« 帰れませんでした。 | トップページ | 京都府春季高校野球大会 京都成章対北嵯峨 »

2010年5月 7日 (金)

帰りました。

 今日、朝イチで動物園のミーティングに参加、次に公園のミーティングに参加してきました。で、夕方からセンター宿直勤務の予定だったのですが、ちょっといろいろ事情が重なり、家内に宿直を交代してもらって、京都に帰りました。

 ほんとは。

 土曜、日曜の2泊してこようともくろんでいたんです。GWに帰ってやれなかったしね、京都。んで、土曜日にはあわよくば神戸にでもいってこようか、あるいは日曜日に若狭でもいこうかと思っていたんです。しかし、私が自由になろうとするといろいろやってくるんです、用事とか会議とか都合とかが。もう目白押し。しかも短期間に。それものっぴきならない状況を上手につくるんですよね(笑)

 宿直してると、帰れない。自分都合だけだと帰らなけりゃいいんだけど、自分都合だけじゃないんですよね。息子ともしばらく会っていないし。

 だから、無理行って中央道に飛び乗りました。折りしも強い雨が降っていたんですが、「やらずの雨」とでも言っていいのでしょうか、もう猛烈な降りになって前が見えません。それほどまでして俺を行かせたくないのか誰かさんよ、と思いました。(誰かさんって誰なんでしょう。でもよくあります、私。京都に帰ろうとするとそれを阻止しようとする事態が発生しやすいんですよね。ええ、もちろん一部被害妄想ですw)

 滋賀にまでたどりつくと誰かさんもあきらめてくれたようでした。

 寺町によっていくつかお店のぞいて、それから酒買って鳴滝の家に向かいました。親父と飲むときは、最初エビス、それからプリン体の少ない発泡酒と決まっています。焼酎とか酒とか、あんまりチョイスしません。だって、強いんだもの、親父。やさしめのお酒じゃないとつきあえません。。

 姪もいて、私のこと「てっちゃん」なんて呼んでくれて、かわいいんです。姪をかまって、親父と酒くみかわして、母の話に耳傾けて。その間息子は二階で勉強。彼、10時ごろおりてきました。 

 それからは私と息子の時間。夜の常盤界隈散策です。
 恒例です。小一時間うろうろして、いろんな話をとりとめもなくします。とりとめもなく、です。息子の通っている高校と私の通っていた高校は隣同士。活動場所はずいぶん重なっています。私の思い出がたくさんつまった常盤の地で、息子が高校生活を、私たちから離れてしていることに感無量となります。

 この時間が一番好きです。とりとめもないところがまたいいんです。なんにもありませんが、粋な格好もしてないし、ほろ酔い親父がふらふらしてるわけですが、この時間には間違いなく風流があります。夢枕獏氏が描く「陰陽師」の清明と博雅がゆるりゆるりと酒を飲んでいる場面につながるような空気があります。親子でいる時間にそれが感じられるなんて、ありがたいことです。

 鳴滝の家に帰ったら弟が来ていました。それからまた小一時間、弟の話をいろいろと聞きました。こんなに弟の話を聞いたことなど、これまでなかったかもしれません。ええ、40うん年間一度も。

 私はつまんない男なわけですが、しかし、弟の話に、胸がつきあげられるような気がしました。矜持が震えました。

 そんな夜でした。夜はますます、更けたのでした。 

|

« 帰れませんでした。 | トップページ | 京都府春季高校野球大会 京都成章対北嵯峨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/34593048

この記事へのトラックバック一覧です: 帰りました。:

« 帰れませんでした。 | トップページ | 京都府春季高校野球大会 京都成章対北嵯峨 »