« 結納にて、仲人してきました。 | トップページ | 入梅とか。台風2号とか。 »

2011年5月23日 (月)

息子たちの蹴音

 22日、長男の高校サッカーが終わった。
 長男彬人は、最後の最後の試合で、先発の座を得た。高校から本格的に始めたサッカー。よくぞ最後に、公式戦の頭からピッチに立つまでにがんばったものだ。本当にうれしい。
 彬人は走り続けたことだろう。ゴールを目指して、チャンスを生かそうと、時には味方が送るボールに反応して、また時には味方がボールを出しやすいように。
 ゲームは、1-2で敗戦となった。
 その1点はPKによる得点だったらしい。
「どうだった?」
「・・・まあ・・・。よかったって言ってもらえた」
「そうか」
しばし、私は絶句となった。見たかった。あいつの戦う姿を見たかった。もう今日で、高校生の彼がピッチで戦う姿を見ることはできなくなる。
「続けろよ」私は言った。
「大学行っても、社会人になっても、サッカー続けろよ」
「うん」彬人はそう言った。
口数少ない男だが、言う言葉に虚飾はいっさいない。あいつはサッカーを愛している。
「切り替えるのはたいへんだろうけど、もうすぐ試験だろ?」
「火曜日から」
「むりやり切り替える感じになるけど、いいチャンスかもしれないな」
「まあ、うん」
「がんばれな」
「うん」

・・・。

一方の次男は、トレーニングマッチに出場。
左ひざはまだ痛いようだが、合計3本95分間出場した模様。
4-1-2-3のフォメで、アンカーで出たそうな。中学時代なら2の位置だったろうが、アンカーか。確かにバランスとったり、配球したりってことも好きだが、守備はどうよ守備は。
しかし守備力向上はねがってもない話。がんばってほしいものだ。
アンカーでいながら2アシストだったとか。フィニッシュにからめるアンカーってのもいいなw ってかいいか?(笑) 私が敬愛する倉貫のように、アシストを段取りするパスにこだわるプレーが真骨頂になってくるかもしれないな。でも、ゴールに絡みたいわな、やつは(笑)

遠くで、息子たちの蹴音が聞こえる。

気もそぞろになる。

応援に行きたい、なあ。

|

« 結納にて、仲人してきました。 | トップページ | 入梅とか。台風2号とか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/40108128

この記事へのトラックバック一覧です: 息子たちの蹴音:

« 結納にて、仲人してきました。 | トップページ | 入梅とか。台風2号とか。 »