« 三日月と木星 | トップページ | 気温が高い! »

2010年1月19日 (火)

蛇峠山スノーシュー研修

 育遊会初任者研修の一環で、スノーシューで蛇峠山へ行って来ました。
今日はど快晴で気温もあがり、ここんとこ寒さに震えていた私たちにしてみれば驚きの陽気でした。
 平日の午前の山行ということで登山者はほかになく、冬山の静寂さを味わうことができました。
 メンバーは講師に私、赤、ぺー、おまけでひで。(別に来年職員になったりしませんから。)

 車で治部坂の別荘地の一番上(第三リフト降り口近く)まで行き、そこでスノーシューを履いて、山に入っていきます。

Photo_2

とはいえ、半分以上が林道。積雪はかーなーりありますが、ここは意外に人気スポットで、林道には人ひとりぶん幅ほど、登山者が圧雪してらくらく歩ける状況になっていました。それじゃつまらないので
「いいか、雪のあるところを歩け」
と指示する講師。講師は体力温存のため圧雪されたところを歩きます(笑)
途中、ウサギの足跡なんかがあり、冬山ムードを盛り上げてくれますが、しかし・・・暑い。スキーウエアが邪魔なくらいです。
林道は途中でオサラバし、馬の背まで直登します。けどここも圧雪されてて苦労はなし。苦労なしじゃ研修にならないので、圧雪路をはずれてみるんですが、熊笹ゾーンではずぼっと腰までうまっちゃいます。うかうかしてると胸までいきそう。熊笹の上に雪が積もるので、熊笹の下は空洞になってることがあるんですね。そこに落ち込むと脱出に苦労します。でもその苦労が大事だったりします。

Photo

途中、尾根とかホラ、ナギ、なんていう地形用語の解説したり、ダケカンバとかミズナラとかの自然観察したり、雪屁を見たりしながら蛇峠山の山頂を目指します。
運動不足のひで(笑・・・涙)を除き、みな、余裕の行進。
1時間半もしないで蛇峠山のてっぺんにある信玄のろし台跡に到着しました。
行きがけにキッチンストーブさんで買ったパンとインスタントスープがお昼ごはんです。断言しますが、私はキッチンストーブのパンは野外で食べるのが一番おいしいと思っています。それも公園とかじゃなく、もろ自然の中。景色がよければいうことない。今日はチョコパイとぶどうパン。おいしくっておいしくって。

で、今度は山頂からの展望の解説です。今日はど快晴なので御岳、乗鞍、穂高・槍、中央アルプス、霧が峰、八ヶ岳、南アルプスぜんぶ見えます。

Photo_3

これが乗鞍岳。

Photo_4

南アルプスの山々の一部。一番右の目立つのが赤石岳。

独立峰の御岳と乗鞍、こどもと行った八ヶ岳、中学生が登山で行った仙丈ケ岳、「下伊那のうた」の冒頭で印象深く登場する赤石岳は認識できるようにと覚えてもらいました。

帰りはほぼ山道を下りました。人が歩いていなくてもおかまいなし。てか、それが楽しい。(山の地形とそれらが持つリスクがわからないとか、脳内磁石を持っていないとか、または地図と地形を照らし合わせて読めないなんて方は真似しないでください。多少かじったくらいの人が一番危ないですよ)

雪が豊富にある中のくだりは、雲の上を歩いているみたいでとっても気持ちがいいものです。お断りしておきますが、雲の上を歩いたことはありませんからpaper

Photo_5

となりの足跡は私とペーの歩いた跡です。

長靴でスノーシューを履くより、登山靴やスノーボードの靴で履いた方が機動力が増しますね。足と、靴と、スノーシューが一体となって操作しやすい感じです。

Ca3g0032mini

これ、のろし台付近で記念写真。恒例、山のポーズ(笑)

下山に要した時間は40分くらいでしょうか。キッチンストーブでシナモンスティックを買い、みんなで「お疲れサマー」。1時50分ころかな。

そのとき治部坂の気温は8度でした。暑いわけです。

|

« 三日月と木星 | トップページ | 気温が高い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/33054165

この記事へのトラックバック一覧です: 蛇峠山スノーシュー研修:

» 貸し別荘コテージレンタル情報ネットナビ [貸し別荘コテージレンタル情報ネットナビ]
とても高品質なのに格安価格の貸し別荘コテージレンタルの情報です。 [続きを読む]

受信: 2010年1月26日 (火) 18時21分

« 三日月と木星 | トップページ | 気温が高い! »