« 死ぬ気でがんばれ。 | トップページ | りんくん語録 »

2012年3月21日 (水)

面接でこうべたれたる「ほうれんそう」

 育遊会とは違う会社の話なんですが、私はここんとこちょくちょく面接をしています。契約更改前の面接です。今日までに5人の方と面接をしました。そんななかで、ああ、大事だよなあと思うことをいくつか気づかせていただいています。

 なかでも、実に聞きなれたことばではあるのですが、
「ほうれんそう」
ってのは大事ですね。報告、連絡、相談、です。

 それぞれがあるかないか、というのはもちろん大事で、ないとそれはもうまったくお話にならないわけですが。

 「おまえ自分で考えてから持って来いよ」というのは「相談」ではなく「依存」だと思うし。

 「おまえそれ意図的に言ってなかったろ」っていうのは「報告・連絡義務不履行」ってことはもちろん、「信義誠実の原則不履行」という意味でもゆゆしき反組織的行為だと思うし。

 そしてそうであることを組織内でちゃんと常識化してないといけないわけで、上司先輩の教育はそれを実現させる意味で重要だし。

 人を人と思わないと、ですよね。駒じゃないんです。

 組織のタテとヨコをリスペクトする意味でも「ほうれんそう」は大切。というか、「ほうれんそう」がタテとヨコをリスペクトし組織の同一性を高めるのかもしれません。

 仲間を仲間と思わず自分の自己実現のための存在と見ていたり、競争相手という認識が強すぎたり、追い落としてやるという野心が強すぎても、この「ほうれんそう」は健全さを失って(失わせられて、という言い方が適切か)萎れます。萎えたら組織も萎えます。 

 誰もが知ってる「ほうれんそう」は、ほんとに大事な「ほうれんそう」、だと思います。

 

 

|

« 死ぬ気でがんばれ。 | トップページ | りんくん語録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/44617109

この記事へのトラックバック一覧です: 面接でこうべたれたる「ほうれんそう」:

« 死ぬ気でがんばれ。 | トップページ | りんくん語録 »