« がん検診 | トップページ | 晴天、そして雷雨 長野なみあいキャンプスタート »

2010年6月30日 (水)

2010W杯南アフリカ大会 決勝トーナメント 「日本対パラグライ」 によせて

 90分で勝負がつかず、120分でも勝負がつかず、PK戦で、10センチの誤差が勝敗を分けてしまった。

 PKはサッカーの一部とはいえ、PK合戦はサッカーではない。

 われらの日本代表は、サッカーでは負けなかった。そのことは、何よりパラグアイの選手が一番知っているのではないか。

 大会前は猫の目のようにかわる代表の布陣だったが、本大会突入後は磐石のシフトとなった。本田の1トップは異論もあったようだが、私は大賛成だった。中田英寿がいた時、私は彼をFWにすべきと考えていたくらいだ。理由はフィジカルの強さと、それから勝利への意思、得点への意思の表現の仕方である。単純明快で強固でそして放出系の男は、最前線が似合う。本田は守備をあまりしないので、その意味でも最前線に置くのはリスク管理上も得策に思えた。

 パラグアイとのベスト8をかけた戦いも、磐石のシフトで戦い続けた。意外だったのはFKをあまり本田がけらなかったことか。じゃ、遠藤でもなく阿部にしてみれば面白かったのに、なんて思った。相手も困ったろう。

 松井をもっと見たかったが、残念だった。途中から出場した初出場の中村憲剛はすばらしい出来だった。オランダ戦の俊輔にはちょっと落胆させられたが、憲豪は相手にとって危険であり続けた。

 闘莉王に2回、チャンスがあったが、しかし簡単なチャンスではなくモノにはできなかった。川島に3度シュートが襲い掛かったが、いずれも正面で事なきを得た。一番ゴールに近かったのは、本田のシュートか、松井のミドルか。本田のシュートは曲がりすぎて枠をそれた。松井のシュートは左右1.5メートル違うところに打っていれば、あるいは。

 パラグアイは、まるで日本代表のようだった。守備は堅く強固でなかなか手ごわい。しかし決定力はいまひとつなところがあった。似たもの同士だった。

 似たもの同士だったから、PK戦までもつれたか。

 直前、川島の表情に強さの翳りが見えたのは気のせいだったか。しかし序盤は抜群の反応を見せていた。

 駒野がはずしたとき、岡田監督が微塵も動かなかったのは見事な軍師ぶりだと思った。

 5人目闘莉王がボールを蹴ることはできず、サッカー以外の部分で、ベスト8進出チームとベスト16で敗退のチームが決まった。

 120分、駒野とマッチアップしていたバルデスが、勝利を祝うパラグアイの歓喜の輪から足早に抜け出して駒野のところへ行き、肩を抱き、額を寄せ、「おまえがはずしたボールは、次の試合でオレがゴールに突き刺してやる」と誓った。

 同年代の松井は「もっとそばにいてやりたい。今日は死ぬまで酒を飲ませてやる」といい、同じく同年代の大久保は「おまえのせいで負けたとか思ってんじゃねえ」といった。

 仮にベスト8に進出しても、遠藤と長友を欠く戦いになった。しかしそれがなんだ。憲剛がいる、今野や篤人もいる。

 スペインと戦う日本代表を、オレは見たかった。それ以上に、選手は戦いたかっただろう。

 負けた気がしない。
 しないが、負けた。

 無念だ。

 しかし、感謝だ。

 2010年6月の、南アフリカでの日本代表の戦いに、われわれは快哉した。そして、そしてだな。

 俺たちは日本人でよかったと思えた。

 それが、うれしかった。

  
 

 

 

|

« がん検診 | トップページ | 晴天、そして雷雨 長野なみあいキャンプスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/35609427

この記事へのトラックバック一覧です: 2010W杯南アフリカ大会 決勝トーナメント 「日本対パラグライ」 によせて:

« がん検診 | トップページ | 晴天、そして雷雨 長野なみあいキャンプスタート »