« 名古屋説明会とそのあとで・・・。 | トップページ | 万古渓谷へ »

2009年9月20日 (日)

涙の敗戦

 昨日、JA杯決勝トーナメント1回戦があり、我らがアザリー飯田ジュニアユースは宿敵のひとつ、シンカーズと激突しました。
 シンカーズとの対戦は今年もいくつかあったのですが、勝てていません。この大事な初戦で勝利を奪ってほしいところ。
 直前の一週間の練習も相当熱が入っていたようです。家内とsoも応援に出かけました。会場は菅平です。

 名古屋出張の私には時たま速報メールが入ってきます。siはベンチスタートの模様です。

「開始早々先制」というメールが来て、
「お、今日はいけるか?」と思いました。

で、
「前半終了、2-0」
リードがひろがっています。そのあたりから、私のプレゼンの時間になったので、そっちに集中。

・・・プレゼン、質疑終了、解散となり、メールチェック。そしたら・・・

「後半追いつかれて2-2」

「延長、決着つかず2-2。これからPK」

「8-9で負けました。みんな泣いています」

・・・・

ががーん。

2-0というスコアは危険、と日本サッカーではよく言います。しかし、1-0より2-0の方がいいに決まってる。それを追いつかれたとは・・・

しかもしかも、PKで、8-9まで行ったということは、もうサドンデスなわけだから、あまりにもつらい結末。

家に帰ってからsi に様子を聞きました。

センターバックのTくんが鼻を骨折したとか、サイドで出場したRくんが腰を強打して動けなくなった、とか、死闘を感じさせる話が随所に出てきました。
またここでは詳しいことを書くことをしませんが、レフェリングにも不平を持ってしまっていたようです。

しかし、PKで敗退は悔しいながら仕方ないとして、2-0のリードを守れなかった事実は厳しいです。追いつめながら、またしてもシンカーズをやぶることはできませんでした。

3年生の大会は残念ながらこれで終了となります。次はいよいよsiたち2年生が主体になります。その日行われたB戦は「内容は悪かった(上記負傷の2名は2年生の主力)けど、勝てた。」と言っています。自身も得点を決め、ちゃっかり数えている今季得点数もたいぶ大きくなってきました。

たくましく、かしこく、よく走るサッカーを見せてほしいなあと思います。がんばれ!

|

« 名古屋説明会とそのあとで・・・。 | トップページ | 万古渓谷へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/31473211

この記事へのトラックバック一覧です: 涙の敗戦:

« 名古屋説明会とそのあとで・・・。 | トップページ | 万古渓谷へ »