« 日曜日は柳井先生による琴講習会・発表会もありました。 | トップページ | 新型インフルエンザ? »

2009年9月 9日 (水)

東京学芸大学生活科実習

  昨日、今日、明日の日程で、今年も東京学芸大学の学生さんがおよそ50名、浪合に実習に来てくださいました。
 これは正規の実習で、2単位になるそうです。2泊3日で2単位がおいしい、とかつて参加の学生さんがいってました。確かに合宿参加で2単位は学生さんにとっては魅力的かもしれませんね。

 宿泊は遊楽館です。今日の活動の様子については「浪合通年合宿わくわく日記」の方に記事がでていますので、そちらを参考になさってください。

 私はコーディネーター、総括、進行役をつとめました。と同時に、30分の講義の講師と、2時間半の自然観察の講師をしました。

Photo

 30分講義では「浪合における山村留学」という題で、自然観察では「渓流における水生生物(主に昆虫)」と「秋の野草」の二本立てで行いました。「水生生物」は実際川へ行って生き物探しを童心にかえってやるところからはじめるのですが、ハイ、そこが楽しいんです!「冷たい~」とかいいながら、たっぷり30分はだしで川に入って虫取りを一生懸命してくれた学生さんたちでした。

 去年はそば打ち講師もしたのですが、今年は桜が復帰したので桜に任せました。

 日中の実習のほか、宿泊体験の支援も重要な任務です。50人の2泊3日の合宿がスムーズに行われるよう、また南信州らしい食事を提供できるよう、いつも工夫しています。

Photo_2


 初日の夕食は「ソースカツどん」でしたし、最終日の朝食は「キッチンストーブのパンでつくるホットドック」です。また実習中のおやつにはもちろんのこと「浪合のトウモロコシ」が出ます。ただただ合宿で2単位がオイシイ、ってだけでなく、それ以上に感じ、学ぶものが多い合宿になるよう、スタッフ一同、がんばっています!

|

« 日曜日は柳井先生による琴講習会・発表会もありました。 | トップページ | 新型インフルエンザ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/31315313

この記事へのトラックバック一覧です: 東京学芸大学生活科実習:

« 日曜日は柳井先生による琴講習会・発表会もありました。 | トップページ | 新型インフルエンザ? »