« まるごと干し芋 | トップページ | 戸狩スキー場へ、午後と夜はそれぞれ会議 »

2010年1月25日 (月)

我が家のお雑煮

 私が京都生まれなものだから、我が家のお雑煮は京都風である。
 これが一風変わっている。

 これ。

Photo_2


 汁の出汁は昆布である。で、白みそ。濃いめである。
 餅は丸餅。断じて四角くない。丸くて四角いのが京都の人なのである。ここは納得していただいていい。といえ、四角くて丸いのが、角餅文化圏の人だかどうかは知らないが。

 餅は焼かない。煮て、入れる。断じて焼かない。焦げ目なんかない。表面ぱりっとしていない。徹頭徹尾、まろやかだ。味噌も含めてまろやかだ。しかしまろやかさは攻撃的であることのオブラートである、というあたりも京都の人っぽいと思っていただいてOKだ。

 白い汁に白い餅が入っている。まるで雪に白鷺である。

 ここに、鰹節をこんもり乗せる。一杯づつ、食べる直前に乗せる。こんもり鰹節がないと、京風雑煮は完成しない。画竜点睛を欠くというやつだ。ここは鯖や鰯の混じった削り節ではなく、ぜひとも鰹節でこんもりいっていただきたい。

 鰹節はお箸でさくさくとかき混ぜ、そしてまずは汁から召し上がっていただきたい。

 うまいのだ。
 本当なのだ。

 浪合通年合宿センターのこどもたちに、自分ちのおせちとお雑煮がどんな風か報告してもらうことを冬休みの宿題にしていたが、それについては2月の参観日に見ていただくことができるようまとめたいなあと思っている。

|

« まるごと干し芋 | トップページ | 戸狩スキー場へ、午後と夜はそれぞれ会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/33147611

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のお雑煮:

« まるごと干し芋 | トップページ | 戸狩スキー場へ、午後と夜はそれぞれ会議 »