« 近頃考えること。(第17期記念文集に寄せた原稿) | トップページ | この子たちとの最後のサッカー。息子の誕生日会 »

2011年3月11日 (金)

巨大地震、未曾有の津波

 浪合の我が家にいた時に揺れました。長い時間揺れました。
 古い家なので、揺れが落ち着いてから私は外に飛び出しました。もっと激しい揺れがくるのかと思ったからです。でもそれは杞憂でした。
 家に帰ってからテレビやインターネットで仙台沖で巨大地震が発生したことを知りました。
 阪神大震災のことを思い出しました。しかし、今回はもっともっと、悲惨なことになりました。今まで体験したことのないような津波が東北の東海岸を襲ったのです。
 チリ大地震のときで5.5メートルの津波といいます。今回は、11メートルとも15メートルともいわれています。
 町が壊滅したところもあるそうです。17000人の町の10000人が行方不明という町。200~300の遺体が流れ着いた海岸。
 阪神淡路大震災の時も悲惨でしたが、今回はケタ違いにひどい状況になりそうです。
 その上、原子力発電所が暴走。放射能が被災者を襲う危機に見舞われてしまいそうです。1000年に一度の大地震、大津波が、さらに原子力発電の放射能漏れという未曾有の危機を引き起こしました。
 国力をあげて、この災害に立ち向かい、不死鳥のようによみがえってほしいと思います。

 しかし、失われた命は戻りません。無念だったことでしょう。家族を失われた方の悲しみも想像に余ります。

 私たちに何ができるか。

 そして、私たちにも起こりうることなのだということを、心しておかないといけませんね。

|

« 近頃考えること。(第17期記念文集に寄せた原稿) | トップページ | この子たちとの最後のサッカー。息子の誕生日会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/39268160

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大地震、未曾有の津波:

« 近頃考えること。(第17期記念文集に寄せた原稿) | トップページ | この子たちとの最後のサッカー。息子の誕生日会 »