« 伊那谷環境文化ネットワーク臨時総会・理事会、忘れ物(涙)、年内最後の浪合S.C.、サッカー練習送迎、プチ忘年会 | トップページ | VISTA QUEST VQ1015 »

2008年12月19日 (金)

五平餅会と不況の嵐と心構えと

 今日は浪合通年合宿センター恒例、五平餅会を行いました。
昨年までは伊藤満先生が総指揮、という感じで行えたのですが、伊藤先生はお亡くなりになられました。しかし、伊藤先生に教わった五平餅の作り方やそのタレの作り方は生き続けています。それが確認できてよかったです。
 夕方6時30分からなみあい遊楽館で、センター生みんなとスタッフ一同が集まって行いました。2升分のお米を五平餅にしました。
 あついご飯を半殺しにし、それを板状にするのは園生みんなでやりました。ホリやもりとら中学生が一生懸命焼いてくれました。こういうのはどんどん子ども達にやらせた方がいいですね。秘伝のタレは女性職員が作ってくれました。
 おいしくできておなか一杯。いろりを囲んでの一席は楽しいですね。

 さて、不況の嵐が吹き荒れています。本ブログではなるべくその話題は(暗くなってしまうので)避けて通ってきましたが、どうやらそれも難しくなってきました。
 仲のよい人が次々不況のあおりで「仕事がない」「給料カット」などの憂き目にあっています。麻生総理大臣が財政より景気ということで大盤振る舞いのカンフル剤注入(砂漠に水を撒いているようなものじゃない?と表現した仲間がいます)を企画していますが野党も与党も右往左往(苦笑)、なんだかとほほな状況で、諸外国どんな気持ちでわが国のこの様子を見ているのでしょうか。
 国策については、まあここでは述べることを差し控え、庶民の側のスタンスで今後を考えてみたとき、明るい話題はないと決めてかかった方がいいかもしれません。
 事業所も家庭でも、収入は減ります。だったら支出を切り詰めるしかない。我慢をしいられる時間はきっと長く続くでしょう。事業所にしても、家庭にしても、ひとりひとりが高いパフォーマンスを発揮して、その上で金銭的見返りを多く求めないという姿勢が肝心になってくると思います。だってそれしか、収入減に対応する方法ってないですよね。こういう時こそ、「事業所が私のために何をしてくれるかじゃない、私が事業所のために何ができるかだ」という精神を本当に持っているかどうかが問われてくるのだと思います。家庭においては、「」の部分を「家庭」に置き換えればいいわけです。

 が。原典は、「」の中に入る言葉は「国」なんですがね。

 もとい。甘えていたら、切られます。できないことが多いと、切られます。ずるいことしても、切られます。憎まれていても、切られます。

 あなたは大丈夫ですか??

 貢献的でパフォーマンスが高く、誠実で愛すべき人材が、残るに決まっています。

 違いますか?

 

|

« 伊那谷環境文化ネットワーク臨時総会・理事会、忘れ物(涙)、年内最後の浪合S.C.、サッカー練習送迎、プチ忘年会 | トップページ | VISTA QUEST VQ1015 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/26335403

この記事へのトラックバック一覧です: 五平餅会と不況の嵐と心構えと:

« 伊那谷環境文化ネットワーク臨時総会・理事会、忘れ物(涙)、年内最後の浪合S.C.、サッカー練習送迎、プチ忘年会 | トップページ | VISTA QUEST VQ1015 »