« 南信大会と期末試験と | トップページ | 八ヶ岳アドベンチャーキャンプ参加者募集と浪合煙火大会のご寄付のお願い »

2008年6月28日 (土)

mの団体戦南信大会と、siの諏訪FCとの練習試合

 今日はお休みだったので(?)、朝早く起きてmが南信大会に出かけるのを見送りました。伊那まで行くmです。県大会出場の切符を持って帰ってきて欲しいところ。

 で、次にsi。座光寺グランドで諏訪FCとの練習試合があるってんで、送迎がてら一日つきあいました。
 3年生同士、2年生同士、1年生同士の対戦でした。

 3年生、2年生の試合はちらちら見ながら車の中で仕事してました。パソコン持込でぱちぱち野暮仕事を片付けていたわけです。

 で、1年生の試合はグランド近くに寄って観戦しました。

 先週の月曜日、トレセンの練習時に右足をひねったsiは、今日は「大丈夫」とか言っていましたが、さて。

 トップ下でスタメンのsi。右サイドにR、左サイドにU大、FWにTBくんがいます。CBにはてっちゃん。Jはボランチでした。
 ここしばらくの課題は、ポゼッション。ボールをもらったら縦に急ぐのではなく、横にまわして相手を動かし、チャンスを伺う動きをチームに浸透させようということでしょうか。
 ただ、5号球がまだ重いのか、1年生には長いパスは出しづらく、ゴールに向う動きをするため前に体重がのっていることもあって、横パスは思うように出せないようでした。
 で、ラインは互いに上げるため、中盤はかなりの密集となります。馴れない横パスを意識すると動きがゆるくなるので、そこに相手のアプローチがきます。と、ますますそこに密集。窮屈なサッカーになってしまいます。
 で、それじゃやだってんで前にボーン。前線のスピードとか体格勝負のサッカーがそこに出現。しかしそれは今のチームが目指しているサッカーじゃないんですよね。
 ジツは相手も同じようなカンジで・・・。ただ、前にボーンで抜け出されても、てっちゃんはじめDF陣がそのピンチはほぼ完璧に抑えてくれました。少々抜かれても、追いついちゃえるんですよね。ゴールにボールを入れなければならないFWと、それ以外ならだいたいOKのDF。追いつけたらこっちのもんです。
 左サイドのTBくんはキープに優れ、やすやすとはボールを奪われません。
 右サイドのRくんは中に絞って決定機を創出。また長い距離を蹴れるキック力も魅力でした。
 さて、中央。Jくんは果敢にボールに絡み、重心の低いドリブルで活路を見出そうと奮闘しています。siは球離れのよさと視野の広さを発揮し、前線へのスルーパスを虎視眈々と狙っていました。
 決定機は前半に2回、後半に2回、それぞれパスでつくれたように見えましたが、オフサイドだったり決めきれなかったり。ま、そこはよかったんですが、とりわけ後半から運動量が激減、足を引きずり初めていたので、どうやら患部がまた痛み出したみたいです。
 得点はRくん、TBくんの両サイドハーフが中に絞ったことから生まれたポジショニングの妙でそれぞれが挙げました。そうそう、Rくんのドリブル突破からの得点が先制だったような。スコアは3-1。
 午後、もう一試合あったのですが、siは大事をとって欠場。ま、仕方ないかな。でもあっちが痛い、こっちが痛いはよそうぜ。ケガに強い選手になってくださいな。

 ところで、m。

 初戦は勝ったのですが、2回戦で上伊那1位の長谷中と激突。ここで力尽き、県大会出場の夢は途切れてしまいました。あと一つだったんだがなあ。

 しかし、まだ個人戦が残ってる。がんばれ。上へ行こう。まだ、終わらせるな、中3の戦いを!

|

« 南信大会と期末試験と | トップページ | 八ヶ岳アドベンチャーキャンプ参加者募集と浪合煙火大会のご寄付のお願い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/21993110

この記事へのトラックバック一覧です: mの団体戦南信大会と、siの諏訪FCとの練習試合:

« 南信大会と期末試験と | トップページ | 八ヶ岳アドベンチャーキャンプ参加者募集と浪合煙火大会のご寄付のお願い »