« 今日は日曜日 | トップページ | トレセン選考会と早生まれ »

2008年5月26日 (月)

悲しすぎる訃報

 昨日、某方から久しぶりに電話が来まして。

 切り出された言葉が「いいおしらせじゃありません」。

 え?

 「のっちが、急死しました」

 え?ええ?

 のっちって、元園生です。学年は、たしか高校卒業した頃だと思います。

そのあと、某さんはその死因についてとお通夜や葬儀の日程などを知らせてくださいました。

 交通事故ではなく、肺炎から合併症、そして薬によるショック症状が出て・・・容態は一時持ち直したものの・・・という話でした。

 呆然と電話を切り、ややあって当時のスタッフや園生たちのうち、連絡先を把握している人たちに連絡しました。

 

 ともあれ。人の死は、すぐそこにあるんですね。
 四川省の地震の被害者が6万人を越えたというニュースを見てえらいことだと思っていましたが、その思い方はどうやらぬるかったようです。1人の死が、これほど重いのですから。身内ともなれば、なおさらでしょう。

 お気の毒でなりません。

 のっちの冥福を祈ります。

 それから、すぐに行動を起こそうとしてくれた方。あなたのそういうところがすばらしい。敬意を表します。いつも、いつも、感謝しています。

 

|

« 今日は日曜日 | トップページ | トレセン選考会と早生まれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/21177570

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しすぎる訃報:

« 今日は日曜日 | トップページ | トレセン選考会と早生まれ »