« 収穫祭 | トップページ | 見直しましょう。 »

2010年11月15日 (月)

京都サンガ降格

 4度目です。

 てか、京都サンガF.C.と改名してからは「初」じゃん。(笑)

 エレベーターチーム脱却を目指しましたが、今年はシーズン前の補強が不発でしたね。

 チエゴ>>シジクレイの後釜期待・・・空回り、練習ボイコット、そして話題すらなくなり・・・。
 片岡>>勇人の後釜期待・・・特性もキャラも違いましたかね。後半はベンチにすら姿はなく。
 ドゥトラ>>カカ2世の呼び名に期待も怪我で出遅れ、その後スタメン定着も脅威にはなりえず・・・。
 慎吾>>最初から?だったが、結局試合出場すらおぼつかず。怪我も大きいが本当に必要だったのか。太亮の台頭が計算外だったのか。
 郭泰輝>>韓国代表戦のような輝きはサンガでは見られず。やはり言葉の壁を乗り越えるには至らなかったのか。

 シジと勇人の抜けた穴をふさぐことができず、守備的MFの重要さが浮き彫りになった感じ。ボランチの出来がチームの勝ち点に大きく影響するんだということを思い知らされた1年だった。

 梅本会長が辞任したが、辞任というカタチをとっただけで定年退職年齢だったし、補強の不出来や夏の補強のやる気のなさ、経営のまずさから会長の更迭だけでぐたぐたフロントの禊をすまされるのは納得できない。

 加藤久さんの手腕を生かすためにGMに専念させることにも失敗しているし、監督やらせて成績が悪くなれば加藤久さんを失うことになるのはわかりきっていたのに、結局(悪い)路線通りになってしまった。
 その後、秋田コーチの内部昇格という人事もハナから疑問。てか、経営も戦略も場当たり的でしかないこととお金のなさを露呈した結果、他チームからなめられる材料にすらなったのではないかと思うと、今更ながらにザンネンでならない。秋田氏にも色気はあったのだろうから今回の結果(降格)の責任はもちろんあると断言できるが、しかしそれしかないような状況をつくってきた会社のふがいなさは秋田氏の責任に比類するものではなく、滑稽なほどワルイ。
 選手のやる気、戦う気がないと常々問題になっていたが、最下位に沈んだ7月の時点で監督は内部昇格(しかもこの修羅場で監督初体験者の登用)、補強ポイントだらけであるのに戦力補強なしという状況下で、選手はよくファイトしてくれたと私は本気で思う。
 柳沢を戦力外にしたが、チームを離れる前に、フロントを代表して社長は彼にはふかぶかと頭を下げて「私たちがわるかった」の一言はいってあげてほしい。同様の言葉はお金を払って応援に来てくれているサポーター全員にも欲しい。いったいいくらお金を払って負けゲームを見せつけられてきたと思うのだ。私など、往復でさらに一〇〇〇〇円はかかっているのだぞ。(<それはまあいい。)

 このチームにはビジョンがないという名言を残して離れていった勇人は慧眼の持ち主だったといわざるをえない。勇人は「チームには」といわず、フロントあるいは会社には、といえば賛同者をもっと得られたのかもしれない。(もしかしてそう言っていたらごめんなさい)

 この上また1年でJ1へと言っている。J1の方がそりゃあいい。しかし簡単に上がれるものかよ、と思う。思うし駆けもどってもまた落ちのではないか。それならば、必要な時間をしっかりかけて、きっちり体質改善してほしい。それから上がり、ACLめざして戦い続けられるようなチームになってほしい。オレはその方がいい。もはやJ2は甘くないし、サンガはJ1にいていいチームではないから落ちたのだ。今年のこの惨めで惨憺たる戦績はそのことを物語っているのだ。きっちり生まれ変わってほしい。金ももはやあるまい。熟成につきあいたい。

 今日はこのへんにしとく。

 

 

|

« 収穫祭 | トップページ | 見直しましょう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/37719667

この記事へのトラックバック一覧です: 京都サンガ降格:

« 収穫祭 | トップページ | 見直しましょう。 »