« チャンネル権 | トップページ | ブログネタについて »

2009年1月24日 (土)

なでしこ浪合S.C.、ガールズフットサルフェスティバルin中野へ。

いろいろまとめておきます。

私とsiの起床、5時。軽く朝食食べて、同時にクルマ暖気。出発準備、

5時35分出発。まずなっちゃんちへ。で、京ちゃんちへ。それからセンターへ。これで全員回収。センターではけんと金がお見送りをしてくれる。

飯田山本インターから中央道を北上。途中私たちの進む方向で通行止めがあるという情報が入るが、その後解除のしらせがありほっとする。みどり湖PAと小布施PAで休憩。小布施PAでは準備運動と軽くミーティング。
「まず守備から。強い気持ちで守ろう。」
と今日のコンセプト。それからスタメン発表。ひとり欠席(うちのso)で5人になったため、全員がフルタイム出場することが明白。ポジションは交代しながらやる。

中野市体育館に到着は9時10分ころ。

浪合S.C.第一試合は9時45分ころから。
対松本ウィングA。
GK ひな DFみほ 右MF京 左MFなつ FWつっきー(ポジション呼称はわかりやすいサッカー風で(笑))

前半0-3
後半0-3
計0-6

Img_2492

守備意識を高くしようとしていたが6失点。壁の高さを思い知る。技術の差は明白。それは頭ではわかっていたこと。目の当たりにすることができた緒戦。試合後、私とsiは審判当番だったため、選手だけでふりかえり。守備の約束事を確認しあったらしい。

第2試合、対トップストーンB。
GK なつ DFみほ 右MF京 左MFひな FWつっきー
なつとひなをポジションチェンジ。これは予定していたこと。このふたりのみ、GK練習をしている。

前半0-4
後半0-0
計0-4

Img_2500

連敗。無得点継続。しかし後半無失点で切り抜けられたことがうれしい。試合前に話し合った守備の約束事は後半生きてきた感じ。技術を走ることとファイトすることで補う戦いはしんどいが交代選手はいない。「技術は負けても走ることでは負けないようにしよう。フェイントかけられてもボールはひとつ、あわてないで大丈夫。しんどくて走れなくなったら?カンタン、がんばって走ろう(笑)」

先ほどと同じく、試合終了直後の試合が私とsiの審判ゲームだったため、またしても子どもたちだけでふりかえり。それと昼食。マジゲームをジャッジするのは緊張する。siもずいぶん緊張していた。

第3試合、対エリセB。
前半GKつっきー DF京 右MFみほ 左ひな FWなつ
後半GKなつ DF京 右MFみほ 左ひな FWつっきー

Img_2524

前半2-1
後半2-0
計4-1

Img_2535

学年構成、体格的に有利さがあったゲーム。しかし初勝利はうれしい。

得点・・・なつ、なつ、つっきー、みほ。

なつの1点目は開始直後に得られたもの。2試合無得点でのどから手がでるほどほしい得点が、今日初FWのなつがまさに電光石火で決めてくれた。続く得点もなつ。しかしこれがチームに油断を生む。センターサークル付近からミドルを決められ失点したのだが、そのことより楽してプレーしている様子が気に入らない。疲労はあっただろうが、しかし顔にも油断が見て取れる。ハーフタイム、「今日で一番悪いでき。スコアでは勝ってるけど、こんな調子じゃ逆転くらう。勝ちたかったら、ファイトしよう。大事なものをとりかえしてこい」と気合を入れる。

Img_2539
後半はおかげさまで無失点。そして2点を追加。みほのクロスからゴール前つっきーが落ち着いてトラップ、あわてずシュートの場面はよかった。エースみほも意地の一得点をあげ、よかったよかった。

それから茅野対ファイルのゲームを観戦し、記念撮影をして帰りました。

途中、姨捨SAで30分ほど反省会。ひとりづつ良かった点と改善したい点について話をしてもらいました。私からは、サッカーのためのサッカーに終わらせず、日常のくらしや人生のためのサッカーにしてほしいと小難しい話を少々(笑)。これはサッカーに限らず、キャンプでも登山でもスキーでも、どんな場面でも私が意識していることです。

浪合に到着したのは19時ちょうどくらいです。

来月ももう一度あります。それにむけて練習にも熱が入りそうです。

siは審判係としてつきあってくれました。アザリー飯田ジュニアユースの練習試合もあったのですが、こちらの方が先にスケジュールが入っていたとはいえ、アザリーのコーチや監督さんも「しっかりお手伝いしてきなさい」と快く送り出してくださったようで、感謝です。

ちょうど1試合分ジャッジをしたsiですが、「めちゃくちゃ緊張した~」とのこと。わかります。私も1試合分ジャッジしましたが、判定に自信が持てるように、とにかく走りました。反省点は、間接FKの際にずっと片手をあげておくのですが、それが不十分だったこと、それから4秒ルールの遵守が徹底できなかったことの2点です。

いくつかジャッジしたり、試合観戦したりして思ったのですが、女子の戦いも男子と遜色ないですね。こりゃ南信州でも発掘したらおもしろい人材がいっぱいいるのでは、なんて思いました。浪合S.C.の女子も「わたし、あの○○番(←背番号)のようになりたい!」とかそんな言葉が続出していました。

Img_2587

私も不覚にも目頭が熱くなるようなマッチアップを見れて感激したり(何かが決まるとか、そんな大層な大会じゃないんですが・・・)、とにかく収穫の多い一日でした。

Img_2614

|

« チャンネル権 | トップページ | ブログネタについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/27446000

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこ浪合S.C.、ガールズフットサルフェスティバルin中野へ。:

« チャンネル権 | トップページ | ブログネタについて »