« 競争がないわけない、だから準備が必要と当然思う。が。 | トップページ | 試験の準備と結果 »

2008年11月25日 (火)

さらばEOS-3。

 昨日、EOSー3を売ってきた。長年私の愛機として活躍してくれたカメラだ。
操作系はEOS1と同じで、視線入力という飛び道具を備えている。ほれてほれて購入したカメラだ。このカメラに、フジのベルビア100(100Fではない)を装填するのが私のスタイルだった。ベルビア100が出る前は、ベルビア50通称RVPが標準フィルムだった。

 だが、時代は「あっ」という間にかわった。私が浪合通年合宿センターにお世話になりはじめたころ、当時のカメラ好き所長(村教育長)との話題は「APSは35ミリフィルムカメラを凌駕するのか」だった。デジタルカメラの開発が進んでいることは承知していたし、流通に出始めた機械があることも承知していた。しかし、その後の急速な普及は、一眼デジカメの登場・普及も含め、予想できなかった。

 今年1年で、EOS-3を撮影で使用したのは1回だけである。あとは全部、EOS40D。デジカメだ。最寄の写真屋さんも、「リバーサルは時間もかかるようになったし、お金もかかるようになった」と言う。インフラが不十分になれば、ただでさえ撮影から鑑賞まで時間がかかるリバーサル派の私には、つらくなる。ベルビアの妖艶な色は未だに私の心を捉えて離さないが、しかし、デジタル写真のデータのつかいまわしのよさは大きな魅力であり、そして私の日常になってしまった。

 古女房は今でも美人でセクシーなのだが、今の彼女の方がよく気がついてテキパキ働くのだ。あー喩えが大人ですいません。

 そんなわけで、EOS-3を売った。取り扱い説明書もつけて売った。自分で売るのはしのびなかったので、家内に引導を渡してもらった。1万2千円になった。その金で、コンパクトデジカメを買わせた。コンパクトデジカメは、リコーのGRじゃないといやなのだが、それを買うほどの予算はないので、もう家内に一任した。
 家内はフジのファインピックスシリーズの何かを買ってきた。まあ、なんでもいいよ。そのテの機械を俺が使うことはないだろうから。なんちゃって。

 じつは1年も前から、売ろうかどうしようか考えていた。そのたびに、視線入力をためしたり、空シャッターを切ったりし、その視線入力装置の小気味よさを感じて、軽快なシャッター音を耳にして、ずっしりとした金属の質感を味わって、「やっぱ売れねえ」と思い直したものだ。しかし、それも昨日でおしまい。

 不思議だけど、なんだかすっきりとした気分だ。

 でもでも。しばらくはカメラケースは見たくないな。

 そこに、EOS-3は、もうないから。

|

« 競争がないわけない、だから準備が必要と当然思う。が。 | トップページ | 試験の準備と結果 »

コメント

売らなくてもいいのに…とか思ったけど、
そこはそれ、
誰にもいろんな考え方や事情があるしね。

僕が初めて買ったカメラは
MINOLTA α9000
でした。民生用一眼レフ初のオートフォーカス。
大学の写真の授業ってことで買ったんだけど、
教授からさんざん馬鹿にされたことは覚えてる(笑)。

あれから20年を超えてるんだけど、
一応、持ってる(笑)。手放しそこなった。
もちろんカメラとして動作しない「物体」だけど、
なんつーか、アンティークですね(笑)。
くさい言い方をさせてもらうなら、

☆カメラそのものに(撮ったものが)写ってるから☆

投稿: おおくぼ | 2008年11月26日 (水) 11時40分

私の場合、撮ったものは全部、心の中。


とりわけ、リバーサル時代の写真なんて散逸しちゃって(笑)

投稿: くずてつ | 2008年11月26日 (水) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/25644522

この記事へのトラックバック一覧です: さらばEOS-3。:

« 競争がないわけない、だから準備が必要と当然思う。が。 | トップページ | 試験の準備と結果 »