« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

少雨の京都

 親父が体調を崩していたので京都に長居することにした。といっても1日延長、くらいの話だが。

 親父は75になる。すこぶる元気な人だ。毎朝ラジオ体操プラスアルファをかかさず、もしかすると基礎代謝は私より高いかもしれない(汗)
 肉をよく食べる人で、もしかすると私よりよく食べるかもしれない(汗汗)
 お酒も飲める人で、もしかすると私より強いかもしれない(・・・・汗)

 そんな人がここ数日39度の高熱を出して伏せり、階段が登れないからということで床の間で寝ており、さらには食事ができなくなり嘔吐するようになった。

 実家には母と息子のmがいる。mは毎日学校へ行き部活で帰りが遅いから、具合の悪い父とつきあうのは母だ。しかし母も若くはないのでくたびれてくる。し、鬱っぽくもなる。なんだかろくなことを考えないようだ。

 なので、本当は体育祭も日帰り観戦のつもりだったが、一泊することにした。
 今日は朝から親父の通院に運転手としてつきあった。

 二日前から処方された抗生物質が効果的だったのか、熱は下がってきた。食欲も出てきた。昨日など朝はポタージュも精いっぱいだった親父が、夜には焼き肉が食べたいという。

 ・・・すごい。

 が、さすがに焼き肉は却下され、・・・しゃぶしゃぶになった(笑) と言っても親父はどろどろの白菜とか豆腐を食べるくらだが。しかし肉もふた切れくらい食べたかな。仕上げのうどんも口にすることができたようだった。

 今朝は普通のごはんを食べることができた。医者にいったらおとなしく帰ってくるのかと思ったら、「京都リサーチパークに行ってくれ。会議がある」とかなんとか。体調は「ぜんぜん問題ない」と。

 よかったよかった・・・。劇的に治ったみたいだ。

 二日間いただけだが、正月を除き二日もいるなんて本当に珍しいことだ。お盆はないしね、私には。だいたい一泊しても朝のうちに車で出発することがほとんどな私だった。

 別れ際、親父が「おまえも一週間くらい現場あけて、若い奴らが自分の裁量でどこまできるかやらせてやってもいいんじゃないか」なんて言った。

 うちの職場のことはともかく・・・・、いつまでも同じ状況じゃないしなあ。

 親父の言葉を聞きながら、そんなことを思った。

ちなみに、だ。今日の夕飯はすき焼きだったらしい。

 明日はきっと、念願の焼き肉だろうよ(笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

mの高校の体育祭

 朝7時頃浪合を出発、京都のmの高校の体育祭観戦に行って来ました。

 11時頃にグランドに到着しました。1000人を越える生徒がいる学校ですから、我が子を探すことなどはなからあきらめていましたが、到着したときにちょうど1年生のリレーがはじまりました。

 mは第一走者でスタートのところにいました。ラッキーでしたね。

 午後イチの競技は部活対抗リレーでした。これはその日一番の盛り上がりだったですね!!

Img_6758

 mはサッカー部の2番手で出場。陸上部、野球部、ハンドボール部らとの競争でしたが、1位は陸上部、2位サッカー部でバトンタッチ。そのまま2位をキープで次走者にバトンタッチでした。結局サッカー部は途中で野球部に抜かれ、3位でフィニッシュ。応援は野球部とサッカー部がもっとも盛り上がっていたので、その野球部に負けたのは悔しいですbearing

 途中小雨が降ってきましたが、なんとかやんでくれてよかったです。

 私も1000人規模の高校でした。mが通っている高校の隣の高校です。なんか、自分の昔のことなんかを思い出し、ちょっとしょっぱい体育祭でもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

学校とセンターの懇談会と懇親会

 今日は夕方4時からおよそ1時間、学校の先生方とセンタースタッフ(主に通年係)との懇談会が行われました。理事長と私、それからえつとあかりの4人で学校に伺いました。

 センターには茶、桜と、信州大学からの実習生がひとり、東京大学からの研修生がふたり残ってもらいました。(つい1週間くらい前まで長野大学の学生さんがひとりボランティアに来てくださっていたので、ここのところセンターの平均年齢はうんと若かったです(笑))

 懇談会の話題は、もちろん園生の指導上の情報交換、情報提供です。

 で、18時から遊楽館に場所を移して懇親会。こちらはバーベキューをしながら一杯やる会です。全職員が参加というわけにはいきませんでしたが、のんびりさまざまな話題で夜のひと時を歓談しました。

 なかでも校長先生の「利休と秀吉」の話題はおもしろかったです。さすが美術の先生ですね!そうそう、通知表の表紙の学校の絵は、校長先生の手によるもの。子どもたちも喜んでいました。こういうのって、イイですねえ。

 あと、懇談会と懇親会の間で、私は学校各学年の「学年費の監査」をしました。外部監査を入れるという方針で、今年から私が行うことになりました。先生方が忙しい中まとめてくださっており、監査する側もわかりやすくてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

稲刈り

 今日はセンターの田んぼの稲刈りの日。朝10時ころからはじめました。
 小さなたんぼですから、作業時間は短いです。
 でも今年はなお早い。・・・不作だからです。
 2年続けて出来は悪い。たわわに稲が実った風景を見たいのですが、ここ何年か厳しい現実を突きつけられています。
 日照時間の不足。水の冷たさ。害虫の発生。雑草との戦い。

 鳥インフルエンザの影響でアイガモを飼えなくなってから、収量の低下がはじまったような気もします。

 数年センターの山村留学に参加している子は、「前はたくさんとれたんだよ」とその当時の様子を新規生に話してくれました。

 その様子を・・・毎年、実現したいんですがね。

 残念です。収量の少ない農作物の収穫は、実に、切ないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

ダッチオーブンで!沖縄風炊き込みご飯「ジューシー」

Ca390221

ダッチオーブンの炊き込みご飯です。
賽の目に切った食材と枝豆のさわやかな緑が楽しいです。
底にできるだろうおこげもおいしいですよ~

〇材料(4人前 ※写真は16人前です。)

Ca390219


お米 3合
だし汁 700CC(しいたけ、昆布のもどし汁も含めて)
塩 小さじ1と半分
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ1と半分
泡盛 みりんと同量(なければ日本酒、料理酒でOK)
油 適宜
豚肩ブロック 180グラム
にんじん 半分
かまぼこ 50g
干ししいたけ 1~2枚(戻した汁はだし汁に加えたい。量は調整)
昆布 適宜(戻した汁の扱いは上に同じ)
塩茹でした枝豆(季節でなければ冷凍ものでもいいでしょう)

〇つくり方
(1)昆布、シイタケを戻す。焚き火をたく。
(2)お米をとぐ。
(3)具材を切る。0.5~1センチの賽の目に。ここは手間をかけて。
(4)だし汁、泡盛、米、具材をダッチオーブンに入れ、ざっくりかきまぜる。
(5)焚き火にのせる。
(6)ふたの隙間から湯気が出てきたら(10分くらい)、できれば弱火にします。でないとおこげが強烈になります。
(7)湯気がでなくなったら中を確認、水分がなくなっているようなら火からおろし、枝豆を入れてふたをし、さらに10分程度蒸らします。
(8)ざっくりかきまぜます。

Ca390222

できあがり~!!
私は12インチの大きなダッチオーブンを使っていますが、これだとちょうど倍の量で炊けますね。8人前ってことです。余ったらおにぎりにしておくといいかも、です。

<豚肉の扱い方>

一手間!ですが、豚肉はあらかじめ茹でておくと、炊き上がりにアクがなくて見た目にもいいし、ヘルシーですね。でもキャンプでその手間がうっとおしい時なんかは本レシピのようにそのままいれちゃっても大丈夫です。

なんせ本ブログのレシピは「カンタン、豪快」が身上ですから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

復活のvistaquest

 万古渓谷で私が滑落した際に水没した愛機vistaquest。

 3日間、天気がよかったこともあり、乾燥した部屋で放置した結果、見事復活しました~!

 やすいおもちゃカメラとはいえ、幾多の風景をいっしょにみてきたカメラです。放棄するのはおしかった。うつりも楽しいしね。

 電池入れて、スイッチ押して、液晶が働き出したのを見たら嬉しくなりました。そして撮影し、SDカードをパソコンのスロットに入れて画像が出てきたときには幸せになりました。

 以下、記念すべき写真です。合庁の松下逸雄先生(銅像、元長野県議会議長。阿智村羽場さん製作)です。

Img_0007

あと、合庁の壁にさく朝顔です。

Img_0008

トイカメラならではのゆるいうつり方が大好きです。電池喰いでチープで構図の確認もできない(画像確認用の液晶はない!!ファインダーはレンズとまったく連動してない!!)このカメラは、本当に身勝手でかわいいやつです(笑)

今日は合庁でセカンドスクールの小委員会、それからその近くでもう一本別の会議がありました。センターでは縁側から物干しコーナーに行くミニデッキの新調をしました。ペンキ塗りは楽しいですね!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

アニメソング

 この間楽器屋さんに行ったとき、楽譜のコーナーで「アラフォーが歌いたくなるアニメソング」ってのがあって、衝動買いしちゃいました。

 「きん肉マン」とか「うる星やつら」とか「魔女っ子メグちゃん」とか「ヤッターマン」とか入ってるんです。

 「北斗の拳」とか「シティハンター(get wild)」とかもあれば「マジンガーZ」とか「鋼鉄ジーグ」とかもあるんです。

 「あしたのジョー」も「タイガーマスク」もあるんです~

 メロディがしっかりしていて歌詞もわかりやすく、興味ある子どもたちはすぐに覚えます。

 それに熱唱できるから楽しいですよ(笑)  中学生のお勉強の邪魔にならないようにしてますがねpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

じゃ、スポーツ写真とかの場合は??

 シャッタースピード優先もしくはプログラムで勝負します。
 それとなるたけISO感度は高めに。最新機種では12800まで設定できるそうですね。すごい。

 どのみち望遠レンズの性能で左右されるのがこの世界です。望遠レンズの場合、シャッタースピードが遅いと手ぶれしやすくなります。手ぶれすると作品にはなりません。ちなみに、一般的には「焦点距離分の1」が手ぶれしない最低スピードといわれています。
 

F値が明るいレンズならF値開放(絞り開放)に近くすることでシャッタースピードを稼ぐことができますが、たとえば焦点距離300ミリでF値2.8のレンズはひっじょーにお高い。一般的には開放で5.6くらいなもんでしょう。そうすると、暗い。暗いとシャッタースピードは遅くなるケースが増える。(光を通す穴(=絞り)が小さいから長い時間光を入れなければならない) 天気が悪かったり室内だったりすると、「焦点距離分の1」のシャッタースピードは確保できない。

 だから、ISO感度をなるたけあげることで、シャッタースピードを稼ぎたいわけですね。つまり入ってくる光の量は少ないけど、カメラ側の感度を上げることで(強引に)絵にしてしまうわけです。感度があがることにより画像の粒子が粗くなることとかノイズが発生しやすくなることはありますが、そことの折り合いをどうつけるかが大事になってきますね。ただ、今のカメラはそこらへんの進歩はすごく、粒子の粗さやノイズについてはだいぶ改善されてきていますが。

 近頃便利な手ぶれ補正はいいですね。ISOをあげなくても、つまり、画像の出来(粗さ、ノイズ)を犠牲にしなくても手ぶれしない。あるいは絞れることで深い被写界深度を手に入れることができる。

 でも手ぶれ補正がなくても一脚一本あるだけでだいぶ違いますがね。低予算だし! ただ雲台は自由度の高いやつにしておきたい。これ重要。

 あとは静止する時間を長くするトレーニング(笑) もう、DIOのスタンド「ザ・ワールド」や承太郎のスタンド「スタープラチナ」で時を停めるが如く、体を静止しちゃう!これさえできれば手ぶれ補正も一脚も不要だ!こちらは0予算でいけるぞ(笑)

 話がちょいとそれましたが・・・スポーツ写真の場合の心得。

 私はスポーツの流れを見ながら、こんな絵をとりたいなとアイデアを出し、そのアイデアをものにするために必要な焦点距離、構図、シャッタースピード、露出補正、色合いなどをぱぱぱと判断します。

 一撃必殺でものにできる場合もないことはないのですが、相手はなんせ動いているしその予測はできないこともあります。そういう場合は連写性能がすぐれているといいですね。

 残念ながら、スポーツ写真はスナップや風景より、機材の性能がものをいうことが多いです。これ大事。写メやコンデジではスタジアムの席にいながらピッチ内の躍動感あふれるダイナミックな動きを撮影することは、無理です(涙)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

写真撮影の際に留意すること<風景、スナップ、静物、ポートレート編>

 私の場合。

機材の手入れは当然として。

<風景、スナップ、静物、ポートレート編>
○ファインダーをのぞく前に。
1.ISO感度の設定。
2.フィルターワークのアイデア。
3.露出補正のアイデア。
4.色補正の決定。
5.今日の素材を前に、出来上がり作品のイメージを固める。
6.5を元に絞値のアイデア。
※順番は前後することあり。

○ファインダーを覗いてから。
1.構図。(たてよこ、水平垂直、黄金分割など)
2.ピント位置の決定。
3.絞値の決定。
4.フィルターワークの決定。
5.露出補正の決定。
6.シャッタースピードの確認。
※順番は前後することあり。

○モニターチェック時
1.構図
2.露出
3.白飛び、黒つぶれ
4.ピント
5.被写界深度
6.表情、形など細部のチェック
※順番は前後することあり。

必要なら修正箇所を改善して撮影。

最初から判断に迷うときはAED機能などを積極的に使用する。

仕上げはパソコンでやるとは言え、撮影データをあまりいじらない方がいいので、撮影時に完成図をゲットするつもりでやる。が、救済措置もいろいろあるからと若干気軽目にシャッターを押すとよい。

データ形式は気合十分の時はLAW、他はJpegの最大値、最高値で。メディア残量に不安がある時は泣く泣く小さくする。

・構図は、ダイナミックに。鳥の目線、虫の目線を意識。
・露出補正は慎重に。段階露出のスキルは必須。2分の1も違うとまるで違う作品。
・色は好みだが記憶色は現実より派手になる傾向があるのでそのことは理解。派手目にすると成功率は高いがあえて地味にして印象を高める方法もある。作品の意図で使い分ける。
・ピントはあっていて当然。意図的に崩す場合を除き、ピンボケは罪。
・被写界深度は特にマクロ撮影やポートレートの時は慎重に。深さを変えて幾枚か撮影しておくと吉。

一眼デジカメでなくとも、上記の機能をいじることができれば(あるいは理解し、撮影条件のなかで機械の機能をマッチさせれば)良い作品は撮れる。

カメラの性能の違いが出来上がりの決定的違いになることがない。

カメラマンの機械はどんなに高くても新車にははるか及ばない。素人でも買える値段だ。そこで出来上がりに差がつくから、それは機能の差というより、使う側の差と言って差し支えない。
事実、優秀なカメラマンはへぼいカメラでも作品をつくるが、へっぽこカメラマンは優秀なカメラでもコメントに困るような写真しかとれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

万古渓谷へ

 浪合通年合宿センターでは、昨日からシルバーウィーク 0予算キャンプ という設定で、万古渓谷へキャンプに行きました。

 ここでいう「0予算」とは、このキャンプのためにの支出はなるべくしない、、という努力目標を表したもので、ホントに1円も使わなかったわけではありません(笑)
 ただ、食材・おやつはセンターにある野菜やコメ、うどん、お菓子など、日常生活のために購入してあったものを流用したし、キャンプコンロのガスカートリッジなども夏キャンプ向けに用意したものの使い残しを持って行きました。キャンプ場も無料だし。だからキャンプ向けに執行したお金となると、現地までの往復の車ガソリン代くらいでしょうか。
 安くあげることができて、本当に良かったです。

 キャンプの様子はわくわく日記の方に記載されているのでそちらをご覧ください。

 我々スタッフにもいろいろと勉強になった今回のキャンプでした。

Photo_6

鎖場は結構あります。「健脚向き」とか「上級者向き」などと案内されることが多いのですが、本当です。

Photo_7

水はきれいでしたねー。あと、浪合の川に比べて温かかったです。だから川に落ちても大丈夫scissors 私も結構じゃぶじゃぶと遊びました。浪合の川だと凍えちゃいますよね。

Photo_8

これだけの高度があると、ちょっとびびる子もいますね。無理ないです。

子どもを引率するということは、指導者自身の体力、スキルが必要なのはもちろんのこと、さらに重要なのは個人の力を引き出すコーチングの力、チームの意思を明確にするディスクールとプレゼンの力、その根本となる情報管理能力と感情管理能力が大事っすね。

Photo_5

ちなみに「万古渓谷」とは「まんごけいこく」と読みます。
上の写真は「渓谷!」のポーズですhappy01

デジタル一眼、愛機EOS40Dを持っていったのですが、なかなか両手が自由になることが少なく、また低学年の指導を主にしていたし、なんしろデジイチは水にはとほほなくらい弱いので、やむを得ずザックにしまってしまいました。私は一度川に落ちたのですが(笑)、その時カメラ入りリュックはちゃんと岸に置いておいたので、我ながら準備がいいなあと感心しました(笑)
でもベストのポケットにトイカメラをいれておいたのを忘れてて、それは水没しちゃいました。今、乾燥中です。きっと復活してくれるはずです(祈)

そんなわけで、今回の写真はだいたい写メですm(. .)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

涙の敗戦

 昨日、JA杯決勝トーナメント1回戦があり、我らがアザリー飯田ジュニアユースは宿敵のひとつ、シンカーズと激突しました。
 シンカーズとの対戦は今年もいくつかあったのですが、勝てていません。この大事な初戦で勝利を奪ってほしいところ。
 直前の一週間の練習も相当熱が入っていたようです。家内とsoも応援に出かけました。会場は菅平です。

 名古屋出張の私には時たま速報メールが入ってきます。siはベンチスタートの模様です。

「開始早々先制」というメールが来て、
「お、今日はいけるか?」と思いました。

で、
「前半終了、2-0」
リードがひろがっています。そのあたりから、私のプレゼンの時間になったので、そっちに集中。

・・・プレゼン、質疑終了、解散となり、メールチェック。そしたら・・・

「後半追いつかれて2-2」

「延長、決着つかず2-2。これからPK」

「8-9で負けました。みんな泣いています」

・・・・

ががーん。

2-0というスコアは危険、と日本サッカーではよく言います。しかし、1-0より2-0の方がいいに決まってる。それを追いつかれたとは・・・

しかもしかも、PKで、8-9まで行ったということは、もうサドンデスなわけだから、あまりにもつらい結末。

家に帰ってからsi に様子を聞きました。

センターバックのTくんが鼻を骨折したとか、サイドで出場したRくんが腰を強打して動けなくなった、とか、死闘を感じさせる話が随所に出てきました。
またここでは詳しいことを書くことをしませんが、レフェリングにも不平を持ってしまっていたようです。

しかし、PKで敗退は悔しいながら仕方ないとして、2-0のリードを守れなかった事実は厳しいです。追いつめながら、またしてもシンカーズをやぶることはできませんでした。

3年生の大会は残念ながらこれで終了となります。次はいよいよsiたち2年生が主体になります。その日行われたB戦は「内容は悪かった(上記負傷の2名は2年生の主力)けど、勝てた。」と言っています。自身も得点を決め、ちゃっかり数えている今季得点数もたいぶ大きくなってきました。

たくましく、かしこく、よく走るサッカーを見せてほしいなあと思います。がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

名古屋説明会とそのあとで・・・。

 今日は通年合宿名古屋説明会の日です。夏キャンプの写真頒布会も同時開催なので、たくさんの方のご来場が予想されます。
 当初は私とえつのふたりで行く予定でしたが、それではちょっと心もとないいうことで、灯も来ることになり、さらに現地の元園生社会人のトモとキャシャリン(ふたりとも二十代中盤男子)も急きょ駆けつけてくれました。(私のともだちのよしくんも研修参加です)(笑))
 今日は朝7時に園原インターにのり、小牧から名古屋高速で会場に向かいました。いつもは国道153と猿投グリーンロードを使うのですがね。高速1000円だとこんなこともやってみたくなって(笑) でも快適でしたねー。時間はそれほど短くなったわけではないのですが。

 9時25分オープンでしたが、10分前くらいからお客様はお見えになり、予想通りの盛況となりました。

 通年合宿の説明会は10時からでしたが、こちらも予想以上の方が参加してくださり、うれしい喜びでした。

Photo_3


 11時45分にほぼ予定通り終了、それからまた名古屋高速に乗り、今度は磐田に向かいます。実はわれわれ、この時間からオフとなり、サッカー観戦にレッツゴーなわけなのです。

Photo_4

 その模様はまた別ブログに掲載するとして・・・。

 試合はくそったれな結果になってしまい、意気消沈して名神磐田インターに向かうのですが猛烈な渋滞。名神に乗ってもとほほな渋滞情報が飛び込んできます。豊田JCTから恵那に向かって園原まで帰ろうと思っていたのですが、仕方ないので浜松西ICでおりて国道217などを利用して浪合に帰ることにしました。こちらの道は快適快適。

 高速利用で順調なら9時到着予定でしたが、国道217など利用でも10時到着ですみました。序盤の渋滞もあったので、この結果には満足満足。

 家内はsoと、siの所属するサッカーチームのJA杯決勝トーナメントの応援などに出かけたついでに須坂動物園により、ワラビーのハッチに会ってきたと写メを送ってくれました。

Photo_2

 ワラビーのハッチのことは・・・知らなかった私です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

秋刀魚!!

 昨日、元園生のお母さん(北海道出身)から秋刀魚をたくさんおくっていただきました。「一度食べてもらいたくって」ということで、北海道で水揚げされた新鮮でおいしい秋刀魚です。
 たしかに、ぷりぷりとしていて、おいしそう。

 で、土曜日にはみんな(園生と勤務スタッフ)で炭火で焼いて食べるっていう計画になったのですが、しかし私は土曜日は説明会で出張です。

 なので、今日食べることにしました(笑)

 私と、灯と、桜と、Q(ボラ姉さん)の4人で、4本いただくことにしました。そのうちの2本は3枚におろして刺身にしました。私はざっくり3枚におろす係で、灯と桜が小骨を取り除いてくれました。(ちょっとくらいあっても平気よね、とか言いながら(笑))

 で、同時進行で外にグリルを引っ張り出し、炭火に着火し、Qにパタパタあおいでもらっていたわけですが、ちょうどいい火加減になったころを見計らって秋刀魚を網の上で焼き始めます。

 脂を落としながらじっくり焼く・・・煙が出ますがしかし外ですから気にならず、かえって風情を感じるくらい。

Photo


 焼きあがりまでしばし待ち、お皿に乗せて食卓に運びます。湧き上がる歓声。

 今日のお昼は秋刀魚の刺身と秋刀魚の一本焼き。ものすごくおいしかったです!感謝、感謝!!これで明日、心おきなく説明会に行けるってもんです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

ガールズ2009、船出

 今日の浪スポのラスト20分、ガールズ2009の船出となりました。

 冬の女子フットサルフェスタに向けての船出です。

 浪スポ小学生U-9選抜とミニゲームで対戦しました。学校の休み時間なんかにはよく自主練しているらしいガールズです。どんなふうになるのかなあ・・・

 結果は、0-3の完敗。
 基本5,6年の女子チームが選抜とはいえ3年生以下のちびっこチームに0-3。

 完敗も完敗です。得点のにおいは少なく、ボールウォッチャーばかりで人まかせサッカー、失敗してドンマイドンマイの掛け声は美しいようですがでもどっちかというと今の雰囲気は「なれあい」。

 判断が遅い、ダッシュしない、一対一でファイトしない、プレーやキックに意味がない。

 ・・・・ここから、はじまります。

 まずは浪合U-9と伍する試合ができるようになろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

小さな秋祭りにて & 100万本のコスモス

 今年も10月10、11、12日で、治部坂高原において「小さな秋祭り」が開催されます。どこよりも早い紅葉をお楽しみください。

 なみあい育遊会では、10日に「キックターゲット」、12日に「ナミレンジャーショー」を行う予定です。関連では10日18時から「浪合琴教室」が「治部坂・宿り木の湯」でコンサートを開きます。

 あと、NHKでも放送され、中日新聞の一面にも取り上げられましたが、治部坂高原の100万本のコスモスが見ごろです。すばらしです。

今日撮影してきた写真は以下です。

Img_6518

Img_6518ko

Img_6541

Kouyt

Loiuyfyfy

 みなさんもぜひ!生まれ変わった南信州・治部坂高原へ!!どうぞお越しください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

siフランス遠征の記録写真

 8月下旬に10日間U-14県選抜フランス遠征に参加してきたsiが自分のデジカメで撮影したり撮影してもらったりした画像です。以下数点アップします。

Si1

フランス人コーチを囲んで。

Si2

Si5_2

こんな感じのところで現地のチームや他の国のチームと対戦したようです。

Si6

ええと、FOOTBALLってとこだけ、よくわかります(汗)

Si3_2

最終日はパリで観光もしたようです。ルーブル美術館にも行ったし凱旋門も見たしセーヌ川の遊覧もしたそうです。・・・いいなあ。

Si4

灯りがつきはじめたエッフェル塔。なかなかいいじゃん、この写真。左上がうっとおしいけど。

Siyuni

siに支給されたユニフォーム。

Siurayuni

7番か。俺には柴田勲のイメージが強いんだよな、どうしても(笑)次いで・・宇野勝(笑)

 






続きを読む "siフランス遠征の記録写真"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

間に合わない! 2

 今日は運動会があって、それについてはセンター日記の方に書いたのでここではあまり書きませんが。

 とりあえず、今年も我が中央部は優勝しましたwink

 で、mが帰ってきていて、運動会終了とほぼ同時に高速バスで名古屋経由で帰ったのですが・・・。

 なんとど渋滞にはまってしまい、名鉄バスセンター(名古屋のバス発着総合センター。名古屋駅隣)になかなかたどり着かない、ということがmとのメールのやりとりで判明。

 名鉄バスセンターから京都行きのバスに乗り換える予定だったのですが、どうもその時間に間に合いそうにありません。京都行きのバスはその便が最終なんです。
 びびるなー。間に合わない時のことを考えた方がいいなあ・・・。

 本人に確認したところ、手持ちの現金は1500円(笑)

 家内がもう少しお金持たせただろうなーと思っていたのですが、持ち合わせが少なかったのかとにかく財布の中には1500円(涙)

 乗り遅れる羽目になるバスの会社に連絡し(、チケットの払い戻しを要求するのですが、いろいろと面倒なことをいって、私たちが直面しているこの非常時に役に立ちそうにありません(失礼) 

 で、およそ1時間おくれで名古屋に降り立つm。財布の中身1500円の男。幸い、夕食は持たせていたので、胃袋の心配は不要です。ともかくなんとか今日中に京都に帰ることができるようにしないと・・・。

 パソコンで茶に調べてもらったところ、JR在来線利用で最低2500円必要。あと1000円足りない(せつない)

 そうだ、銀行カードを持っているはずだぞ。どう?

 「あるある、京都銀行のカード!」
 「よしよし、じゃ、名鉄バスセンター出てスグのところに三菱UFJの24時間ATMがあるから、そこでお金をおろそう。その口座にお金は入ってるんだよね?」
 「うん、しっかりある」

てなわけで、三菱UFJ銀行のATMコーナーに行ったm。無事お金を引き出せたらまた連絡が来ることになっています。

 ・・・ケータイがなります。
「もしもし?」
「もしもし、三菱なんたらかんたらは、京都銀行のカードは お取り扱いできません だって」
「・・・は?・・・・」
「ATMの画面にそう出た」

「(三菱UFJともあろう銀行が・・・!)・・・今まで、コンビニでおろしたことあった?」
「あるけど、今日は日曜日で、もうこんな時間(19時30分)だし。確かこのくらいの時間はだめだった。」
「・・・そうか。・・・・うーんちょっと待ってて、作戦考える」

そう言って電話を切りました。

 ここで頭に浮かんだ選択肢はふたつ。
(1)2時間で着くからお金持って名古屋へ行くので待っててもらう。
(2)名古屋の知人に頼んでお金を借りて現場まで持っていってもらう。

(1)は最終手段と設定し、(2)にトライ。元園生のジョニママに家内が連絡。
ジョニママ、二つ返事へ引き受けてくださり、すぐ名駅にむかうよと言ってくださったそうです。

その直後、mから電話。

「セブンイレブンでやってみたら、お金おろせた!!」
以前おろせなかったのはローソンだったらしい。なので自分なりにコンビニしらみつぶし作戦をしていたようだ。口座から5000円おろし、これで財布の中身は6500円。mくん、新幹線で名古屋から京都に向かい、なおかつ地下鉄で家まで帰れ、あまつさえ喫茶店に寄ってお茶の一杯もできるくらいの経済力を持った男に急成長しましたupwardright

家内がすぐにジョニママへ電話。お騒がせしましたの言葉を伝えると、ジョニママ「名駅まですぐだから、ちょっと顔見てくるわ」なんて言ってくださって、もう私たち、恐縮の至り。ありがとうございます、ジョニママm(..)m

mは新幹線のチケを買い、新幹線の大阪方面行きのホームに向かいます。
「20時25分の新幹線に乗るね。到着は9時くらい」
そんな連絡が来ました。
ほっと一安心。

京都駅からは地下鉄で近所まで向かえます。もう大丈夫。

9時ちょいすぎに、mからメール。
「京都についた。新幹線は早いね」(笑)

結局mが京都の家に到着したのは9時40分ころ。

予定のバスを利用できた場合、京都駅に着くのが9時46分。

いろいろありましたが、それでも予定より30分も早く帰宅できたm。
ついてたんだか、ついてないんだか(笑)

でも、セブンイレブンのおかげだね。
感謝、感謝!






 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

うまいじゃん!Yさん!!

 今日は運動会が延期にはなったのですが、たくさんの保護者の方が来て下さったので、ノリで懇親会をやろう!ということになりました。

 センター提供の食事は、いのししのお肉をおすそ分けいただいたこともあり、猪汁をしました。それと大根とさば缶の煮物、味ごはん。
 他は参加する保護者の方々からの持ち寄りでにぎやか豪華に楽しめました。

 通例(笑)、懇親会では歌が飛び出すのですが、今夜はYさんが来てからとなりました。
 で、まあ例に歌いだすわけですが・・・・

びっくり!Yさん、うまくなってる~!!

 隣で気持ちよく歌えました!やるなーYさん!
 芸人が増えていくのはうれしいですね。ピアノとかウクレレとかハーモニカとかアカーデオンとかどんどん登場しないかなーなんて思ってる私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

運動会延期決定

 今日の夕方、運動会の延期が決定しました。
 これってめずらしいことです。そもそも、本来は明日(当日)朝6時に決めることでした。

 しかし、天気予報では明日雨、明後日晴れ、ということになっています。その根拠となる天気図はそれを雄弁に物語る根拠を示していました。つまり前線があって、それが西から東に移動していて、その後ろから高気圧がやってくる、というものです。他に考慮しなければいけない要素(台風など)はなく、予想しやすい天気であるということが言えました。

 なので、信憑性が高い天気予報なのだから、明日を待たずに今日延期の判断した方が、地区や保護者のみなさんの都合もいいのではないかと考えられたわけです。意思決定の会議には、学校長、両教頭、公民館長、公民館体育部長、公民館事務局、自治会長、副自治会長(私)が集まりました。みなさん、ご同意でした。

 山村留学の保護者の方々にとってもよかったと思います。なんせ遠方から来られますからね。関東の東の方面で当日車で来られる方は、朝3時とかに出発される予定だったそうです。そうすると6時に「延期」なんてアナウンスしても、もうだいぶ、長野県付近まで来られてますよね。前日に延期の判断が出ると、ゆっくりできます。

 いつもこういうふうだといいのですが、予報しずらい天気の時もありますし、制度として定着するのは難しいですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

新型インフルエンザ?

 昨夜高熱を出した利用者の方がいて。世間では新型インフルエンザが流行してるし。
 夜間診療に連絡したところとにかく熱を下げるようにし、明日状況がかわらない、もしくは悪化しているようなら、最寄の医療機関に電話連絡の上、受診に行くようにと言われました。

 ちなみに新型インフルエンザが疑われる場合、解熱剤にはアセトアミノフェンの成分がはいっているものを使用するようにアドバイスいただきました。

 翌日、具合の悪い人がもうひとり増えました。同じ部屋の人で、同じ作業班だった人です。
今日、このグループのみなさんは別の場所に実習に行く予定だったのですが、それは医療機関で「新型インフルエンザではない」という結果が得られるまでストップとなりました。

 朝一番で、病院に行くことにしました。発病者は2名で、それぞれちょっとずつ症状が違ったことから、念のため別々の車で行くことにしました。1台は私、もう一台は茶が運転することになりました。もし新型インフルなら、私たちは濃厚接触者になるのでしょうが、しかし他に適切な選択肢はありませんでした。(以後の宿直体制とか考慮して、この2名にしました)

 病院では付き添いの私たちが受付をし、別室に案内されました。厳重にマスク着用の上、発病者さんふたりを別々の部屋に連れて行きます。そこで医師が来るのを待ちます。

 しばらくあって、医師が来ました。

 先に茶が引率した方を診ていただきました。こちらは症状から風邪だろうということでした。

 次に私が引率した方を診ていただきました。こちらは昨日から発熱があった方です。インフルエンザの簡易検査をしていただきました。
 結果が出るのに15分間かかるそうです。どきどきした15分間でした。
 結果は、陰性。インフルエンザではない、ということでした。

 すぐにグループ長さんに連絡しました。

 ほっとしました。スタッフ全員にもメールで一斉送信。

 一様にみな、「安心しました」と返事がありました。

 受診を待ちながら、結果を待ちながら、私が濃厚接触者になった場合の対策を考えていたのですが、それはありがたいことに無駄になりました。

 ・・・・よかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

東京学芸大学生活科実習

  昨日、今日、明日の日程で、今年も東京学芸大学の学生さんがおよそ50名、浪合に実習に来てくださいました。
 これは正規の実習で、2単位になるそうです。2泊3日で2単位がおいしい、とかつて参加の学生さんがいってました。確かに合宿参加で2単位は学生さんにとっては魅力的かもしれませんね。

 宿泊は遊楽館です。今日の活動の様子については「浪合通年合宿わくわく日記」の方に記事がでていますので、そちらを参考になさってください。

 私はコーディネーター、総括、進行役をつとめました。と同時に、30分の講義の講師と、2時間半の自然観察の講師をしました。

Photo

 30分講義では「浪合における山村留学」という題で、自然観察では「渓流における水生生物(主に昆虫)」と「秋の野草」の二本立てで行いました。「水生生物」は実際川へ行って生き物探しを童心にかえってやるところからはじめるのですが、ハイ、そこが楽しいんです!「冷たい~」とかいいながら、たっぷり30分はだしで川に入って虫取りを一生懸命してくれた学生さんたちでした。

 去年はそば打ち講師もしたのですが、今年は桜が復帰したので桜に任せました。

 日中の実習のほか、宿泊体験の支援も重要な任務です。50人の2泊3日の合宿がスムーズに行われるよう、また南信州らしい食事を提供できるよう、いつも工夫しています。

Photo_2


 初日の夕食は「ソースカツどん」でしたし、最終日の朝食は「キッチンストーブのパンでつくるホットドック」です。また実習中のおやつにはもちろんのこと「浪合のトウモロコシ」が出ます。ただただ合宿で2単位がオイシイ、ってだけでなく、それ以上に感じ、学ぶものが多い合宿になるよう、スタッフ一同、がんばっています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

日曜日は柳井先生による琴講習会・発表会もありました。

 私が新宿目指して出発する直前あたりから、なみあい遊楽館で、柳井美加奈先生による(!)、浪合琴教室のメンバーを対象とした講習会と、その成果を奏でる発表会が行われました。

 琴の第一人者による講習を受けられるなんて、ものすごい幸福ですよね。
 浪合通年合宿には3人の琴教室のメンバーがいますし、soもそのひとりです。その幸運を、噛み締めてほしいものですthink

Photo

Photo_2


 なお、浪合琴教室は、月曜日は浪合コア、水曜日は浪合通年合宿センターもしくはなみあい遊楽館で行われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

間に合わない!

 今日は東京の説明会。代々木のオリセン(国立オリンピック記念青少年総合センター)で18時30分からです。

 午前中は遊楽館であった「浪合箏教室講習会&発表会」の裏方のことなどを少々し、正午に明といっしょに出発しました。
 1時すぎには諏訪SAのモスでお茶をするなど順調に進んでいました。ところが・・・。

 小仏トンネルを先頭に渋滞。1時間程度、よけいにかかりそうです。
 ですがそもそも2時間ほど余裕をもった旅程にしてあったので、1時間の渋滞は大丈夫です。気分的にも余裕をもって渋滞に突入していったのですが・・・。

090906_15390001

 しかしながら、渋滞はだいぶ伸びていました。事故渋滞です。これをぬけるのに1時間半かかりました。

  で、ケータイで高井戸までの道路情報を見てみたら、それまでなかった新らしい渋滞が出来ているじゃないですか。夕方の交通集中くらいならなんとかなりそうだったのですが、詳細を見ると・・・またしても事故。ががーん。一気に顔がひきつります。

 この渋滞はたちまち距離を伸ばしています。あっというまに・・・2時間以上かかるという表示が。私と明、顔面、蒼白。

 私たちは今だ八王子。ここから2時間以上かかる、は開会時間到着は不可能です。

 あわてました。ええ。ほんとに。センターに電話してバックアップしてもらおうとしたのですが、・・・なんてこと、誰も出ません!(畑作業をしてくれていたそうです。タイミング悪いとこういうもんですよね)

 うちの保護者の方がすでに会場に来てくださっていたので、来られるだろうお客様に開会時間延期のお知らせをしてもらうようにお願いしました。45分遅らせて、7時15分からに設定しました。

 私たちは国立府中で高速を降り、最寄の駅を目指します。最初の駅には国道20号を右折したい車が多く、スルー。次の駅「矢川」にむかいます。幸い駅近くにコインパークがあり、そこに車を置きます。持ち込み機材がたくさんあったのですが、ふたりで持って電車に乗ることを考えると、やむを得ず置いておかなければならない機材もありました。しかしそこはすばやく決断し、駅に向かいます。

 JR南武線から京王線(準急)に乗り換え、新宿へ。新宿で小田急に乗り換えて参宮橋へ。・・・ところが時間になっても電車が出発しません。アナウンスが入ります。

「人身事故があり、ダイヤが乱れております・・・」

 なんて日だ~!!

 だけど小田急の出発は3分遅れただけ。

 どうにかこうにか、7時15分開催は死守できました。会場までダッシュできた私は1分間の呼吸整える時間をとれましたが、しかし流れる汗は止まりませんでした。けど、再度時間延長、なんてことにならずにすんで本当によかった。

それにしても、保護者の方が来てくださっていたたすかりました。

 説明会は今年もたくさんの方が来てくださり、うれしかったです。終了予定時刻より15分延長させてもらいましたが、そもそも45分遅れだったので30分割愛となってしまいました。必要なことはきっちりお伝えしたつもりですが、しかしせっかく大切な日曜日の夕方に来てくださったのに、申し訳なかったです。

 かえりは矢川駅近くのコインパークまで保護者の方に車で送っていただきました。重ね重ね、本当に感謝でした。

 それから明と交代で車を運転し、午前2時30分ころ、なんとか無事に、浪合に帰ることができました。

 ・・・・おやすみなさい・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

箏のしらべ in 伊那の里

 日本最高の琴奏者のひとり、柳井美加奈さんがメイン奏者をされる「箏のしらべ in 南信州」が今日下條村のコスモホールで行われました。

 うちの法人はこのコンサートを後援団体しており、今日は浪合琴教室のこどもたちのうち、soとセンター園生4人を車に乗せてコスモホールに行ってきました。

 私、ビデオ係を仰せつかっており、舞台にむかって右側から俯瞰するように画面におさめ一曲ごとにカメラをまわして撮影しておりました。スチール写真も幾枚か撮影しました。

Img_6103mini

 琴教室のこどもたちは、柳井さんたちの演奏に、文字通り目を丸くして驚いていました。琴の演奏の範疇を超えているような、そんな感じがする、繊細で力強い演奏でした。すでに柳井さんはジャズや西洋クラシックとのコラボをされて久しいそうですが、さもありなん、です。経済の世界でも国境は消えつつありますが、音楽の世界ではとっくのとうにないのでしょうね。

 それにしても、琴の音色の表情豊かなこと。私も驚きました。それと尺八の演奏もあったのですが、尺八のフルートにも似た音色にもびっくりしました。あんなやさしい音がでるものだとは・・・。

Img_6133mini

 日本然とした曲をイメージしていた私たちの予想は軽く凌駕、圧倒的な力量と表情の音の波におよそ2時間のコンサートはあっというまに終わったという印象です。

 これはもっと、たくさんの人に聞いてもらいたい。浪合だけでなく、阿智にもよびかけ、親子音楽観賞会とか銘打って、動員したくなります。

 この演奏を南信州で聞ける喜びを、かみしめなければなりません。はい。

 平安堂でチケットが飛ぶように売れるようになるといいのになあ、と、コンサート後チケット精算に行った平安堂新飯田店で痛感した私でした。

Img_6105mini

続きを読む "箏のしらべ in 伊那の里"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

お好み焼き

 みなさんちは家族そろっての夕食の時、メニューはなんですか?

 我が家はお好み焼きであることがとても多いです。私が関西出身だからでしょうかね。うちの親父は好きじゃないんですけどね。関東の出ですから。

 お好み焼きの基本は「じゃりん娘チエ」で学びました。

 でも、そのレシピ通り焼くことは少なくなりました。お好み焼き専用の粉が普及するようになったですからね。

 うちの家族はみんな、お好み焼きが好きです。基本、豚玉です。キャベツではなくモヤシでお好み焼きをつくる時もあります。キャベツを切る手間すらなくなるので手軽さがアップしますし、味も結構いけると思います。

 で、ビールを飲みながら歓談しながら。

 いいですね。

 ビールは、私、サッポロの黒ラベルが好きです。別にこだわっているわけじゃないですが。なんでもよく飲みますがね(笑) 第3のビールも、あのビールっぽい風味を楽しめますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

願いは天気を動かす?

 今日は浪合スポーツクラブの日です。
 昨年までは雨スポ、といわれたこのクラブ日。毎週木曜日に雨が降ったものなのです。
でも今年は違います。記録的な日照不足といわれながら木曜日は外で活動できる天気をキープしています。
 朝雨が降っていても夕方には雨がやんでるというケースもまれではないのです。

 センターの子も、地区の子も、浪スポの日をうんと楽しみにしてくれているようです。その願いが、天気を動かしているような気がしています。

 1,2年生はきんぎょ、3,4年生は私、5,6年生は茶がコーチしている浪スポ。清内路からの参加者は10名程度になってきました。平谷からも来てくれています。

 10月、11月にはまた地区の大会などにも参加していこうと思っています。スポーツの秋を、満喫したいですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

siが帰ってきました

 あっという間だった気がしましたが、今日、siが帰ってきました。
 成田からチームのみんなと岡谷までバスで来て、そこで家内が迎えました。
開口一番「にほん is the best」と言ったそうです(笑) なんとなく国際的な感じがするコメントですが、フランス語ではなく英語で、japanといわずに にほん といったところにヘタレ感が漂っていますが(笑)

 各位にお世話になって行けたフランスです。フランス人コーチに指導を受けられたことがまずよかったと言っていました。試合にも出場できた、と。主に右SHで出場したとか。FWをやったときには得点もとれたそうです。

 食事はあまり苦労しなかったようですが、初日の夕食だけはたいへんだったとか。「あれ(夕食)はね・・・なんていうか・・・粉だった」。

「粉?」・・・・なんのことだろう。シチューやグラタンが粉っぽかったというのではなく、まさに「粉」だったそうで・・・そんな料理があること私は知りません。世界は広いですねえ。もっとも、もっとよく話を聞いてやらなければと思いますが。

 最終日はパリで観光してきたそうです。セーヌ川を船で遊覧したり、ルーブル美術館に行ったり。結構ですなあ。

 写真などはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

信州ダービー 2009天皇杯長野県決勝

 8月31日は仕事の都合で中信に行きました。もちろん出発前に選挙はしてきました。
 午後は空いていたので、アルウィン(松本空港そばのスタジアム)へ。

 そこでは13時キックオフで、松本山雅対AC長野パルセイロの対戦がありました。これはいわゆる信州ダービーで、勝った方が天皇杯1回戦に進めるという大切なゲームです。

 両チームとも北信越一部リーグに所属しているものの、今年は山雅もパルセイロも一部リーグでは優勝できませんでした。ここで優勝できないと、JFL入りの道がすごく狭くなってしまいます。(他にもJFL昇格の方法はあるのですが、しかし王道としては、地域一部リーグで優勝、全国の地域優勝チーム同士がを争い勝者がJFLに入る、というものです。)JFLに入って上位にランキングしないと、J2にいくことはありません。長野にJは夢です。ほんと。

 北信越一部で優勝できなかった山雅もパルセイロは、だから天皇杯にかける意欲はなみなみならぬものがあったでしょう。しかも一発勝負のトーナメント、しかも決勝です。

 ゲームはそれを裏付けるように0-0で推移します。守備的なパルセイロに対し、柿本を中心に攻める山雅という図式。

 互いに決定的なチャンスを迎えることはあったものの、90分はスコアレスで終わります。リーグ戦なら勝ち点1をわけあうところですが、しかしこれはトーナメントの決勝戦。

 10分ハーフの延長戦に入ります。ドラマはここに待っていました。

 延長前半も中盤すぎ、パルセイロのカウンターが決まり、キーパーと一対一。山雅キーパーはこれをファウルで防ぐのが精一杯。もちろんのことPK。

 ところがこのPKをキーパーが止めます(というか、コーナーが甘かったか)。そこから山雅は高速カウンター。今度はパルセイロの最終ラインがファウルでとめざるをえません。PA直前からのFK。山雅はこれをゴール左上隅に見事に決めます。

Photo

 スタジアムはすごい盛り上がりでした。こんなおもしろいゲームを無料で見られるなんて・・・!

 試合はそのまま1-0で山雅が勝ちきり、天皇杯一回戦の切符を得ました。次戦一回戦は愛知県代表とのゲーム、それに勝てば浦和レッズと戦うことになります!!

 両方ともアルウィンでやってくれるのだから、ぜひぜひ、愛知県代表には勝ってほしい。

 でも・・・。ほんとはね。

 山雅でもパルセイロでもいいんだよ。ていうか、オール長野でいい。Jのチームが欲しい。新潟も富山も岐阜も山梨も愛知も、長野県のまわりの県は全部、Jのチームがあるのに・・・。

 信州ダービーの盛り上がりも結構だけど、Jの舞台で、長野県のチームが戦って欲しい。それを、応援したいんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »