« わんぱく相撲大会と陸上競技大会 雑感 ~「あしとり」についても~ | トップページ | 昨日監査、今日理事会・総会。 »

2010年5月24日 (月)

はるかなり、世界。

 W杯前国内最後の国際戦「日本対韓国」を見た。スコアは0-2。東アジア選手権に続き、韓国には連敗。

 2失点目のPKは仕方ない。だが後半パワープレーでみんなあがれあがれってな状況にしないといけないゲーム展開になったのがよくない。
 先制をもぎとったチソン(元京都サンガ)はさすがの強さを見せた。
 一方の日本、エース格の中村と本田はたぶん両方ともそっくりさんだったのだろう、まるで精彩を欠いていた。てかそっくりさんならあんなものでしょうがないだろう。
 長友はよかった。チソンを封じていた。チソンが2点目以降とれなかったのは長友のおかげだし、チソンが途中交代したのも長友のおかげだ。
 遠藤もいたんだっけ。ほんとに?
 岡崎はころころ転んでいたなあ。でも世界じゃあんな程度じゃPKなんてありえんよ。(京都対清水で味しめたんだろうが、あれは審判佐藤氏が文字通り砂糖のように甘かったのだよ)
 寄せの速さ、プレイ判断の速さ、そのふたつは圧倒的に韓国が上。アプローチが早いからそれを受ける側の日本はトラップも雑になるしパスも雑になる。メンタルが弱いのは何もシュート打つ場面だけでなく、こういうところが一番深刻だ。でもまあそっくりさんが3人いた疑惑なんだから、技術のつたなさは仕方ないか。

 岡田監督のことはもう信じて応援するしかないし、それは代表というチームに関してもいっしょなのだが、期待はしていない。実力通りなら予選敗退だ。期待するのは、サプライズ。それはもうずっと前からわかっていたこと。
 戦術がころころかわることを批判??冗談はよせ。弱小チームが横綱サッカーなんてできっこないだろう。

 勘違いしてはいけない。日本は弱い。FIFAランキング45位(5月末現在)だ。(韓国は47位だがw) カメルーンは19位、オランダは4位、デンマークだって35位だ。47位にホームで連敗しているチームが、実力ではるか上にいくチームと対戦するのにだ、決めてかかった戦術でがっぷり四ツで戦うのと、あーでもないこーでもないと相手のよさを消すために戦術を変えて戦うのと、どっちがリアルな戦い方か。考えるまでもなかろう。勝つ気があるなら、戦術を変えよう。それでいいだろう。それはあたふたしているということではない。マスコミはいいように喧伝するが、それは冗談として付き合っていればいいのだ。笑ってほしいのだよ、マスコミは。そうとしか思えないじゃないか。

 はるか遠いのだ、世界は。ことサッカーに関しては。

 だから必要以上に盛り上がらない今の日本の様子はある意味賢いと思う。盛り上がりようもないじゃないか。だが、本番は楽しみだ。
 それは、オレたちの代表が世界の舞台で戦うのが楽しみという意味と、サプライズが起こってくれるかもしれないという意味で、楽しみだ。


 

|

« わんぱく相撲大会と陸上競技大会 雑感 ~「あしとり」についても~ | トップページ | 昨日監査、今日理事会・総会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/34921836

この記事へのトラックバック一覧です: はるかなり、世界。:

« わんぱく相撲大会と陸上競技大会 雑感 ~「あしとり」についても~ | トップページ | 昨日監査、今日理事会・総会。 »