« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

冬キャンプ

 なみあい育遊会では、冬休みは恒例のスキーキャンプを実施しています。冬休み中に5組行います。

 私は4組を担当しました。1から3組の間は、茶やぺーが担当、あかやんやみぽりんも入って30~40人規模のキャンプを仕切ってくれていました。私ときんぎょ、おしん、ひではその間、通年合宿や学童クラブを担当しておりました。
 4組はディレクターがくずてつ、PDがぺー、MDくずてつ、Nきんぎょ という陣容で、経験豊富なボランティアリーダーさんも多くきてくれていて、落ち着いたキャンプ運営ができたのではないかと思います。スライドドアが故障していたハイエースが復帰してきたのも大きいですね。
 4組の大きな課題は、キャンプ終了時に一般宿泊のお客様がたくさん来られる点で、遊楽館をキャンプモードから宿泊客受け入れモードに変えないといけないところにありました。でも、スタッフ、ボランティアリーダーさんの理解に恵まれ、うまく対応できたのではないかなと思います。
 MDをやらせてもらったのですが、既定のメニューばかりだと連続参加のこどもたちにちょっと気の毒かなとも思い、多少アレンジさせてもらいました。好評だったんじゃないかなーと思います。二日目の夜の鍋は、楽しいのですがちょっと手がかかりすぎてしまう点と洗い物がやけに多くなってしまう点が難点だったかもしれません。改良の余地があるなと思いました。
 スキーは雨と雪に降られてしまいましたが、元気いっぱいな子供達はそんなことにはめげず、頑張りました。そして楽しんでくれました。よかったと思います。
 ディレクターとしてひとつ工夫した点があって、それは一班のこどもの数を減らしたところにあります。ちゃづけがリーダーを豊富に集めてくれたからできたことですが、3~4人にリーダ1人の配置としました。普段より1~2名少ないわけですが、これもよかったかもしれません。2泊3日の短いキャンプの中で早く仲良くなれたという効果もありましたし、片づけが重要なキャンプでリーダーの意図や配慮がより届きやすい(しかも経験が少ないリーダーでも)という効果があったように思います。
 4組は31日までのキャンプでした。私は31日、名古屋まで子どもたちを送り、解散を見届けてから、新幹線で京都に向かい、嵯峨野の実家で年を越しました。
 さすがに疲れて、我が家恒例の深夜の年越しそばは付き合えず爆睡してしまっていたのですが、それを見越して(笑)名古屋駅のホームできしめんを食べておいてよかったですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

冬休みの浪合学童クラブ

 年末は12月26日から28日までセンターで学童クラブを行いました。

 利用者はおよそ6名程度。
 午前中は学習、お手伝い、午後は自由活動だったり、映画鑑賞だったり。
 宿題をびしばし終わらせて下さいな、という思いを子供達も持ってくるようで、
午前の学習はシーンと静まった中、集中してやっています。
 ちょうど気温が下がって寒い時期だったのですが、午後はそり遊びも毎日楽しんでいました。
 ほんとに寒かったのですが、こどもは風の子、元気ですねえ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月のこといろいろ

 議会、委員会、全員協議会、外部評価会、阿智村観光協会理事会。
 いろいろとはじめての参加が多く、自分の世界がどんどんひろがっている感じがします。

 本ブログでは、議員活動のことについて直接的な記事は当面書きません(ずっと書かないかもしれません。議員個人の広報のあり方について、コンセンサスの統一が不可欠だと思うからです。私、議会広報委員でもありますし。)ので、ブログ読者のなかには、ものたりないと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、ご容赦ください。

 スキー場の安全祈願祭には、治部坂、あららぎとも出席させていただきました。こちらも議員活動の一環ではありますが、両方とも予定通りのスキー場開きとなり、本当によかったと思います。

 また、今年は上下伊那郡在住の小中学生はシーズン券無料となり、しかも治部坂、あららぎ、ヘブンス(伊那リゾートスキー場も)共通ということで、ユーザーとしてはたいへんうれしく、またそれが契機となって、スキー場の入れ込みも、例年よりややいい数字で推移しているなんて話もききました。
 平谷では豊田市や岡崎市の小中学生にも対象を広げようと検討しているそうです。(現在は平谷在住の小中学生のみ) ソースは12月27日の信濃毎日新聞です。

 それから、あれですね。野球選手の松井が引退しましたね。そうとう、膝の状態が悪いんですね。日本球界に戻ってDHでもう1年でもやってほしかったです。見に行ったのにな。

 国政選挙では、自民党が圧勝。勝つことは誰もが予想していましたが、それにしてもその予想を越える圧勝でしたね。選挙区は違いますが、かつて総務省に勤務されていた折にセカンドスクール活動の展開でお世話になった方が今回当選されて、うれしかったです。

 山瀬がきましたね。ええ。サンガに。で、京都府が建てる球技専用スタジアム(サッカー、ラクビーも?)が亀岡市になりそうだとか。亀岡までは、嵯峨野の我が家から30分くらいでしょうか。徒歩とJR、待ち時間なしで。(西京極ならクルマで10分、自転車15分。)  
亀岡、クルマじゃどうなんだろう。嵯峨野からの道は細かったような。亀岡からJRで通勤通学している人は普通にいるので、試合開催時のJRの増発がポイントになるかな。嵐山観光のトロッコ電車でサッカー観戦、勝ったら保津峡くだりして帰ってくるとか楽しいかもね。でも、聖地西京極でも1/3くらい開催してくんないかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

エンジンかかってきたのか?

 浪人中の長男の模試の様子を母から聞いた。
 11月下旬の模試。
 志望校判定は、国公立の第一希望がA、第二希望がB。てか、第二希望の方が偏差値ランクが上とか、どういうつもりかw
 昨年とかわったところは英語が武器になってきたことか。全体的に底上げされた感はあるようだが、英語はうんと伸びて5教科をひっぱるくらいになってきている。家内いわく「なんだか根拠のない自信のようなものが前からあって、英語は大丈夫、つかんだ、とかいってた」らしい。まあ、あいかわらずあれな教科もあるが、そこがあれなら違う学部をすすめたいくらいだw
 センター試験まであと一ヶ月をきっている。今何をなすべきかはわかっているだろう。
 去年は判定Bでうっちゃられた。今年はずっとAで推移。捲土重来、準備はしっかりできているはず。がんばれ。滑り止めもちゃんと決めとけなw

 次男は体調不良の原因がわかって薬物療法などをして動けるカラダを取り戻してきた。赤血球が正常時の1割程度だったらしく、それが「走れない」「疲れやすい」に直結。アスリートしているわけにはいかないカラダだったのが、2年後半のここにきてだいぶ元にもどってきた。
 今日は二試合で4ゴール3アシストだったとか。いわゆる格下相手だということだが、まだやれるという手ごたえもつかめたようだ。がんばれな。怪我しないように。

 娘はというと、凍結した階段から転落してもともと痛めていた腰をさらに痛くして、ちょっとサッカーどころではない模様。二学期の成績は、ひとつさがって、ふたつあがった感じ。成績表からみる限り、だいぶ、理系寄り。まあ、中学のうちは好き嫌いせずになんでもよく食べておくようにw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

ああ、百人一首

 なにをかくそう。
 私は百人一首が大の苦手で。
 ていうか、覚えるのがなんともいやで。
 高校のときには、頑強に抵抗をし。

 たびたびの追試においやられるも暗記することを潔しとせず。

 どの作者がただ暗記されることを喜ぶか、と。
 オレはいやしくも創作を愛でるものであり。
 創作者は共感や感動を欲しているわけであり。
 決して丸覚えを求めているわけではないのであって。

 現国も古文も漢文もよっゆーの私ではあったが。
 こと百人一首が評価につながったあの学期においては。
 いささか不細工な通知表になったものだ。

 ことわっておくが。
 ほかもたいがい、不細工だったことはまあ相違ない。

 だがしかし。

 月日がたつと考え方もかわるもので。

 いや、違う。

 長く生きていると百人一首が耳に入ることも多くなり。
 口にすることも多くなり。

 いつのまにか、そこそこ。
 あくまでそこそこではあるのだが。

 丸ごと覚えている歌も増えてきて。

 それこそ、「む」ならば「きり」の境地もわからぬではない。

 ずいぶん回り道をしたようだが。

 しかし小僧の分際で「ものおもう」狂気がわかるものかと。

 をとめのすがたをとどめておきたい透明な気持ちもわかるまいと。

 この歳になったらなったで偏屈を。
 こいてる自分にまた苦笑いだ。

 ああ、笑おう笑おう。

 いと、おかし。

 
 
  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

治部坂スキー場安全祈願祭と「心の音ーココノネ」

Dscf4317

 雨の中とはなりましたが、治部坂高原スキー場の安全祈願祭に行ってきました。

 全面滑走可とはなりませんでしたが、しかしスキー場オープン、おめでとうございます!!

 午後からは山村留学の子ども達がスキーに行くと思います!よろしくお願いします。

 夕方は、特別試写会ということで、阿智村の昼神や横川、浪合神社などで撮影された映画「ナミレンジャー」「心の音ーココノネ」を鑑賞しました。神社の参道が印象的に撮影されていました。全体的にコダクロームよりもっと渋く減色処理したような色調の画面で、そういう意味ではイマドキな感じ。

 監督の三島有紀子さんは大阪の方で、某有名文学作家を連想させるお名前はご本名でいらっしゃるそうです。クライマックスやラストシーンの印象は強かったです。

 この作品はテレビ東京で8月に4回連続で放送されたそうです。今回撮影地阿智村での特別試写会ということで見る機会を得ました。監督も来て挨拶をしてくださいましたよ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

名言。

 今日、アニメ、ドラマ、映画の名セリフ集という特番を娘と見ていた。
楽しかった。
 で、だ。
 オレ的にも思い出してみる事にした。

 まず、アニメ部門(笑)順不同で、3つくらい。
「ブタもおだてりゃ木に登る(ブー)」(タイムボカンシリーズ)
「坊やだからさ」(シャア・アズナブル 機動戦士ガンダム)
「バカメ、だ」(沖田十三 宇宙戦艦ヤマト)

 

ちょっと地味か?あ、綾波もいれとかなきゃw
「あなたは死なないわ。私が守るもの」(エヴァンゲリオン)

 んじゃ、特撮部門。
「日本じゃ、二番目だ」(早川健 怪傑ズバット)
「人間同士の信頼感を利用するとは、恐るべき宇宙人です。でもご安心ください。このお話は、遠い遠い未来の物語だからです。え、なぜですって? 我々人類は今、宇宙人に利用されるほど、お互いを信頼してはいませんから……」(ウルトラセブン)
このふたつが双璧かな。
あとけっこう、仮面ライダーフォーゼも名言の宝庫でしたね。
あれだけキャラが際立ってると、名言も飛び出しますよねw
キャラのエッジが切れたとき、名言は飛び出しますので。(名言)

 で、マンガ部門。
「曲がらねえ気がしたんだよ」(千川高校野球部キャッチャー 野田敦 H2)
「なあ、太一、こうやって人生の無駄遣いすることも・・・すばらしい事じゃないか」(平賀太平 マスターキートン)
「光と闇は交わらない。たとえその身を闇に置こうとも、光は光だ。」(不動明 デビルマンレディ)
「うしおととら」「スラムダンク」も名言の宝庫っすね。キャラ立ってますからね。
キャラが立ってないのに名言が多いのが、あだち充。
「だから、野球はおもしろい」(火浦健 ストッパー)もさわやかだったな。

 小説部門
「誰が知ろう、百尺下の水の深さを。水の心を」(吉川英次 宮本武蔵)

「剣をもって、人を助くることができるなら、木太刀の試合ひとつに負けたとて何のことやあろう。な、そうではないか」(秋山小兵衛  剣客商売)

「知らんのか、博雅、優しい言葉ほどよく効く呪はないぞ。相手が女ならば、もっと効きめがあろうな」(安部清明 陰陽師)

なんだか、時代ものばっかだな(笑)

 映画とかドラマもあるが、今日はこんなところで。

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

必見

 

Dsc_0910

飯田信用金庫駒場支店のギャラリーで開催中です。このギャラリーで開催されている作品展には必ず足を運ぶようにしているのですが、今回はびっくりしました。「国際的」と銘打たれているのも納得。見事な作品がずらりと展示されていて、ついつい、「すごい」「みごと」なんて言葉が口から出ちゃいます。

 同氏のホームページはこちら。作品の一部を見る事ができますよ。

 できれば、現地でごらんください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

市田柿

Dsc_0912

 おいしい。大好き。
 今朝の食後の甘味です。贈答用はちょっとお値段しますが、ふだんづかいだと、8個くらい入っていて550円。
 渋柿がここまでになるとは。。。
 技術というか、芸術ですね。官能に訴えるものがあります。すばらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

この時期は、降るんです。

12月7日から大雪ということだが、8日から降り始めた雪は10日未明まで降り続け、しっかり積もりました。

Dsc_0899

今朝は私の家の周辺では5時半ころから除雪車の作業の音が聞こえてきました。
ご苦労様です。
朝食づくりをし、それから娘とごはんを食べ、娘が登校するまでの時間をつかって、うちの庭や道までの部分の雪かきをしました。
軽い雪でした。寒かったしなあ。
20センチから30センチの積雪はあったのではないでしょうか。
長靴でないとちょっと歩けません。(除雪したところは大丈夫ですが)
自分のお弁当をつくり、娘を送り出し、浪合の中をクルマでまわってみました。
除雪作業はまだ続いています。
お年寄りも家の前の雪かきをしています。
冬の景色が、そこにありました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »