部あわせて10軒くらいはあったか。
名物として存在感を発揮していたのはゴリサンド。まあ、カツサンドだ。食指を伸ばそうとしたが、お弁当食べたあとだし、ちょいとメタボ傾向も気になったので買い控えた。
そ うそう、食べ物ではないが、オフィシャルグッズ店にあるTシャツが安くて好感をもった。1600円からある。もちろんチームロゴ、エンブレムつき。スタジ アムにやたら緑のTシャツを着てる人が多いなあと思ったのだが、この値段なら普及するわけだ。納得。ただ、本来のチームカラーである深緑ではなく、明るい 緑になっている点が気になった。いや私は明るい緑の方が好きなのだが、いっそチームカラーをこちらの色にすればと思ってしまった。

あと、ホームゴール裏にも出店がひとつ。こちらは飲み物中心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

わが愛しの西京極・・・

本ブログでときたまサッカースタジアムについてのレポをアップしていきますね。
はい、ネタ切れのときとかの常套手段になりそうって思われた方、正解です(笑)

ではでは。
Stadiumr_586_755e1967_o

だいたい名前が長い。西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場。

サッカー専用じゃないのでピッチと観客席の間にトラックがあり、一体感は乏しい。
またスタジアムをとりまくはずの観客席の構造が、どういうわけだか一部が欠けた様なヘンな配置になっている。その上ホームサポが陣取る位置が通常の逆(つまりメインスタンドから見て左側)。まあ逆ってのはいいとして・・・・その構造のおかげで、反対側の観客席で響くはずのホームサポの応援の声が響かず、逆にアウェイサポの声がよく響くというトホホさ。

 屋根はないに等しく、お楽しみのフーズもこういっちゃなんだがロクなものがなかった。(2008シーズンからはだいぶかわってきたようだが)
京都らしさを出せばいいのに、まるで出さない。イベントチックに抹茶を飲ませるところをつくったりするけど、スタジアムの外だからイマイチ寄る気も起こらない。(このへんも2008シーズンからだいぶかわってきたらしい)
何年も前から「ゆかたDEサッカー」(ゆかたで観戦する人は割引するサービス)もなくなった。留袖DEサッカーにする様子もない。いやそれもどうかと思うが(笑)

だけど。私は西京極を愛している。それは、京都サンガF.C.のホームスタジアムだから。
こどもと妻を連れ、親父とお袋を連れ、兄弟や親戚を連れ、同僚や教え子を連れ、幾度落胆のため息を落とし、幾度歓喜の声をあげたか。

西京極に向かうときのあわ立つような期待感は、もうなくてはならない、私の命の一部なのだ。

だけどさ。mが中3、siが中1になった今シーズン、私はまだ一度も西京極に行っていない・・・。テニスプレーヤーのmは最後の大会をむかえているし、siはサッカー小僧としてますます多忙になってきた。いっしょに行ってくれる小僧を育成せねばなるまい。サッカーは、私はサッカー小僧たち(こびー(←小僧の女子版らしい)でもいい)と見たいのだ。

■アクセス・・・阪急「西京極駅」から徒歩5分。京都駅からはバスが便利。
■車・・・近くにコインパークは点在するものの、それほど台数は飲み込めない。私は天神川四条のコインパークに置いて歩いていくことが多い。15分くらいか。
■食べ物・・・名物はない。から揚げとかフランクフルトとかうどんとか。ここにあんこのおいしい大福とかきんつばとか置けないかなあ。お高くとまる必要はないけど、アウェイのサポがあそこにいったらコレ食べたい!ってのをキチンとつくってほしいよなあ。
■飲み物・・・名物としてはサンガドリンク。紫色の炭酸。まああれだ。縁起物だ(笑)
■おすすめ観戦場所・・・私はSB派。メインよりピッチに近い。A席よりサポーターズシートよりだんぜん近い。A席やサポ席の盛り上がりも大好きだけど、きたない野次にキレ気味になってしまう私なので、精神衛生のためにもSBにいる。
■思い出に残る場面・・・○2003年、J1ホーム最終戦VSヴィッセル神戸。松井大輔が敵ゴール前にたったひとりでドリブルしていった姿が瞼に残っている。しかし、残留争いをしている相手に完敗。試合後、通りがかりの神戸サポのかわいい女の子が「サンガ強かったです」と言ってくれた・・・。
○2004年、J2 8月のVS鳥栖戦。お盆の渋滞でなかなかスタジアムにたどりつけず、後半の残り20分でA席へ。リードしてたが追い上げられいやなムードのときに中山博貴が目の前でモーセのごとく敵DF陣をまっぷたつにし、見事ゴールを決めてくれた場面は鳥肌たった。
○2005年、J2 幾度も見た、加藤大志の信じられない縦への突破。「届くもんかよ(怒)」というボールに届いた大志は、確かに西京極の寵児だった。
○2006年、J1 ホームでの対エスパルス戦、試合終了間際のパウリーニョの決勝ゴールはスタジアムがホントに揺れた!
○2007年、J2 倉貫の周囲は重力と時間が違った。そこから出てくるクリエイティブでファンタジックで敵にとっては悪意に溢れるパスは、それだけでお金を払う価値があった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

長良川競技場の紹介

昨日行って来た、長良川競技場の紹介です。

岐阜市の中心部ややはずれ、くらいにあるこのスタジアム、名前の通り長良川のほとりにあります。

Photo

■車でのアクセス・・・まずまずかな。関 インターからの道は難しくはないが、案内板はもう少しあってもいいんじゃないかと思った。関インターからは10キロくらい。途中渋滞もあったので20分く らいかかったかな。コンビニは道沿いに2箇所あったが反対車線で寄り難い。ガソリンスタンドも同様。かえりはラクだけどね。 あと、スタ近くは路地が細 く、ちょいと渋滞気味になる。ちなみに付属の駐車場代は有料、時間従量制、でもそんなに高くはなかった。(2008年現在) でも出庫時の混雑には閉口し たな。20分は待たされた。 付近に民間の駐車場もあった。こちらは800円という文字が目に入った。付属の駐車場よりいくらか高いが、その分スタには近 かった。

■見易さ・・・傾斜がゆるく、スペクタクル感には欠ける。ゴール裏とバクスタは最後尾の通路で行き来自由。これは私にはだいぶ新 鮮だった。なので前半はバクスタ中央で、後半の前半はアウェイゴール裏で、後半の後半はホームゴール裏で観戦なんてことができる。実際私はそうした(すい ません)

■設備・・・ナイターではなかったので照明の具合はわからない。そのほか一般の設備に不備はないし、清潔な感じ。客席はゴール裏 もバクスタも、前半分程度がベンチで、後ろ半分は芝生席。とりわけバクスタはその上に屋根があり、日陰になるのでマタリ観戦派には心地よさそう。不意の雨 の日なんかも威力発揮しそう。なんたってゴル裏からも移動可能なので、そん時は敵味方仲良く観戦できてしまいそう(笑)

■グルメ・・・露天はメインスタンド入り口に集中的にあった。私が行った時にはローソンの出店があって驚いた。あと、お約束のスカパーの出店とオフィシャルグッズ店、あとは飲食店が軒を並べている。全部あわせて10軒くらいはあったか。
名物として存在感を発揮していたのはゴリサンド。まあ、カツサンドだ。食指を伸ばそうとしたが、お弁当食べたあとだし、ちょいとメタボ傾向も気になったので買い控えた。
そ うそう、食べ物ではないが、オフィシャルグッズ店にあるTシャツが安くて好感をもった。1600円からある。もちろんチームロゴ、エンブレムつき。スタジ アムにやたら緑のTシャツを着てる人が多いなあと思ったのだが、この値段なら普及するわけだ。納得。ただ、本来のチームカラーである深緑ではなく、明るい 緑になっている点が気になった。いや私は明るい緑の方が好きなのだが、いっそチームカラーをこちらの色にすればと思ってしまった。

あと、ホームゴール裏にも出店がひとつ。こちらは飲み物中心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)