« 「学ぶ」とは「教える」とは | トップページ | 阿智村ダービーの今までを振り返ってみた。 »

2010年12月 9日 (木)

阿智S.C.と交流戦

 今日は天気があやしかったのですが、たいして降ることもなく、無事開催することができました。

 私はBチーム(3,4年生)の指揮をとりました。Aチームがキーパーを貸してくれるってハナシもあったのですが、うちにも優秀なキーパーがいますので、完全自前の選手で行きました。

 システムは3-3-1。1トップの左右のMFはどちらかというとウィング。前線でチェイシングを活発にして、余裕を持たせないように走り回ってもらいました。(そのへんはわりとできました)

 最終ラインは、まずは専守防衛。左右は前があいてる状況でボールが持てたら、ドリブル攻撃参加をがんがんしろってことで。

 とあくんからあっきーに相手DF陣の頭を越す柔らかいボールが出て、それをあっきーがうまくトラップしてキーパーと一対一、前に出てくるキーパーの頭上をこれまたループで美しく越して先制!ファンタジックなゴールでした。やっぱ柔らかいボールさばきができるあっきーの特徴がすごくよく出たナイスゴールだったし、とあくんの戦略眼の確かさも光った攻撃でした。

 キーパーてんてんは、最後尾から大きな声でチームを鼓舞します。非常にいい。時々むりな注文もあるが、それでもいいw

 3枚のDFはほぼ相手の攻撃を防ぎきりました。3年生のよしくん、4年生のとしくんとも、機をみた攻め上がりもあって、よかったです。CBのれいちゃんは落ち着いていて、浪合の壁ぶりを発揮してくれました。

 DMFのともくんも、決定機にからむんだよなあ!終了直前、おしいシュートがあったよなあ!

 後半はあっきーをキーパーに、やまだくんを一番前、てんてんを右MFにして臨みました。後半はそのてんてんが攻撃をけん引します。後ろのよしきの守りが落ち着いていたこともあり、てんてんは思い切った攻撃参加ができます。

 得点は中央から出たボールをとあくんが猛ダッシュしてうばい、すかさずゴールに流し込んだ「らしい」得点。相手守備が右によったところでフリーになっていたとあくんが十分に自分らしさを発揮できたプレイでしたが、それもてんてんのがんばりが生んだプレイということもできるでしょう。

ただ後半・・・疲れからか、バイタルエリアでのドリブルチャレンジが足りてなかったな。フリーなら、まずドリブル。それでいいから。無責任に中に放り込んでも、はじきかえされるのがオチ。

 終わってみれば完封の2-0。
 Aチームも3-0の勝利。

 審判はしんぺいたち中学生がやってくれました。すごく助かりました。
 主審はほんと責任が重くてたいへんだよね。線審もまごまごしてると試合をつぶしちゃうよね。またできる機会には、ぜひチャレンジしてほしいと思います。審判も、サッカーをつくる大切な要素ですからね。

 対戦のあとは、ミックス戦。阿智と浪合がミックスしてのゲームをしました。
 そのちゃんが1ゴールを決めて、私主審でしたが、うれしかったですw トータルスコアは4-2とかだったかな。試合後の握手が印象的でした。

|

« 「学ぶ」とは「教える」とは | トップページ | 阿智村ダービーの今までを振り返ってみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/38026686

この記事へのトラックバック一覧です: 阿智S.C.と交流戦:

« 「学ぶ」とは「教える」とは | トップページ | 阿智村ダービーの今までを振り返ってみた。 »