« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月24日 (水)

畑のこと

 だいぶ畑もきれいになりました。
 あとは白菜と、小松菜がいくらか残るくらい。

 総括しておきたいとおもいます。

 今年成績のよかった野菜は、大根(夏、冬とも)、サトイモ、じゃがいも、いんげん、えんどう、ズッキーニ、ピーマン、小松菜、白菜ってところでしょうか。まあまあってのは、サツマイモ、トウモロコシ(理事長畑)、きゅうり。だめだったのはセンター畑のトウモロコシ(連作障害もあるのかなあ。。あと、カラスにずいぶんやられました)、ホーレンソー(発芽がむずかしいんですよねー)、なす(苗が大きくなりませんでした。実に残念。)、稲(収穫前にいのししにやられたのが痛かった・・・。)

 白菜がうまくいくことはめずらしいのですが、よかったです。うれしいです。おいしいし。
 大根は結構毎年いいですねー。とりわけ秋から冬の大根は甘くておいしいし、人気です。

 もうすぐ畑も完全休業。銀世界になれば、魅力的な遊び場に一変します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

阿智村駅伝の下見

 今日は午後から、週末にある駅伝出場予定選手と補欠の選手の下見引率に行ってきました。出席率がよく、車2台での引率となりました。

 前日の天気予報ではよくなかったのですが、雨が降ることはなく、晴れ間も見えて、気温もちょうどいいくらいだったのではないでしょうか。

【コース変更について・・・興味ある人だけ読んでください】

 昨年から清内路が阿智村に編入されたことで、阿智村駅伝の在り方が議論になってきました。つまり、それまでは「阿智村一周駅伝」だったわけで、まあ一周というよりは縦断だったわけですが、各自治会地区(全学区)をすべて走るようにコース設定してあったのですが、浪合を含め、清内路も阿智村になったことで、全学区を選手が走るのが困難になったんですね。

 具体的には、浪合が合併してから数年は、浪合を第一区とし、そこを走り終えたら(支所がゴール)、園原インターそばが次の2区のスタートで、1区ゴールインタイム差でスタート、というような措置がとられていたんです。清内路が阿智村になった年は浪合コースがなくなり、清内路が1区になったのですが、やはり1区と2区は離れていて、直接タスキリレーなしタイム差2区スタートという具合でした。

 しかしながら、離れた区がある駅伝運営は大変なんですね。むりに「一周(正確には縦断、より正確には断線あり縦断)にしてリスクを高めるよりは、一周でなくして運営の安定化、安全化をはかった方がいい、という判断になったのでしょうね。飛び地だった前1区は廃止になりました。(清内路も浪合も走りません。)

 今年はリスクマネージメント感覚がよくはたらいたらしく、2区以降のコース設定も結構かわりました。具体的には、園原インターから国道256号線の出会い付近までの交通量が多い路を走った前2区も廃止。新1区(前3区)のスタートが昼神温泉郷の奥座敷「阿智の里」からになりました。安全に配慮することは大事なことだと思います。

 前3区からのスタートになると、全6区となり、旧来の8から2の減となるので、それは減りすぎだろうということで、最終区の前をコース変更してふたつに区切り、全7区となっています。さらに総距離数が減りすぎることに配慮して、3区(前5区)のコースを若干変更して1キロの増とし、トータル18.8キロのコースとなりました。(それでもおよそ5キロの減です)

【コース変更について 説明以上】

 で、下見に行ってきましたw だいぶコースがかわったので、その確認をしながらの試走です。もちろんタイムの計測もしました。

 途中どうしてもわからない個所があり、ちょうど畑で草刈りをしていたおじさんに地図を見せて教えてもらったり、ってこともありました。そしたらおもしろくなっちゃって、そのコースはみんなで走り始めたりしました。他の区では、清内路小学校チームで出場するよしくんたちもいましたし、他の選手らしき人も走っていました。

 試走は大事で、かつて下見でコース確認があやふやだったところがあり、本番で迷ってタイムに影響が出たことがあるんですよね。まあ、今年はばっちりではないかと。

 それから過去3年間のタイムから、コース変更による距離の変更を加味したり路の勾配も加味したりして予想タイム(上位、中位のふたつ)を算出、参考タイムとして活用可能な資料もつくりました。まったくコースがかわっていない区は過去3年の最高タイムなんかも信憑性あるデータとして使えます。

 まあ、当日は浪合小学校チームとしての出場ですし、監督も先生なんですがね。今までもそうでしたが、地元の教育機関としてはこれくらいの支援はして当然という姿勢です。

 ちなみにセンターからは Nつ、H*みが出場、S太郎とUみが補欠となっています。Uみもそうですが、なんといっても校内マラソン大会1位のS太郎が補欠ってところがちと残念ではありますね・・・。 

 本番は日曜日。いい天気だとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

こどもとやるサッカー

 昨日おとといと二日連続、夕方1時間半程度地域のこどもたちとサッカーしました。スポーツクラブの休日活動です。

 15分ハーフのゲームを2本程度するんですが、これが結構楽しい。健康のためにもいいっす。

 小学校低学年から大人まで入り乱れてのゲームですから、微妙なルールがあるんすよね。
低学年女子がボールを持ったらドリブルのボール奪うの禁止とかね。キーパーが小学生の場合は大人の振り切りシュートはなし、ってのも。あ、低学年女子オフサイドなしってのもあるぞw。これを男子にまで適用するとちょっと具合悪いんで、今のところ女子だけなんだけど、そうするとちびっこ男子はプレーしずらいんですよね。でもそれが俊敏性を養っているところもありますが。あと鼻っ柱のつよい男子はやっかいですねw ぶつかってくるから怪我させそうでびびります。ボールにきてる(はず)なんだけど体が小さいから体ごとくる感じでね。

 それでも楽しいです。それぞれ得意な守備位置とかあってね。なんとなく、まとまるもんです。夕方は日が短くなってきたんだけど、気温はいいかげんで、もっとやりたくなるんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

松本山雅、J昇格は持ち越し

 今日、アルウィンにて松本山雅ホーム最終戦がありました。カテゴリーはJFL。4位以上になれば、諸条件が整っていればJ2に昇格できるカテゴリーです。

 山雅(やまが)はあと一息のところまで来ていました。今日いれて残り2試合連勝し、現在4位のHONDAが連敗すれば、昇格なんです。他力本願なところは難しいですが、とにかく勝たなければ話は始まらない状況なわけです。

 そんな一戦の相手は、首位ですでにJ2昇格を決めているガイナーレ鳥取。

 開始早々、(審判の厳しいジャッジで)一発レッドをくらって退場したのは、山雅の選手。10人対11人の試合を強いられることになります。

 もう、見てらんないほど防戦一方な時間帯が多かったですが、体を投げ出しての守備で失点をゆるしません。時折するどいカウンターを相手のどもちにつきたてますが、しかし得点するには至りません。0-0のまま前半が終了し、後半も残すところアディッショナルタイム含めてわずか、という時間帯、PA前で得たFKから、途中出場の小林が頭で押し込み、劇的勝利となりました。

 しかし、他会場で戦っていたHONDAは引き分け。HONDAが負けてくれないと昇格できなかった山雅は、ホーム最終戦で劇的勝利をあげながら夢は破れました。かえすがえすも、栃木戦を引き分けたのが痛い。でもま、負け試合がひとつ勝ちになってればまだまだ夢があっただけに、本当に1勝ってのは大事だし貴重だ。開幕のつまづきも大きかったぞ、ほんと。

 しかし、来年がある。来季の予算規模は3億円程度だとか。チーム編成に大部分かけるだろうから、いい補強ができるといい。ちなみに京都サンガを戦力外になった柳沢敦選手は今季6000万円だったそうだぜw 

 今年はもう少し山雅の試合を見るつもりだったけど、結局3試合かな90分見たの。アルウィンで1回、皇子山で1回、小瀬で1回。1勝1分1敗という観戦成績だから、ほんとの勝率よりも悪いか。山雅の応援団はいい。あたたかくて、山雅をかけねなしで愛してて。

 来年、浪スポ観戦ではもっと山雅の試合、見に行くことにしよう、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

明日は息子の誕生日

 私は連休。でも行けないなー。次男が試験前だしな。おっかあと娘のふたりで行って来てよ。

 日曜日には高校サッカー選手権京都府決勝戦が西京極であるみたいでうらやましいねw

 土曜日にも一応西京極でJ1の試合あるけどねww

 あ、紅葉のライトアップ見に行く??どこ行く??あ、やっぱ行き当たりばったりでこまったら俺に電話作戦ね。

 いいね、俺、便利だね。俺も俺がほしいなw

 ともあれ、明日は長男の誕生日。おめでとう。俺が父親になった記念日でもあるんだ。大事な日なんだよ。ほんと、やっかいな父親で、ごめんな。

 250キロほど離れてるけど、いつも、いつも大事に思っている。ありがとう、元気でいてくれて。又引き続きよろしくな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

逃げてやれ

 

 自分がかわいいんだねそうなんだね。

 基準は勝つか負けるかそれなんだろ。

 その勝利は自分のいやしさを慰めるだけなのにね。

 

 強者は弱者に見えるのだよ。別に眼がいがんでるわけじゃないよ。

 

弱肉強食は自然の摂理じゃないってけだし名言だね。玉木正之よく書いた。

 今西錦司はえがったなー。ダーウィンの強者の進化論のむこうをはったもんね。

 弱くはかないものが生きている自然界だったんだよ。自己中にいきてるようで、生命賭して、いや、存在理由をあえてそうして、そうして助け合ってね。

 

 愛されるより愛する方がいいって人は幸いだ。批判しなくてすむからな。

 自己顕示しないものは幸いだ。慈愛を知るからな。

 ああ、今日は毒を吐くおれだなーww

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

娘の誕生日なわけだが

 俺は宿直で家にいられないよ。

 そんな今日は小学校のマラソン大会。練習ではいつも4位だった娘が2位に。よくがんばったなー。本番に強いってのは眩しいな。勝負にこだわった今年だっただけに、よかったんじゃない?

 夜、そのお祝いもしたかったけど、宿直。でもセンターには3人の1位走者がいて、その子たちに「おめでとう」がその日のうちに言えたのはよかったな。

 そしたらセンターの子が幾人も娘あてのプレゼントだからって俺に渡してくれて。これも効いたよ、うれしかった。

 ありがとう。みんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

見直しましょう。

 まわりをみて行動できる力。

 自分から挨拶する習慣。チーム内、家庭内、地域内で100%返事する習慣。

 勉強も大事、スポーツも大事、遊びも、お手伝いも、みんな大事。

 人がいやがることをしない。

 人によろこばれることをする。

 

 本当にそうなっていますか。

 大人はどうですか。

 なんのためにここに来ていますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

京都サンガ降格

 4度目です。

 てか、京都サンガF.C.と改名してからは「初」じゃん。(笑)

 エレベーターチーム脱却を目指しましたが、今年はシーズン前の補強が不発でしたね。

 チエゴ>>シジクレイの後釜期待・・・空回り、練習ボイコット、そして話題すらなくなり・・・。
 片岡>>勇人の後釜期待・・・特性もキャラも違いましたかね。後半はベンチにすら姿はなく。
 ドゥトラ>>カカ2世の呼び名に期待も怪我で出遅れ、その後スタメン定着も脅威にはなりえず・・・。
 慎吾>>最初から?だったが、結局試合出場すらおぼつかず。怪我も大きいが本当に必要だったのか。太亮の台頭が計算外だったのか。
 郭泰輝>>韓国代表戦のような輝きはサンガでは見られず。やはり言葉の壁を乗り越えるには至らなかったのか。

 シジと勇人の抜けた穴をふさぐことができず、守備的MFの重要さが浮き彫りになった感じ。ボランチの出来がチームの勝ち点に大きく影響するんだということを思い知らされた1年だった。

 梅本会長が辞任したが、辞任というカタチをとっただけで定年退職年齢だったし、補強の不出来や夏の補強のやる気のなさ、経営のまずさから会長の更迭だけでぐたぐたフロントの禊をすまされるのは納得できない。

 加藤久さんの手腕を生かすためにGMに専念させることにも失敗しているし、監督やらせて成績が悪くなれば加藤久さんを失うことになるのはわかりきっていたのに、結局(悪い)路線通りになってしまった。
 その後、秋田コーチの内部昇格という人事もハナから疑問。てか、経営も戦略も場当たり的でしかないこととお金のなさを露呈した結果、他チームからなめられる材料にすらなったのではないかと思うと、今更ながらにザンネンでならない。秋田氏にも色気はあったのだろうから今回の結果(降格)の責任はもちろんあると断言できるが、しかしそれしかないような状況をつくってきた会社のふがいなさは秋田氏の責任に比類するものではなく、滑稽なほどワルイ。
 選手のやる気、戦う気がないと常々問題になっていたが、最下位に沈んだ7月の時点で監督は内部昇格(しかもこの修羅場で監督初体験者の登用)、補強ポイントだらけであるのに戦力補強なしという状況下で、選手はよくファイトしてくれたと私は本気で思う。
 柳沢を戦力外にしたが、チームを離れる前に、フロントを代表して社長は彼にはふかぶかと頭を下げて「私たちがわるかった」の一言はいってあげてほしい。同様の言葉はお金を払って応援に来てくれているサポーター全員にも欲しい。いったいいくらお金を払って負けゲームを見せつけられてきたと思うのだ。私など、往復でさらに一〇〇〇〇円はかかっているのだぞ。(<それはまあいい。)

 このチームにはビジョンがないという名言を残して離れていった勇人は慧眼の持ち主だったといわざるをえない。勇人は「チームには」といわず、フロントあるいは会社には、といえば賛同者をもっと得られたのかもしれない。(もしかしてそう言っていたらごめんなさい)

 この上また1年でJ1へと言っている。J1の方がそりゃあいい。しかし簡単に上がれるものかよ、と思う。思うし駆けもどってもまた落ちのではないか。それならば、必要な時間をしっかりかけて、きっちり体質改善してほしい。それから上がり、ACLめざして戦い続けられるようなチームになってほしい。オレはその方がいい。もはやJ2は甘くないし、サンガはJ1にいていいチームではないから落ちたのだ。今年のこの惨めで惨憺たる戦績はそのことを物語っているのだ。きっちり生まれ変わってほしい。金ももはやあるまい。熟成につきあいたい。

 今日はこのへんにしとく。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

収穫祭

 今年は午後4時開催とちょっといつもと時間がかわりました。
 参観日や親子作業も前後にあり、ややタイトスケジュールの中での収穫祭でした。

 今回も60人を越える方々とご一緒できて、よかったです。新米も無事食べることができました。

 副村長さん以下、議長さん、議員さん、教育委員さん、自治会長さん、支所長さん、校長先生他学校の先生にもお越しいただけました。うれしかったです。

 一次会後、ナミレンジャー観賞、NG集、他スライドショー観賞をしました。恒例ですかね。

 二次会ではたくさんお酒を飲みました。美味しくたのしいお酒でした。

 早く引き上げるつもりでしたが、遅くなってしまいました。翌日学校あるってのに、だめな私です・・・。

 楽しい時間はすぐすぎますね。あ、荒谷地区部落長さんとフォーク歌えたのはこれまた楽しかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

京都のつどい 二日目タウンハイクの課題です。

こんな課題を持って八坂、祇園、二年坂周囲を歩いておりました!

(タウンハイキング2)

 キミは塔を見たか。


 しばられた猿とは?


 な、なんとあの世の入り口が!?


  そして、龍馬を目撃せよ!!

 

        ~二年坂、護国神社、八坂神社、祇園、六道珍皇寺~

 

           <<おみやげなどお買い物も自由にしていいよ>>

 

               <<おやつの食べ歩きもOK!!>>

 

 

次の課題をクリアしながら歩こう!! 順番は自由だよ!

 

六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ) 

 

(1)六道、とは、仏教の世界で、人間の死後必ずいくことになる6つの世界のことだが(生きているときのおこないで、どこに行くかが決まる、という説もある)、その中に、人間界はあるでしょうか。

 

1.ある     2.ない  

 

  <興味があれば・・・> 六道の世界って、それぞれどんな世界なのかな??

 

(2)このお寺から地獄の閻魔大王に会いに行けた 人の名前は、なんといいますか?

 

 

  <知ってる!?> 日本の有名な美女のおじいさんだよ!

 

(3)上の人は、どこを通って地獄に行ったのでしょうか?

 

 

 

探してみよう☆ 子育て幽霊飴って何??

 

 

祇園

歩いてみよう☆ 花見小路を歩いてみよう。古い町並みが今に生かされているよ。

 

(1)花見小路の風景をバックに集合写真を撮ってきてね。

 

 

 

 

護国神社

(1)龍馬の像を探そう。となりは誰の像かな?

 

 

 

(2)パールさんの記念碑を探そう。パールさんは何をした人なのかな?(次からえらんでね)

 

 1.第二次世界大戦で原子爆弾が日本に落とすのを最後まで反対した。

 

 2.第二次世界大戦後の国際裁判で、日本はそんなに悪くないと主張した。

 

 3.第二次世界大戦前に、日本が戦争を開始するのを最後まで反対した。

 

 4.第二次世界大戦で、アジアで戦っていて敗戦を迎え日本に帰れなくなった多くの兵士を助けてくれた。

 

霊山歴史館

(1)この歴史館建設の中心になった人は誰でしょう。有名な電器会社をつくった人でもあるよ。

 

 

 

(2)幕末歴史ミュージアムへ行こう!!龍馬の実物大の人形、龍馬の最後のジオラマなどをみよう。

ところで、龍馬のことを鍛えたお姉さんの名前はなんていうの??(大人になってから、龍馬はよく手紙書いて送ったようだよ)

 

 

 

八坂の塔

(1)この塔を建設した人は誰でしょう? (この塔は592年に建設されました。その後何度か立て替えられています。)

 

(2)この塔をバックに記念写真をとろう!

 

 

八坂庚申堂

(1)しばり猿がラッキーアイテムになっています。さて、猿にたとえて、人間の心の何を縛ることで願いがかなうとされているのでしょうか?

 

 

八坂神社

(1)境内に、「悪王子神社」という小さな社があるから見つけてみよう。

  そして!!いったい!! なんで「悪王子」なんだ??

 ①この神社の場合、「悪」、とはいったい、どういうイミなんだろう?

 

 

 ②祭ってある神様の名前は?? 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年11月 9日 (火)

今週末は収穫祭

 通年係主導で、いろいろと進めてくれています。

 楽しい会になるといいですね。参観日や資源回収もあります。天気がいいとありがたいです。

 それに向けて、今遊楽館の倉庫の掃除なんかをしています。

 昨日はお米の脱穀作業もやりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

京都のつどい2010 しおり

 こんなしおりをつくってくばりました。

イラストや写真、および行動予定表と参加者一覧も貼ってましたが、それは割愛します。
現物は今年の園生、および参加者はもっていますよ。
なお、課題の解答例はついていません。


京都のつどい2010


し お り

 


(持ち物)

かばん1…□着替え一式、洗面用具(入浴)、筆記用具、敷物、常備薬、車酔いが心配な人は酔い止め、保険証カード(もしくはうつし)、お弁当(初日の昼食)、水筒(水かお茶)、折りたたみ傘(サッカー観戦以外の移動に使用。折りたたみが便利) 

ナップサックなど(移動用かばん)

<以下のものはあらかじめナップサックに入れておいてください。>

ビニール袋(買い物袋で結構です。1~2枚)ハンカチ、ティッシュ、寒さが苦手な人は使い捨てカイロ、カッパ(もし雨になった場合、サッカー観戦では傘をさすことができません)、マフラーor首にまけるタオル(防寒のためです。当日タオルマフラーの配布がありますが、先着1万名限定のため、入手できるかどうかわかりません。)

お小遣い&財布(現金は本人管理でお願いします。金額の指定はしません。各ご家庭で判断ください)

就寝時は活動時そのままの支度で寝ます。パジャマなどは不要ですが、ご用意していただく衣類はそういう観点でお願いします。

*寝袋はこちらで用意します。自分のものがいい人はそれを持ってきてください。

*カメラ持ち込み可(高価なものはご遠慮ください。活動中に故障しても保険の対象にならないことがほとんどです)。ゲーム類一切不可。



壬生(みぶ)ハイク

 

幕末の特別警察で今でも人気がある新撰組が基地としていた壬生。

二条城の近くから西院まで、この壬生を班であるいてみよう。

も、ち、ろ、ん!! 課題があるよ~  班の仲間と協力して全部クリアしないと! サッカーチケットがゲットできないぞ~

 メールで回答送ってください。大問ごとまとめてでかまいません。

 

1.坂本龍馬がデートした神社にいこう!!

 (問1) この神社にある木に、龍馬は「自分は無事だよ」というメッセージをこめて、字をほりました。

     それは なんという字でしょう。   

     また  何の木に ほったのでしょう。

     そして、龍馬の恋人の名前はなんでしょう?

 

 (写真1) その木をバックにして、班の集合写真を撮影し、問1のこたえといっしょにメールしてください。

 

2.嵐電四条大宮駅にいこう!!

 

 (問3)次の問いに答えなさい。

 嵐電の正式名称は?

 

 今年何周年?

 

 駅にある写真のプレートの文字は、誰が書いた?

 

 (写真2) 駅をバックにして、班の集合写真を撮影しメールしてください。

 

3.聖徳寺をさがせ!!

 

 (問3)聖徳寺は、西国四十八ヶ所(四十八願所)の何番目のお寺でしょうか?

     その数字をメールしてください。

 

 (問4)このお寺の誕生には、次の誰と関係があるのでしょうか。数字をメールしてください。

   1.坂本龍馬  2.聖徳太子  3.慈恩念和尚  4.明智光秀  

   5.アカナミジャー 6.新撰組

 

4.隊士腰掛の石をさがせ!!

 

 (写真3)みつけたら、石が入った集合写真を送れ。全員でポーズをとること。テーマは動物とし、その動物をくずてつがわからないとダメ。(全員同じ動物であること。)

 

5.新徳寺はどこだ?

 

 注目>>>中には入れませんが、ここで新撰組が誕生しました。覚えておきましょう。

 

6.壬生寺だ!! 

 

(問5)夜泣き地蔵をさがせ!! このお地蔵様が彫られている石は、何のカタチににているか?

  1.星    2.お米   3.きのこ   4.アカナミジャー  

 

(問6)夜泣き地蔵が右手に持っているものはなに?

  1.宝珠(ほうじゅ・・・宝のたま)  2.錫杖(しゃくじょう  飾りのついた杖)

  3・ウッドスパイラル         4.お経の巻き物

 

(問7)一夜天神堂をさがせ!! この天神堂は、なぜ「一夜」がつくのか?

  1.天神様(菅原道真=死んでから怖い怨霊になり、やがて学問の神様になった)が一夜で建てた。

  2.天神様が一夜こもってお祈りをあげ、多くの人を救った。

  3.天神様が無実の罪で遠くに追放されるとき、一夜ここに泊まった。

  4.天神様が短歌を詠むとき、決まって一夜ここですごした。

   (注 菅原道真の歌は百人一首にあります。

           「このたびはぬさもとりあえずたむけやま もみじのにしきかみのまにまに」

 

>>>100円はらって壬生塚に入ろう。(お金はリーダーが持っているよ)壬生塚は写真不可。

(問8)「ああ 新撰組」という歌の碑があります。2番の最後の4文字をメールしてください。

 

(問9)壬生塚には新撰組隊長・近藤勇(こんどういさみ)の像がありますがそれはどんな像ですか?

     1.顔だけ   2.胸から上   3.全身   4.馬に乗っている

 

(写真4)壬生寺本堂をバックに、記念写真をとり、メールしてください。

 

7.阪急西院駅へいこう!途中のコンビニやお店でお昼ごはんをゲットせよ。

 

8.阪急に乗って、西京極へいこう! 切符をなくすなよ!!(西院の次の駅です。電車によっては西京極に止まらないことがあるので気をつけて!)

 

9.西京極駅からスタジアムに行こう!! 

(問10) くずてつ、おしんをさがせ!!  マジでお願いします。 

 

<ヒント!!>

駅からあるいて西京極に入ると、まず野球場があるよ。

野球場を通過するとおもしろそうなコーナーやお店があるよ。

「総合案内所」と書いたテントがあるよ。

その近くの・・・サンガチャ(サンガグッズのガチャガチャ)があるところか、その周辺にいます。

かくれたりしませんので、どうぞ声をかけてきてください。

 

当日はサッカー検定(小学生以下)、エアースライダー(3年生以下)などのおたのしみの他、

なんと! 先着10000名様にタオルマフラープレゼント、

先着3000名の小学生に劇場版イナズマイレブン公開記念 Jリーグオリジナルカードプレゼントがあるよ!! 

(数に限りがあるので、ゲットできなかったらごめんなさい)

 

 

 

 

                   

 

 

Jリーグの試合を見よう! 



 京都サンガF.C.  川崎フロンターレ

 

 

(京都サンガF.C. webサイトより)

前節13位の仙台との対決、サンガは序盤から果敢にゴールを狙いにいったが、前半27分にCKから先制を許す。アウェイで勝点3を取るべく最後まで戦った が、移動での体の重さ、気温差、ピッチコンディションに苦しめられ、なかなかサンガのサッカーを展開できずに悔しい敗戦(0-1)。勝ち点の積上げはなら なかった。
順位は17位のまま(大宮vs湘南の一戦が延期されたため暫定順位)、残留圏の15位(大宮)との勝点差は12に広がった。だが、可能性がある限り、前を 向いて戦うのみ。残留を信じて仙台に駆けつけてくれたサポーターに勝利を見せることができなかった選手たちの悔しさ。そして、今週も多くのサポーターが駆 けつけてくれたサンガタウン練習場。なんとか応援してくれるみんなの気持ちに結果で応えたいという願いが募る。気持ちはひとつ。諦めずに勝ち点を積上げた い。今節はホーム西京極で迎えられる一戦。チャンスをしっかりとモノにし、勝利を奪い取りたい。
対戦する川崎は、137分け8敗の勝点46で現在4位。ACL出場権獲得(上位3位に翌年度ACL出場権有)に向けて落とせない試合となる。前節・磐田 戦は、台風の影響による強い風雨の中、押し込まれる展開。先制を許したが、ホームで負けられない川崎は8分後、MF中村のパスをFW矢島が決めて追いつ き、勝ち点1を積上げ(1-1)、ライバルチームが敗れたため4位に浮上した。サンガとの前回対戦(725●0-1)でゴールを挙げたFWジュニー ニョ(11ゴールで得点ランキング6位)は、ここ2戦ケガで欠場している。
戦いを前に秋田監督は、「今まで積み重ねてきたことは間違いじゃない。サンガはどこを相手にしても十分に戦うだけの力を持っている。試合ではいろんな状況 が出てくるが、どんな時も常にメンタリティを維持することが大事。ピンチを迎えても同じメンタリティでやっていれば何の問題もない。ポジティブな気持ちで いれば、トレーニングでやっているような判断ができる」と、自信を覗かせる。
前節J1通算300試合出場を達成した柳沢は、今節累積警告により出場停止。前節後半26分、柳沢に代わって入った宮吉が調子を上げてきており、得点に結 びつくプレーに期待が高まる。宮吉は、「勝てていない中でプレッシャーはあるが、残留の可能性がある限り、最後まで力を出し切りたい」とチームの勝利を目 指す。
勝利に向けて渡邉が、「試合を重ねるごとにやりたいサッカーは見えてきているが、今は内容どうこうよりも勝点3を取らないといけない。見えないプレッ シャーがかかっていて難しいが、自信を持ってやりたい。相手はカウンターが得意なチームなので、しっかりとブロックを作って、カウンターを狙っていきた い」と語れば、前節26試合ぶりに復帰した鈴木は、「仙台戦は、サイドで起点を作ってクロスを上げようと意識していたが、なかなか仕事ができなかった。 もっと相手の嫌がるプレー、ゴールにつながるプレーをしたい。必死に戦うしかない。ホームでサポーターに勝利を見せたい」と、強い想いを語った。
残り6試合。厳しいトレーニングの中で積み重ねたことを勝利に結び付けたい。
11
6()J1 29 vs 川崎フロンターレ 西京極総合運動公園陸上競技場 1700分キックオフ!

 

 

 サッカー観戦



お約束

 

1.カンやビンは持ち込みダメ。

 

2.フェンスにすわったり、手足を出したりしない。

 

3.勝手にトイレにいったり売店にいったりしない。

 

4.ほかの人のめいわくにならない。

 

5.(とくに浪スポの人、サッカーをしている人、やりたい人)一所懸命まじめに見る。

 

6.おもしろがってブーイングをしない。

 

7.死ね!とか、ヤメロー!とかさけばない。

 

8.かえるとき、忘れ物をしない。(とりに戻ることはできません)

 

9.ゴミは所定のところに捨てる。ほうりぱなしにしない。


 


お風呂屋さん

 


   お風呂屋さん6か条!!


 大声でしゃべらるべからず。

 頭髪、体を洗ってから湯船にはいるべし。

 石鹸、シャンプーが体についてないか確かめるべし。

 湯船にタオルをいれるべからず。

 体をよくふいて外に出るべし。

 時間をかならずかならず守るべし。

 



志賀セミナーハウスについて

 

 滋賀県大津市志賀町和邇(わに)にある民家です。

 琵琶湖が見えます。

 

(使い方)

・1階の和室は男子、2階の和室は女子の就寝につかいます。

・トイレは1階が男子、2階が女子とします。

・就寝は寝袋を使います。畳の上にふとんや毛布をしき、その上に寝袋をしきます。エアコンを少しつけて寝ます。

 

(お約束)

・来たときよりも美しく。

・置いてあるものには高価なものもありますので、いじらない。

・ゴミはすべて持ち帰ります。すべてです。自分で出したゴミは自分で持って帰ります。

・すべてのスイッチを切って、退出します。(電気、エアコンなど)

・たくさんの人で寝ます。おしゃべりをしてジャマにならないように。迷惑な場合は、厳しい対応をします。

・わすれものをしない。とりに戻ることはできません。

 

(食事)

・朝食を1回、食べます。

・班毎に食べます。男子の部屋は食事で使います。女子の部屋は使う予定はありませんが、食事後すぐ帰りますので、整理整頓をお願いします。

 

(奉仕活動)

・軍手セミナーハウス周辺の草取りを30分程度します。 








幕末(ばくまつ)って、なに?


幕末ものしりメモ

 

 

「幕末ってなに?」   今から150~160年前のことだよ。この国は武士(ぶし さむさい)による政治がおこなわれていて、その時代のおわりころを「幕末」というよ。

 

さむらいによる政治をするところを幕府(ばくふ)というよ。最後の幕府は、江戸幕府。江戸(今の東京)で徳川家(とくがわ け)が将軍(しょうぐん  幕府でいちばんえらい人)をつとめていたよ。

 

 

なにがたいへんだったの??

 

(1)まず・・・

 江戸幕府(えど ばくふ)は、250年間、外国と交流をほとんどしなかったよ。(=鎖国政策 さこくせいさく)

 でも外国が日本に開国(交流をしよう!!)をせまってきたよ。

 

 このころ、世界の考え方は植民地(しょくみんち)政策(せいさく)で、強い軍事力(ぐんじりょく)を持った国が、弱い国を支配(しはい)して奴隷(どれい)のようにしてしまうことが流行(りゅうこう)していたよ。日本もねらわれていたんだよ。

 

 日本は鎖国していたので、文明の発達がおくれ、軍事力ではまったく他の強い国(アメリカ、ヨーロッパ)にはかなわなかったよ。(火縄銃 対 連射式銃) 

 

 

 

ああ!日本、あぶなーい!(松木安太郎風に(笑))

 

日本がまっぷたつに!?・・・

 

 開国派(かいこく は)攘夷派(じょうい は・・・外国なんておっぱらえ!!)にわかれ、また佐幕派(江戸幕府より)尊王派(京都の天皇より)にわかれ、大ゲンカ。たくさんの人のいのちがうばわれ、世の中はとても あれたよ。

 

 このころ、江戸幕府は飢饉(ききん ・・・農作物の不作のこと)のせいもあり、財力(ざいりょく)がなくなり、力を うしなっていたよ。

 このころの政治は、天皇が将軍にまかせて行っている、というカタチをとっていたよ。それは将軍が武士のとりまとめをしていて、天皇より強かったからできたことだよ。将軍の力がなくなってきたら・・・・



新撰組、キター!!


 殺人や闘争などテロが多くなった京都に出張する将軍を守るために幕府がつくった特別警察。本当の侍ではない浪人たちが集まってつくられたグループだよ。のちに、はたらきがみとめられ、京都守護職(きょうとしゅごしょく)から正式に京都の治安を守る任務があたえられたよ。

 生まれながらのリーダー・近藤勇(こんどう いさみ)

 

                   

冷静な戦略家・土方歳三(ひじかた としぞう)

 

                   

天才剣士・沖田総司(おきた そうじ)

 


 ここまで「風光る」(渡辺多恵子)より

 

るろうに剣心でおなじみ・斉藤一(さいとう はじめ 牙突零式!!) 

 

                   

らが有名。

 

 幕府側の新撰組は、最後には新政府軍(しんせいふぐん 反幕府のあつまり)との戦いに敗れ、ほとんどの人が戦死また打ち首などで死んでいくよ。

 

 壬生(みぶ)は、新撰組の本拠地があったところ。新撰組のあだな「みぶろ」は「壬生狼」と書き、壬生にいたことと、狼のようにおそれられていたことがわかるよ。特別警察だし、新撰組は問答無用で人を斬っていたので、市民からはこわがられていたようだよ。

 

 

坂本龍馬スゲー!!

 

 

 四国は土佐藩(今の高知県)出身の浪人。(ろうにん とは、主君にやとわれていない武士のこと。この時代、日本のために働きたいということで、自分から浪人になる者もいたんだ。残された家族はそりゃ苦労することになる。けど、ひどくいじめられたり殺されたりすることはあまりなかったよ。)

 

 少年時代は近所で有名な泣き虫。

 

 

 

 

 

強いお姉さんに育てられ、すこしずつ、かくじつに成長する。

 

 青春時代には江戸で剣の修行をし、北辰一刀流 長刀目録(長い剣の技はばっちりだよ、というイミ)の技の持ち主となる。

 からだがでかく、力強い上、アイデア豊富な剣の持ち主だったようだ。

 

 そのころ、開国派の勝海舟(かつ かいしゅう 子供のころの名前は りんたろうw)を殺しにゆくが、逆に勝海舟に、世界情勢と日本の今後などの話を聞いて感動、逆に先生になってください、と頼み込んで弟子になる。

 その後、海援隊(貿易会社)をつくる。

 

 またそのかたわら、幕府をたおし、開国して日本をめざめさせようと政治運動も行う。

 

 剣の達人のくせに「剣はもう時代遅れ」と小銃(ピストル)をふところに持つようになったり、日本ではじめて新婚旅行をしたりと、新しいものがすきで、こだわりを持たない人だったようだ。

 

 開国派の人だったが、人が死ぬことはきらいで、おだやかに徳川家が政治の権力を天皇に戻すことを計画し、たくさんの人の協力もあって実現。(大政奉還(たいせいほうかん)  ・・・このとき龍馬は表舞台にはいない。) このおかげで日本は内戦(国の中での戦争)でぐたぐたにならずにすみ、ぐたぐたにならなかったから、外国が植民地にしようとねらっていたけど手を出せなかった。

 

 さらに議会をつくろう、とか、新しい憲法をつくろう、とか、通貨を整えよう、とか、政治をする人は世襲(親から子へ)にかかわらず、優秀な人が選ばれるようにしよう、とかを主張した。これらはすべて、次の日本の政治(明治政府)の基本となってゆく。

 

 大政奉還から1ヶ月後、龍馬は暗殺(あんさつ)される。剣の達人だったが、宿で休んでいるところを急におそわれ、額(ひたい)を太刀(たち)で斬り割られ、反撃(はんげき)するもかなわず、死んでしまう。(近江屋事件)

 

 龍馬がいれば、明治時代はもっと早く近代化できたのではないか、といわれているよ!!

 

 

                   

 

 

 

(おまけ・・・パール判事とはいったい何者!?)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

京都のつどい2010 二日目

 無事帰ってきました。
 到着時間は途中渋滞が、あってその分だけ遅れた感じです。30分程度の遅れ、かな。

 今日は昨日の敗戦にもめげずw、八坂周辺を歩きました。私はスタッフの都合で今日だけお女子班についたのですが、女子班の買い物ツアーぶりにちょいと圧倒され(笑)、でもそれをたがいに受け入れている女子の在り方にも感心し、私立大学模擬店フェスタなるものを見つけて目ざとく一皿200円のタコ焼きをゲットして悦に入ったり。

 京都は好きです。絵になるところが多いしね。その絵の登場人物が、なじみの子どもたちって、結構贅沢なことだなあと思っています。

 写真も撮りましたが、それはまた別のサイトにアップすることもあるでしょう。そうそう、なみあい育遊会のブログで、この二日目の様子もご確認くださいね。

 それにしてもあのあたり、舞子もどき(貸衣装屋で舞子さんになってこの界隈を歩くコースの人たち)と思わしき人たちが多くて、それが風情を醸し出してたり、ちょっと残念なこともあったり(記念写真ばしばしとってたり、歩き方がなんだかなーだったり)

 それはそうと、センターではきんぎょが留守番してくれていて。

 到着したら、センター中においしそうなカレーの香りが漂っていて。これってかなり、感動です。ありがとうきんぎょ。おみやげ、買ってあるからね。買ったのはオレじゃないけどねw

 そうそう、長男が昨日の試合の時から八坂ハイク直前まで一緒にいました。西京極には友達(サッカー部)も来ていて、一緒に観戦しました。気持ちのいい青年でしたよ。席とりも協力してくれたし。ありがとうね。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

京都のつどい初日

 前日宿直で、朝6時起き。(こどもたちは6時半おき)
 朝づくり、朝食、それから小さな大掃除して!お弁当つくって(20人前くらい!!)

 マイクロバスとハイエースの2台で30人の旅。

 さあ、京都へGO!!!

 初日の詳細はこちらを参照してください。  なみあい育遊会ブログ該当記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

京都のつどい

 明日から行ってきます。
 今年は1泊2日に戻しました。行事が多いセンターですので、その緩和が目的です。これにともない、費用も3000円程度安くできました。
 日程としては、

(6日(土))
 8時45分 支所発
 14時 壬生ハイクスタート
 16時 西京極到着
 17時 サッカー観戦(サンガ対川崎)
 20時半 堅田にて入浴
 21時半 志賀セミナーハウス到着、就寝準備、就寝

(7日(日))
  6時半 起床 清掃、朝食、奉仕活動
  8時  出発
 10時 祇園周辺到着 八坂タウンハイクスタート
 13時 集合 出発
 18時半 支所到着

 です。

初日の朝、二日目の到着とも、比較的いい時間に設定できたと思っています。また、例年より実施日を早くしました。(というか、元に戻したというか)

理由は、市内の混雑および往復の高速道路の混雑を少しでも避けるためです。この時期、特に今年は、まだ市内の紅葉は進んでいませんからね。

それと、ことしはしおりをがんばってつくりました。数年前まであったのですが、だんだんミステリーツアー化wしていたので、きちんと資料も整えたいという事でつくりました。

子どもたちはとにかく楽しみにしてくれているので、その期待にこたえてやりたいなーと思っています。

天気はまずまず。寒くならないといいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

母校にて。

 昨日から、京都に来ています。
 今日は朝からひとりで壬生を歩いてきました。ていうか、四条大宮から嵯峨野高校まで歩きました。ちょっとやりすぎたと反省してますw

 壬生から西京極までは下見です。週末の京都のつどいのための。
 西京極から嵯峨野高校までは、その延長。駐車場など探しながら地下鉄天神川まで歩いたついでに、広隆寺と映画村の境の路歩いて、常盤に出て。ちょうどお昼になったので時々たずねたお好み焼き屋さんにいったらなくなってて、じゃ、若いころよく行ったラーメン藤に行ってみたら車屋さんにかわってて。なので嵯峨野高校の目の前にある「ラーメン太郎」に行きました。ピリ辛味噌ラーメンを食べました。おいしかったです。

 13時から嵯峨野高校で息子の高校と同校サッカー部の練習試合があるので観戦しました。嵯峨野高校は私の母校です。私の母の母校でもあります。次男が行くこともあるかも・・・ないかな、それは。

 赤いユニフォームの息子の高校と、青いユニフォームの我が母校。なにやら「嵯峨野ダービー」とかと言われているそうな。息子も、もう高校2年生の11月か。円熟の時期だなーなどとひとりごちたるわたし。円熟って、高校生活が、って意味ね。もう、年が明けたら、受験色がばっちり強くなるしね。

 北風に吹かれながら見ていたら、息をはずませて次男がやってきた。模擬試験を受けていた彼はそれが済んで実家で昼食食べてから走ってきたらしい。

 こんな日が来るとはね。

 長男のサッカーを次男と私が見るなんて。次男のサッカーを、長男と私が見ることはたくさんあったけどね。

 赤いユニフォームの息子はFWとしてグランドを走り回っていた。技術はおぼつかないところがあるが、粘りは増した。裏に抜けるスピードは相変わらずいい。思い切りもいい。後はほんと、技術だな。だけど高校から本格的に始めたんだから、そこは未熟でも仕方ない部分。ただ、チームで攻めるイメージが共有できるようになれば、おもしろいFWだと思うのだが。それは親のひいき目ってことでw

 体の差は目立つねー。息子は小さい。もうあまり伸びないだろうなー。

 日が傾いて影が伸びた。2本目の後半が終わって、私と次男は実家に戻った。その後もう1本あったらしい。後半が終わって走り出したから、ダウンしてんだなーと思ってたんだけど、それは3本目に向けての選考会だったらしいw ピッチのハーフを5周して、上位11人を試合に出すってことだったらしい。長男は10番目。で、センターバックをやったとか(笑)

 私が青春をすごした場所で、息子も同じ青春時代を送っている。センチにもなる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »