« 一番書きたいことが | トップページ | もうすぐ締め切り »

2010年12月 2日 (木)

宇宙戦艦ヤマトに関して

 こどものころ、イスカンダルに行くヤマトをTVで見た。アニキがはまってた。私はそれにつられて見ていた感じだ。

 さらば宇宙戦艦ヤマトは劇場で見た気がする。それをリメイクしたTV版も見た。そのうち、これで最後これで最後といいながらだらだら続けるヤマトに嫌気がさしてきて見なくなった。

 ヤマトは、最初のヤマトがすべてであり、他はおまけだと認識し、心の殿堂に飾り、今に至る。ガンダムしかり、だ。

 そんなヤマトが実写映画となり、キムタク、山崎努、ぎばちゃん、西田敏行、緒方直人、高島礼子らでよみがえる。黒木メイサについてはごめん、よく知らないんだ。

 先の役者さんたちは、みな好きな人たちだ。艦長・山崎努なんてたまんない。娘もなんだか楽しみにしている。なんとなく家族みんなで見に行きそうな気配が濃厚だ。

 そんなこと、今までなかったけどな。サッカー以外でこんなことあったら、それはすごいな。ヤマトさまさまだな。

 ・・・デスラー総統とか、ドメル将軍とかは誰なんだっけ?出てくるの?出るよね??スターシャは?? ある意味、森雪より重要なキャスティングだと思われるが。

 「地球か、懐かしい、何もかも・・・」までやるのかね?かけあし映画になっちゃうのはごめんだから、3部作くらいでいいんだけど。アニメのパート1の映画の駆け足っぷりはがっかりだったもんなあ。

 実写リメイク、次は999を希望する俺です。

|

« 一番書きたいことが | トップページ | もうすぐ締め切り »

コメント

こんばんは

>アニメのパート1の映画の駆け足っぷりはがっかりだっ>たもんなあ。

とはいえ、BGMは全曲フルオーケに入れ替わってますからね。セル画も結構入れ代ってますし。
実写版、佐渡先生のキャスティングがなぁ・・・・
西田敏行が徳川機関長なら、佐渡先生には竹中直人ぢゃないだろうか。
「大酒飲みの女医」って、個人的に嫌過ぎる。そんな船には乗りたくねぇ・・・

酷評されているTVシリーズも、「この船に乗って、冒険にいかないか」の精神(こころ)は、変ってないんですよね。
実写版にその魅力があるか・・・

投稿: 飛魔人 | 2010年12月 8日 (水) 01時14分

たとえば、ドメル将軍との一戦だけ取り出して映画にするとか、なんかそんな思い切りもイイかも、なんて思う私です。BGMは半分くらいつくりなおして、でも、肝心なシーンはなじみの音楽が聞こえてくる、みたいな。

投稿: くずてつ | 2010年12月17日 (金) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/37938255

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマトに関して:

« 一番書きたいことが | トップページ | もうすぐ締め切り »