« ベスト4進出 | トップページ | 式の前日 »

2013年2月13日 (水)

大学入試という戦い

 長男は二度目の大学受験シーズンをむかえている。

 私は浪人を経験したことがないのでその気持ちをわかることはできないが、しかしよく1年間がんばってきたものだと思う。

 二度目の浪人はさせてやることができないので、今年はどこかに入学してもらうつもりだ。
 過日、私立大学の発表がふたつあった。ひとつはダメで、もうひとつは受かっていた。まあ、そこが受かっていればもう十分なので、それ以上私立の受験はしないことにした。入学金と前期授業料の一部をおさめた。ほとんど100万円である。そこは滑り止めなので、もし本命に受かると100万円から前期授業料一部分がかえってくる。しかし入学金は帰ってこない。これとて20万円近くの額になる。・・・・仕方ない。

 今は合格発表もインターネットだ。てっきり私はネットの該当ページでたくさんある中から自分の受験番号を探すのだと思っていたが、そんなアナログなことはしないようだ。(大学院合格発表はその大学もネットのくせに合格者番号が羅列してあってそこで自分のをさがす式だったんですがね) 受験番号と暗証番号を入力すると、ログインして自分の合否だけがわかるシステムになっていた。たくさんの数の中から探さなくても一発でOKだ。そのサイトは合格発表開始予定時間から見れる。スマホでも見ることができる。便利だ。

 本命受験は国立二次試験前期の25日となるが、滑り止めを確保できたのは心強いだろう。あと少し、気を緩めず、がんばってほしい。できれば、おまえが望んだところの合格を得て欲しいと思うのだよ。笑顔がみたいよなあ。春に。

|

« ベスト4進出 | トップページ | 式の前日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/49659871

この記事へのトラックバック一覧です: 大学入試という戦い:

« ベスト4進出 | トップページ | 式の前日 »