« 節分の日のいろいろ | トップページ | 沖縄の子ども達と交流、社会教育研究集会・・・じつにいろいろありましたの2月10日 »

2013年2月 9日 (土)

耐え抜いて、勝利。

 京都府高校サッカー新人戦 
 ベスト16の激突の中でも注目のゲーム、山城高校対洛北高校の一戦を、観戦しました。
 7時に家を出て、11時に次男(山城高校サッカー部)と長男(応援w)を実家からピックアップし、試合会場である洛北高校にむかいました。

 普通の高校のグランドが試合会場なので、観戦しやすいかというとそうではないのですが、グランドの中、ピッチのすぐよこで応援できるのは臨場感あふれてうれしかったです。

 試合は前半たちあがりから洛北らしいサッカーでスピードに乗った攻撃を展開、右サイドを中心に幾度も山城陣内を脅かします。受けに回る山城でしたが粘りの守備で対応します。
 洛北高校はこの前の試合でセットプレーから3得点しており、CKを与えたくないところでしたが、山城はこの時間帯、なんとかボールを奪ってクリアすることでCKを与えることもしませんでした。
 前半の後半は山城が押し始めます。中盤での短いパスでリズムをつくり、サイドへの長いパスで洛北陣内に押し入ります。

Img_0355mini

2本のコーナーキックを得たのはこの時間帯でしたが、得点にはいたらず。逆に洛北も山城陣内深いところから山城のファウルでFKのチャンスを得ますが、得点できません。

Img_0360mini


 前半は0-0で終わります。

 後半のたちあがりは予想通り洛北が押しに押します。ここは本当に我慢の時間帯で、幾本ものコーナーキックを奪われ、洛北の選手が山城ゴールに襲い掛かってきます。しかしゴールは割らせません。
 後半10分を過ぎたあたりで、選手交代。OMFの交代です。薪平がトップ下の位置に入りました。山城応援団の、「薪平カモンカモンカモン」のコールでピッチに迎えられる様子や、「薪平ファンタジー」というコールを、ちょっと感動して見ていましたw
 ゲーム展開的には、ここから山城の時間帯に・・・と思っていましたが、なかなか思うような攻撃ができないなか、互いの攻防の時間が続きます。

Img_0376mini

山城ネットが2回揺れましたが、一度目はボールアウトオブプレー後のシュートだったし、二度目はオフサイドだったので得点は認められません。
 幾度か山城も洛北ゴールにむかいますが、ともに得点できず、ゲーム終了。PK戦となります。

Img_0393mini

 このPK戦の結果は以下
洛北〇〇〇〇× 〇〇〇×

山城〇〇×〇〇 〇〇〇〇

辛くも洛北を下し、山城はベスト8へ!次は11日太陽が丘にて京産大高校が対戦相手となります。

ベスト8
橘ー久御山
山城ー京産大
立宇治ー龍谷平安
大谷ー東山

こちらもどうぞ

 

|

« 節分の日のいろいろ | トップページ | 沖縄の子ども達と交流、社会教育研究集会・・・じつにいろいろありましたの2月10日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/49306328

この記事へのトラックバック一覧です: 耐え抜いて、勝利。:

« 節分の日のいろいろ | トップページ | 沖縄の子ども達と交流、社会教育研究集会・・・じつにいろいろありましたの2月10日 »