« 場合の数、確率統計、必要十分条件 | トップページ | 京都のつどいの下見 »

2009年11月 3日 (火)

何が、大事なんだろう。

 それは日々、時々、かわるものだろう。

 けど。

 「きみってすごいね」ってほめられることと、「きみのおかげだ、ありがとう」って感謝されるのと、いったいどちらの数が多いほうが、人生は幸せなのだろう。

 嫉妬し焦り憎み勝ちたがる者が社会を明るくできるのか。明るくできてきたのか。

 知性と体力はそれをつかさどる心の豊かさが伴わないと危うい。と思う。言ってみる。

 私の大好きだった先生のひとりはこう謳った。
「若者よ体を鍛えておけ。いつか愛する人々を守るときがくるから」

 私の大好きだった先生のひとりはこう諭した。
「一番をめざすより、一流をめざすんだ。一番はひとりだ。しかし一流なら、みんなでなれる。一番は蹴落とすことも考える。一流は支え励ますことを考える。」

 賢治の「春と修羅」が、今なら痛切に、胸に響く気がする。  

|

« 場合の数、確率統計、必要十分条件 | トップページ | 京都のつどいの下見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/32065405

この記事へのトラックバック一覧です: 何が、大事なんだろう。:

« 場合の数、確率統計、必要十分条件 | トップページ | 京都のつどいの下見 »