« ヤマハスタジアム | トップページ | 阿智村PTA会長連絡会 »

2008年10月15日 (水)

ビデオ取材と「ふるさと子ども夢学校」

 財団法人都市農山漁村交流活性化機構(通称 まちむら交流きこう)が、子ども農山漁村交流プロジェクトを推進するための普及ビデオの作成をするそうです。
 それで、番組制作会社が先日より南信州で長期宿泊体験をしている横浜市の緑園東小学校に同行取材しています。
 私は南信州セカンドスクール研究会研究小委員会委員長、の立場で2回取材していただきました。
 一度目は阿南少年自然の家で、二度目は飯田市の三和農園でです。
 少しでもこの事業の普及に役立つことができれば、と思うのですが、さて。
 いざビデオカメラを前にすると、なんかてんぱっちゃいますね(笑)
 あとで「ああいえばよかった」「こういえばよかった」と1人反省会してます。。
 なお、まちむら交流きこうのwebサイトで子ども農山漁村交流プロジェクトについて簡潔にまとめてあるページがあるので紹介します。ここです。
 あと、まちむら交流きこうでは、このプロジェクトの愛称を「ふるさと子ども夢学校」にしたと発表がありました。ここです。
 なんかこのネーミングには賛否ありそうですね。「子どもゆめ基金」と関連ありそうな気もさせちゃうかも。
 農村のくらしは夢じゃない、厳しい本当の現実なんだ、という声とか、事前学習も事後学習もきっちりするのに「夢学校」ってなんか違和感・・・・って教育関係者もいそう。
 南信州セカンドスクール研究会がこの愛称とどのようにお付き合いさせていただくかは、またみなさんの意見をお伺いするなかで決まっていくことでしょうかね。

|

« ヤマハスタジアム | トップページ | 阿智村PTA会長連絡会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/24600654

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオ取材と「ふるさと子ども夢学校」:

« ヤマハスタジアム | トップページ | 阿智村PTA会長連絡会 »