« 久しぶりの家w | トップページ | 小学校参観日 »

2011年6月11日 (土)

雨の中の激闘(中体連下伊那大会)

 私は夜勤入りだったのでサッカー部と卓球部の送迎と応援に行きました。
 今日はあいにくの雨で、体育館の中で行う卓球はともかく、サッカーはたいへんだろうなあと思っていました。
 会場は松尾の総合グランドでした。芝のピッチでゲームができるのはうれしいのですが、しかししかし、芝は猛烈に水を含み、目で見えるくらいの巨大な水たまりがそこかしこにあります。

 ドリブルしたってボールは運べません。グラインダーのボールはほぼストップします。やりたいことができるピッチではありません。そんな中でのゲームとなりました。

 嫁さんと長男と一緒に応援席にむかったのですが、到着したのは後半開始直前くらい。校長先生も見えてて「1点先制されたんだよ」と教えて下さいました。

 水しぶきをあげながら選手が戦っています。センター生のRは右サイドハーフでがんばっていました。

 得点はそこから生まれました。足場悪い中ドリブルでボールを強引に運び、相手選手に囲まれた状況の中からでしたが、中央にクロスを送ります。そこは水が少ない場所で、グラインダーのボールがうまいぐあいに1年生FWのRYくんのところにぴたりと届きます。RYくん、それをゴールファーサイドに流し込みます。湿った芝に球足がとられて球速はありませんでしたがコースが絶妙、応援席の悲鳴と歓喜の声が渦巻くなか、見事ネットを揺らしてくれました。

 その後たがいに攻防を続けましたが1-1のドロー。雨の中ではありましたが、熱戦でした。

 二試合目は個人技から失点してしまい、終盤にはCKから頭で合わせられ、0-2の敗戦。個人技にやられた方はともかく、芝が重い時は空中を浮かせばよいということを敵に教わったカタチとなりました。現名古屋監督のストイコビッチは現役時代、リフティングしながら敵陣切り裂いていきました。

 鼎(かなえ)の体育館にも行き、卓球部の様子も見てきました。山村留学生のUちゃんとも話せました。ただ、Uちゃんの試合は明日だそうで。今日は団体戦のみでした。

 夜は宿直。20時ころmに来てもらい、中3のMちゃんの宿題である高校生へのインタビュー(進路指導の一環)にこたえてもらいました。なんだが爆笑がよくおこっていましたが、いいのでしょうか?w

 京都では次男のsiが1年生リーグに出場、4-1-2-3の2で戦ってきた模様。大谷高校相手に3-0で勝利したとのことです。彼もチーム戦術と自分の関わり方についてずいぶん考えているようで、結構なことです。さらなる破壊力をチームとして構築しようとしているようです。

|

« 久しぶりの家w | トップページ | 小学校参観日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/40389889

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の中の激闘(中体連下伊那大会):

« 久しぶりの家w | トップページ | 小学校参観日 »