« 畑の作物 | トップページ | 阿南町での説明会と鹿島アントラーズ戦 »

2008年7月15日 (火)

反町監督の決断と、10のポイント

サッカーの話題。

オリンピック北京大会のU-23サッカー代表選手の発表があった。

平山がいなかったのはともなく・・・中山がいなかったのもともかく・・・

たとえば柏木がいなかった。両青山もいなかった。

OA枠で遠藤と大久保を呼べなかったこともこの選考には影響を与えたらしい。確かに私も若いチームを指揮する遠藤を見たかった。大久保は「え?あいつやんちゃすぎない?」って思ったが。(だから「寿人にしなよ」とも思ってた(笑))  が、しかしチーム事情とか健康問題でふたりとも呼べなかった。

で、反町監督もさんざん考えた末、彼らははずれた。決断はくだったわけだ。オリンピックはワールドカップと違い、23歳以下でないと(OA枠以外では)選ばれることはない。そういう意味では「次」はまずないのだ。そう考えると、はずされた若者たちは、さぞかし無念だろう。だが、戦いはぬるいものではない。監督が厳しい決断を続け、選手が最高のパフォーマンスを続けたとき、勝利が見えるか、どうか、なのだ。

とにかく期待し、応援する。

はずされた若者よ。がんば。バネにするしかないじゃん。前むこう!

・・・ところで、反町監督が選手を選抜する際に大切にしていた10個の項目が公表されてたので、以下にコピペしておきます。サッカーだけじゃない、いろんな競技、いや、人生そのものに、参考になるかもね。

<反町監督の挙げた選考ポイント>(1)日常生活の姿勢 (2)メンタリティー (3)団結心 (4)スペシャリティー (5)フレキシビリティー (6)ケガに強い (7)戦術理解度 (8)フィジカル、パワー (9)ゲームフィーリング (10)伸びしろ

|

« 畑の作物 | トップページ | 阿南町での説明会と鹿島アントラーズ戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/22306992

この記事へのトラックバック一覧です: 反町監督の決断と、10のポイント:

« 畑の作物 | トップページ | 阿南町での説明会と鹿島アントラーズ戦 »