« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

くずてつ流 大みそか 10年ぶりの大雪の京都で

まずなぜだか6時起床。日常以外は早起きになる子どもみたいな私w

外見てわくわく。雪だ雪雪。京都なのに浪合みたいだぞ。
姪っ子が「雪の結晶見たい」っていうからマクロレンズつけて撮影。でもイマイチちゃんとうつらなかった。浪合みたいに雪の結晶がはっきりしてる雪じゃない(←いいわけw)

嫁さんは「嫁」まっさかり。おせちのおなますづくりをしています。

子ども達は、家の片付け協力、おせちづくり協力、勉強など。

ひと段落して、京都ファミリーへ。ユニクロがお目当て。私はオートバックスへ行ってチェン購入。となりのキタムラいって巣通しフィルタ購入。垂涎の新型機や注目の中古機を見て楽しむ。

んで、遅めのお昼食べてちょいと昼寝。それから起きだして、こどもたちといっしょに車に乗って雪の中を出発。目的は京都の冬景色鑑賞。コースは・・・広沢の池、嵐山(撮影と、arinkoのスイーツを堪能タイム)、D2(電気ストーブ購入)、セブンイレブン(飲み物補充と軍資金補充)、マツモト(食材購入)、円町経由で金閣寺(撮影)、本屋(図書購入)。

20110101014340

20110101014342

20110101001719

 金閣寺は猛烈な人でした。雪の金閣寺は誰しも見たいですよね。駐車場のおじさんに聞いてみたら「いや、ほんまに今日は多いでっせ」とのこと。閉館まじかに行ったのに、人の列は途切れてなかったもんなあ。

 夕飯は手巻き寿司。今日はにごり酒で一杯。弟もいて、彼と親父はビール(エビスの白)。うまい魚でござった。

 で、親父、お袋は1階で紅白歌合戦鑑賞。息子と娘は2階で紅白(等)鑑賞。嫁さんはうろうろ。

 私はジャンパー着こんででかけます。嵐電乗って、白梅町へ。歩いて北野天満宮へ。それから白峯神社に足をのばし、帰りに清明神社によってきました。まだ9~10時台だったので、人は少ないものです。白峯神社なんか、私だけだったかな。もう2時間もすれば、天神さんなんか人でごったがえすんだけどね。寒い中てくてく歩き、白梅町から嵐電に乗って鳴滝へ。

Photo

Photo_2

Photo_3

 そこから急ぎ足で自宅へ急行。自宅到着11時30分。そこから急ピッチで年越し蕎麦づくり。嫁さんがつゆをつくってくれてたしアゲも煮ていてくれたのでありがたい。
 親父向けにネギと豚肉を砂糖醤油で炒め煮したのをつくり、他のみなさんにはアゲ、かまぼこ、ねぎをトッピング。8人前できたのは11時50分。ずるずるすすって、さあ、今年もおしまい。

 いつもはこれから2年参りなんですが、車がエスティマからカローラにかわったこともあり、みんなが車に乗るわけにもいかず、そんなわけで私ひとり先に夜の京都を徘徊していたんですよ。家内と親父、それから子ども達が車に乗り込み、「いってきまあす」とでかけます。

 ルートは「福王子神社」「吉田神社」「白峯神社」「北野天満宮」でしょう。多少の順番の入れ替えはあるかもしれませんが。

 私はパソコン開いて撮影したデータを確認、ゆるゆると酒飲もうかなぁと思ったけど、まあ別にそんなに飲みたくもなし、と寝る事にしましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

北嵯峨高校へ。嵐山へ。

 今日は娘とふたりで午前中嵯峨野をぶらぶらしてきました。

 まずは北嵯峨高校へ行き、高2の長男・彬人が所属しているサッカー部の練習を見に行きました。今日は薪平も練習参加させてもらっています。体育館からはバレーボール部の威勢のいい声とボールの弾む音が聞こえます。全日本女子の佐野優子や元全日本の大村加奈子を輩出した高校なので、女子バレー強豪です。体育館を通り過ぎると野球部がグランドや倉庫の掃除をしていました。野球部も強豪で、現ロッテの投手、山田秋親(現役 目下126試合登板、16勝11敗2ホールド1セーブ、1完封、防御率4.76 実働8年目)や元西武ライオンズの投手、細見和史(通算56試合登板、5勝9敗、防御率4.42 実働5年)らを輩出しています。で、その奥で練習しているのがサッカー部。

 今日は年内最後の練習ということで、ミニゲームを繰り返し行っていたようです。彬人と薪平が同じチームで試合をする場面もあり、それを娘と私のふたりで見るなんて・・・感無量w

 最初はかりてきたタヌキみたいなプレーだった薪平ですがw、ミニゲーム3本目くらいから本領を発揮(このゲームで彬人と一緒でした)、中盤のパサーとして変幻自在の(ほめすぎw)パスでゲームにインスピレーションを与えていたように思えました(どっこいしょ!) 兄弟でパス交換して最後に薪平が決めた場面なんて、じーんとしましたねww 苑生も「やりたくなってきた」感じでそわそわしてました。

 もっと見ていたかったのですが、苑生のお目当てはほかにもあったので、その場を離れて嵐山へ。ところがお目当てのお店は年末休業・・・。その上携帯電話を忘れたことに気づき、公衆電話を探し求める始末。嵐電嵐山駅で電話を見つけて関係各所に事情を伝え、ほっと一息。寒い日ですが雨も降ってきて、早めに車に戻ろうかと思ったのですが、駅前にあるarinkoというスイーツ屋さんが魅力的で・・・。娘に食べ歩きスイーツを買ってやり、嫁さん用に「京ロール(1500円なり)」を購入。いくつかお店をひやかしながら駐車場に戻りました。老松のお菓子も気になったんだけどお昼が近かったこともあり、またの機会に。

  しかしこの京ロール、絶品だったなー。

Ca3g0003

 薪平は黒豆が気になってにおい嗅いだりしてたけどw へんなやつ笑

 楽しいっすね、娘と二人で歩くの。もっと遊びたかったなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

年末の京都入り

 今日からお休みです。

 ですが。朝センターに行き、道路の雪かきと融雪剤まきをしました。昨夜からの雪で道路事情が悪くなり、キャンプの足の安全を確保するためです。そしたらすでに一部やってあって、「結構結構」と思いましたねw

 で、遊楽館のつららおとしとか、センターの屋根の雪下ろしとかして、ヤギ小屋の扉をなおして、縁側の整頓して。かえしそびれてたDVDを発見してかえしに行き、ついでにキャンプの食材の補充をして。結構働いたぜw

 それから京都に向かって出発!と思って待たせている家族のもとへ。家についたら、天皇杯準決勝鹿島対FC東京の生中継してるじゃないですか。すでに試合は延長後半だったけど、1-1の熱戦。これは見逃せないとコオロキが試合終了間際に得点決める鹿島らしい勝利を見届けてから出発。

 嫁さんと運転は交代でするんですが、今回の先行は私。内津峠までいって夕食にして、そこで交代。そこから黒丸まで私の意識はなくw 黒丸から嵯峨野の実家までは私が再びハンドルを握りました。

 いつも東インターから出て三条通りをあがり、鴨川横を御池通りまで行って西行、二条城の南を通過して天神川通りまで抜けるパターンなのですが、今日は東大路通りを私が共通一次を受けた府立医大の前を通り兄が通っていた憧れの京大の前を通って今出川までのぼり、更に洛北高校(湯川秀樹、朝永振一郎、今西錦司、梅棹忠夫、松田道雄、伊丹十三ら偉大な出身者がいる学校。浪合のくまさんもここの卒業生。元サンガで2011年度より草津に移籍するGK橋田もここの卒業生)、前まで行こうかと思ったけど早く家に着いた方がいいよなと思って御所の北側を走り、天神さんの前を通って北野白梅町からさらに京都学園(旧名京都商業高校。古くは沢村栄治、サッカーでは川勝良一や柱谷幸一・哲二兄弟を輩出)を通って仁和寺へ、それから実家へというルートで帰りました。家族もそうしたエピソードを紹介すると楽しそうにしてくれたのでよかったです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

なみあい冬キャンプ

 1,3組がちゃづけの担当で、2組は私の担当です。

 なみあい冬キャンプはスキーキャンプ。1組はクリスマス企画を加え、2組は餅つき企画が加わっていまPhotoす。

 1組が始まるときまで、スキー場にかろうじて雪がある程度でしたが、クリスマス寒波が来てくれたおかげでキャンプスタートと同時に銀世界到来!!これはうれしかったですね!

Photo_2

 初日は雪だるまづくり、そり遊び、餅つきが主な企画。 二日目はもっぱらスキー(インストラクターによる指導付き)です。夕飯は五平もちにしました。3日目は午前中スキー、午後は温泉で、解散というプログラムです。

 2組に関しては、D,PDが私、厨房担当が赤、救護安心係がおしん、PL(ぱしり)に元山村留学生のほりがいますし、班付きリーダーも結構しっかりしたお姉さんがついてくれています。初日以外は雪が激しくふることもなく、楽しくできました。

Photo_3

 名古屋までの随行は私の担当でした。初日は早起きして名古屋にむかったのですが、最終日は名古屋のビジネスホテルに泊まって、朝名古屋に集合したこどもたちを浪合に連れていくというパターンで行いました。ビジネスホテルとはいえ、ひとりで泊まるのは、さみしいもんですなあ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

おわびと御礼。

 キャンプ担当をしていたため、二学期解散日に挨拶ができませんでした。かわりに前夜、センターに行ってこどもたちに挨拶をしておきましたが、お迎えにきてくださった保護者の方々にご挨拶できなかったのは残念でしたし、失礼いたしました。勤務の都合とはいえ、申し訳ございません。

 事故のない、健康で有意義な充実した冬休みをお過ごしください。

 夏から始まった二学期、ほんとうにたいへんお世話になりました。感謝感謝です。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

今日から担当キャンプ

 今日から冬キャンプ2組がはじまりまして。
 私はこのキャンプのディレクターでして。

 2泊3日ではありますが、スキーキャンプを楽しく行いたいと思います。
 名古屋に行って子ども達を迎えることも私の担当で。

 幸いというか不幸にもというか、雪はがしがし降ってきてまして。
 交通網に問題が出なければいいなあと思っておりまして。

 バスは平気だったのですが、車がスリップして畑に落ちたりしてまして。
 JAFに助けてもらってことなきを得たのですがちょっとびびったりしたわけで。
 あ、こどもは乗せてませんから大丈夫です。

 雪が降る中、森林組合から遊楽館に歩いて登るとかちょっとたいへんだったけど、なんか突発イベントっぽくてイケイケだったし。

 雪がない環境を想定してお正月飾りをつくろうと思っていたけど、雪がたっぷりあるので雪だるまづくりやソリ遊びに変更したりして。

 お餅つきもがっつりやれたし。

 車トラブルがあったけど、でもまあ結構な滑り出しだったのではないかと。

 リーダーさんたちにたくさんお世話になって、感謝感謝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

京都にて高校サッカー体験、見学

京都の高校に次男もいこうとしています。

 

それで勉強をがんばってるわけですが、彼にとっては関心はむしろサッカー部。

そんなわけで、先日、山城高校と洛北高校のサッカー部の練習に参加させていただきました。

息子ひとりで京都に行き、それぞれ半日づつお世話になってきました。

私は洛北高校の練習参加時に実家のご機嫌伺いもかねて京都に行き、帰りは息子と一緒に帰って来ました。

 

洛北高校の練習では、ちょうど伏見工業高校と練習試合をする日だったので、B戦で出場させてもらったようです。小中とトップ下とかボランチの選手だったのですが、この日は志願してFWで出場。4-4-2の左でした。一番前なのでボールに絡むことは少なかったのですが、走り出しやラストパスの部分で持ち味を出そうとしていたのはわかりました。開始早々削られて足がちょいと痛そうではありましたがw

Photo

 

洛北高校からは比叡山がきれいに見えます。私の実家は愛宕山がきれいに見えるところなので、ちょっと距離があるのですが、出場させてもらえてうれしかったようです。午後には愛宕山のふもとの高校に通う長男の練習試合の見学に行ってきました。下鳥羽の京セラの近くにある人工芝のサッカー場です。長男は一応本職のFWです。対戦相手は両洋高校。5本くらいやってたかなあ。ボールを追う長男の姿を見ることができてよかったです。

Photo_2

 

娘も中学に行ったらサッカー部に入るというし。まあ、楽しいからいいですw

 

ところで次男はそろそろ志望校を固めたいところです。サッカーだけでなく、勉強もしっかりしたいと一応言っておりますので、長男同様、いっそがしい高校時代になりそうです。いいことですけどね。

 

洛北の監督さんからも「勉強はしっかりしときなさい」と言われた様で。洛北の文理は80人とるとは言え、むずかしいからなあ。古豪・山城高校(あの!釜本が出た学校!! タイガースの牛若丸(といっても知る人も少ないだろうなあ)吉田義男も!)の理数なんかは少なくとも5教科偏差値64はいるみたいだしなあ。まあ、高校が選べる二類は、どこも簡単じゃありませんがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

ドメル将軍かっこいいよ。沖田艦長もね。

 昨日、出張の帰りにナイスディにより、宇宙戦艦ヤマトの第一シリーズのDVDを借りました。ドメル将軍とヤマトがバラン星で決戦するところからの数話が入っている巻です。

 古代進がだいぶ成長していて、沖田艦長の病気も進行していて、で、ヤマトはイスカンダルとのちょうど間にあるバラン星に50日遅れくらいで到着しつつあり、でもそのバラン星はガミラスの太陽系方面攻撃基地があり作戦司令本部長として「宇宙の狼」名将ドメル将軍が着任していて・・・(そんなことは一切ヤマトの乗組員は知らずにいて・・・)

 で、ドメル将軍の大胆な策略(ヤマトを精神的にゆさぶり、挑発しバラン星にある基地を攻撃させ、背後から人工太陽をぶつける)にまんまとはまり大ピンチを迎えるヤマトなわけで。古代の観察力と注意深さで策略にいち早く気が付くんだけど、しかし逃げることも間に合わず、頼りの波動砲で人工太陽をぶっとばしたくてもその時間すらなく。

 そのさなか、沖田艦長は「これがガミラスの戦略か。見事だ」とつぶやき(これしびれる)、絶体絶命の中、もう激突するというその時・・・・。

 ドメル軍軍。君はヤマト一隻ごときを打ち取るのに、我がバラン基地を犠牲にするつもり  かね?ゲールが知らせてくれたから良かった。君はとんでもない浪費家だよ。やめてくれたまえ」

 デスラーのかの有名なセリフは、当時ブームになった覚えがあります。とくに「やめてくれたまえ」の部分。

 (こんな量の宿題を出すのかね。君はとんでもない教師だよ。やめてくれたまえ  のように使いますw)

 この話から七色星団の戦いまで、すごく好きです。ドメル将軍と沖田のたがいに対するリスペクトも男心をくすぐられた覚えがあります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

聖夜前のラプソディ

 サンタっているよね?ときかれたとき、「いるよ」と答えられません。だからきかないでくださいw

 善意のうそってのはあるでしょうが、これが善意のうそってわけでもないように思うし。いないというと夢がないとかいわれてでもこれが夢だなんてチンケな話とか思ってもなかなか口に出せないしじゃあ神様がいるとかいないとかみたいにディベート的議論にならず一方的にいないという人の旗色が悪くなりがちなこの雰囲気がそもそも気に食わないとかいろいろ思うしだいたい西洋化されてそれなりに先進的な国にしかこず生きることすらままならない希望も夢もなにそれどこにあるのって地域のこどもたちのところにまっさきにいくはずだろその人なのにどうよセレブチルドレンの機嫌伺みたいなことばっかやってるやつってどうよどうよどう思うのよとかなり凶悪なこと考えてしまったりねw 「いない派」をつっぱるなんて大人げないという人もいますが大人げないです私は今頃なにいってるんですかってなわけでして。

 サンタはいないけど人間の良心のカタチってのはあってサンタはそのひとつ、ってのが私の持論なんですがサンタいる派の子どもの瞳を見るともごもごしちゃうしw でも「こどもに嘘はつけないだろ」と叱咤激励する自分もいるし。で結局家庭の方針に従いますからまじめにオレに聞かないでってことになりm(..)m だから」「いないゼ」といってびっくりさせてから「と考える人のことも大事にしよう」とか言ってみたり。

 だからクリスマスはちょっと憂鬱だったりするのです(笑) サンタ抜きのクリスマスプレゼントだったらいい習慣な気がするんだけどなあ。我が家はずっと、その方向デス。







 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

池中玄太80キロ

 家内とふたりで、ここんとこ毎晩見ています。

 ぺーや茶にもすすめました。

 私はこの番組が大好きで大好きで、私の成分の5%はこれでできていると自覚しているくらいです。(他に、エイリアン通りが2%くらい)

 私がキヤノンのカメラを使うのもこの番組の影響。

 何年か前の修園式で「鳥の歌」を歌ったのもこの番組の影響。

 そもそも、私がこの仕事をやり始めたのも、この番組の影響かもしれない。

 はあちんとかあっくんが見たら、毎回ぼろぼろになるくらい泣くだろうなあと思ったり。かくいう私たち夫婦も、毎回タオル片手に見てました。

 絵里ちゃん(杉田かおるさん)がもういい娘でねえ。。。 だいぶ、後半などだいぶ涙のツボでもあったわけで。。。

 ・・・京つどのときに、茶が「くずてつって楠公さんに似てますね」と言ってくれたのですが、意外だったものの満更でもなかったりw

 ヒデ(三浦洋一さん)と玄太(西田敏行さん)の口げんかと友情や、楠公さん(長門裕さん)と玄太のののしりあいと信頼は、私に男社会のかくあるべしという姿を教えてくれた気がしますし、大京グラフ編集部というチームは、スーパーGUTSと並んで理想のチームです。

 この番組は、血のつながらない子どもと大人が家族になっていく、というドラマです。笑って、泣いて、ああ、家族ってこういうこと大事だよな、って気づく、そんな仕掛けになっているような気がします。家族にとって大事なことは、恋人や職場でも大事なことだったりして。

 とにかく・・・ あっこ(坂口良子さん)もいいけど絵里のがいい私でしたw

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

ESAT竜丘さんと練習試合

Img_2993mini

 今日は竜丘小学校に出向き、練習試合をしてきました。
 私は病院に行ってからの参戦でした。(主治医の先生が「病気になりましてね。復帰できるかどうかわかりません」とおっしゃられ、びっくりしました)

 今日はA戦がふたつ、B戦がひとつありました。私はいつものようにB戦の指揮をとりました。

 結果はA戦が2-0と4-3。これらのA戦にはとあくん、としくん、てんてんが参戦しました。こうしてカテゴリーが上の子ども達と戦えるのはいい経験ですね。とあくんは点も決めていました。

 B戦は4-2。先制を許しましましたが、としくんが同点弾。さらにとあくんが逆転して前半終了。後半になってとしくんが直接FKを決めてくれ、一点追い上げられますが、とあくんがセンターライン付近から4人を抜いて左足でゴール。見事でした。

 今日はせっかくの機会でしたが参加者が少なく、残念でした。しかし、来てくれたメンバーがベストメンバー。来れなかった人の分までがんばるのがスポーツマンシップ。

 「また是非お願いします」と、冬でもサッカーが楽しめる場所で練習試合ができるよう、竜丘さんに幾度もお願いしました。

 明日は松川さんと練習試合です。

Img_2957mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

ゼビオに行ったらありました。トライアル飯田のポスター。

先日園生の一部を連れて行ったトライアル飯田の様子がポスターになって掲示してありました。

見覚えのある人がうつっていますよ。ケータイで撮影したので見にくいかな??
1枚目が11月27日、2枚目が12月4日のものです。


Pap_0022

 

 

Pap_0021

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

浪合中学校閉校記念文集の頒布について

 浪合中学校閉校記念事業実行委員会では、表記文集を発行することになりました。
 このサイトからは、浪合通年合宿卒業生やそのご家族など関係者の方に頒布します。(それ以外の方にはおわけできません。浪合支所内・公民館事務局にお問い合わせください。)

 詳細は こちら をご覧ください。

 1冊2000円、送料は400円となります。A4版200ページとなります。再版されませんから貴重ですよ! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

うれしかったよ、マミリン

 今日、私あてに荷物が届いた。送り主は、マミリン。(元山村留学生のお母さん)

 なんだろ、と私。ごそごそと荷物をあける。なかからは、サッカー日本代表のカレンダーと、マミリンからの手紙。

 「クレカのポイントを賞品と交換しようとしたら、代表のカレンダーが目に留まった。そしたら、くずてつのことを思い出した」

 で、送ってくださった旨。

 感激した。

 ありがとう、マミリン・・・。ものすごくうれしかったよ。サッカーがすきな子ども達が見られるようにするね。

 こんな思いやりにふれた日は、冬の寒さもなんのその、じわっと心があたたかくなるね。こんなあたたかさを私も人に与えたいです。

 そんな気持ちにさせてくれて、またまた、ありがとう、マミリン。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

個人懇談、成績は抜け殻、量への自信 の3本ですw

この2日でおよそ9人分の個人懇談をします。

山村留学生の担任の先生と保護者の方と3者で話しができる貴重な機会です。

学習のこと、クラスの姿、いろいろうかがうことで、その子の理解がいっそう深まります。

目を引くのが、学習の成果。成績向上している子どもが実に多い。これは学校の先生方のおかげだし、また親元はなれてもしっかりした目標を持って学習している子ども達の努力のあかし。

「成績はぬけがら」
と私はいいます。自分の過去の姿をみなおすことができるという意味で、また、その成績が次の成績を保証してくれるものではないという意味で。
「しかしそのぬけがらには、未来へのヒントがつまってる」
ともいいます。自分の過去の成果を見直すことで、しかも謙虚に見直すことで、何をどのくらいがんばればがいいかが見えてきます。

よい成果が出た人は、それを続けるために必要な努力を、満足できない成果だった人は、どうすればそれに届くようになるかを考える。そうした契機を与えてくれるのが、成績です。

そういう眼で、成績表を見直してみましょう。

中3の2人の懇談は、進路についてとなります。具体的に受験校を絞り、戦略を立て、必要な手続きを確認します。うちの息子も中3ですから、3人分の進路にかかわっている私です。

みなそれぞれ、家庭の都合を抱え、本人の希望を抱き、4ヶ月後にどこにいるかを勝ち取る段取りをしています。

がんばりましょうね。どれだけ勉強したか、胸張るくらい勉強したか。質が大切なのはいうまでもないですが、量への自信もあなどれないと思いますよ。

ヤクルトスワローズに池山というスラッガーがいて(ブンブン丸です)、彼が落合博満とタイトル争いをしていた時、終盤で落合に引き離されるんですね。そのとき、池山がコメントした言葉が印象的で、それは「元旦の早朝3時から自主トレをはじめてきた選手(落合)にはかなわない」というものでした。練習量でかなわないと思った池山は、そこで落合との差を痛感し、タイトルに届かなかったのです。逆に彼が2時から練習していれば、もしかすると負けるものかとファイトしてタイトル争いの行方は混沌としたかもしれません。量への自信とは、そういうものです。(「スラムダンク」にもいましたよね。「おまえら目をつぶれ。どれだけ練習してきたか思い出してみろ。」って監督。強豪・海南大付属高校の監督でしたっけ。)

がんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

阿智村ダービーの今までを振り返ってみた。

 阿智S.C.と浪合S.C.の阿智村ダービー。
 阿智がブルーのユニフォームなら浪合は空色のユニフォーム。(交流戦ではビブスであることも結構あるんですけど)
 やっぱダービーがあるっていいですよねw! 公式戦でできる日がくるといいです!!

 さて、このダービー、2006年の12月に生まれました。記念すべき第一戦は、阿智第一小学校で7人制で行われています。
Aチームのスタメンは
GK サン(6年)
DF マリオ(6年) DF きよくん(6年)
MF あっくん(5年) MF ゆかさん(5年) MF コテツ(4年)
FW こうちゃん(6年)
当時いたジョニーや薪平は体調不良で参加していません。
結果は1-1の引き分け。記念すべき初ゴールはあっくんでした。

ちなみにBチームのスタメン
GK コテツ(4年)→(MF)
DF きょうちゃん(4年)→なっちゃん(3年)
DF ミホ(4年)
MF ゆうや(2年)→ひろ(2年)(GK)
MF こうき(3年)
MF こうすけ(3年)→けいちゃん(3年)
FW イノ(3年)→なつおくん(2年)
でした。結果は0-1で負けなんです。(太字は現役選手<小学生>)

以降、A,Bチームあわせて14試合やってきました。(A、B7試合ずつです)

試合会場は阿智第一が10回、浪合体育館が2回、浪合村民グランドが2回です。

試合成績はAが6勝1分0敗。つまり初戦以降は全部勝っています。Bは4勝1分2敗

で、得点者もずらっとひろってみました。

以下、阿智村ダービー得点ランキングです。ただし、浪合のみです。
1 イノ 10(4)  ※( )内は出場試合数。太字は現役。
2 しんぺ 9(2) 
3 あっくん 6(3)
4 ゆうやっち 6(3)
5 とあっち 5(3)
6 あっきー 3(2)
7 ひろ 2(8)

ストライカーイノ、見事ダービー通算得点王です!!
イノは2008年9月アウェイのA戦では一試合4得点を叩き出しています。他3試合でも2得点ずつと、頼れるFWぶりを記録からも見せてくれています。

ところで
一試合最高得点ランキング てのも作ってみました。
1 しんぺ 6 (2007年2月ホーム)
2 イノ 4 (2008年9月アウェイ)
3 あっくん 3 (2007年9月アウェイ)
3 まあくん 3 (2009年5月ホーム)
3 ゆうやっち 3 (2010年12月アウェイ)
3 しんぺ 3 (2007年9月アウェイ)

女子で得点をあげた子もいます。

ゆかさんです。2007年2月のホームB戦で記録しました。この一発で引き分けを得た貴重な得点です。(先制点でした。おしかった!)

最年少得点者 は、とあくんです。2008年9月に2年生で記録しました(B戦)。しかも2得点です。

A,Bチームでそれぞれ得点を挙げたことのある子 が以下。
イノ、ゆうやっち、ひろ

まだまだずっと続くダービーです。今後どんな記録が出てくるか、楽しみですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

阿智S.C.と交流戦

 今日は天気があやしかったのですが、たいして降ることもなく、無事開催することができました。

 私はBチーム(3,4年生)の指揮をとりました。Aチームがキーパーを貸してくれるってハナシもあったのですが、うちにも優秀なキーパーがいますので、完全自前の選手で行きました。

 システムは3-3-1。1トップの左右のMFはどちらかというとウィング。前線でチェイシングを活発にして、余裕を持たせないように走り回ってもらいました。(そのへんはわりとできました)

 最終ラインは、まずは専守防衛。左右は前があいてる状況でボールが持てたら、ドリブル攻撃参加をがんがんしろってことで。

 とあくんからあっきーに相手DF陣の頭を越す柔らかいボールが出て、それをあっきーがうまくトラップしてキーパーと一対一、前に出てくるキーパーの頭上をこれまたループで美しく越して先制!ファンタジックなゴールでした。やっぱ柔らかいボールさばきができるあっきーの特徴がすごくよく出たナイスゴールだったし、とあくんの戦略眼の確かさも光った攻撃でした。

 キーパーてんてんは、最後尾から大きな声でチームを鼓舞します。非常にいい。時々むりな注文もあるが、それでもいいw

 3枚のDFはほぼ相手の攻撃を防ぎきりました。3年生のよしくん、4年生のとしくんとも、機をみた攻め上がりもあって、よかったです。CBのれいちゃんは落ち着いていて、浪合の壁ぶりを発揮してくれました。

 DMFのともくんも、決定機にからむんだよなあ!終了直前、おしいシュートがあったよなあ!

 後半はあっきーをキーパーに、やまだくんを一番前、てんてんを右MFにして臨みました。後半はそのてんてんが攻撃をけん引します。後ろのよしきの守りが落ち着いていたこともあり、てんてんは思い切った攻撃参加ができます。

 得点は中央から出たボールをとあくんが猛ダッシュしてうばい、すかさずゴールに流し込んだ「らしい」得点。相手守備が右によったところでフリーになっていたとあくんが十分に自分らしさを発揮できたプレイでしたが、それもてんてんのがんばりが生んだプレイということもできるでしょう。

ただ後半・・・疲れからか、バイタルエリアでのドリブルチャレンジが足りてなかったな。フリーなら、まずドリブル。それでいいから。無責任に中に放り込んでも、はじきかえされるのがオチ。

 終わってみれば完封の2-0。
 Aチームも3-0の勝利。

 審判はしんぺいたち中学生がやってくれました。すごく助かりました。
 主審はほんと責任が重くてたいへんだよね。線審もまごまごしてると試合をつぶしちゃうよね。またできる機会には、ぜひチャレンジしてほしいと思います。審判も、サッカーをつくる大切な要素ですからね。

 対戦のあとは、ミックス戦。阿智と浪合がミックスしてのゲームをしました。
 そのちゃんが1ゴールを決めて、私主審でしたが、うれしかったですw トータルスコアは4-2とかだったかな。試合後の握手が印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

「学ぶ」とは「教える」とは

 最初から出来るなら、出来るようになるのが容易で間違いもおこらないなら、別に指導者はいらないじゃない。
 できないから、できるようになりたいんじゃないか。やる意味がわからないから、それを知りたいんじゃないか。

 「できない、を、できる」にするのが学びである。

 教える側が「こう教えた」よりも、教えられる側が「こう学んだ」というところが真実になるし、指導者が「こういったじゃん」ってのは実に無力であるのだ。指導側の「教えた」と学ぶ側の「学んだ」は、学ぶ側が学んだ時に、指導側の「教えた」が事実となる、そういう関係でなくてはならない。

 指導者が学ぶことをやめたとき、学びのダイナミズムは硬直化する。指導者に学びがあるとき、教える行為もいきいきする。教える側が教えている者から学ぶことがなくてはならぬ。そしてそれは、教えるー学ぶの作用反作用によるものだけにとどまるまい。

 可視不可視、意図不意図、潜在顕在問わずあるところに、わかりあうしなやかな「学び」の姿があるのだろう。

 そしてそれを創造する責任があるのは、指導者である。これは揺るがない。甘ったれていてはいけない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

フットサル交流会3年生以下の部「悲願の1勝」

Photo

  今日はフットサル交流会3年生以下の部がありました。
 浪合はグループCで4チームのリーグ戦となりました。

 3年生以下は女子が多く、チームのおよそ半数が女の子。今回、目標は「めざせ1勝!」でした。それともうひとつ、私の目標は「全員出場」です。

 第一試合は上郷さんと。
この試合が始まる前まで、子どもたちはどことなくうわついた気持ちがあったようです。「優勝できるんじゃないか」根拠のない夢が、心のどこかにあったように思います。それはそれで結構なのですが、しかし、甘い現実というものはありません。

前半0-2とリードを許します。

「どうだい、眼が覚めたかい?」
ハーフタイム、これが私の最初のひとことでした。
「まずは、しっかりと守ろう。厳しさがいるぞ。相手もゴールを決めようと必死だからな」
と続けます。
「やさしくしてくれないぞ。待ってもくれない。スキがあれば、やられる」
とにかく、守備の意識と戦う気持ちを強くもってもらって、後半です。

後半0-0 。

得点は奪えませんでしたが、失点もしませんでした。守備はよくがんばりました。
得点も、惜しい場面は4回ありました。しかし、シュートが決まりません。残念でした。

二試合目はアザリー飯田さんと。

こちら、前半0-1 。
得点はまたしてもなしですが、失点は前の試合の前半よりかは1減りました。開始早々に決められましたが、しかしその後はがんばって防ぎました。

後半0-0 。
4人でべったり守ることで、なんとか失点を防ぎました。時折来るチャンスを我慢強く待ち、数少ないチャンスを決めることができれば、という思いがあったのですが、チャンスを決め切れず・・。練習で精度を上げるしかないですね。

三試合目はフレンドリーマッチで丸山さんと。

ポジションをいくらかいじり、DFとして2試合がんばってくれていたよしきくんを1枚あげました。攻撃参加を思い切りさせてやりたかったのです。
前半0-2、後半1-3 。
待望の得点をゲットできました。よしきくんです。しかし、そのかわり5失点もしてしまいました。

フレンドリーマッチ含めて3連敗・・・。応援に来て下さった保護者の方も、子どもたちも「なんとかひとつ・・・」そんな気持ちが強まってきました。私もです。残すはラスト1試合。

最終戦は竜丘さんと。

GK清内路かいとくん
DFよしきくん
MF浪合かいとくん
さなちゃん
FWまなやくん
スタートのメンバーです。

勝ちたい・・・! プレーからそんな気持ちがあふれていました。体格で勝る相手に対し、体を入れて譲りません。
前半は0-0 。 失点しませんでした!

後半、GKだった清内路のかいとくんを一番前に出し、浪合かいとくんをGKにおきます。
ゲームは5分の展開ながら、子どもたちは一生懸命走り、ピンチを防ぎ、なんとかチャンスを生み出そうとがんばります。
そして最後の最後、もうあとわずかという時間、ゴールキーパーとボールの奪いあいになったかいとくんが、キーパーの手からこぼれた瞬間を見逃さず、ゴールに流し込みました!
揺れるネット!!歓声湧き上がる保護者応援団!!初期Jリーグ中継の実況のようにwさけぶ私(笑)

はじめてのリードに浮足立つこともあるのですが、残り時間はわずか。集中して最後までプレイし、初勝利を得ました!

ホイッスルの瞬間、応援席でハイタッチをしてくれた保護者のみなさん、ありがとうございました。

守りに守り、最後の最後で1点奪って勝利。いやあ、ありがとう!おめでとう!!

もっと練習して、より楽しいサッカーができるように、攻撃力を身につけよう。シュート練習は必須だな。そして広い視野を持って攻撃できるよう、パスゲームもとりいれていこう。

君たちといっしょに、私も成長していきたいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年12月 3日 (金)

もうすぐ締め切り

 5日消印有効なんだけど、日曜日だし、前日の土曜日はフットサル交流大会だし、今日が締め切りってことでがんばんないとな。

 あと4枚つくればそれでOK。
 ざっと2時間。

 今日は職場カレンダー的には休みだけど、これはやりおえて投函するぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

宇宙戦艦ヤマトに関して

 こどものころ、イスカンダルに行くヤマトをTVで見た。アニキがはまってた。私はそれにつられて見ていた感じだ。

 さらば宇宙戦艦ヤマトは劇場で見た気がする。それをリメイクしたTV版も見た。そのうち、これで最後これで最後といいながらだらだら続けるヤマトに嫌気がさしてきて見なくなった。

 ヤマトは、最初のヤマトがすべてであり、他はおまけだと認識し、心の殿堂に飾り、今に至る。ガンダムしかり、だ。

 そんなヤマトが実写映画となり、キムタク、山崎努、ぎばちゃん、西田敏行、緒方直人、高島礼子らでよみがえる。黒木メイサについてはごめん、よく知らないんだ。

 先の役者さんたちは、みな好きな人たちだ。艦長・山崎努なんてたまんない。娘もなんだか楽しみにしている。なんとなく家族みんなで見に行きそうな気配が濃厚だ。

 そんなこと、今までなかったけどな。サッカー以外でこんなことあったら、それはすごいな。ヤマトさまさまだな。

 ・・・デスラー総統とか、ドメル将軍とかは誰なんだっけ?出てくるの?出るよね??スターシャは?? ある意味、森雪より重要なキャスティングだと思われるが。

 「地球か、懐かしい、何もかも・・・」までやるのかね?かけあし映画になっちゃうのはごめんだから、3部作くらいでいいんだけど。アニメのパート1の映画の駆け足っぷりはがっかりだったもんなあ。

 実写リメイク、次は999を希望する俺です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

一番書きたいことが

 世の中は有象無象。いろんなことがある。

 私のぐーたらなブログは、あちがったぐーたらな私のブログは毎日更新を目標にしながら、でも毎日は更新できず時間があるときにばばばと何日分かを書くようにしている。

 即時的におもったことなんかはツイッターでツイートしているから結構気持ちや考えを吐き出している方で、アウトプットばっかりしてるからインプットがおろそかになり中身がすかすかになってきたりしている。まあ中身がすかすかなのはなに今にはじまったことではないが。

 まあつまりおしゃべりが好きなわけで、写真がすきなのもきっとおしゃべりの延長なんだと思う。

 ブログの話題がサッカーよりだとか奥歯になんかつまったみたいな感じだぞーとか自分でも思っていたりするわけだが、一番書きたいことが書けないってこともあるわけで。

 この年齢や立場でいると、いろんな情報が耳に入ってくるしなあ。「ブログには書くなよ」とか釘さされたりすることもあるしw じゃ、ツイートしちゃうぞ、みたいなw

 沈黙は金、とはしかしけだし名言だな、と思ってみたり。黙々と、ただ黙々と仕事に向かう家内はエライなあと感心したり。

 まあこんなことを書いていても仕方ないわけなのだが。

 健康のために、走ってきたほうがまだいいな。いこ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »