« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

喬木村フットサル大会(3年生以下)などなど

 今日は4時45分起床。お弁当3人前(私、si,soの分)作って、siを伊賀良まで送ります。siは今日は三重県まで遠征です。で、帰って6時まで寝かせてやったsoを起こし、車に乗せても一度伊賀良・・・をすスルーし、喬木へ。(ちなみに家内は京都のmのところへ昨日から行っていて不在です。)

 フットサル大会3年生以下の部開催会場、喬木第一小学校が目的地です。マイクロバス組よりも先に来ていい場所を確保し、テントを張っておくのが私たちのミッションだったわけです。

 今日は先週4連敗で最下位で終わった3年生チームの本来のカテゴリーでの戦いになります。まだ未勝利のこのチームになんとか勝ちの喜びを味わってもらいたい・・・私はこの一週間、本気でそのことを思いつめてきました。

 今日は「アザリー飯田A」「喬木アレグリB」「南箕輪B」「竜丘」と同組でリーグ戦を戦います。

結果は以下の通りです。4試合分まとめて記載します。選手交代はすごく頻繁におこなったので割愛させてください。すいません。

Ca390254mimini


(第一戦) 浪合 4-0 竜丘 (前半2-0)
得点・・・とし、とし、とあ(アシストよしき)、とあ
スタメン・・GKあっきー DFよしき MFとし とあ FWゆうり
監督・・くずてつ

(第2戦) 浪合 7-0 アザリー飯田A (前半5-0)
得点・・・とあ、とあ(アシストあっきー)、とあ(アシストあっきー)、とあ、あっきー(アシストとあ)、よしき、とし(アシストとも)
スタメン・・GKよしき DFとし ゆうり MFりゅうき FWとあ
監督・・ちゃづけ

(第3戦) 浪合 3-3 喬木アレグリB (前半0-0)
得点・・・とも、(OG)、とあ、とあ(アシストとし)、(喬木)、(喬木)
スタメン・・・GKあっきー DFよしき MFとし とあ FWゆうり
監督・・くずてつ

(第4戦) 浪合 1-1 南箕輪B (前半1-0)
得点・・・(南箕輪)、とあ(アシストよしき)
スタメン・・GKとし、DFゆうり よしき MFりゅうき FWとあ
監督・・ちゃづけ

(結果)2勝2分 勝ち点8 得点15、失点4、得失点差プラス11、順位2位

Photo

ちなみに1位は勝ち点10で南箕輪Bさんでした。最終戦は浪合が勝てば優勝、引き分け以下なら南箕輪が優勝というゲームでした。いいシチュエーションで試合ができて、とてもうれしく思いました。

くずてつとちゃづけは審判もしました。それぞれ1試合ずつやりました。

お昼休みにはリフティング大会がありました。浪合では初の予選突破者が生まれました。とあくんです。とあくん、最終的に8位入賞をはたしました。おめでとう!!

Ca390256mimini


それからセンターに戻って道具を片づけ、また伊賀良へ。今度はsiの迎えです。その途中、mから電話。mも今日は練習試合の日でした。対戦相手は京都産業大学付属高校。結果は1分1敗だったとか。右サイドハーフと左サイドバックをつとめたそうです。

そうそう、siの三重県遠征は1勝1分だったとか。二試合ともボランチで出場したのですが、二試合目にタックルを受けて足を痛め、途中交代したそうです。先般長野県クラブユース選抜に選ばれたRくんがハットトリックを決める大活躍だったようです。きっとノッてることでしょう、Rくん!!

今日はサッカー漬けの我が家だったようです。

 

続きを読む "喬木村フットサル大会(3年生以下)などなど"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

職場体験、漢検対決、多角形の外角の和は360度

 先日、中学2年生が職場体験に行ってきました。
 Kくんは食堂、Yくんは建築会社、siは新聞社です。私は職場体験をしたことがないのですが、子どもたちは一様に、いい体験ができたと満足しています。
 準備からなにから、学校の先生にはたいへんお世話になり、御苦労もあったかと思いますが、感謝しきりです。

 Yくんは設計士になりたいなあ、と思っていたそうですが、今回の体験で、「設計士になる」と気持ちはさらに固まったみたいでした。
 設計士・・・私が勝手に尊敬している仕事のひとつです。だってあの方々、ほんとになんでも知っていらっしゃる。
 「設計士になるならさ、数学がんばんないと」と私。Yくん、数学がちと苦手なんですね。
 そしたらすかさずYくん、
「僕を指導してくれた人も数学苦手だったって言ってた」(笑)

 まあ・・・でも中学までの数学は、きっとそうでもなかったと思うよ(笑) けどYくんの数学は間違いなく苦手ではなくなります。これ、ホント。だから問題なしってことですかね!

 siは南信州新聞社でお世話になりました。取材に行って、写真撮影して、記事書いて・・・それが紙面に出たというのですから本人はたまらないでしょうね。本当にありがとうございました。「撮影はナナメ45度からだぞ」と教わったことが印象的だったそうです。

 私だったら、どんなとこに行ったかなあ。将来の夢につながっているところか、はたまた「きっとやりそうにないこと」を選ぶか。ちなみに中1のMちゃんは「やりそうにないことかなー」とか言っていました。

 そんなMちゃんと昨夜、漢検3級対決をしました。(今日、漢検受検日なんです) 彼女は中1ですが、3級に挑戦。3級って、中学卒業程度ですから、がんばっています。Mちゃん、私との対決ではちゃんと合格ラインに到達(140/200で合格、155くらい)していましたよ。ですが、私は1問ミスだけでしたがね。ふっふっふ。「かいこ」を「蚕」でなく「蚤」と書いてしまいましたm(. .)m

 そんな隣でKくんが英語をやっていました。疑問文の英訳の問題に取り組んでいましたが、普通文で回答していたKくん。その問題って、単語がばらばらになってて、それを組み替える問題でその上 ? までちゃんとあったんですが(笑)

 指摘するとKくん、
「しまった、ひっかけられた」(笑)
 いえいえ、どこにもワナなんてありませんがcoldsweats01

 そんなKくんと、数学の話題。直線で構成された多角形の外角を全部足すと360度になる、の謎解きをしました。n角形の内角の和=180×(n-2) と、180-ある内角=外角を利用して考えると解けましたね。ただし、時間がなくて証明式の完成にまではたどり着けませんでしたが。

 

こういうのもおもしろいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

名古屋大学大学院の調査協力

 昨日と今日、名古屋大学大学院の国際開発研究科のみなさんが、センターに山村留学の調査に来てくださっています。
 阿智村の協働活動推進課からのお引き合わせなのですが、当方としては全面的に協力をするというカタチです。

 発展途上国の開発や発展に資する研究や国際協力の実務に携わる人材を養成することを目的とした研究科なので、学生さんの多くは海外の方々です。で、共通言語は英語。インタビューは日本語で私に質問し、私の答えを英語に翻訳して、みなさんが理解、というカタチでした。

 私の饒舌ではったりな(笑)しゃべりは、さぞかし英語にしずらいでしょうなあ、とだいぶ気の毒に思いながら、なるべく英語にしやすいように答えようと思いましたが、しかしなかなかそううまくは・・・。英語で答えられると一番いいのですが、ね。

 子どもたちやスタッフ、先生方にも協力いただき、学生さんたちは満足されたようでしたが、実際、言葉の壁はぶあつく、翻訳という作業が入るものですから、たとえば私も2時間取材を受けましたが、実質半分から三分の一以下でしょうね、会話の量としては。せめて直接英語を聞き取ろうとするのですが、どうだろう・・・半分くらいしかわかりません。それだと正確な回答にはつながらないので、どうしても翻訳に頼ってしまいます。そうそう、日本人の英語は聞き取りやすい気がしましたね。なじみのある発音だからでしょうかね。

 保護者のみなさまへはアンケートをお願いすることになります。みなさん快くお受けくださって感謝です。ありがとうございました。

 どんな報告になるのか、だいぶ気になりますね!!楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

ACL 瑞穂陸上競技場にて、グランパス粉砕・・・

 ふいに思い立ち、瑞穂陸上競技場へ行ってきました。
 ACLなるものを見ようと思ったわけです。

 キックオフには間に合いませんでしたが、たどり着くことはできました。

Ca390247

 ACL準決勝第二戦。対戦相手はアルイテハド。一戦目は2-6で敗れている名古屋です。この試合で4点差以上で勝利し、なおかつ相手を1失点以下に抑えれば逆転で決勝進出が可能です。ですから4-0とか5-1のスコアならOKです。

 とはいえ、そんなスコアはめったにお目にかかれません。第一戦が2-6なんてスコアになってしまったのも、名古屋にひとり退場者が出たからです(それにしても2-6はひどいが)。

 しかし、4-0はまったくないわけでもありませんし、3-0でも2-0でも、名古屋が得点を重ねてくれれば、スタジアムはかなり盛り上がるだろうし、その高揚感が私にエネルギーをくれるかなーなんて思って、瑞穂にかけつけたわけです。ついでにゴル裏自由席は前売りと当日売りの差が200円しかなかったですし(ありがたいですね、こういう設定(笑))

 けど、ゲームは思うようにはいきませんでした。

 先に得点したのはアルイテハド。次の得点もアルイテハド。ボール支配は名古屋でした。しかしアルイテハドのカウンターは鋭かったです。見事に相手の戦術がはまった感じでしたし、キーパーが楢崎ではなく(怪我)、若くて経験不足な選手だったことも無関係ではないでしょう。

 失点する前にケネディが左からのクロスにドンピシャであったのですが、ボールはクロスバーにはじき返されました。あれがゴールを射抜いていたら、展開は違っていたかもしれません。しかし、5バックとも見れる相手の守備網は堅く、中盤ではもたせてくれるものの、最後の砦は固く鍵で閉じられたままでした。

 途中交代で入った杉本が胸トラップからオーバーヘッドを決めてくれ、本当に見事な一点を獲得してくれましたが、名古屋の反撃はここまで。

 ACL準決勝は0勝2敗、トータルスコアは3-8という文字通り完敗で終わってしまいました。名古屋の選手は最後まで戦う姿勢を見せてくれ、それはそれで立派でした。スタの高揚感からエネルギー奪取計画はとん挫しましたが(笑)、杉本のミラクルシュートとあきらめない彼の姿勢から、また勇気をもらった気がしました。

 明日も頑張ります。

Img_7266mini

Img_7294mini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

自治会役員会

 今日は夜7時から自治会役員会がありました。
 センターの勤務をすませてから家に帰り、家族と夕飯をとってから支所に向かいます。今日は火曜日で、火曜日はこどもの習い事がないし、今日は家内も夜の当番が入っていないので、一家団欒が楽しめそうだったのですが、役員会・・・。ちょっと残念ですが、仕方ありません。

 役員会では、来月初旬に予定されている浪合地区での行政懇談会で話題になるだろう事項の検討が主でした。部落、各種団体からの要望、自治会内の村事業の進捗状況などの確認です。2時間程度の会にはなったでしょうか。

 こういう会に出席してみると、浪合にもいろいろな課題、問題があることがわかります。多くの方々と、こうした課題・問題に向き合うことができればなあ、と思います。

 なお、ほんやり様ですが、今年度まで、1月14日は学校も休業してその日にやることになっています。来年度からは学校は休日にはしないということになっています。どのようにこの伝統行事を守っていくか、これから各部落で話し合いが行われることになります。直近の土日を利用するのか、土日に準備をして、炊き上げるのは14日にするのか。いずれにせよ、たくさんの人がかかわれるような形にしたいですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

ジュニアサッカー食事バイブル

 ちょいと前の話になりますが、siの所属するアザリー飯田ジュニアユースで研修会が催されました。内容は、中学生年代の選手の食事、栄養についてです。講師は名古屋グランパスの栄養アドバイザーの方でした。私は参加できなかったので残念でした。

 実はこの講演の内容は、すでに本にまとめてあり、それは
「小学生 中学生のための ジュニアサッカー食事バイブル」(間宮裕子・・名古屋グランパスエイト栄養アドバイザー・・監修  株式会社KANZEN 発行  1600円)です。

amazonのリンク先は こちら です。

ちょっと紹介すると、
「こんな時にオススメのレシピ」・・身体強化、体質改善、メンタル改善・・・
「ポジション別サッカーレシピ」・・フォワード、ミッドフィルダー、ディフェンス、ゴールキーパー

とか

後半までしっかり戦える持久力をつけたい

とか

緊張しがちな試合前日にぐっすり眠りたい

とかに対応できるレシピが満載なわけです!!

私も講演には参加できなかったのですが、この図書は速効購入しました。
サッカーに通じることは、人生に通じます。(その逆もまたありです。いろんなスポーツ、芸術活動も同じだと私は考えています)
ですからこの図書にあるレシピは当然汎用性があります。またそう解釈すべきです。

きっと役に立つ一冊ですよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

体験合宿

 なみあい育遊会は、来季通年合宿参加希望者に対し、体験合宿に参加してもらうことを義務付けています。ここ数年、通年合宿参加には競争率が発生していることから(それも3~5倍)、事業スタート時には「お試し体験合宿」的色彩が強かったのですが、いまや「セレクション体験合宿」的になってきました。

 受ける質問も、参加にあたっての具体的な質問よりも、体験合宿における選考では何が評価基準になるのか、というものに変わってきています。

 今年は不景気の影響で体験合宿の申し込みは昨年より少ないのですが、それでも定員を超える応募があり、実際にはさらに高い競争率になってしまうことが予想されています。

 できるだけたくさんの人に参加してもらいたい・・・気持ち的にも、経営的にもそう思いますが、施設規模からいくと、今の定員で精いっぱい。なんだか申し訳ないような気がしています。

 今日からも3組の体験合宿生が来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

喬木フットサル4年以下大会、浪合演芸会、クラブチャレンジ、ソフトテニス南信大会、などなどなどいろいろあった24日

 今日は早朝からsiのクラブチャレンジ参加のお弁当づくりからスタート。4時起床です。家内が連れて行くというので珍しく夫婦で早起き。昨夜はなんのかんので1時就寝だったので3時間しか寝ていません。今日のクラブチャレンジは南長野(パルセイロのホームスタ)で行われるとかで、うらやましいです。長野県を4つのブロックにわけ、siは南信ブロック選抜チームで出場です。(結果は1勝1分だったとか。お疲れ様。)
 で私は5時50分にセンターへ。中学生3人を連れて学校へ。中学生はソフトテニス南信大会団体戦出場のため伊那に行くのです。学校が集合場所です。(こちらは男子、女子ともに1回戦敗退と残念でした。男子は不戦敗のようなものだったのですが・・・。とにかくお疲れ様。)
 で私はそれからセンターに戻りフットサル大会の備品類を車に積んで喬木村へ。
 選手のこどもたちは、茶がマイクロバスで連れてきてくれることになっています。私が道具係です。
 今回は4年生以下の大会。2チームエントリーしました。
 結果は以下の通り。小さいですがわかりますかね・・・。

Ca3902460001

 Aチームが1勝3敗、Bチームが0勝4敗でした。Bチームにも勝ちの喜びを感じてもらいたかったですが、仕方ない。勝たせてあげることができるよう、私たちも努力、工夫を続けたいです。
 お昼休みにリフティング大会があったのですが、1位が1600回程度、2位が1400回程度とすごい記録でした。うちの場合は予選突破も難しい状況で、このへんも状況を変えていかないといけませんね。(予選突破は30回以上クリアです) 個人個人がボールを持って、いつもちょんちょんできるといいのですが。練習するかしないか、は大きい差になります。勉強するかしないか、の差と同じですよね。もちろん、まじめに、モチベーション高くってことですが。

 で、閉会式が終わったら即撤退。今度は演芸会です。
 1時間前に控え室に集合したのですが、なかなか全員集まりません。だって・・・みんないろんな出番があるんですよね。全員そろったのは30分前でしょうか。でも、道具の確認や段取りの確認などで1時間前に集まっておいてよかったです。大道具まで2階の控え室に来ていたのはびっくりでしたが。運ぶのたいへんだったろうに。。。
 ナミレンジャーは無事終了。ちょいと失敗もありましたが、拍手ももらえたし、おひねりもたくさんとんできたし。保護者のみなさま、熱いご声援、篤いお気持ち、本当にありがとうございました。
 大トりの教育業’sのライブを見て、センターに帰って、ナミレンジャー公演成功カレーパーティです。
 このころには私、睡眠不足でくらくら(笑)  いえ、フットサル大会の時からくらくらでしたかね(笑)
 みんなといっしょにナミレンジャーできてよかったよ。つたない監督でごめんなさい。スタッフのみなさんも私なんかにふりまわされてご苦労が多いと思います。ほんと感謝しています。

 家に帰って・・・爆睡して、で、明日また元気になります。


 

続きを読む "喬木フットサル4年以下大会、浪合演芸会、クラブチャレンジ、ソフトテニス南信大会、などなどなどいろいろあった24日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

浪合文化祭

 今日、明日と浪合コアで文化祭happy01

Pa0_0025


 わが浪合カメラクラブの展示もありますよ。どどんと25枚(だったかな←こら!事務局のオレ)

Pa0_0027


 昔懐かしの浪合小中学校のアルバムあり、陶芸クラブの見事な作品あり(日展出品作品もあるとか)。

Pa0_0026


 どうぞ、どうぞ、浪合コアへおこしください!!
 紅葉もすばらしくなってきてます、浪合!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

オリオン座流星群と アウト ドア こたつ

 昨夜が見ごろとのことで、センターでは夕食後の打ち合わせで、外にこたつを出して星空を見ることを決定。こたつといえばみかんでしょ、ってなわけでみかんも出動。

 寒い寒いとはいえ、ジャンパー着こんでこたつに入れば、「外でこたつ」というその特殊な空気も手伝って寒さなんて忘れます。

 8時半からは小学生が、9時半からは中学生がアウト・ドア・こたつを楽しみました。肝心のオリオン座流星群は、なんとも残念なことに、小学生タイム時には空の大半が雲で覆われ、ろくろく見ることができなかったのですが、北西の空に雲はなく、まれにきらっと流れるのを運よく見られた子はいたようです。「わくわく日記」の流星の写真は茶が撮影したものです。星がたくさん映っていますが、レンズは北西の方向を向いていました。

 9時半からの中学生タイムの時には、だいぶ雲は消えていました。でも、輻射点のあたりはまだ雲に隠されています。私はこの時間に中学生といっしょに星空を見上げていたのですが、私を含めて合計4人で、のべ4つの流星を確認することができました。私はひとつ見ただけですが、それは南の空を駆け抜けたものでした。

 それにしても外でこたつってのは楽しかったですねえ。天文ファンの先輩に教わった方法なのですが、こたつ台の上にはポットと急須と湯のみ、それからみかんとチョコが少々。ずずず、と温かいお茶をすする幸せはなんともいえません。

 熱燗とかホットウィスキーなんかもきっと似合うでしょうね、このシチュエーション。
「鍋やろう、鍋!」という中学生の声もありました。きっといいでしょうね。

 たとえば池波正太郎がこよなく愛した「小鍋だて」。ふたつ、多くてもみっつの食材の組み合わせを小粋に楽しむ、まあ酒肴です。私が好きなのは、出汁をはった小鍋に浅蜊のむき身と大根の千六本を入れてさっと煮たたせ、しょうゆと七味をさっとかけていただく。ああ、豆腐と根深ネギの組み合わせもいいな。鶏肉とごぼうも侮りがたいぞ。

 って、相手は中学生ですが(笑)

 がっつり、ちゃんこ鍋でいきますかね?それとも濃厚な土手鍋でしょうか。

 寒さが厳しくなりすぎる前に、試してみたい企画ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

舞台での練習

 これも昨日の話なのですが・・・・。
 今週末の演芸会に向け、学校体育館の舞台で練習しました。
 朝10時から1時間程度です。

Img_7194mini

 久しぶりに衣装をつけての練習です。舞台では照明を効果的に使えるので、子どもたちもだいぶ気持ちが乗ってきますね。
 通しで2回やりました。1回目は立ち位置や演技の微調整、それと照明効果の確認、2回目はその追試です。

 舞台の上にはピアノが置きっぱなしだったり、ちょっと本番とはまだ様子が違うのですが、それでも子どもたちは熱心に(おもしろがって?)練習に取り組みました。

Img_7159mini


 練習の後は学童クラブのこどもたちといっしょに村民グランドへGO!
 休日臨時浪スポの呼びかけに応えてくれた10人くらいのこどもたちと一緒に、また1時間ほどサッカーやフットサルを楽しみました。

 秋の休日・・・。天気も良好。とても気持ちいい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

クライマックスシリーズ 1ステージ第3戦 中日ドラゴンズ対ヤクルトスワローズ

 実に久しぶりに日本プロ野球の公式戦を観戦しました。
 たまたま休みがあったえつと一緒に行ってきました。

Photo

 ナゴヤドームは初です。
 最後にプロ野球を観戦したのは(信濃グランセローズを除く)いつだったか・・・。
 たぶん、東京ドームの巨人対中日戦で、まだ巨人の4番が落合、3番が松井だった時期だと思います。その試合で松井が右翼上段にサヨナラホームランを打ちこんだのを記憶しています。
 で、今日は20年ばかり前には巨人の4番だった落合が監督を務める中日ドラゴンズのホームゲームの観戦です。私は落合が大好きです。私が野球狂だったころ(わざわざ南信州から東京まで野球をしに行っていた20代前半)さえ、プロ野球と落合なら落合をとるだろうと評判だったくらいです(笑)
 プロ入り前の彼の冗談みたいな野球経歴、26歳という遅いプロ入りにも関わらず2000本安打達成、でも名球会には入らない、んで脅威の3度の三冠王ゲット、MVP2回受賞(優勝チーム以外で選出されたのは彼と王くらい)、右打者最多本塁打記録保持者(52本)、最高得点圏打率記録保持者(.492・・・凄)、セ・パ両リーグ本塁打王、打点王獲得、1000本安打目は狙って打った本塁打、1500安打目は狙って打った本塁打、2000安打目は狙って打った本塁打、トルネード野茂の初球宴での対決はきっちり本塁打で一流の洗礼、球界初の年棒闘争実施者、その割にあっさりコミッショナー裁定には従う、批判なんてどこ吹く風の個人主義者、でも「長島さんを男にするために来た」とナニワブシ全開で中日から巨人に電撃移籍・・・(プロ入り前の彼の冗談みたいな野球経歴については、ここでは割愛)
 いろんなことをしでかした男ですが、その記録もさることながら、バッターボックスでの彼の雰囲気は他の誰でもない、彼だけが持つオーラがありました。千両役者が持つそれです。そして相手チームのエースの決め球を打つ、という彼の信条と技術は、実に実にあっぱれでかっこよかったのです。
 彼は510本も本塁打を打っているのに、私が見に行ったゲームでは一本も打ってくれなかった。そんなつれなさもいいのですから、もうほとんどビョーキかもしれません(笑)

 で、今日の内容は落合の話ではなく(笑)、久しぶりの野球観戦なんですが、それでも落合が絡んでいるところがうれしいわけです。長い前フリというか・・・横道だったかもしれません(笑)

 さて、私とえつは車で中央道を南下、某駅のそばのコインパークで車をとめ、電車でナゴヤドームに向かいます。近くのイオンでお茶。「ミスドにします?」「スタバにしようよ(飯田にスタバはない)」おのぼりきぶん満開の私(笑) まわりはドラキチの濃そうなのがいっぱい。

 指定席なのであわてることなく、試合開始10分前くらいに入場。左翼外野席の・・・ヤクルト応援団のすぐ隣、というかーなーりオモシロイ席での観戦となりました。

Photo_2


 あ、ちなみにえつは、だいぶドラキチですね、はい。試合観戦時の表情や態度で私確信しましたね(笑) 間違いありません。

 試合は、・・・展開まで書くと長いのでこれも割愛しますが、中日ドラゴンズが7-4でヤクルトスワローズを下し、2NDステージ進出を決めました。

Photo_3

ヤクルトの粘りは見上げたものでした。それと、8回に登板した浅尾を2失点1死満塁まで攻められても代えなかった中日ベンチも立派でした。1死満塁のピンチは併殺で切り抜け、その瞬間、未来(セカンドステージ進出ってことではなく、浅尾のセットアッパーもしくはファイアマンとしての未来、それを武器とできるドラゴンズの未来)が見えた気がしました。

 それと忘れてはならないのが、立浪。この試合を落とすようだと、引退を表明している彼の雄姿は見られなくなってしまいます。ですが、あるいは、だから、監督は立浪を5回裏という早い回にもかかわらず、勝負時と見て先発中田の打順で彼を代打に送りました。
 スコアは3-1。1死1,3塁。彼の前で谷繁がタイムリーを打っています。一気にたたみかけ、勝利を手繰り寄せたい場面。ここで立浪、0-2からの3球目、ファーストストライクを振りぬき、左中間に二塁打を放ちます。これで5-1。今年でおしまいの男が、ミスター二塁打と呼ばれる男が、きっちり仕事します。こりゃたまらないよ、ファンは。ちなみに一番最初の写真の直後、あの球を打ったんです、立浪。

 ・・・-さすがだね、ここで立浪を送り出す落合(笑)

 この日の代打策はことごとく的中。7回裏の井上も、8回裏の平田も、ちゃんと結果を出しています。(それぞれ二塁打、三塁打)

 さすがだね、落合(笑)

 しかし彼はいうでしょう。「打ったのは選手。よく準備していた」とね。そして、そうです、その通りです。野球は選手がやるものです。でも、選手がやれるようにするところが監督の腕っすよね。

 試合終了後、ヒーローインタビューはあっても、監督からのメッセージはありませんでした。またしても落合は、私を袖にしました(笑) 

 しかし、この勝利で中日ドラゴンズが手にしたのは巨人への挑戦権です。しかも完全アウェイでの戦いになります。もう一度ナゴヤドームに帰ってくるためには、きっちり巨人を下して日本シリーズに出場する必要があります。

 必ず帰ってくる。立浪はヒーローインタビューでそう答えました。私も、立浪の本当の最後の打席は、日本シリーズの最終戦こそ似合うと思います。そこで思いっきり野球をしてもらいたい。

 落合も、心のどこかでそんなふうに思っているに違いありません。必ず、帰ってくる。だからこその無言。この無言が、私には鉄の信念を語る言葉に聞こえます。

 水曜日から、CS2ndステージ、対巨人戦。CSには批判的な私ですが、それを抜きにして、私と同年代の立浪と、彼が一軍デビューした年に、中心打者として、ドラゴンズを自身初のリーグ優勝に導いた落合監督の2009シーズンの行方を、まだまだ見続けたい私がいます。

 あとね。燃えよドラゴンズを大声で熱唱したの、気持ちよかったです!

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

園生と恋バナ

 昨夜から宿直で、休日前(昨日今日の土日は深山祭で明日明後日は振り替え休日なんです)なものですから。
 で、休日前は恒例の「男子いっしょに寝ませんか」「女子一緒に寝ませんか」となります。(男子同士女子同士、いつものペアをかえて寝ちゃおうというもの。ふたり、に限らず、三人とかみんなとか、いろんなパターンが試されます)

 深山祭で疲れていた子どもたち、9時半にはみな就寝モードに。

 そしたら、某部屋から、何やら女子の名前が次々出てくるじゃないですか!これはおもしろーーーーい!!

 で、聞き耳を立てて話の内容を漏らさずゲットしようかと。


 うそ。

 よろこんで3人の中に入っていく私(笑)

 当然最初は警戒される私sweat02

 「いいか。誰のことが好き、なんて具体的なことはいわないルールにしよう」

「ところで、どんなタイプが好き??」

 そうすると話しやすくなったみたいで、いろんな話が次々に!!

 ああ!!書きたい!!!

 でも、やめときます。

 それにしても、楽しいひと時だった。こういう時間が楽しめる集団宿泊はほんとに私には魅力的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

保育所にしてみました。

 学校の文化祭の音楽会の折、体育館でそれは行われるのですが、保護者の方が連れてこられる小さいお子さんがにぎやかになってしまい、雰囲気が損なわれるという問題がずっとありました。
 で、小さいお子さんが騒がしくならないようにお願いします、なんて学校からアナウンスも出たり。でも、なかなか長時間静かにしてるってことは難しいもの。中には立派な小さなお子さんもいますが、みんなみんなそういうわけにもいきません。騒がしくなった子を大声で注意するのもできないし、退場するのも気がひけるし(途中入場も原則禁止ですからね)保護者の方も結構気に病んでたいへんだったりするんです。だし、第一わが子の発表は絶対見たいのが親心ですからね。
 でも、学校側からの要望がそういうふうで、それも当然のことだし、小さいお子さんがいる保護者さんの中には「今年はあきらめます」という方もいらっしゃって。
 でもでも。「じゃあそうしてください」って言えないですよ。

 だから。今年はセンターを保育所にしてみました。対象はセンターの関係者だけだったんですがね。思いついたのも前日だし。

 よろこんでくださいましたね。これは来年もやるべきと思いました。
 学校にも「そうした協力をしますよ」と申し出て、同じ悩みを抱えている多くの保護者の方のお役に立てるようにしたいなあと思いました。

 まあ、そんなわけで、私は音楽会には行ってないんですけどね(笑)

 「いいの。仕事だから」(綾波レイ)

smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

菅平にて。クラブユース新人戦応援

 今日は学校では文化祭(深山祭・・みやまさい)でした。たくさんの保護者の方が来てくださり、こどもたちの成果をご覧になっていただきました。

 が、私はsiのクラブユース新人戦の応援に行ってきました。てか、siはスケジュールが重なり、文化祭には参加できなかったんですよね・・・。

 今日の会場は菅平。私、菅平に行くのは実に20年ぶりくらいです。学生の時に実習か何かで行ったきりです。ええと、寒かったですね、菅平(笑)

Photo

Photo_2



 試合は10時から対裾花ヴィエント、その結果を受けて13時半から対長野ガーフということになりました。両方とも強い風が吹くコンディションでした。ピッチは人工芝。

 裾花ヴィエント戦は・・・風上陣地だった前半に得点できず、後半の終盤に立て続けに2失点して0-2の敗戦。前半に攻めきれなかったことも悔やまれるし、後半も2回キーパーとの1対1があったのですが、それをモノにできなかったのが残念でした。siはFKで1回、右の角度のないところから1回枠をとらえたシュートを放ったのですが、キーパーに阻まれて得点できませんでした。残念。

 しかし、・・・ほんとに残念だったなあ。

 で、2試合目はどことやるのかな、と思っていたら、まさかの長野ガーフ戦となりました。きっとガーフは勝つだろうな、と思っていたので意外な対戦でした。

 こちらも前半は風上陣地だったのですが攻めきれず。だいぶ押し込み、アザリーサポからは「得点のにおいがするぞ~」って声が出たのですが0-0で終了。一戦目も前半風上で得点できず、負けちゃったぞ・・・なんだかいやな予感がするなか後半がはじまりました。

 その予感を吹き飛ばしたのがRくん。途中から右サイドからFWにポジションチェンジしたRくんですが、右サイドを疾走、そのまま中に切れ込み、角度のないところからニアに強烈なシュートを放ちます。ゴール前からファーにかけ味方が展開してくれていたこともあり、キーパーにはクロスの意識もあったのでしょう、そのシュートが見事ネットを揺らします。先制!!!

 その後、今日は左サイドで走り回っていたJくんと交代で入った1年生のKくんがキーパーの位置が高いのを見極めて放った「極上の虹」シュートで追加点。対空時間の長い、田淵幸一(古くてスイマセン!)のホームランみたいなシュートがゴールに突き刺さった時、サポは盛り上がったなあ!!

 1点返された後、再びKくん。左サイドでボールを受け、そのまま疾走、DFを背負ったまま、キーパーの足元を貫くシュートを決めて3-1!んで、タイムアップ!!

 勝利試合が見られてよかったです。siは多少キープ力がアップしたかな。攻撃の時のスピードアップはキレがあったかな。持ち味の決定的パスはガーフ戦の後半なんかは冴えててたかな。けど相手にひっかけちゃったのも2本あったな。上を抜くパスもあってよかったような。

 それにしても2試合120分、みんな御苦労さまでした!

 「ね、今日は泊まっていかないの?」と幾人もの保護者の方に声をかけてもらえたのですが、ごめんなさい。明日仕事ですので・・・。とこちらも残念。

 機会があったら、ぜひご一緒させてください。

 siはチームのみんなと菅平宿泊です。しっかりみなで反省会してください。

Photo_3

帰りの中央道は激しい雨でした。。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

横浜市教育委員会のみなさんと 夜は新録音でナミレンジャー練習

 昨日、今日で飯田、阿南にきてくださった横浜市教育委員会のみなさん。もちろん、セカンドスクールの現地視察と表敬訪問にきてくださったわけですが、それに広域連合の方と私、それから研究会副会長さんとで対応させていただきました。

 昨日は阿南町役場、阿南町の農家民泊先、阿南少年自然の家を訪問、夜は飯田市のTESSINさんで懇親会。

 今日は飯田市の三和農園さんでリンゴ狩りの様子を見させていただきました。

 今のところ、国からの補助金があるから成立しているこの事業、来年はどうなるのか見込みが立たないので来年の話が具体的にできない、という歯がゆさがあり、とても残念だったです。なんとか継続してもらいたいなあと願う私たちでした。

 そうそう、昨夜は飲んだので飯田駅横のシルクホテルで宿泊した私ですが、今朝は8時からの飯田市立動物園のミーティングに参加してきました。ちょくちょく事務室にはお邪魔しているのですが、ミーティングに参加してあいさつさせていただくのは初めてでした。ちょうど理事長のけんさんもいてくださったのでよかったです。

 夜はセンター遅番当番だったので、新しく録音した音源でナミレンジャーの練習。2回練習する予定でしたが、出来はそこそこよかったので1回ですませました。

 11月8日に飯田市のリンゴ並木通りで2回公演する機会を得られそうなナミレンジャーですが、とりあえず来週末の演芸会にむけてきっちり仕上げていく2009のナミレンジャーたちです。

Photo_4

Photo_5



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

二度目の録音

 治部坂での発表を終え、しばし休息していたナミレンジャー。

 今日は演芸会での発表に向け、二度目の録音にチャレンジしました。今夜はセンターで琴のお稽古もあるので、録音スタジオは遊楽館。あらかじめ今日録音することやそれにむけてのスケジュールを説明していたので、予定の7時30分には集合することができました。
 脚本は変更なし、で、セリフの採りだけやりなおします。
 2週間ナミレンジャーをやり続けてきた子どもたちです、セリフの成熟はかなりのもの。治部坂発表バージョンより一層気持ちのこもった声を録音できました。

 今日も録音はぺーがつきあってくれました。BGMにあわせた編集もぺーがしてくれます。ありがたいことです。今年までは茶がやってくれていたのですが、女子職員は誰もできず(笑)、今年からぺーです。感謝、感謝です。

 日曜日までには編集は完了している模様。そしたら練習再開です。今日、さらに別のところからナミレンジャー公演の問い合わせがありましたし、しばらくナミレンジャーとのお付き合いが長くなるかもしれません。。

 ところで録音が終わった子は日本代表戦見てました。5-0ですか。岡崎またハットですか。寿人はまたしても不発ですが。森本の強さを生かしたシュートはかっこよかったですね。あれができる日本人は・・・久保以来でしょうか。今日も長友は走りまくってました。すごい男です。本田はごっつあんゴールより試合終盤の寿人に挙げたクロスとそれにつながる突破は見事。ただ、彼は90分使うにはちょっとリスクが多いかもなー。勢いはあるけど、リスク管理が若者的だ。ちょっとおっかない。なんて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

治部坂小さな秋祭りにて!山村留学戦隊ナミレンジャー5、初公演

今日、初日でした。

はじまる前はお客さんも少なく、さみしかったのですが、
開演前にはたくさんの方に集まっていただき、よかったです。

知らない人たちの前でやるのは緊張もあってたいへんだったでしょうが、
よくがんばりました。

いろいろイレギュラーがありましたが、打ち合わせ通り「エラーがあってもなかったことにして」
堂々とやりきることができましたね。

御苦労さまでした。

Img_6972

CAST

アカナミジャー ひな  
アオナミジャー しゅん
キナミジャー ひろ
シロナミジャー うみ
クロナミジャー なつ

アソビ・マ・ショー りょう
ラクニ・ナレー みほ
マナビ・キラー つっきー

生徒1 いの
生徒2 ゆりっぺっぺっぺっぺさん

藤枝先生 だいこん
校長先生 やのっち

ナレーション あっきー

 

中村先生 けん

STAFF

録音 ちゃづけ

音響 ぺー

大道具 おしん

衣装 えっちゃん

小道具 さくらんぼ

運送 あかやん

客席サクラ きんぎょとその子どもたち

脚本・演出・監督 くずてつ

おしんが作った氷のガラスの出来がすばらしくよかったです。
バットで割る場面は迫力が出て、氷ガラスのおかげでした。
野外ステージだからできたことだったかもしれませんが(笑)

Pa0_0023

演芸会の時はどうするか、またこれから考えます。

・・・この日、siはまたしてもアルウィンへ。
長野県中学生サッカーJA杯の決勝の観戦でした。来年はこの舞台に立てるといいね。
いろいろ触発されたのか、日が暮れてまっくらになるまで、浪合グランドでひとりっきりでボールをけり続けていたsiでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

松本山雅対浦和レッズ・・・!!

 今日は朝からアルウィン(松本空港となりのサッカースタジアム)へ。
 よしとsiと私の3人で向かいました。9時30分にはアルウィンに到着したのですが、すでに付近の駐車場はいっぱい。だいぶ遠くの臨時駐車場にまわされました。

 今日は天皇杯2回戦、松本山雅対浦和レッズの一戦があるんです。松本山雅(まつもとやまが)は長野県代表、対する浦和レッズはJ1、そして日本一のビッグクラブです。今年から天皇杯の運営方針がかわり、2回戦からJのチームが参戦することになりました。それで実現したカードです。

 浦和サポは強烈ですね。2回戦だってのに、ものすごい数の人たちがアルウィンに乗り込んできています。駐車場にある車の多くは、we are REDSとかなんとか、書いてあります。

 山雅は昨年、湘南ベルマーレ(J2)に勝利して話題になりました。その後ヴィッセル神戸にけっちょんけっちょんにやられましたが。。

 山雅はこのアルウィンで天皇杯一回戦を戦いました。JFLのFC刈谷とです。この試合は1-0で勝ちました。そしてレッズへの挑戦権を獲得したわけですね。そもそも天皇杯に出場する権利を得たのも、このアルウィンでAC長野パルセイロとの信州ダービー(長野県大会決勝)に劇的勝利をおさめたからです。(延長の末、相手PKを止めたカウンターからの1点を得て1-0で勝利。)

 ホームでレッズを迎え撃つことができる!・・・とはいえ、山雅は北信越リーグ1部のチーム。レッズが所属するJ1から見ると、3つもカテゴリーが下のチームです。勝利など望むなかれ。どれだけの健闘を見せてくれるのか、それが見どころといっても過言ではなかったと思います。しかし、選手は違ったのですね。

 結果からいうと、2-0で松本山雅の勝利。ものすごいジャイアントキリング・ゲームを生で見ることができ、感激しています。

Img_6849mini

Img_6811mini

 前半12分、カウンターからFW柿本が相手GK山岸が前に出ていたことを見逃さずループシュートを決めます。しかもレッズサポの目の前で!湧き上がるアルウィン。虐殺劇を見せつけられる覚悟をしていたのですが、先制点をゲットできたんです。

 この後、レッズは猛攻。猛攻。猛攻。山雅はひたすら耐えてカウンターを狙います。

 遅ればせながらレッズのスタメンは
GK 山岸
DF 平川 坪井 山田暢 細貝
MF 鈴木 山田直 ポンテ 原口
FW 田中達也 エジミウソン
と、代表で闘莉王と阿部を欠くものの、ほぼ主力といっていいメンバーでアルウィンに乗り込んできています。

 押し込まれて当然。田中は早かったし、坪井も早かった。エジミウソンはでかいし、ポンテは脅威のアイデアマンでした。それに、やっぱうまい。判断早い。

 しかし、サッカーは「強いものが勝んじゃない」(BY カール・ハインツ・シュナイダー)んですね。山雅の体を張ったDF陣の頑張りと今日すばらしい出来だったGKが緑の壁(山雅のチームカラーは緑)となって赤い攻撃をはじき返しつづけます。
 それに、レッズのシュートが枠に行かない。これはどうしたことかと心配になってしまうくらいです。シュートは20本打ったのですが、その多くは枠をそれていきました。それが山雅GK原の特殊能力だったのか、はたまた山雅サポの願いが超常現象を生み出したのかはわかりません。とにかく、レッズのシュートは枠に飛ばなかった。幾度も決定的に崩されたのに、最後のシュートの精度がなかったです。

 前半1-0で終了。どこからともなく「ここで試合終了だったらいいのに」なんて声が漏れてきます。・・わかるわかる(笑)

 後半も展開はいっしょ。攻めるレッズに、守る山雅。そこで望外の追加点。
 72分、左サイドからの鋭いカウンターからクロスがゴール前に入ってきます。このクロスはレッズがはじき返すのですが、はじき返した先に、山雅の選手。そのボールが阿部にわたり、阿部、鋭く足を振りぬきます。きれいに揺れるゴールネット。先取点より湧き上がるアルウィン!私も立ち上がって3回、SHOUTしました(笑) 隣に座っていたsiとよしくんは座ったままだったんですがね(汗)

 2点リード!試合終盤で2点リード!

 でも、1点とられてもまだリード!なんて思ってちゃいけない。1点取られたらただじゃすまなくなる、サッカーってのはそういうものです。日本には「2点差リードが一番危ない」という格言もあるくらいです。

 湧きかえったサポの興奮がさめやらない中、ゲームは続きます。生意気言うようですが、このサポの緩さが、まだサッカーの厳しさを知りぬいていない緩さな気がしました。ここはこの日一番の集中を求める場面なんです。

 でも山雅の選手はよく知っていたようです。彼らの集中は高いレベルで持続していました。その上、運動量も落ちません。技術では劣っていても、体格でかなわなくても、走ることでは負けていません。

Img_6860mini

 緑の壁は奇跡を信じて強靭な分厚さを保ったままでしたし、緑の矢はするどく、その後も得点には至らないまでも2回、決定機をつくりました。

 試合終了を告げる長い笛は、本当に気持ちよく耳に入ってきました。太く、低く、大きな声でレッズを支えていたサポの声は、その途端きびしいブーイングの声に変わりましたが、緑のサポは猛烈な拍手と歓声で山雅の選手の快挙をたたえ続けました。

Img_6871mini

Img_6886mini


 天皇杯2回戦から登場したJのチームの中で、今年も大学や社会人チームに敗れたチームはいくつかありました。J2首位のセレッソ大阪、湘南ベルマーレ(今年もかい!)などがそうですが、J1で唯一、土をつけられたのは浦和レッズ。

 レッズの不出来もあったかもしれませんが、しかしレッズ監督フィンケ氏が言うとおり、「これもサッカーの一部」であり、そして山雅に言うべき最初の言葉は「おめでとう」です。

 おめでとう、松本山雅!! いやあ、ほんもののジャイアントキリングがこの眼で見ることができて、シアワセだったです。それも・・・地元のチームの快挙ですから!!

 なお、この日前座試合で「U-15長野県代表 対 石川星陵中学」の試合がありました。4-3で長野県選抜が勝ったのですが、この試合の後半、siのチームの先輩がGKとDFとして出場しました。この日GKは全部で5人見たのですが(山雅、レッズ含めて)、その中で一番、声が出ていましたね。すばらしいGKでした。ファインセーブにはレッズサポも「おおお」っと唸ってくれていました。レッズサポを唸らせたなんて、気分いいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

治部坂小さな秋祭りにて キックターゲットと琴コンサート

 今日は朝から体験の面接が1本、それから治部坂小さな秋祭りでのイベント実施。
 センター生はテニスの大会に出かけた中学生3人以外、みなイベントの協力です。
 キックターゲットを今年もやりました。
 景品は保護者のみなさまのご協力のおかげで、例年のように賑やかになり、本当に感謝です。お客様は全部で90人くらいだったでしょうか。
 治部坂高原に子どもたちの歓声が響き、気持ちよかったです。その様子はこちら(浪合通年合宿センターわくわく日記)でもご覧ください。

 今年は飯田市のおもしろ科学実験工房の方々にも来ていただき、賑わいに一層の花を添えていただきました。細長いビニール袋を利用したロケットづくりにはたくさんの子どもたちが参加していました。

 夕方からは「宿り木の湯」で琴コンサート。琴教室のうみ、なつ、つっきー、soやその仲間たちが、見事な演奏を披露してくれました。

Img_6765mini


Img_6781mini

演芸会でも登場するのでどうぞお楽しみに!そうそう、このコンサートの演者のみなさんには夕食と入浴がプレゼントされ、うれしそうでしたよ。

 その後は宿り木の湯の駐車場で星空観望会。寒くなったら施設に入ったりして、日本一の星空を満喫していました。いい天気でよかったです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

山村留学・体験合宿と秋祭りの準備

 昨日から新年度の体験合宿の受け入れをしています。今回来ている子は10年近く前園生だった子の弟さんです。うれしくなりますね、こういうの。
 体験合宿は11月中旬まで7回予定されています。今年も定員を越える応募があり、そのこともうれしく思います。
 私たちの山村留学に参加したい方、体験合宿にどうぞおいでください。3学期の募集は行わないことが多いので、参加を希望される方はお早目に・・・。

 NPO なみあい育遊会 浪合通年合宿センターのwebサイトはこちらです。

 で、午後は明日から始まる「治部坂高原小さな秋祭り」の準備に私と灯で行きました。
 たて看板つくったり、テント立てたり、3時間くらいかなー、作業しました。

Pa0_0024


 たくさんのお客様がこらえるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

岡崎祭り

日本6-0香港 (アウスタ) 2011アジアカップ予選Aグループ第3戦

結果の詳細はこちら。

感想を少し。

・岡崎ハットトリックおめでとう!いやすごかったね。自身が所属するチームのホームグランドでハットトリック!!サポもたまりませんね。
・玉田大丈夫か?
・代わりに入った肉離れ明けの松井は・・・期待していただけにちょっと不満。あのシュートは決めてほしかったし(松井らしい得点ではないが得点は得点)、ワロスも1本あったり。
・中沢、闘莉王の得点も日本らしいだ。
・寿人!!オフサイドのやつおしかったなあ。あと48分の中村からのパスはきっちりトラップしなきゃ!!! なんかチーム全体が寿人に点とらせてやろうって感じで瞳がうるんだよ、寿人好きな俺は。
・キカンシャ長友、今日も御苦労さま!!すごいね君の体力は!!
・森本見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

秋は秋で・・・。

ごめんなさい。私忙しすぎますね。。

父親業がまるでできていませんでした。ていうか親業もだめでした。

反省します。
改善します。

だから。

1日にもう2時間、追加してください(笑)

(涙)

あ、でも本は読んでた。

猛反省・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

神様のカルテ

秋はジブン的にも読書推進期間なのですが、

「神様のカルテ」はおすすめします。

(アマゾンへのリンクはこちら。)

新人の作品です。松本に住んだことがある人は、なかでも学生時代を送ったことがある人はそこの空気まで思い出すことができるかもしれません。

そうでない人も、こころがあたたかくなる作品です。油断すると、涙腺やられます。気を付けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

愛知大学へ

 今日は午後から愛知大学へ行ってきました。
 セカンドスクールのアンケート調査の打ち合わせです。
 153を豊田までおり、そこから高速に乗って豊川まで目指したのですが、・・・渋滞。約束の時間10分遅れで到着となってしまいました。
 帰りは高速をハナからあきらめ、下道で帰ってきました。
 運転は広域連合の一柳さんにお世話になったのですが、長い道のり、申し訳ありませんでした。
 ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

お年寄りに感謝する会

 浪合にいながら、今年初めて参加しました。
 副自治会長ゆえ、「初めの言葉」を言う役があったものですから。

 金婚カップルの表彰、芸能(詩吟、民謡、太鼓の発表)、乾杯と続きます。

Ca390232

Ca390236

 たくさんのお年寄りの方が、笑顔でいらっしゃました。

 

いい風景だなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

山村留学戦隊ナミレンジャー5 はじまります。

 昨日中学生の中間試験が終わりました。なので昨日から、ナミレンジャー5の練習がはじまりました。。
 昨日は脚本をみんなに配りました。よく読んで、自分が何の役をやりたいか考えておくように言っておきました。

 今日配役を決定しました。一応、まだ内緒です(笑)。明日録音です。だいぶタイトなスケジュールですが(笑)

 がんばりましょう!

 12日に小さな秋祭で第一回の発表がありますしね。どこまで仕上げられるか、楽しみでもあり、あせりもありsweat02ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

立浪の引退、吉田えりの退団

 ドラゴンズの立浪が今季限りで引退だそうだ。
 ここのところ代打の切り札としてがんばっていた。高卒即レギュラーとして、長らくドラゴンズの二遊間に君臨していた。チーム事情でサード、外野も守った。
 打撃はもちろん、非凡な選手だった。小柄な男なのだが、三番を打つこともあった。シャープなだけでなく、パンチ力もあった。通算最多二塁打の記録保持者だ(現在487本)。本塁打も170本打っている。私は東京ドームで彼の本塁打を見たことがある。

 173センチ、70キロ。そんな体でよくも一線級の活躍を20年以上できたものだ。たゆまぬ努力と強いメンタリティ、それを管理するの能力と努力に長けていたのだろう。

 好きな選手だった。いずれ指導者としてプロ野球界に帰ってくるだろう。竜一本の野球人生だったから、指導者のキャリアスタートはドラゴンズだろうか。あるいは解説者としてしばらくは野球を外から見るか。いずれにせよ、ながい現役生活、御苦労さまでした。

 一方こちらも気になる選手、プロ野球独立リーグの吉田えり選手(神戸)が退団することになったという。
 関西独立リーグは波乱だった。リーグ運営会社が年度早々に脱退。運転資金もままならないまま今年1年なんとかまわした、という感じだった。来季から月給が一律20万円から8万円プラス出来高、バイトOK(チーム判断による) になるらしい。しかも支給月も減少するらしい。今だって12カ月もらえているわけじゃないのに・・・!(2から10月の9カ月)
 お金もらえばプロってもんじゃない。月給8万円じゃ、自宅から通えて両親が元気な人しかできやしない。いっそシニカルに「アルバイト野球」って銘打った方がいいんじゃないか、という気もしてしまう。
 吉田えりは先日、黒星を喫したとはいえ大阪戦に先発して5回3失点の投球を見せ話題になっていたのだが残念だ。
 資金難にあえぐ関西独立リーグで、「お客様がいるから野球ができる。感謝しないといけない」と言っていた吉田だ。プレー以外でもグッズ販売の店員やらインベントやらで集客にはずいぶん貢献していただろう。マスコミへの話題提供も、彼女がいるといないでは大違いだったろう。しかし吉田は神戸を、関西を去る。

 まだ独立リーグでのプレーを希望しているようだ。私も現実の世の水原勇気を見たいと思っている。
 話題の女子野球リーグに行かず、信濃グランセローズに来てくれないかなーと思う私なのだが(笑)、今後の動きには注目していたい。

 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »