« 阿智中建設委員会とほんやりさま | トップページ | 冬キャンプ写真頒布会と通年合宿説明会・名古屋編 »

2009年1月16日 (金)

百人一首

 私は百人一首が苦手である。
 いや歌そのものはきらいではない。厳密にいうと、好きな歌とそうでもない歌、どっちでもいい歌とかがあって、要するに古文音痴ではなくそれなりに鑑賞できているつもりだ。
 私が苦手なのは、カルタとりとしての百人一首なのである。
 苦手というより、やる気にならないというか、さ。
 「む」とくれば「霧立ち・・・」ときて札をパシーンとゲットするカルタ取りは、私はどうしても歌に失礼だと思ってしまうのだ。そこに共感とか鑑賞とか、ないじゃんね。
 それでいいのか?と思ってしまうわけ。

 高校のとき、百人一首を全部覚えましょうという取り組みが古文の時間にあったのだが、カルタとりと同じように機械的に全部覚えることが古文の素養向上に役立つとはどうしても思えず、まるで勉強する意欲がわかず、結果3度も追試を食らったことがある。3度目にはさすがに全部覚えてた。とはいえ、上の句と下の句を線でつなぐという問題だったからラクではあったのだが。

 ひさかたのひかりのどけきはるのひに
           しずこころなくはなのちるらむ

 を呪文のように覚えて紀友則の憂鬱によりそえるのか。

なんてね。

  
 

|

« 阿智中建設委員会とほんやりさま | トップページ | 冬キャンプ写真頒布会と通年合宿説明会・名古屋編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/27175017

この記事へのトラックバック一覧です: 百人一首:

« 阿智中建設委員会とほんやりさま | トップページ | 冬キャンプ写真頒布会と通年合宿説明会・名古屋編 »