« 阿智第三小学校通学合宿 | トップページ | 浪合振興協議会 »

2011年6月15日 (水)

名古屋へ。

 夜、盟友よしくんと娘と3人で名古屋に行ってきました。瑞穂陸上競技場が目的地です。もちろんサッカー観戦です。

 カードはJ1「名古屋グランパス対アルビレックス新潟」です。よしくんが新潟サポなので、私たちも新潟サポの席にすわりました。私はオレンジのTシャツを着ましたよ。平日の夜ということでお客さんは少なく、結構ゆうゆうと観戦できました。

 試合は序盤は新潟の堅い守りからリズムをつくり攻勢だったのですが、攻撃がどうも手詰まり。サイドをえぐるも中のタ―ゲットが名古屋守備陣になかなか勝てず、また2列目との距離もあって分厚さがなく、そこから逆襲を食らう展開が繰り返されていました。新潟の安定した守備はなかなかよかったのですが、藤本がキレのあるドリブルで最終ラインを縦に突破した場面は藤本のアイデアと勇気に軍配があがりました。遠めからクロスを入れる展開が多かった名古屋ですが、この場面は違ったのです。藤本が強引に突破してきたことで新潟ディフェンス陣の目が藤本にいき、その隙に裏を狙った玉田が動き出す、藤本がショートクロス、玉田押し込む、ゴールゲット!てなわけでした。

 双方クロスから中で勝負!という展開に慣れていただけに、藤本の突破が光りました。新潟も攻勢の場面、それをするべきだった。高さで負けていたから新潟こそ必要な戦術だったと思うのですが。

 いずれにせよ先制点を奪われると自力にまさる名古屋ががぜん有利になります。前半終盤にキーパーの飛び出し判断のミスから2点目をケネディに決められ(ケネディの高さカンケーなしのゴール)、0-2。

 後半開始早々はねじを巻きなおして名古屋ゴールにおそいかかる新潟でしたが、名古屋守備陣こそ堅かった。増川、闘莉王のCBコンビこそやっかいです。その後ろに楢橋までいるのですかね。私が見たところ、得点の可能性があるプレイは2回。一方の名古屋は後半またしても2点を奪います。東口も奮闘していたのですが、まえがかりになる新潟をいなしながらここぞという時に点を奪った名古屋は(まだまだ得点できそうではありましたが、しょっちゅう強引にはいかなかったようです)4得点完封の快勝。一方の新潟は途中でチョヨンチョルが足に違和感が出たとかで交代、敗戦という結果の他に不安を残すゲームとなってしまいました。

 よしくんずっと観戦楽しみにしていただろうに0-4の敗戦はイタいよなあ。去年の京都もよく負けたから、ほんと気持ちわかるよ。でも、新潟サポはすばらしいね。敗戦後サポ席前に挨拶にきた選手に対し、ブーイングはなし。勇気づける歌をみんなで立ち上がった旗やタオマフをまわしながら繰り返し歌う姿にはちょっと感動しましたよ。ぬるい拍手でなく、とんがったブーイングでもなく、励ますために歌を歌い続ける。素晴らしい姿だと思いました。やるぜ新潟。

 だけど仙台もすごいな。平日日中のゲームだったにもかかわらず14000人ものお客さんが入ったってんだから。名古屋―新潟で6700人。復旧初戦の鹿島スタジアムでの鹿島ー甲府戦でも7800人だもんなあ。。。仙台、柳がゲーム復帰果たしたし、オレの好きな角田もきっちり活躍してるし、・・・いいなあ。。。

|

« 阿智第三小学校通学合宿 | トップページ | 浪合振興協議会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/40430633

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋へ。:

« 阿智第三小学校通学合宿 | トップページ | 浪合振興協議会 »