« 異人の球譜2 西鉄ライオンズの魔術師・上 | トップページ | 朝青龍のガッツポーズ »

2009年1月31日 (土)

スキー教室インストラクターと阿智村計画審議会

 まずは昨日の話題から。
 私は茶といっしょに、浪合小学校のスキー教室のインストラクターをボランティアとしてつとめてきました。
 浪合小学校とPTAのコラボです。今までスキー教室は、全3回中1回は専門家のインストラクターによる指導、2回は教員による指導ということになっていました。教員による指導も十分なレベルではあるのですが、しかし地元はなんといってもスキー場が2個もある浪合です。スキーに堪能なおじさん、おばさん、おにいさん、おねえさんはたくさんいるわけです。で、自然体験活動のうち技術取得系の活動は、指導者ひとりあたりの受講者数が少ないほど効果があがることは当然ですから(技術習得系はなんでもそうですよね)、これはPTAも協力した方がいいだろう、ということになり、今年から指導のお手伝いをすることになったのです。子ども達も教員以外の方が来ることは楽しいことだし、学校やPTA活動の刺激にもなるし、いいことづくめですよね。この取り組みの成就には浪合小学校のご理解と浪合学校PTA塩澤地区委員長のご尽力が大きかったことを記しておきます。
 当日は飯田養護学校とのソリ交流会も行われました。
 朝集合して1時間程度のレッスンのあと、ソリ交流会(昼食含む)、午後は再び2時間程度レッスンでした。
Ca390087
 私は2班(初級)8名を受け持ちました。茶は1班(初心)のうち2名を受け持ちました。天気は曇りで、気温が下がらず、あたたかかったです。閉講式の際には強い雨がこぼれだしましたが、レッスン中は多少降ったものの、それほどではなくてよかったです。

 同日は中学生は百人一首大会が行われました。欠席者が多くてクラスマッチにはならなかったそうです。mとsiはA班(m、センターのHさん、Sくん、siの班)で激突(笑)、受験生のmは1年生のsiに敗れてしまったようです。受験生が後輩に負けてしまうのはよくあることですが、ちょっと悔しそうでしたね。まあ、浪合中学校で一番強いのは中2のSくん。圧倒的です。が、SくんはA班の読み手もしてくれたそうで、40枚くらいしかとれなかったそうです。

小中一貫はいいですね。中学で何をやっているか、小学生もわかりますから。ある程度成長した子が行く中高一貫より、いいかもしれない。中高一貫は高校受験がないメリットではありますが、小中一貫で高校受験をものともしない子を育てる方がいいような気もしますね。

 で、今日は午前半日、阿智村計画審議会に出席してきました。議会とはまた違う住民の代表が集まり、行政サイドから来年度の計画を聞いて審議する会議です。定住人口の増加と人口流出の阻止が大きな話題になっていました。それに関連した施策がいろいろと提案されていました。厳しい経済状況の中で、いい事業を計画してくれているなあというのが率直な感想です。私は新型インフルエンザの対応について、未満児保育の受け入れについて、学習支援のあり方について、学童保育のあり方について、の4点について意見を言ってきました。
 2月21日に第2回の会議があります。

 
 

|

« 異人の球譜2 西鉄ライオンズの魔術師・上 | トップページ | 朝青龍のガッツポーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/27662038

この記事へのトラックバック一覧です: スキー教室インストラクターと阿智村計画審議会:

« 異人の球譜2 西鉄ライオンズの魔術師・上 | トップページ | 朝青龍のガッツポーズ »