« ナミレンジャー2012脚本公開(3) | トップページ | 収穫祭2012 »

2012年11月15日 (木)

ナミレンジャー2012脚本公開(4)

ヘタレ部長「おしかったなナミレンジャー。たしかにこの村は村崎家がやってきてからおかしくなった。だがな、それは紫郎の仕業ではない。そこにいる親父の体に、われわれが埋め込んだ悪の機械がそうさせたのだ」

 

村崎「お、お父さんになんてことを!!」

 

父「う、ううううううう、、、紫郎、に、逃げろ」

 

紫郎「ばけもの!お父さんの機械をはずせ!!」

 

ヘタレ「はずしませんよ。お父さんにはもうひと働きしてもらいます。」

 

赤「これ以上なにするっていうんだ」

 

ヘタレ「しれたこと。怪人になっていただき、ナミレンジャーをやっつけてもらうのです、はい~」

 

紫郎「変身!?やめてくれ、お父さんを変身させるなんてやめてくれ!!たったひとりのお父さんなんだぞ、うわああ・・・」泣き出す

 

ヘタレ「なれ!!怪人オレガヨケリャ・イーに、なれ!!!!」

 

ヘタレの手にあるスイッチを押す。闇が父をつつみ、怪人に。

 

 

シーン14 馬の背

 

怪人「うがー」

赤、青、黄色に襲い掛かる怪人、戦闘員。戦闘員とは戦えるが、怪人には手出しできず技をうけ、倒れる。

 

紫郎「お父さん!!!」

  ひざから崩れ、悲しみに顔がゆがむ

  そんな紫郎の前に、傷だらけの赤が立ち、怪人と対峙する

赤「村崎君。オレがお父さんを取り返す。」

紫郎「え」

赤「その機械とやらをぶっこわし、お父さんを元に戻す。だから、」

紫郎「だから?」

赤「いっしょに戦おう。」

紫郎「戦う?おれが?」

黄色「・・・赤、かっこいい」

アオ「言ってることめちゃくちゃだけどね。オレ、やっぱ赤が好きだわ」

黄色「できるかな」

アオ「やるんだよ」

 

 

ヘタレ「無駄だ無駄だ!!」

 

さらに襲い掛かる怪人、戦闘員。

 

一陣の黒い突風。

 

ばたばたと倒れる戦闘員。

 

黒「またせたな」

 

白「3人で、よくがんばってくれていましたね」

 

赤「これで」

アオ「5人そろった」

黄色「これでおれたちは」

白「無敵だ。」

黒「やー残念だったなー悪役さんたち」

 

赤「変身!!」

5人でそろってポーズ。

 

ナレーター「ナミレンジャーは空中元素固定装置の働きで、わずか0.2秒で変身することができるのだ。ではそのプロセスをもう一回見てみよう」

 

ポーズを決め、服を脱ぎ、ナミレンジャーになる赤の様子を早送りで見せる(笑)

 

ナレーター「慈念和尚から浪合パワーをもらった5人は、中村先生が開発した、見た目は普通だけどスーパー技術がたくさん込められたコンバットスーツを身に着けることで、こどもだけど無敵の、ナミレンジャーとして戦うことができるのだ」

 

戦闘シーン

 

 

シーン15 戦闘 ナミレンジャーシュート+

 

怪人「ぐがー」

 

アオ 「さあ、ここからだ。赤、どうやって村崎のお父さんを取り戻す?」

 

つづく

|

« ナミレンジャー2012脚本公開(3) | トップページ | 収穫祭2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/47919187

この記事へのトラックバック一覧です: ナミレンジャー2012脚本公開(4):

« ナミレンジャー2012脚本公開(3) | トップページ | 収穫祭2012 »