« 名古屋説明会 | トップページ | 三日月と木星 »

2010年1月17日 (日)

星はすばる

プレアデス星団のことですね。

Photo_2

枕草子で「星はすばる。ひこぼし。ゆうづつ」とありますが、清少納言は結構星空好きだったみたいですね。
すばるが観測しやすいのは冬だし、ひこぼし(アルタイル)が見やすいのは夏です。ゆうづつとは金星のことですが、宵の明星になったり明けの明星になったりするのはみなさん御存じのとおり。つまり、四季折々、宵のころも明けのころも、彼女を星を見上げていたのでしょう。きっと星空は、日本全国どこに行っても、今よりもキレイだったのでしょうね。

ここのところ毎日快晴が続き、先日も浪合観光協会主催の星空観望会もあったことから、星を見上げる夜が続いています。

星はすばる。

すばるとは、たくさんの星が集まってひとつの星団となる様から、「統ばる」という言葉になったようですね。

「僕の地球を守って」「未来のうてな」の作者、日渡早紀さんが自身と同名の主人公を据えた初期の人気シリーズで、「星は、すばる」という作品があるんです。同じく初期の人気シリーズ「アムカもの」と双壁で、私は両方好きだったんですが、「星は、すばる」は清少納言の言葉としてよりも、こちらの作品のメッセージとしての方が、私の頭にしっかり残っています。ええ、記憶鮮明、ですねbleah

写真はいまいち気に入っていません。すばっているところが表現できていない。
写真は現実ですが現実の見せ方が肝心なわけで、選択したレンズがまずかったようです。また挑戦します。

 

|

« 名古屋説明会 | トップページ | 三日月と木星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/33039669

この記事へのトラックバック一覧です: 星はすばる:

« 名古屋説明会 | トップページ | 三日月と木星 »