« からくも勝利。アジアカップ  | トップページ | まさかね・・・。 »

2011年1月15日 (土)

京都府高校サッカー新人戦予選リーグ観戦

 ほかに用事もあり、またしても京都に来ています。

 薪平といっしょなのですが、今日は山城高校グランドに行きました。そこで表記ゲームがあったんです。

 カードは1試合目が山城高校対西京高校、2試合目が北嵯峨高校対桃山高校でした。1試合目の後半から観戦することができました。山城高校のグランドはサッカーのピッチがぎりぎりとれる大きさなので、まさに線審のまうらで観戦できる感じ。実に近い。

 山城高校はパスをつなぐサッカーを見ていて楽しくなる展開でした。サイド攻撃を主軸におこなっているようでしたがそれにばかりこだわるふうでもなく、真ん中へのくさびから2列目の突破、個人技での得点など見どころ満載な感じでした。西京高校は守備の粘りがほしかった感じかなあ。結果は4-1(前半1-0)でした。左サイドで躍動していた山城の10番が、上背はないもののスピードありでスキルフルなプレーも見せてくれ、目の前だったこともあり実に印象的でした。

 

Photo

 2試合目は北嵯峨対桃山。桃山はプレスが早くチーム内の会話が実に頻繁で内容がよかったです。また個々人のスキルも高く一対一の場面はだいたい優位に進めていた感じです。一方の北嵯峨は最終ラインの粘りを中心にきっちりした守備からゲームをつくっている感じ。GKは小柄ながらバネがあり、瞬発力がありそうです。
 ゲームは、中盤は桃山が支配する時間が長かったですが、最後のところで失点を許さない北嵯峨、という展開。まれに北嵯峨のカウンターがはまりそうになる場面もありますが、桃山が素早いプレス、的確なパスカットでそれを許しません。

Photo_3

 北嵯峨守備陣がこらえきれず1失点した場面はあったものの、その後粘りに粘ってゲームを締め、0-1で前半終了。
 後半も同じような展開からはじまります。勝負を決めにかかる桃山の攻撃を北嵯峨がはじき続けると、じょじょに北嵯峨に流れがきます。中盤でスペースが生まれ始め(桃山の足が止まり始めたのが原因と思われる。北嵯峨は体力はあるぞ)、局面の勝負で北嵯峨が勝ち始めます。桃山のプレスがかからなくなってきています。とりわけ左サイドは押し込む回数が増え、もうあとちょい!という場面をいくつかつくることができました。しかし、クロスがあわない!あと30センチ!!
 スコアはそのまま0-1で終了。どちらのチームも残念ながら決定力は足りない感じでした。桃山はGKをはじめ声によるコーチングがすばらしく、フルタイムよく声が響いていました。それが前向きで勇気づける言葉でその上端的。声が大きくまた内容が的確。実にすばらしい武器を持ったチームだという印象が残りました。

Photo_2

 

|

« からくも勝利。アジアカップ  | トップページ | まさかね・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/38486393

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府高校サッカー新人戦予選リーグ観戦:

« からくも勝利。アジアカップ  | トップページ | まさかね・・・。 »