« 京都のつどい2008 | トップページ | このトイデジはどうなの?? »

2008年12月 8日 (月)

できが違う??

 たとえばテストの成績で明らかな差がついて負けてしまったとき。
 たとえばスポーツの記録会で明らかな差がついて負けてしまったとき。

 「できが違うから」

という言葉をつかって自分をなぐさめたり、わが子をなぐさめたりすることはありませんか。

 確かに、そう思わないとやってられないことはあります。でも。

 できの差(先天的な能力の差)、よりも、努力の差、に隔たりがあることも多いです。努力不足を能力不足におきかえてしまうと、その差はさらに大きくなります。そしていずれ、後天的な能力の差として定着してしまうでしょう。

 とくにスポーツの世界で成功した人がよくいいますが、
「私には才能がなかった。だから努力した。」
という言葉があります。先日引退した元日本代表DF森岡選手もそう言っていました。

 きっと自分よりも能力が高い人をたくさん見てきたのでしょう。そんな人たち(森岡氏は「化け物じみた相手」と表現していました)と戦い、勝つための努力を彼はし続けてきたのでしょう。だから言える言葉だと思います。
 と同時に、才能にあふれた人が努力をしないがために消えていってしまった例も、彼はたくさん見てきていると思います。努力することなしに、どんな才能も光始めることはないのです。

 だから、「できが違う」なんて言葉を安易に使うべきじゃない。それはあきらめです。簡単にあきらめちゃいけない。自分のくらしを振り返れば、自分の習慣をふりかえれば、改善できるところはまだあるはずです。そこから見直してみましょうよ。

 なになに、決して捨てたモンじゃないですよ、キミも、あなたも。

|

« 京都のつどい2008 | トップページ | このトイデジはどうなの?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/26088875

この記事へのトラックバック一覧です: できが違う??:

« 京都のつどい2008 | トップページ | このトイデジはどうなの?? »