« 阿智第二小学校通学合宿最終日 | トップページ | ほうれんそう »

2010年6月12日 (土)

W杯よりも。~オレたちの誇り~

 長野県クラブユース選手権 準々決勝 アザリー飯田 対 長野パルセイロ

Wearewin_2


 3年生のゲーム。1,2年生の保護者のみなさんも集まっていただいて。ここは菅平。飯田から車で3時間。それでも、車で45分の長野に負けないくらいの保護者のみなさんが応援にかけつけてくださって。
 パルセイロに歌があり、アザリーにはないけれど、オレたちは負けてなかったさ。

 オレたちの息子は、闘った。

 左サイドから再三チャンスをつくった。そして得点は相手の攻撃をはじき返したボールからのカウンター。本島得意の右からのドリブルシュート。らしくなく一瞬のタメをつくったが、それが相手守備の微妙なリズムを崩し、先制。わきあがるオレたち。

 CKでマークのずれから失点を許し、さらに不運な失点で逆転を許す。しかし、オレたちの息子は顔をあげ胸を張る。

 後半、幾度もゴールに迫る息子たち。

More_2


 薪平のミドルはキーパー正面。左サイド角度のないところからのシュートは枠をとらえきれず。松岡にかわって入った園原のシュートはパルセイロキーパーがわずか指先でそらす。
 2年の甲斐は無尽蔵の走力で相手攻撃の芽をつみ、さらに攻撃の糸口を探し続けた。林、小原のCBはパルセイロの攻撃を幾度も無力化してくれた。キーパー石井はチームに落ち着きと勇気を与えてくれたし、飛翔の走りは相手の脅威であり続けた。それは晃平が後ろにいてくれたからだし、渉吾、竜之介と清水は右からの崩しを決して許さなかった。
 愛おしい時間が焦燥とともに過ぎてゆく。
 ・・・ロスタイム、清水のスローインをうけた本島がドリブルでしかけるもオレンジの壁を貫くことは叶わず、タッチラインをわったところでタイムアップ。崩れ落ちる息子たち。湧き上がるオレンジの勇者たち。 

 1-2。アザリー飯田、準々決勝敗退。

 けれど。

 オレたちは言えるのだ。負けたが、惜しかったと。息子たちは、強くなったと。

 まだまだ、これで息子たちの冒険を終わらせるわけにはいかない、と。

 ゆけ。アザリー飯田ジュニアユース。胸を張れ。オレたちの誇りよ。

Sowearewin2






 
 
 

 

|

« 阿智第二小学校通学合宿最終日 | トップページ | ほうれんそう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/35226338

この記事へのトラックバック一覧です: W杯よりも。~オレたちの誇り~:

» やっぱり寝不足ぢゃ。 [にたろうの退屈な日々]
飲み会が続いて寝不足やぁ〜と思っていたらサッカーW杯が始まってさらに寝不足状態。早く寝なあかんと思いつつどうしても1日3試合見てしまうなぁ。韓国完勝、おめでとう。AFCはとりあえずホッとしてるんじゃないの?ギリシャは一時期の勢いはまったくないなぁ。調子悪いの?本当はこんなもんじゃないと思うが。アルゼンチンはなんだかんだ言っても勝つんだよなあ。メッシはやっぱギアチェンジがすごいな。ディープ並みwナイジェリアも序盤の混乱さえなければ・・・こりゃいったい何点取られるの?っていう状...... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 08時31分

« 阿智第二小学校通学合宿最終日 | トップページ | ほうれんそう »