« 懐中しるこ | トップページ | 林丈統が、シヴァ神である件、など »

2012年11月23日 (金)

J2プレーオフを考えてみる。

2012年のレギュレーションにより、J2はシーズン終了後、3位から6位のプレーオフが行われ、その勝者がJ1に昇格できる。J2からの昇格は3チームなのだが、1位と2位は自動昇格となるため、3つ目のチームをプレーオフで決めるのだ。

これは、J2が実に22チームの大所帯となり、シーズン終盤まで昇格争いの興味がつきないようにするための興行的な措置である。実際6位まで昇格のチャンスがあるということになると、上位3チームのみが昇格とするレギュレーションよりはるかに対象チームが増え、いわゆる消化試合が減り最後まで熱をおびた戦いが繰り広げられる事が予想されたし、実際そうなった。

 シーズン序盤にはもたついた甲府が途中から無敗記録を更新(シーズン終了まで負けず、24試合連続無敗の新記録樹立)、だんとつでJ1昇格、J2優勝を決めたが、2位以下は大混戦となった。

 最終節実施前まで京都サンガが2位で自力昇格の可能性を残していたが、ホームで甲府とスコアレスドロー。3位の湘南が町田を下し、勝ち点1差で京都のかわしてきわどく2位を奪い自動昇格を手に入れた。3位以下は京都、横浜FC、千葉、大分となったが、実にどのチームも勝ち点1ずつの差しかなく、白熱したつばぜり合いを演じたことが結果からもわかる。

 白熱した空気をおびたままプレーオフに突入したわけだが、緒戦はおかしなことになった。

 3位は6位と、4位は5位と、それぞれ上位チームのホームで対戦することとなっていた。また引き分けの場合は延長は行わず、上位チームが勝利というルールの取り決めもあった。そこが、試合を難しくしたのかもしれない。

 結果は、6位の大分が京都を4-0で下し、5位の千葉が横浜FCをやはり4-0で下した。シーズン中でもめったにみないスコアである。つばぜり合いをしてきた自力あるチーム同士の対戦で0-4とは、敗れた側のメンタリティに共通の問題があり、勝利した側のメンタリティにやはり共通した優位性があったからと考えるのは、非合理のそしりをうけまい。

 「引き分けでもいい」が、「起死回生の奇跡のためには勝利すればいい」の覚悟に後れをとったのだ。また3位・京都においては、「プレーオフ制度がなければ昇格だったのになあ」ということを一瞬でも考えなかった選手が果たしていただろうか。

 昇格を賭けたプレーオフは、入れ替え戦よりも残酷だった。42試合を戦って得た順位の意味が、無残にというべきが、見事にというべきか、ともかく緒戦で大差でけしとんでしまったレギュレーションのあり方について、リーグはさらに検討を深めることを期待したい。数試合で得た勝ち点差ではなく、年間通して戦ってきた勝ち点差はたとえ1でもその重みは計り知れないはずだ。

 たとえば。

 6位は5位と対戦し、その勝者が4位と対戦、その勝者が3位と対戦するという方式はどうか。2週間で決着をつけたいとしても、仮に6位チームの立場に立ってみたとしても、14日間で3試合はありえない数字ではないはずだ。だが、待つ側の3位は、きっとむずかしい時間をすごすことになるだろうなあ。

 

 じゃあ、あるいは。

 3位対6位、4位対5位ではあるのだが、勝ち点差が3以上あった場合は上位チームに得点1が加えられ、1-0からスタートするという方法はどうか。長丁場のリーグ戦の重みを考えたとき、決して不公平ということにはならないように思うのだが。

 今年の結果に当てはめてみると、

 京都1-0大分でスタート、横浜FC0-0千葉でスタート。

 決勝も勝ち点が3差以上ある対戦なら1-0からスタート。

 こうすると勝ち点計算も終盤になるとさらに一層白熱してきておもしろいのではないだろうか。

 

 ともあれ。

 

 京都も、奇跡の右肩上がりを見せた横浜FCも、そしてしり上がりに実力を発揮し始めた千葉も、もう一年雌伏となった。

 やはり、自動昇格であがりたい。京都は波がありすぎたし、勝てないパターンが確かにあった。横浜FCは監督交代以降が目覚しかったが、底からのリスタートの利で、なんとなくバサロ的に勝ちを拾ってきた印象はぬぐえない。真価をはかるのは来年ということで異論はないはずだ。千葉は、確かに強いのだがいい子ちゃんすぎないか。AKBだのモモクロだの等身大アイドル全盛のこの時代に松田聖子を持ってきて勝負させている気がする。

 

 大分については、プレーオフ決勝に関する話題の中で、別に語りたい。

 

|

« 懐中しるこ | トップページ | 林丈統が、シヴァ神である件、など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/47957822

この記事へのトラックバック一覧です: J2プレーオフを考えてみる。:

« 懐中しるこ | トップページ | 林丈統が、シヴァ神である件、など »