« 生活支援定額給付金 | トップページ | 阿智村文化祭出展 »

2008年11月 6日 (木)

跳ねたボールの行方

 日本シリーズ第5戦、読売ジャイアンツが西武ドームでライオンズを下した。

 先発はジャイアンツが上原、ライオンズが涌井。第一戦と同じエース対決である。ゲームは期待にたがわぬ投手戦になったかというと、そうではない。上原の出来がよくなかった。立ち上がりから3連打、ゲッツー崩れの間に先制点を奪われる。
 一方の涌井はせっかく先制点を得たのに、2回表、阿部に一発を許し、同点とされる。勝った方が日本一に王手というゲーム、ナーバスになるな、という方が無理か。
 ゲームは静かに伏線を張る。3回の表から、ライオンズのキャッチャーは細川に代えて銀仁郎。細川は直前の攻撃の際、スライディングで肩を痛めてしまったらしい。
 3回の裏にライオンズは相手エラーを足がかりに1点を奪い再びリード。しかし2死満塁で銀仁郎が空振り三振に終わり追加点が奪えない。なお上原はこの回でマウンドを降りた。

 その後はジャイアンツが小刻みな継投策で、ライオンズは涌井の好投でスコアボードに0を刻んでゆくのだが、ゲームが大きく動いたのは7回の表だった。

 3番小笠原から始まるこの攻撃、ジャイアンツが1死から5連打で4点を涌井から奪う。これは、ただ事ではない。ラミレスや阿部はともかく、亀井や脇谷、坂本といった今シリーズで当時2割に満たない打者がよく打った、という言い方はできる。しかしこのビッグイニングをつくったのは、ラミレスの快走と、それから西武ドームのセカンドベースだ。

 1死からラミレスが右バッターボックスに入る。正直私は、涌井はこのラミレスを抑えると思っていた。少なくとも長打はないと。ラミレスにはやや、落ち着きがなかった。

 涌井が投じた6球目。アウトコース低めにきたカットボールを、ラミレスは体勢を崩しながら打つ。腕力だけで打った打球は、センター前に抜けようとした。いや、もしかすると回り込んでいたセカンド平尾が捌いていたかもしれない。ところがラミレスの打球はセカンドベースにあたって大きくはねあがり、右中間まで飛んでゆく。それを見たラミレス、猛然と走って2塁を陥れる。ラミレスにただのシングルなら上出来だったかもしれないが、ここで得点圏まで走られるのは痛い。それにしても長い間野球を見ているが、ベースに当たってあれだけ跳ね上がった打球を私はまだ見たことがなかった。

 続く阿部。彼は2回に本塁打を打っている。ラミレスの奇跡的なイレギュラーの後でもあるし、私ならここは勝負を避けて、くさいトコ狙いの四球でOKとするところだ。後の打者は、こういっちゃあなんだが涌井にとっては大したことない。だがここで西武バッテリーは勝負に出た。まっすぐ2球を外角高めに投じてツーボール。次にチェンジアップを投げる。この打席を勝負の場とした球だ。ボールはアウトコースのベルトの高さ。阿部は強引にひっぱり、打球は一二塁間へ。どちらかというとミスショットだったかもしれない。だが二塁にランナーがいたため、一二塁間は大きく開いていた。阿部もそのところを見越してのバッティングだったのだろう。果たしてボールは差し出したグラブの先をころがりぬけ、ライトに達する。ラミレスが再びの激走を見せ、ホームイン。ジャイアンツ同点。

 その後、火のついたジャイアンツ打線を西武バッテリーは封じ込めることができず、あれよあれよの間に4点を奪われる。当然のことながら、ゲーム終盤での大量失点は試合の決着を引き寄せる。このゲームも終わってみれば西武3-7読売と、中盤までの接戦が嘘のようなスコアで終了した。

 振り返れば、負傷した細川に代わって若い銀仁郎がマスクをかぶらざるを得なかったという点が、あの大量失点の遠因になっていたような気がする。阿部の場面、やはり勝負を仕掛ける必要はなかったのではないか。歩かせて1死一二塁という状況を作り、ゲッツーで切り抜けるということでよかったはずである。

 それにしてもだ。落ち着きのないラミレスが上半身だけで打った打球が、あんなに大きくイレギュラーしてしまうとは。あの場面から、勝負の波は大きくうねり始めた。あの打球の跳ねた先が、ジャイアンツの逆転勝利を暗示していたか。それをぐっと手繰り寄せたのはラミレスの激走であることは間違いなかろう。

 2008年日本シリーズは、ジャイアンツが日本一に王手をかけ、舞台は東京ドームに移る。7回を投げた涌井にもう出番はないのか。3回で退いた上原にリベンジはあるか。負傷した中島、また細川はグランドに戻ってこれるのか。

 いずれにせよ、いよいよ大詰めだ。

|

« 生活支援定額給付金 | トップページ | 阿智村文化祭出展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生活支援定額給付金 | トップページ | 阿智村文化祭出展 »