« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

八ヶ岳アドベンチャーキャンプ参加者募集と浪合煙火大会のご寄付のお願い

ええと、浪合通年合宿センターわくわく日記にもありますが、

八ヶ岳アドベンチャーキャンプの募集です。

こちら をごらんくださいね。

それと、浪合夏祭り煙火大会のご寄付のお願いです。

こちら をごらんくださいね。

今日は朝から浪合は雨。沈殿していた午前中ですが、

午後は夕方から体育館に遊びに園生が大挙いきまして、帰ってきたときの爽やかそうな顔ときたら!やっぱ1日2時間程度のスポーツは、必要!かもしれませんね。

それと今日から10日間ほど、研修生ということで、シンちゃんがきました。23歳男子です。静岡大学の探検部に所属していたこともある青年で、野外活動もパソコンもできるという彼。園生と早速コミュニケーションを深めてくれていました。身長184センチ、高校の時は水泳選手だったそうで、いいカラダしてます。

別にうらやましいとか思ってませんよ 笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

mの団体戦南信大会と、siの諏訪FCとの練習試合

 今日はお休みだったので(?)、朝早く起きてmが南信大会に出かけるのを見送りました。伊那まで行くmです。県大会出場の切符を持って帰ってきて欲しいところ。

 で、次にsi。座光寺グランドで諏訪FCとの練習試合があるってんで、送迎がてら一日つきあいました。
 3年生同士、2年生同士、1年生同士の対戦でした。

 3年生、2年生の試合はちらちら見ながら車の中で仕事してました。パソコン持込でぱちぱち野暮仕事を片付けていたわけです。

 で、1年生の試合はグランド近くに寄って観戦しました。

 先週の月曜日、トレセンの練習時に右足をひねったsiは、今日は「大丈夫」とか言っていましたが、さて。

 トップ下でスタメンのsi。右サイドにR、左サイドにU大、FWにTBくんがいます。CBにはてっちゃん。Jはボランチでした。
 ここしばらくの課題は、ポゼッション。ボールをもらったら縦に急ぐのではなく、横にまわして相手を動かし、チャンスを伺う動きをチームに浸透させようということでしょうか。
 ただ、5号球がまだ重いのか、1年生には長いパスは出しづらく、ゴールに向う動きをするため前に体重がのっていることもあって、横パスは思うように出せないようでした。
 で、ラインは互いに上げるため、中盤はかなりの密集となります。馴れない横パスを意識すると動きがゆるくなるので、そこに相手のアプローチがきます。と、ますますそこに密集。窮屈なサッカーになってしまいます。
 で、それじゃやだってんで前にボーン。前線のスピードとか体格勝負のサッカーがそこに出現。しかしそれは今のチームが目指しているサッカーじゃないんですよね。
 ジツは相手も同じようなカンジで・・・。ただ、前にボーンで抜け出されても、てっちゃんはじめDF陣がそのピンチはほぼ完璧に抑えてくれました。少々抜かれても、追いついちゃえるんですよね。ゴールにボールを入れなければならないFWと、それ以外ならだいたいOKのDF。追いつけたらこっちのもんです。
 左サイドのTBくんはキープに優れ、やすやすとはボールを奪われません。
 右サイドのRくんは中に絞って決定機を創出。また長い距離を蹴れるキック力も魅力でした。
 さて、中央。Jくんは果敢にボールに絡み、重心の低いドリブルで活路を見出そうと奮闘しています。siは球離れのよさと視野の広さを発揮し、前線へのスルーパスを虎視眈々と狙っていました。
 決定機は前半に2回、後半に2回、それぞれパスでつくれたように見えましたが、オフサイドだったり決めきれなかったり。ま、そこはよかったんですが、とりわけ後半から運動量が激減、足を引きずり初めていたので、どうやら患部がまた痛み出したみたいです。
 得点はRくん、TBくんの両サイドハーフが中に絞ったことから生まれたポジショニングの妙でそれぞれが挙げました。そうそう、Rくんのドリブル突破からの得点が先制だったような。スコアは3-1。
 午後、もう一試合あったのですが、siは大事をとって欠場。ま、仕方ないかな。でもあっちが痛い、こっちが痛いはよそうぜ。ケガに強い選手になってくださいな。

 ところで、m。

 初戦は勝ったのですが、2回戦で上伊那1位の長谷中と激突。ここで力尽き、県大会出場の夢は途切れてしまいました。あと一つだったんだがなあ。

 しかし、まだ個人戦が残ってる。がんばれ。上へ行こう。まだ、終わらせるな、中3の戦いを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

南信大会と期末試験と

 今週末は中体連のソフトテニス南信大会です。がんばってほしいものです。

センター生のはーちんもほりも、それからmも県大会出場の切符を目指してがんばっています。

 が、7月1日には1学期期末試験があります。すげーハードスケジュールです。だんどりで私言いました。「大会前だが、勉強も大事。いつもの大会前なら早く寝なさいというが、今日は違う。期末試験の結果は人生を左右することもある。寝ないでがんばれ」と。

 学業と部活の両立はたいへんですが、とにかく、悔いの残らないように精一杯が大事です。

 さて、明日はJリーグ中断期間があけ、リーグ戦が再開する日。京都サンガはフェルナンジーニョ、水本といった一線級を補強、上昇気流に乗りたいところですが、さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

溶連菌感染症と参観日インパクト

 今、センターで流行しちゃってます。
 溶連菌感染症とは、こんな 病気です。
伝染する病気なので、これにかかると出席停止になります。
お医者さんに登校許可証をもらわないと登校できません。

症状をかいつまんでいうと、
1.だるくなる。
2.熱が出る。かなりのスピードで相当高くなる。38度以上。
3.喉が痛くなる。
ここまで6~12時間。

で、たいていの場合の経過は
1.風邪を疑う。
2.早いペースで37度後半から38度になると、病院へ行く。
3.喉の炎症部分から粘膜をとり、検査。溶連菌感染症だとわかる。
4.解熱剤と抗生物質を処方される。
5.隔離処置をする。寂しいけどごめんね。
6.解熱剤を飲む。2時間~で熱が下がる。翌日になるとだいたい平熱に戻る。
7.平熱になったら解熱剤は飲まない。抗生物質を飲み始めて24時間すれば感染力はなくなるので隔離処置は終了。
8.48時間後をめどに病院へ。そしたら通例登校許可証をもらえる。そのまま学校へ。
9.抗生物質は食後のたびに飲む。これは熱が下がっても続ける。合併症を防ぐため。一番有名な合併症は腎炎。これはやっかい。1週間くらいは抗生物質を飲み続ける。
10.抗生物質は出せれた分はすべて飲みきる。
てな感じ。

一般に、家族の中で発症した子がいた場合、
兄弟で50%、両親で20%がすでに感染しており、感染者の50~80%が発病するということらしい。

てことは、溶連菌感染症の子が出た場合、園生が発病するリスクは
0.5×0.5=0.25 ~ 0.5×0.8=0.4
つまり25~40%の確率であるってことですね。

てことは、ひとり感染してたとすると、
(14-1)×0.25=3.25 ~ (14-1)×0.4=5.2
残り13人の中の3~5人は発病しちゃってもおかしくないってことです。

計算式、あってますよね? 笑

さて、問題はここから。

溶連菌感染症は小学生の参観日の後から流行を見せました。
ひな、てっつー、ひろみが発病しました。ついでに、私もです。
この10日あまりの間に4人です。
たまたまかもしれません。小学校の某先生が高熱で学校を休まれたということも事前にあったようですから、それとの関連なのかもしれませんし、違うかもしれません。

でも。
参観日の後に風邪やインフルエンザ、溶連菌感染症などが流行ることは、ジツはセンターではめずらしくないんです。これを私は参観日インパクトと(勝手に)呼んでいます。

人がたくさん集まるところですから、それは仕方ないことなのかもしれません。

しかし。
参観日の際には、自分がウィルスなり細菌なりを運ぶことになるかもしれない、ということを自覚していただき、注意深くなってもらうよう促すことの必要性を感じています

たとえば麻疹。たとえばインフルエンザ。センターは一個の家族みたいな暮らし方をしていますし、学校もそうです。不用意な面会が、浪合での猛烈な流行のたねになってしまうこともあるんです。苦しむのはわが子とは限りません。たくさんの子が苦しむハメになってしまうかもしれないんです。そうしたいって思っている人なんていませんよね。

このことはまたセンター日記にも日を改めて書かせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

子連れ登記

 今日、しょうちゃん(1才)といっしょに法務局に行ってきました。
 しょうちゃんはうちの総務部長(笑)、金の息子さんです。うちは子連れ出勤ありにしていますからしょうちゃんはセンターにやってきて愛想を振りまきながらときどき大暴れしています(笑)

 総務部長の金はいろいろとやることがあって、しょうちゃんのことを構ってやることが難しいときもあります。そんな時はおんぶできる職員がしてやったり(以外と男子職員がやりたがる)しています。

 昨日は私が法務局へ行くことになっていたので、お昼寝からさめたしょうちゃんを連れて、登記書類を持って、法務局へ行ったわけです。ほかに買い物もあったので、往復3時間ほど、しょうちゃんといっしょでした。

 法務局でのしょうちゃんは、異質な存在でしたね(笑) 法務局の下はハローワークです。私もいつお世話になるかわかりませんが、ハローワークの前でも異質でしたね(笑) ちょいと暗いんですよ、だいたい、この建物。でも、しょうちゃんのまわりだけ、明るい感じがしましたね。そういう意味で異質。でもこの異質さは、ジツは本質じゃないのかな。子どもがいるって、小さい子どもがいるって、いいことです。

夜はPTA本部役員会がありました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

週刊ジャズコレクション

 ディアゴスティーニにはときどきお世話になるのですが、今回もおつきあいさせてもらおうかと思っています。
 週刊ジャズコレクション。

 いえ、ジャズファンってわけじゃなかったんです。ていうか、ジャズってお洒落な感じだけど、よくわかんない。
 いわゆるクラシックは好きでよく聞いたものですし、コンサートにも行きました。
 でも、ジャズは・・・うーん・・・だったんですよね。
 その自由さがよくわからなかった。

 けど、わかんないままじゃ悔しくなってきた(笑)

 なので、お世話になることにしたんですhappy01

 今、私の車は、オスカー ピーターソンのピアノが鳴り響いています。
 フライ ミー トゥー ザ ムーンがかっこいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

たいへんな毎日

 siのサッカーの送り迎えが週4~5。
 soのスイミングの送り迎えが週2。琴が1。
 私の宿直が週1~2で、遅番が1~2。つまり2~4は夕方から夜にかけて家にはいない。
家内の宿直が週1、遅番が週1。つまり2は夕方から夜にかけて家にはいない。
 このごろ、私と家内がそろって宿直というのがないので、最小3~最大6は家にどちらかしかいない。
 で、ほぼ毎日子どもの習い事の送り迎えがある。
 送迎っていっても、琴とスイミング以外はみんな飯田あるいはそれ以北まで行く必要があるので、いちいち浪合まで帰って来れず、6時から10時まで出っ放しってこともある。
 そうするとその間、mがひとりで留守番しながら受験勉強ってことになる。
 中3だからいいと人はいう。でもそういうものではないことを私は知っている。
 mが特別じゃない。人はひとりの時間が多くていい、なんてことはないのだ。

 食事をそろって食べることはできず、留守番のmには負担かけっぱなし。
・・・・悪いなあ、m。

 で、自治会の会議、PTAの会議、残業、宿題仕事・・・だってある。

 家庭の空洞化が進みそうでどうしましょsweat02

 


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

今日は中学校参観日

 今日は中学校の参観日。
 私とえつででかけました。ちなみに家内は保育園勤務が1日になったたので参観は不参加です。いつもは半日なのにね。こんなときばっかり気の毒です。家内は保育園勤務をはじめ、センターの仕事も兼務(主に宿直、遅番要員)、保育園を半日して、夕方からセンターってこともあります。また忙しい時期になると、保育園が休みの日はもうほとんどセンターだったりで休みなくなります。siのサッカーの送迎やsoのスイミングの送迎も休めないし・・決して仲がいい夫婦ではないですが、目の前でくたびれている人を見るのはなんとなくしのびなく、甲斐性のない自分がほんと不甲斐なく思えたりします。

 で、中3のmは国語、中1のsiは理科でした。私、はしごして見てました。
 中3では同一事件の新聞記事の読み比べを、中1では水中微生物の観察をしていました。Ca392158
Ca392157

 

Ca292155_2
なお、3枚目の写真は、顕微鏡にケータイのカメラをくっつけ、撮影したものです。ミジンコです。なんとか写ったので感動でした(笑)

それから中1、中2が7月中旬に行く隠岐の島体験交流旅行の説明会を聞きました。この事業は今年で最後になるそうです。隠岐との交流はずっと続いていたのですが、先方の交流校・布施中学校(全校11名)も統合でなくなってしまうそうなのです。浪合中も23年度統合ですしね。。。こうなりゃ、NPOのうちが事業をなんとか(勝手に)受け継いじゃおうか、とか思っているわけですがこれはまだ内緒。

 それから中1の懇談会に参加。で、個人懇談をいくつかして遅番勤務して今日は終了。
 帰りに遊楽館によって、同級生の保護者のみなさんと一杯やろうかと思ったのですが、遅くなりすぎ(23:50)、実現できませんでした。ごめんなさいcrying

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

長野大学特別講義と阿智PTA連合会

 もう苦しくってしょうがなかった夜があけて、苦しみも半ばなりけりの朝をむかえた。
体温をはかると、37.4度。これなら、動けない体じゃない。てか、普通なら休みたいところだが、今日の予定ははずせない。

 なので、パソコンの前にすわり、特別講義の資料をバババとデータフォルダからかき集め(この特別講義はもう5年くらいしているので、多少の蓄積はある)たり参考図書をかき集めて荷造りをした。それからウィダーインゼリーとポカリスエットと解熱剤を持って車に乗り込む。

 長野大学まではおよそ3時間。山本インターから中央道にのり、松本インターで降りて(ちなみにこの距離だとETCの割引<通勤割引>は適用されなかった・・・距離は100.4キロsweat02。帰りは松本インターから飯田インターで降りたのだが、それならOKだった。これまたちなみに、この割引は時間帯的に平日割引となり、30パーセントオフだった。社会実験も含め、何かと割引があるETCはほんとにおトクだと思う)、三才山トンネルを越えて、鹿教湯温泉越えて、そして上田入り。

 中島先生とお会いして、それから特別講義にのぞみました。「キャンピング」という名称の講義です。実習受け入れ施設側のオリエンテーションという性格も含まれている講義です。

 10時半から12時までの90分、小さめの教室はぎっしり学生さんで埋まってて、あっというまに時間は過ぎてしまいました。最近90分が短く感じる私です。年ですか?ああそうですか。

 で、恒例の長野大学学食でのランチタイム。今日は味噌ラーメンをいただきました。

 車飛ばして浪合S.C.のトレーニングに間に合うように帰りました。途中、コンビニにより、休憩のお茶を買った際、「金色のガッシュ」の最終巻があったのでついでに買いました。この作品、10巻まではものすごく面白くて買っていたのですが、それ以降はなんだかなーとなってしまい、読むことをやめちゃったんです。でも最終巻は見届けてやるか、なんて思いましてね(笑)

 浪合S.C.では来週の試合に向けてのトレーニングをがんばりました。3,4年生チームには今までいいかげんになってたオフサイドルールを教えました。

 で、夕方6時半からは阿智村PTA連合会の連絡会議。夏休みを前にしての意見交換会です。で、その後は懇親会。阿智村昼神温泉の鶴巻荘が会場でした。

 はっきりいって。

 大人数の飲み会はつらかったです(笑) 病み上がりの身としては。

 で(笑) その後、浪合の副会長さん(息子の同級生のお父さん)と焼き鳥屋でいっぱいひっかけたのですが、それは楽しかったですgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

くるしみあえいだ夜

朝から、寒い気がしていたのだが、打ち合わせとか原稿下記とか業者への問い合わせとかで忙しく、なんとかまぎらわしていたのだが、お昼には38.4度になってた私。
なんとかミーティングはがんばったのだが、その後39度を突破。
夜も会がひとつあったのだが、そいつはご破算にして家で寝込みました。
夜中には39、6度。
明日は長野大学に特別講義に行くわけなのだが、果たしていけるか・・・。
でも、私って、高熱は出るけど、ケロっと下がるタイプでもある。
もしかしたらいけるかな、いや、いかないと迷惑かけるよな、
とか思いながら布団の中で四苦八苦。

関節という関節が痛く、立ち上がってトイレに行くのも億劫。
夕方お医者に行ってもらった解熱剤は・・・効いてる様子なし。まいったな。

そんな時、家内からメールが。

1年生のsiがアザリー飯田ジュニアユースの2,3年生チームの練習試合に帯同することになった、だそうな。
1年生チームからは5人選ぶと数日前に公布があり、「siじゃないよ」とやや弱気発言をしていたsiだったのだが(実際、直前練習の際、siは1年チームだった)、なんとか2,3年チームにいれてもらえたようだ。

21日は中津川でFCジーベックと練習試合で対戦。精一杯、わくわくできるサッカーを展開してもらいたいものだな、父としてはさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

スタンド バイ ミー

 あいかわらず、ギターを弾いて騒音を発している私ですが、
最近のお気に入りの曲は「スタンド バイ ミー」。

 前奏からサビまでコードの変化はそれほどありませんが、その分右手の刻みで曲の印象がずいぶん変わってきます。

 ややあらっぽいくらいのストロークがいいですね。固めのピックで、乱暴っぽく。時にリズムをはずしたりなんかして。

 そんなスタンド バイ ミーは、大切な誰かのために、歌いたい歌です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

耳鼻科受診ツアーと参観日と佐藤寿人

 今日は中学生はお休み。中体連の振り替え休日です。
で、これ幸いと学校の耳鼻科検診でチェックを受けた子どもたちを連れて、耳鼻科受診ツアーにでかけました。
 園生3人と、mとsiの合計5人です。
 お昼からは小学校の授業参観なので、早く帰ってくる必要があり、5人の大所帯ってこともあって、8時すぎには出発したのですが、お医者さんについたときにはもう駐車場は満タンでしたdown
 でもま、10時半には受診は終了したかな。それから参観日に来る小学生の保護者の方を迎えて、浪合通年合宿センターに戻りました。

 お昼はえつが作ってくれたナスとトマトソースのパスタです。ゆであがったパスタにオリーブオイルをつけて、そのソースをかける・・・絶品でした。

 そうそう、昨夜は宿直だったのですが、私が夕飯当番で、主食にはフランスパンがあったものですから、それにオリーブオイルをつけて食べるのもおいしかったです。ちなみに昨夜の主菜は「鶏ムネ肉ステーキのバジルソルトがけ と カリフラワーのマスタードソースがけ」でした。バジルソルトにはチリペッパーとブラックペッパーも少々まぜて、やや刺激的でかなり香ばしい味になりましたよ。バジル、いいですねえ。私大好きです。ちなみに塩は、塩分1/2の「やさ塩」ですcoldsweats01

 午後は参観日。私もでかけてきました。教頭先生と打ち合わせしたり、養護の先生と打ち合わせしたりあれしてこれして。意外に学校にいると忙しいものです(笑)

080616_14110001

 やぼ用をすましてセンターにもどり、すでに帰ってきているこどもたちと庭サッカー。そうsこうしてると琴の先生が来て、センターに琴の音が響き始めます。

 5時ころからセンター保護者懇談会を行い、わずか20分程度でしたが私がばばばばばと話しつづけ、失礼しましたsweat02

 そんなこんなの一日でしたが、最後にいいニュースが!

 佐藤寿人(サンフレッチェ広島)が日本代表に選出されました!かつては日本代表の常連だった佐藤寿人も、広島がJ2に降格してからは一度も呼ばれていませんでした。
 このまま呼ばれないかもしれない・・・そんな不安を、ほかならぬ本人が一番感じていたのかもしれません。
 けど、寿人は広島がJ2に落ちても、「落ちたのは選手の責任だから」とJ1のほかのチームに移籍することをしなかった。降格が決まってしまったゲームの直後、容赦ないブーイングを浴びせかけるサポにむかって、真剣な表情とまっすぐな瞳で、「1年でJ1に戻ろう、おれも戦う」と叫びながら繰り返し繰り返し宣言した男。
 「J2だと日本代表に選ばれなくなるのでは?」の声に、「難しいと思います。でももし(J2から)呼ばれたら、そのインパクトは大きい。選ばれるよう、がんばります」と答えたさわやかな男。そして前向きな野心を抱く男。
 当然のように今季キャプテンを任された佐藤寿人が、「サンフレッチェ広島を代表して」、サムライブルーのユニをまとい、日の丸をつけて戦う。
 寿人が意地のゴールを決めて、アジア3次予選バーレーンへの雪辱を果たし、リーグ首位を奪いとってほしいものだ。

 がんばれ、寿人!00034421t

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

横浜市副市長さんと懇談、宮城地震、中体連団体戦とアザリー飯田ジュニアユーストレーニング見学

午前中はセンターおよび遊楽館に横浜市の副市長の阿部守一さんが視察に来られたのでその対応をしました。
阿部さんってどんな方かについては、はご自身が長野県の副知事になられたときのあいさつ文で経歴を紹介されているので、そこからの引用で恐縮ですが、以下掲載させていただきます。
「まずは自治省以外での勤務です。最初に赴任した山口県では地方行財政の文字通りイロハをOJTで学ばせていただき、国土庁震災対策課では全島民が島外避難 をした伊豆大島噴火の応急対策に従事しました。岩手県では市町村合併の支援に頭を悩ませ、市町村職員中央研修所では教授として全国の市町村職員の研修を コーディネートしました。神奈川県では福祉政策の推進や市町村の行政改革の後押しをし、愛媛県では現職知事に選挙でノーを突きつけた県民が期待する県民の ための県政の実現やNPOとの連携に努めました。自治省での勤務としては、企画室でふるさと創生1億円事業に携わり、公営企業課では水道、地下鉄、ごみ発 電など全国の公営企業に対する様々な財政支援措置を講じました。また、公務員部では地方公共団体の人材育成に関する基本的な指針を取りまとめ、自治省最後 の新規立法である「公益法人等派遣法」の策定に力を注いだ後、冒頭の経緯を経て今日に至ったわけです。」

視察は今年実施するセカンドスクールに関してです。穏やかで落ち着いた印象の方でした。

で、桜とおしんがつくってくれたお昼(冷やし中華)を食べてから、午後は中体連ソフトテニスの会場へ。

その間、携帯にセンターからメールの転送がきました。宮城県で大地震があったとか。しかも震源地近くには、私の大好きな方が経営している自然学校(くりこま高原自然学校)があるんです。音信不通となり、無事かどうかわからないとのこと。彼の自然学校は手作りの施設なので、心配は募ります。。無事だといいのですが。
 なお、桜の実家は山形ですが、そちらの方は無事だったとか。山形も震度4だったのですが、ともあれよかったです。

で、中体連。私が到着したときには予選突破は決めていました。厳しい戦いだったようです。どういうわけかミスが多く・・・。決勝トーナメント1回戦は竜東中学校と。
1戦目・・mとHぺア勝利。
2戦目・・NとKペア負け。
3戦目・・K1とYペア勝利で1回戦突破。これでベスト8。南信大会出場決定です。Img_92981
K1は、センター生です。1年生です。彼は4月から今日まででその運動能力を遺憾なく発揮、大事な中体連でレギュラーを獲得、3年生のYとペアを組み、大活躍を見せました。浪合の応援団はもちろん、周囲のギャラリーもひとまわり以上小さい体のK1に声援を送り出します。「あいつすげ~」「おれ、あいつとあたりたくない!」から「きゃーかわいい~」までsweat01もう周辺は興奮の坩堝(るつぼ)。
 なんか・・・うれしいですね!そう、彼が浪合通年合宿センターの、K1です!って叫びたかったです。
Img_93031
 試合後、興奮冷めやらぬ浪合チーム。「K1がMVPだ、ありがとう」と1年ながらチームの勝敗のかかった3戦目の勝利に貢献し続けたK1を讃える先生の声。同意する生徒の声もあちこちでおこります。・・・でも「○(←それまでレギュラーだった子)のままだったら、勝てなかった」という声がこどもから出たとき、観客だった私ですが大声で「それは違うだろ」と叫んでしまいました。失礼です。絶対いうべき言葉じゃない。チームメイトだろう。南信大会に行くこと以上に、大事なことじゃないのか?そういう思いやりの気持ちを持つことは。  そんな気持ちを普通に持てないようじゃ、上には行けない。地区で少々強いだけのチンピラチームで終わるな。

 ベスト4進出をかけた戦いも、mとHペアとK1とYペアの勝利で突破します。
 しかし、快進撃もここまで。決勝進出の戦いは大鹿中に惜しくも敗れ(m-Hペア勝ち、残り2ペア負けで1-2)、3-4位決定戦松川中に敗れて(m-Hぺア負け、K1-Yペア負けで0-2)、浪合中ソフトテニス部男子団体は4位でフィニッシュ。Img_93091

 一方の女子も予選を突破、南信大会出場を決め、6位でフィニッシュとなりました。(すいません、詳しくは後日)
Img_93121

 

Img_9317_2








Img_9316_2

 

で、サッカー少年のsiは自身が所属するアザリー飯田ジュニアユースのトレーニングの時間以外はテニスの応援をしていましたが、1時から3時半までは練習に行ってきました。テニスの試合が気になる私でしたが、そこは親のつとめ、試合会場から練習グランドまでの送迎はやりました。
 そのついで(といっちゃなんですが)に、少しの時間、練習の見学もしてきました。2,3年生と1年生チームにわかれてトレーニングをしていました。私が見ていた時間はオープンスキルの練習でした。つまり、ミニゲーム。
 1年のRくん、RSくん、TBくん、Tくんは2,3年チームに混じって練習していました。彼らは2年の新人戦のメンバーとしてその適性を見られているようです。Rくん、きれのいい動きしていましたね。がんばれ。
 一方の1年チーム、体格がまだ小学生って感じの子がほとんどで、このチームからも未来を感じられます。Jくんはあいかわらず細かいビートのドリブルとボール奪取能力、守備意識の高さが光っていたし、Y大は縦への突破の力強さと速さ、ゴールへの意識の高さが目立ってました。siはスペースを見つける力、少ないタッチでのボールまわし、ゴールまでの構成力が目立ったかな。足は両方痛かったようですが・・・。この日のミニゲームは、最初ツータッチまでという制約があり、後にフリータッチになるという展開でしたが、プレースタイルによって、ツータッチのサッカーが窮屈になる子がいますよね。おれあドリブルだ!って子なんかは特にそうです。でも、守備ゾーンでの危険なドリブルはやめてほしいし(私はね(笑))、人もボールも動くサッカー現代サッカーを求めていくと、やはり早い玉離れとそれを保障するオフ・ザ・ボールの人の動きは重要です。だから・・・うっとおしとか思わず、がんばれ(笑)
 あと、選手のコーチングの声は少ないです。で、小さい。ずうずうしくいこう。

 あ、そうそうW杯アジア三次予選は3-0で日本、タイに快勝。バーレーンとオマーンが引き分けたため、これで最終戦を待たずに最終予選出場が決まりましたね。

 







 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

犯人逮捕

 昨日の事件についてですが、犯人は逮捕されたそうです。夕方3時半ころ知りました。直前まで学校で校長先生や教頭先生といろいろ打ち合わせをしていたのですが、その直後に学校に電話があったようです。

 学校では児童の集団下校と職員による巡回パトロールが実施される予定でしたし、今後の対応についても苦慮されていました。私もPTA会長としてパトロールに参加するつもりでしたが、それも不要になりました。やれやれです。

 学校での打ち合わせの帰りに、「くず、昨日浪合S.C.できなくて悲しかったよ」と2年生の男の子が駆け寄ってきて話かけてくれました。

 私も、悲しかったです。でもそうやってこどもが言ってくれるのって、ものすごくウレシイかったです。来週、がんばろうな!! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

上下黒い服の男

 飯田市でこんな 事件 が発生しました。

 犯人は上下黒い服の男だそうで。
 私、その日は飯田市の竜水園というところでセカンドスクールの会議してました。
その帰り、なんだかおまわりさんが私の方をじろじろ見るな、と思ってました。
 私・・・上下黒い服でしたdespair

 飯田市はじめ下伊那郡の学校はすべて下校方法を見直しました。
現場近くは完全送り迎えになりましたし、浪合の学校は職員同行の集団下校となりました。
浪合S.C.にも中止の要請がきましたし、アザリー飯田ジュニアユースの練習も中止となりました。余波はでかい。

 早く犯人が逮捕されることを祈ります。

 ***この記事はジツは、先日アップしたつもりでいましたが、なぜかアップされていませんでした。2回もそうでした。こんなことはめったにないんですがね。御心配をおかけしました。

 

***お名前がないコメントがありました。ニックネームやハンドルネームでいいですから、お名前は記載していただきたい。常識だと思うのですが。きつい言い方になりますが、ネット社会は善意と良識で構成しなければいけません。お願いします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

倉貫一穀。。

 今朝、いつもチェックしているホームページを見たら、京都サンガF.C.の倉貫一穀(背番号8、29歳 大津市出身)がチームから契約を解除されたというニュースが目に飛び込んできた。
 なんでも、出場機会を求めて倉貫自身がチームにかけあったそうな。倉貫が他のチーム交渉しやすいよう移籍金が発生するようなカタチをとらず、すっきり「契約解除」という方法にしたのはチームの優しさだ、という記載もあった。

 倉貫は昨シーズン(J2)35試合に出場、5得点。

 プロ入りはジュビロ磐田。しかし磐田では出場機会がない。そしてヴァンフォーレ甲府に移籍。そこで才能が開花する。チーム存続の危機まであった甲府に6年間所属し、主力選手として活躍するだけじゃなく、荒くれ男たちをまとめあげた倉貫は、チームを悲願のJ1昇格に導く。2006年、J1にあがった甲府でもシーズン途中まで10試合で3得点とその能力を発揮、しかしジュビロ磐田戦で左ひざ前十字靱帯(じんたい)損傷で全治約6カ月の重傷を負う。そこから、彼ははいあがってきた。京都サンガF.C.に移籍、サンガも彼の体の復調を第一に考え、あわてて彼をピッチに送り込むことはなかった。2007年、戦列に加わってから35試合出場。主力だ。

 創造力溢れる攻撃的MF。ウィングもつとめたことがある。セクシーなパスセンスとゴール前でのひらめきや落ち着き、そして判断の早さがすばらしい選手だった。運動量が豊富で、けっして恵まれた体格じゃなかったけど、体の使い方がうまかったから、いわゆる「ファウルをもらいたがる選手」じゃなかった。苦労人だけが持つ、決してあきらめない静かな闘志と落ち着いたキャプテンシー、それから人の心を蕩かす笑顔を持った男だ。

 今シーズン、私は彼の登場を心待ちにしていたが、チーム戦術にあわなかったのかコンディションが上がらなかったか、伝え聞く上層部との確執がどうにもならなくなったか、彼は一度もピッチに登場することはなかった。中断期間後、チームが得点力不足で悩んでいるチームが生まれ変わるには、彼の力が必要に違いないと私は思っていた。しかし、彼はチームに残ることを潔しとせず、自分を求めてくれるチームをさがすため、サンガから飛び出すことを選択した。

 彼は。「京都サンガF.C.で現役を終えたい」と言ってくれていたのに。

 彼は。京都サンガF.C.の至宝のひとりだと思っていたのに。

 おれは、倉貫から柳沢へのパスが見たかった。シジからのボールを受けてクルリとターンし、ゴールに向って進む倉貫が見たかった。J1で十分通用する倉貫を胸はって見たかったんだよ。
 試合に出られなくても、京都サンガF.C.にいれば、給料はもらえたはずだろう。でも、彼は金よりも大事なものが何かを知ってる男だったんだ。

ちくしょう。倉貫、大好きだよ。

おまえにだったら、京都サンガF.C.が痛い目にあわされても許せる。おまえならやれるはずだ。

待ってるぞ。倉貫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

撮影係後日談

 桜の披露宴の撮影係をしたのですが、今日はそのまとめを一気にしました。
ファイルの整理、スライドショーの作成、写真集の作成。
パソコン1台あればどこでもできる作業です。便利な時代になりましたねえええ。

ファイルはオリジナルファイル(一眼デジカメのJpeg最大画面のFINEで撮影したので、画像サイズが超デカイ)と、画像サイズを適切に小さくしスライドショー作成に使いやすいファイルをつくります。これはphotoshopのバッチ処理機能を使えば簡単に、そして一気にできちゃう。

スライドショーや写真集用の写真の選定は200枚近い素材から選ぶのでだいぶ時間がかかりました。同じシーンでもカメラ2台で数カットありますからね、そこから選ぶ。表情とか、光の具合とか、微妙な構図の違いとか(←表情意外はあとのデジタル処理でかなりどうにでもなるんですがね)。

そうして完成案モデルを作成、桜に見てもらいました。
実際、なんていわれるかどきどきしていたのですが、まあよかったと思ってもらえたみたいで、ほっとしました。

後日。
「彼が、私達の姿だけじゃなく、まわりの様子とかお客様の表情とか小物とか料理とかをちゃんと撮影してあったのが斬新だったって言ってました」と桜。
そのへんだいぶ意識してたので、これもうれしい一言でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

キャンプ講習、披露宴のカメラマン、siの右足、カメラクラブ例会

■松川青年の家のキャンプ講習会

Photo_3
 これはこの時期の定番の事業。特定非営利活動法人 なみあい育遊会では、ゲームや野外料理の指導ということで、私や茶が講師として参加しています。
 今年は天気もよく、予定通りの活動ができました。信州大学の教育学部の学生が教育参加(実習)で来ているのですが、彼らに対するアドバイスや指導もジツは結構重視しています。
 今年は桜の披露宴と日が重なってしまったので、その時間だけ抜けさせていただくことにしました。その分、茶のほかにボランティアで来ているヒデにこの事業のお手伝いに来てもらいました。
 役割分担としては、
(初日)
開所式、オリエンテーション・・・所
自己紹介ゲーム・・・茶
テント設営指導・・・くず
ダッチオーブン料理1(鶏肉のてりてり焼き)・・・茶(ひで)
キャンプファイヤー・・・茶(ひで)
(2日目)
ダッチオーブン料理2(じゃがいもとベーコンのチーズ焼き)・・・くず
自然体感ゲーム・・・くず
閉会式・・・所
*全体プロデュース・・・くず、所次長
って感じでした。

■披露宴のカメラマン

Photo_4  
昨日の日記の通り、私、桜の披露宴のカメラマンをやりました。これ、専属ということでやったのは初めてです。お客で呼ばれて頼まれもしないのに撮影して、いい写真あげてそんで悦に入ってることは多くてもね(笑)
 デジタル一眼2台体制で臨みました。一台はストロボ専用機、もう一台は自然光専用機として使いました。レンズも会場や使用目的に見合うものを装着。電池の充電もばっちり、予備電池もオッケー、演出意図によって使い分けるレンズの準備も完璧。
 ですが・・・忙しい!!撮影係、たいへん!!
 どのシーンも、もう一度訪れるってことはありません。「今のもう一回」って言えません。瞬間瞬間がことのほか大事!主役はじめフロアのどの人のいい表情も逃したくないし、緊張が続きます!!
 何枚撮影したかな。トータル、2GB近くはとったぞ。枚数なんて数えられません・・・
 でも、まあ、いい仕事は、できたかなbleah

 上の写真はオードブル(笑) ほら、まだお施主さんに完成品(撮影した後、修正したりトリミングしたり手を加えたりして完成!ってなったモノ)を見せてないから、こんなのでお許しください。 

 そうそう、ナミレンジャーの劇のあと、合唱をつけたんですが、今回はビリーブ。で、今回はギター係の茶がいない。なのでなので、くずてつがギターやりましたよ。全員が並んで歌うにはスペースが狭く、私のギターをかき鳴らす場所も確保できそうにないので、最初はギターなしで歌いはじめたのですが、せっかくギター持ってきてそれを使わないのもなーと思い、2番から参戦しました。まあ、ギターの音を掻き消すくらい、こどもたちの声は大きくて気持ちよかったですがね!

■siの右足
 松川青年の家の事業が終わってから、siを迎えに行きました。siは今日、アザリー飯田ジュニアユースの活動で、辰野高校で練習試合をしてきたのです。
 新人戦先発メンバーの選考も含まれたこの練習、siは2年生にまじってトップ下やボランチで出場したようです。とりわけボランチをしたときは、攻撃はすべてそこからスタートするので、「もっと顔出してパスもらえ」と監督の大きな声がピッチをとびかったそうです。
 siはこの日、右足の股関節が痛く、ほとんど左足のみのプレーになってたみたいです。股関節、疲れがたまると痛みが出てくるんですね。安静にするとすぐよくなるのですが、ひどくすると2週間の休養が必要、とか医者にいわれてしまいますsweat02
 「ショートパスならいいんだけど、スルー狙うときとかシュートは今日は痛くてムリだった」だそうです。だから「左に持ち替えて」そういうプレーをしてたとか。幾度かシュートも打ったけど、右足のシュートは威力出せなかった・・・そうです。
 まあ、成長期でもあるし、痛みは出やすいだろうけど、その痛みと上手につきあって、時には思い切って休んで、ハイパフォーマンスが出せるようにしような。

■カメラクラブ
 で、夕方6時からは浪合カメラクラブ。私事務局です。諸連絡をしたり、写真の勉強会をしたり、で、最後は焼肉で懇親会。今月は熊谷元一記念写真コンテストで入賞者がわがクラブから出て、めでたい話に盛り上がりました!

続きを読む "キャンプ講習、披露宴のカメラマン、siの右足、カメラクラブ例会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

ナミレンジャー VSテニス魔人

 今日は桜の飯田での結婚披露パーティ。
 センターではその出し物(余興)として、ナミレンジャーをしました。もちろん、新作です。
Photo Photo_2


以下、その脚本です。

ナミレンジャーそれは悪と戦うスーパーこども戦隊。彼らはどこにでもいる普通の小学生、いや、少し違う。彼らは正義と愛を学ぶため、

阿智村

浪合に山村留学に来ていることどもたちなのだ。今日も彼らは、ひとびとの心を悩ませる敵と戦い、勝利して帰ってきた。

 

今日は最初っからナミレンジャーの衣装で。

 

赤「ああ、今日も勝ったな。向かうところ敵なしだな」

青「そうだね。でも油断はしちゃいけないよな」

黒「でも赤、戦うたんびに悩まないでくれよな」

赤「悪い悪い、でもさ、いいじゃん、今日もロボの必殺技はさえてたよねー」

 

黄「そりゃそうと、もうすぐさくらんぼの結婚式だね」

白「そうですよ。出し物どうします??頼まれてましたよね」

赤「そうだ、そのことだ。やばいなー。毎日闘いばっかりで、何も考えてないよー」

白「でも、お世話になってるさくらんぼさんのために、つまらないことはできないですよね」

青「やっぱ、俺たちのバトルを期待してるのかな。戦っちゃうよ~」

黒「だけどさ、都合よく敵が登場してくれるとは限らないしさ」

 青、がっくし

黄「誰かに敵になってもらうのってのはどう??」

黒「誰かって誰に?」

黄「センターの中学生は??」

黒「ばか、中学生は部活で忙しいだろ。頼めないよ」

 

テニス魔人登場 参加できる中学生で。できればふたり以上。ユニフォーム(もしくは浪中ジャージ)とラケットで。

テニス魔人「待ってたぞ、ナミレンジャー」

黒「頼んでもいないのに、登場か??」

テニス魔人「ふふふふ。のんきな小学生が正義の味方ごっこをしてるのが、許せないんだ。今日こそ目にもの、見せてやる!」

白「そんなこといって、今日はめでたいパーティですよ。ここでケンカはよくないです!」

テニス魔人「だまれだまれ!いつもいい役は小学生!もうがまんならないんだ!」

白「おっと、中学生とは思えない単純で短絡的な発想。幼稚園並みですよ」

テニス魔人「おのれ!いいやがったな!!」

 

テニス魔人と対峙するナミレンジャー。闘いが今まさにはじまらんとする

テニス魔人「よしこちらからいくぞ!ダイナマイトサービス、アターック!!」

サーブをうつ(ふり)。どんどんうつ。

ナミレンジャー「うわ~ きょ、きょうれつだあ!!!」

ふっとび、しゃがんでよける。

白「(ゆっくり立ち上がり)…ん?ぜんぜんあたってないぞ?はは、コントロール悪すぎ~~」

赤「よし、逆襲だ!みんないくぞ、ナミレンジャーウェーブアタックだ!」

ナミレンジャー、ウェーブアタックの隊形になる。

赤「いくぞ!ナミレンジャーウェーブアッターック!!」

飛び出すナミレンジャーの青。

 

ボレーのポーズで青を跳ね飛ばすテニス魔人。

青「うわ~~」

 

テニス魔人「ふん、俺も元はナミレンジャーなのさ。」

テニス魔人「おまえたちの技のことなら、なんでも知ってるさ。次はこっちの番だ!セカンドサーブクラッシュ!」

 

カットサーブのポーズで。

 

ナミレンジャー「うわ~~」

ボールから逃げまわる

テニス魔人「今度はコントロール重視だぞ!」

 

白「(逃げ回る動きをとめて)・・あれ?なんだ、痛くないぞ。みんな、あわてるな!!こんなのまやかしだ!」

青「赤、ナミレンジャーロボを呼ぼう!」

赤「ちょっと待て、ナミレンジャーロボはもう帰っちゃったよ。今度の演芸会までオーバーホールするって言ってた」

黄「どうすんのよ!勝てないよ、このままじゃ!!」

赤「うーん」(頭を抱えてしゃがむ)

青「黄、赤を悩ませちゃ駄目じゃないか!また考え込んじゃったぞ!!」

白「これくらいで考え込む赤もどうかと…。」

 

テニス魔人「どうしたナミレンジャー!もうおしまいか!!俺たちのころは、もっと骨があったぞ!!」

 

黒「やれやれ。おい、みんな、毎日戦い戦いで、いやけがささないか?やい先輩たち!どうだい?戦いが何を生むっていうんだ?仲間も、先輩後輩も、仕事の仲間も、恋人だって夫婦だって、ケンカして幸せってこと、あるのかい?」

 

テニス魔人「何をいう?」

 

白「そうです、黒の言うとおり。イデオロギーの対立も、宗教の対立も、人間の幸せを求めればこその逆説的行為。しかし超越論的還元論で物申すならば、すなわち逆説、すなわち何もなさずです。ダーウィンの唱えた自然淘汰論だって、今西錦司先生のすみわけ理論の登場によって、生物同士の進化の競争もずいぶん平和でのどかなものに切り替えられてきました。」

 

青「白、そんな難しい話、誰も聞いてない…」

白「つまり、ケンカはよくないって話です」

黒「最初っからそういえよ」

赤「(突然立ち上がり)そうなんだ!その通りだよ!」

黄「いきなりなによ」

赤「みんな違ってみんないい。性別も、立場も、先輩も後輩も!」

テニス魔人「うううう」

赤「誰かが悪いってことはない。罪を憎んで、人を憎まず!だ!」

テニス魔人「な、なんて心が広いんだ!」

赤「海よりも広い心、いや、宇宙よりも広い心、それが、愛!」

ナミレンジャー「(声をそろえて)愛!」

赤「人を求める心、それは恋。人を許す心、それが愛!」

ナミレンジャー「(声をそろえて)それが、愛!」

 

テニス魔人「歌おう」

赤「歌おう」

 

赤・テニス魔人「今日のこのよろこびに!」

一気に整列するみんな。

 

ビリーブ歌う。(「たとえばきみが傷ついて~」)

 

一同礼。 おしまい。

続きを読む "ナミレンジャー VSテニス魔人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

わが愛しの西京極・・・

本ブログでときたまサッカースタジアムについてのレポをアップしていきますね。
はい、ネタ切れのときとかの常套手段になりそうって思われた方、正解です(笑)

ではでは。
Stadiumr_586_755e1967_o

だいたい名前が長い。西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場。

サッカー専用じゃないのでピッチと観客席の間にトラックがあり、一体感は乏しい。
またスタジアムをとりまくはずの観客席の構造が、どういうわけだか一部が欠けた様なヘンな配置になっている。その上ホームサポが陣取る位置が通常の逆(つまりメインスタンドから見て左側)。まあ逆ってのはいいとして・・・・その構造のおかげで、反対側の観客席で響くはずのホームサポの応援の声が響かず、逆にアウェイサポの声がよく響くというトホホさ。

 屋根はないに等しく、お楽しみのフーズもこういっちゃなんだがロクなものがなかった。(2008シーズンからはだいぶかわってきたようだが)
京都らしさを出せばいいのに、まるで出さない。イベントチックに抹茶を飲ませるところをつくったりするけど、スタジアムの外だからイマイチ寄る気も起こらない。(このへんも2008シーズンからだいぶかわってきたらしい)
何年も前から「ゆかたDEサッカー」(ゆかたで観戦する人は割引するサービス)もなくなった。留袖DEサッカーにする様子もない。いやそれもどうかと思うが(笑)

だけど。私は西京極を愛している。それは、京都サンガF.C.のホームスタジアムだから。
こどもと妻を連れ、親父とお袋を連れ、兄弟や親戚を連れ、同僚や教え子を連れ、幾度落胆のため息を落とし、幾度歓喜の声をあげたか。

西京極に向かうときのあわ立つような期待感は、もうなくてはならない、私の命の一部なのだ。

だけどさ。mが中3、siが中1になった今シーズン、私はまだ一度も西京極に行っていない・・・。テニスプレーヤーのmは最後の大会をむかえているし、siはサッカー小僧としてますます多忙になってきた。いっしょに行ってくれる小僧を育成せねばなるまい。サッカーは、私はサッカー小僧たち(こびー(←小僧の女子版らしい)でもいい)と見たいのだ。

■アクセス・・・阪急「西京極駅」から徒歩5分。京都駅からはバスが便利。
■車・・・近くにコインパークは点在するものの、それほど台数は飲み込めない。私は天神川四条のコインパークに置いて歩いていくことが多い。15分くらいか。
■食べ物・・・名物はない。から揚げとかフランクフルトとかうどんとか。ここにあんこのおいしい大福とかきんつばとか置けないかなあ。お高くとまる必要はないけど、アウェイのサポがあそこにいったらコレ食べたい!ってのをキチンとつくってほしいよなあ。
■飲み物・・・名物としてはサンガドリンク。紫色の炭酸。まああれだ。縁起物だ(笑)
■おすすめ観戦場所・・・私はSB派。メインよりピッチに近い。A席よりサポーターズシートよりだんぜん近い。A席やサポ席の盛り上がりも大好きだけど、きたない野次にキレ気味になってしまう私なので、精神衛生のためにもSBにいる。
■思い出に残る場面・・・○2003年、J1ホーム最終戦VSヴィッセル神戸。松井大輔が敵ゴール前にたったひとりでドリブルしていった姿が瞼に残っている。しかし、残留争いをしている相手に完敗。試合後、通りがかりの神戸サポのかわいい女の子が「サンガ強かったです」と言ってくれた・・・。
○2004年、J2 8月のVS鳥栖戦。お盆の渋滞でなかなかスタジアムにたどりつけず、後半の残り20分でA席へ。リードしてたが追い上げられいやなムードのときに中山博貴が目の前でモーセのごとく敵DF陣をまっぷたつにし、見事ゴールを決めてくれた場面は鳥肌たった。
○2005年、J2 幾度も見た、加藤大志の信じられない縦への突破。「届くもんかよ(怒)」というボールに届いた大志は、確かに西京極の寵児だった。
○2006年、J1 ホームでの対エスパルス戦、試合終了間際のパウリーニョの決勝ゴールはスタジアムがホントに揺れた!
○2007年、J2 倉貫の周囲は重力と時間が違った。そこから出てくるクリエイティブでファンタジックで敵にとっては悪意に溢れるパスは、それだけでお金を払う価値があった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

いい顔してるよ

 今夜は遅番でした。
 中学生タイム、以下の会話がありました。
葉(中3女子)「mくんね、学校でsiの話するとき、ものすごい笑顔なんだよ」
桜(女子相談員)「へえ。そうなんだ」
葉「うん、なんかね、siのこと好きなんだなーってのが伝わってくるの。友達としゃべってるときよりいい顔してる。」
桜「どんな話してるの?」
葉「si、トレセン受かるかなーとか、結構心配してる」
桜「へえ。なんかイイね」
葉「うん。soちゃんの話してるときもそう。ほのぼのした顔する。兄弟が好きなんだなあ」
桜「・・・(しみじみ)mっていいねえ  (←桜はmファンです(笑)」

ありがとうございます。そんな話をしてくれてる葉の顔も、優しそうな顔してたよ。
そんな話が出てくる君たちってイイよ。

・・・別にmをほめてもらったから言ってるわけじゃないからねsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

Jリーグチップス 2008年版

 今日、siのサッカーの送迎で喬木村の第一小学校まで行ってきました。夜7時からの練習です。私、とんぼ返りしてセンターにもどり、劇の練習を指揮する予定でしたが、さすがにくたびれて、それは茶にまかせ、練習が終わるまで車の中で寝てることにしました。

 帰りにコンビニに寄ったら、Jリーグチップスの2008年版が発売されていました。さっそく6袋購入。5袋はうちの家族分、1袋は通り道だから一緒に車に乗せて送迎しているJくんの分。

 Jリーグチップスにはおまけとして2枚の選手カードがついています。もちろん、我が家ではサンガの選手のカードが高プレミアム(笑)

 5人の中でサンガの選手を引いたのは・・・mでした。渡邊大剛選手のカードです。けっこう引きが強いmなんです。

 明日は遅番。ちゃんと劇の指導しますangry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

入梅と青空がきれいな浪合

 ちょいと早く、入梅したようです。
 雨が降る日は肌寒いです。でも、雨が降る日の山の緑は、とてもきれいです。一口に緑といっても、いろんな緑があって、それがジツに、グラデーション豊かなんです。

 で、梅雨の晴れ間の青空は、空気中のほこりが全部地上に落ちたせいなのでしょう、物凄く透明感があって、美しいです。

 浪合は雨が多いところですが、だから、青空がきれいなところ、ってことも言えるんです。

 写真ですか??

 はい、そのうち、必ずhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

通院と畑とオマーン戦

 今日はお休み。ぜったい仕事なんかするもんかと決めましたangry

で、午前中は保育園勤めの家内を送り出したら、再び布団の中へGO。一日寝てやる~と決意したのですが、なんとなく手帳を開き、なんとなくいろいろ書き込み始め・・・。そうそう、ブログも書いておこう、とか思ってパソコンに向ったり、ブログをいじりはじめたらカテゴリの変更をしたくなってやりはじめたり。

 40代になると、睡眠の質が低下するとかいいますよね。寝られなくなるだとかさ。朝寝するつもりだったのに、それができず、ついついなにかし始めちゃう・・・。やだね。

 で、そんなこんなでいつの間にか昼。ピザトーストつくって食べて、さあ、暇をもてあそぼうかなあ、なんて贅沢なことを考えていると、ふと手帳の文字が目に飛び込みます。

「2時10分、病院予約」

あ、そうだ、病院の日だった。高血圧の経過報告で、1ヶ月に1回通院しているのですが、それが今日だったんです。

病院では主治医の先生に血圧記録を見せ、この1ヶ月の体調の様子を伝えたところ、今までと同じ程度の薬の指示をいただきました。上は概ね130~140程度なんですが、下が90を越えることがちょいと増えてるんですよ。でも去年の今頃からするとものすごくいいのですが。ええ。110越えてたりしましたからねえ。

帰りになんとなく喫茶店によってジンジャーシナモンコーヒーなどを注文してみたりcatface

家に帰るとちょうどsiとsoが家につくところでした。で、siをつかまえて一緒に畑仕事をしました。サトイモの苗とむらさきサツマイモの苗を植え、トマト栽培用の小型ハウスをたててミニトマトの苗を植え、スイカの苗も植え、レタスを栽培している畝に虫除けのネットをかぶせました。これでこの時期のうちの畑の作業は概ね終了。あとは草刈り作業を繰り返し、収穫を待つってところです。エンドウマメが最初に食べられそうかな。そうそう、トウモロコシは今年は栽培しませんでした。そのかわり、サトイモをたくさん栽培することにしました。なんとなく、土の感じからして、サトイモの方がおいしくできそうな気がするんです、うちの畑。

で、今度は夕飯づくり。家内は今日、夕方から深夜までセンター当番なので(保育園もセンターもでご苦労様)、うちのことは私がする日です。

今夜はスルメイカを焼いて、小松菜とシメジの味噌汁つくって、水菜のサラダとたきたてご飯をいただきました。もちろん!ワールドカップ予選、対オマーン戦を見ながら!!

ところがsoが琴の日で、琴が終わって帰ると10時近くなってしまうものですから、琴に行く前にお風呂に入ろうということになり、私も一緒にお風呂に向いました。

そしたら携帯が鳴ります。「今夜、浪合自治会の総務委員会があるんですが・・・」「え?」私、忘れていたとかじゃなく、知りませんでした。きっと通知ははがきで来ているはずなんですが、どこでどうまぎれたものやら、私も家内も知らなかったんですsweat02

あわててsoとの入浴をすまし、琴教室の会場であるセンターまでsoを送って浪合支所へ向います。オマーン戦も気になりますが、しっかり息子たちが録画してくれているので大丈夫sign03

8時から9時くらいまでの会議で(ほんとは7時半から開始されていましたsweat01)、近々行われる「なみあい会議」のことや、夏祭りのことなどが主な議題でした。「なみあい会議」については、またちゃんとブログでも紹介したいと思います。

会議が終わったら家に戻りました。サッカー仲間からスコアがメールで届いていたりしたのですがbleah、テレビの前にたどり着いたのは試合終了5分前くらいでしょうか。3-0で勝っています。左サイドから中央付近で松井が頑張ってたし、何より遠藤のポジショニングがよかった気が。「そこに遠藤」って感じで、中盤の底に君臨し続けていましたね。先制も遠藤のコーナーキックを中澤がズドンだったとか。(2点目は俊輔フィード、闘莉王落とし、大久保シュート。3点目は松井がんばる→俊輔フェイントシュート。)俊輔、松井そして長友あたりがきっとテレビ的には目立ったんじゃないかと思うのですが、遠藤のいぶし銀的働きは大きかったはずですよ。試合終了間際であの存在感だったんですから。先のドイツワールドカップで、フィールドプレーヤーとしてはただ1人、日本代表として選抜されながらピッチに立てなかった男、遠藤が、そのリベンジを開始しはじめたということでしょうか。

バーレーンもタイにきちんと勝って、順位こそ変動はありませんが、得失点差では2位日本の方がバーレーンの上を行っています。2位以上が上にすすめるリーグ戦ですから、今の順位も得失点差も悪くない。がんばってほしいものです。

で、センターに行ってsoをピックアップ、うちに連れて帰って一日が終わりましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

いろいろあって大忙し

今日のスポーツイベントから。
センター男子中学生、m・・・午前中、竜峡中学校へソフトテニス練習試合Ca392119

(センター女子中学生・・・オフ)
浪合S.C.・・・夕方4時から浪合グランドにてトレーニング
si・・・午前中、アザリー飯田トップチームの県一部リーグ公式戦観戦(7-0で勝利)、ボールボーイ参加。
so・・・一日、水泳記録会

で、センターの予定
午前中、部活組以外は「静かな時間(宿題、ドリル学習、読書など)。
午後2時から「劇の練習」(ちょいとわけありで1週間やってます)
午後3時から「小さな大掃除」
午後4時から「サッカートレーニング(ミニゲーム)」(希望者のみ)
午後6時15分から「劇の練習」
午後7時から夕食
午後8時から「バレーボールTV観戦」

てな感じで、なんだかあわただしい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »