« 沖縄の子ども達と交流、社会教育研究集会・・・じつにいろいろありましたの2月10日 | トップページ | 大学入試という戦い »

2013年2月11日 (月)

ベスト4進出

京都府高校サッカー新人戦の話題ですが、

今日は太陽ヶ丘でベスト8同士の対戦がありました。

Img_0461mini

山城高校対京都産業大学付属高校の一戦は、
前半、山城高校がキーパーと最終ラインのコミュニケーションミスで一点を献上、さらにキーパーの虚をつくロングシュートを決められて0-2とリードを許します。
しかしゲームは山城が握っていました。
応援席はもちろん選手にもあわてる様子なく、時間の経過とともに相手ゴールに迫ります。
前半のうちに1点を返し、1-2でハーフタイム。
後半立ち上がりこそ守勢にまわりましたが、中盤でのちらし、サイドのえぐりとも効果的で、多くの時間を相手陣内で戦うことができました。
右からのCK、たしか2本目だったと思いますが、山崎選手のヘディングがきれいに決まり、豪快にネットが揺れて同点。
このまま逆転!という勢いでしたが、・・・うーん。
クロスにあと10㎝!とか、スルーパスがあともうちょい・・・・とか、おいおいPKじゃん!?とかいろいろあって無得点。ここで決め切りたいね。

Img_0517mini


 

守備は本当に安定していて、相手の攻撃はほぼ無力化、失点の不安はほとんどありませんでした。
てなわけで、同点のまま後半終了。延長戦に突入です。


Img_0477mini

基本的には同じような展開が続きますが、徐々に足が止まってきたところでゲームに変化が生まれます。ギャップをついたり、つかれたり。イーブンのボールの取り合いで転倒があったり、アフターからのチャージでイエローもらっちゃったり。
しかし両チーム死力をつくした戦いはスコアを動かさず終了、山城高校にとって二試合続けてのPK戦となりました。
山城3-京産1で迎えた京産4人目のキックを、この試合前半のミスで失点したGKが左手一本でセーブ、ミスを取り返した格好で勝利を手中に収めました。これでベスト4進出。

Img_0531mini


なお、ベスト4は
山城ー久御山
東山ー立命館宇治
となりました。
奇しくも先2校は公立対決、後2校私立対決です。決勝はおのずと公立対私立。

愚息は先発フル出場。左WGでの先発でしたが、いつの間にやらトップ下に入っていました。
2年ぶりに長い時間プレイを見ましたが、中学時代から比べて格段に守備力が向上したと思います。また、体幹トレーニングの成果なのでしょうか、一対一での勝負のたくましさが増したように思います。あの位置でボールを奪えるのはチームに貢献できるプレイ。ゲームメイク、チャンスメイクにはいろいろと工夫していたようです。
ただ。スルーパスの意志のつながりがまだもう一歩。練習でもっと遊ぶといいと思います。散らしのパスもまだ精度を高められるはず。その位置でできる喜びと誇りをもってさらに成長してもらいたい。
それと。延長後半のあれは、決めておきましょう。2-2のPK勝ち、より3-2の方がいいです。

なんてことを思いました。

|

« 沖縄の子ども達と交流、社会教育研究集会・・・じつにいろいろありましたの2月10日 | トップページ | 大学入試という戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/49337948

この記事へのトラックバック一覧です: ベスト4進出:

« 沖縄の子ども達と交流、社会教育研究集会・・・じつにいろいろありましたの2月10日 | トップページ | 大学入試という戦い »