« 昼休みは家に帰っています。 | トップページ | モツ煮 »

2012年2月 1日 (水)

戦って戦って、そして悲願は

 阿智中サッカー部は秋冬シーズンのユースリーグを2年生ひとり、あとは全員1年生という面子で戦いきりました。その2年生も途中で怪我。フィールドプレイヤーとしては出場できず、なれないGKで数試合を戦いました。

 Img_5906


サッカーに怪我はつきものですが、2年生がフィールドに戻ったころ、今度は俊足DFも戦列を離れてしまったりと落ち着きません。
 引き分けはあるものの、勝利がない阿智中サッカー部は、年明け後も悲願の一勝をあげるため、一所懸命戦いました。しかし、相手もいつも一所懸命なのです。ゴールまで遠く、そして味方のゴールは幾たびもこじ開けられてしまいます。繰り返される、同じような試合。
  油断はないものの、穴はできてしまう守備。共有できない攻撃のアイデア。
 親として、またときどき練習参加する指導者として、なんとか勝ちを味あわせてやりたいと思っても、なかなか結果は得られません。丁寧に練習に取り組む子供たちの姿は増えてきました。ファーストタッチの意識がよくなってきたし、チャレンジする方向があってきたのです。もちろん、まだまだ、なのでしょうが。
 
 総当り二巡のリーグ戦は1月28日に全日程を終えました。最終日の2試合に悲願をかけましたが、しかし勝利を挙げることはできませんでした。まだ、勝つために足らないものがあるのでしょう。それだけは間違いない。

 だけど、私は拍手を送りたいのです。
Img_5965


 心を折らず、きちんと練習に参加し、きちんと試合にむかっていった君たちに。勝利という栄光はまだもう少し先なのだろうけど、栄光はなにもそこにだけあるのではない。倒れても立ち上がり前よりも強くなる、うまくなる、はやくなる。そうあれかしとあえぎ続ける若者の姿を、私はまだまだずうっと、応援していたいと思うのです。

Img_6001


|

« 昼休みは家に帰っています。 | トップページ | モツ煮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/43968754

この記事へのトラックバック一覧です: 戦って戦って、そして悲願は:

« 昼休みは家に帰っています。 | トップページ | モツ煮 »