« カメラを持ってでかけていない。 | トップページ | このお酒がうまかった。 »

2008年11月14日 (金)

海外自治体幹部研修のご一行が浪合通年合宿センターに来てくださいました。

 財団法人自治体国際化協会の事業で行われている「海外自治体幹部交流協力セミナー2008」(ロンドン事務所関係)が11月9日から19日までの日程で行われています。

12日から17日までには南信州にいます。そのうち2泊3日程度が阿智村です。で、そのうちの半日、浪合通年合宿センターの視察に来てくださいました。

 私は南信州セカンドスクール研究会小委員会委員長の立場で、歓迎レセプションから参加させていただきました。一行12名のうち11名がいわゆる「イギリス」(ウェールズなど含む)の方々で、おひとりはドイツの方です。文化政策部長さんとか事務総長さん、環境部長さんなど肩書きはまさにそうそうたるもの。(肩書きにあまり頓着しない(できない)私は、それより流暢な英語にたじたじしてました(笑)) みなさん、各国でも「地方」に相当するところでがんばっている方々で、そんなわけで、日本の山村に来られたわけです。

 そうそう、歓迎パーティは飯田のシルクホテルで行われたのですが、そこで「信濃のくに」を何人かのメンバーで歌いました。私、ひょうきんにも指揮者をかってでて、「歌いだしがイノチですから」とか偉そうに述べて(笑)、気持ちよく指揮させていただきました。そしたらね、さすが欧米人、彼らはひとりづつ、歌のお返しをしてくれるじゃないですか(全員じゃないですが)。あっぱれと思いましたねえ。私、「ジャパニーズ モスト メジャー フォークソング」とかいって、「結婚しようよ」を歌おうかと思いましたがシャイなもんでやめました。

 で、今日ですが、朝9時半から11時ころまで一行がセンター、遊楽館へ。

 とりわけ山村留学事業については興味深く話しを聞いてくださいました。もちろん私の話って、正しい(あやしい?)日本語すよ。「いつか通訳を通して話をするんだ」という中学時代のささやかな夢は、この日叶いました(笑) 通訳をお願いする時は、短いセンテンスで話すといいですね。ま、このノウハウが次いつ生きるかわかりませんが(笑)

 午後は阿智の公民館で意見交換会。私も出席してきました。少子高齢化の問題は世界的傾向で、たいへんシリアスな問題なんだということを改めて認識しました。うーん。
Ca392326

 

|

« カメラを持ってでかけていない。 | トップページ | このお酒がうまかった。 »

コメント

研修受け入れありがとうございました。皆さん貴重な思い出ができたと思います。国際的なローカルとローカルの交流により地域の力を引き出すこともまたおもしろいと思います。

投稿: むーさん | 2008年11月22日 (土) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/25346459

この記事へのトラックバック一覧です: 海外自治体幹部研修のご一行が浪合通年合宿センターに来てくださいました。:

« カメラを持ってでかけていない。 | トップページ | このお酒がうまかった。 »