« 恐縮です。 | トップページ | siの発熱 »

2009年4月 7日 (火)

学校給食で地産地消、農家と学校と子どもの笑顔を結べ大作戦

 てなことをいろんな人と考えています。
 今日は学校でその会議でした。校長先生、小中教頭先生、学校栄養士の先生、事務の先生、役場の方、私、農家の方数名、で構成された会議でした。
 6月末あたりから、とりあえず週1回、浪合のおいしい野菜が給食に登場、「○○さんちでとれたキャベツ!」なんて案内とともに給食を彩ります。
 学校から見れば「食育」「地域の中の学校づくり」につながることだし、浪合地区にしてみれば「コミュニティづくり」「地産地消」につながります。
 安全で、生産者と消費者の顔が見えて、おいしくて、消費者にとって安価で、生産者にとってもうれしい市場で。
 それぞれの立場が幸せになる、そんな大作戦になるといいなあと思います。

 念に1回くらいはセンターの野菜を学校給食で食べてもらえるようにしたいなあと思っています!

|

« 恐縮です。 | トップページ | siの発熱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/29019589

この記事へのトラックバック一覧です: 学校給食で地産地消、農家と学校と子どもの笑顔を結べ大作戦:

« 恐縮です。 | トップページ | siの発熱 »