« たんぼづくり | トップページ | 長良川競技場の紹介 »

2008年5月18日 (日)

気まぐれ観戦・・・J2 岐阜対草津

 夕方まで時間ができたので、息子のひとりといっしょに長良川競技場へ行ってきた。

 岐阜の攻撃サッカーが気になっていたというのと、長良川競技場が比較的うちから近いスタだったので、一度行ってみたいと思っていたのだ。

 うちから2時間半くらい。130キロばかりだった。
 芝生席が両ゴール裏からバクスタまでずうっとあって、好きな感じのスタだった。

 草津側から岐阜側へ強い風が吹き続けていた午後だった。

 岐阜のスタメンには私の知り合いがこどものころ一緒にサッカーをやったことがあるという大友がいた。恥ずかしながら彼がここにいることを知らないで来たのだが、試合前の選手紹介で彼の名前がコールされたとき、びっくりした。と同時に、なんだかこの試合が急に身近なものになった気がしてうれしくなった。

 前半は風下の岐阜ペースだったか。敵陣でのパス交換はなかなかファンタジックなアイデアにあふれ、もうちょいでゴール!って場面が散見された。

 一方の草津もカウンターからするどい攻撃を見せていたが、とりわけこいつこわいと思わせたのは草津の30番、松下。バー直撃のミドルボレーはほれぼれした。あと10センチ下だったらゴールだった。

 前半はスコアレスで終了。

 ハーフタイムに買い物に行ったのだが、その間に後半がスタートしたらしく、そこで岐阜がPKをゲットしたものの草津のキーパー本田がそれを止めたそうで、それは見たかったなあ!!どうりでスタが盛り上がっていたわけだ(笑)

 それにしても草津の本田はいいキーパーだと思った。ハイボールの処理はだいぶ良かったぞ。

 決勝点をあげたのは高田。それまで繰り返し粘り強くつくり続けたサイドからの攻撃が実を結んだカタチ。逆の見方をすると、サイドを崩され続けた岐阜がついに失点した、という絵。クロスを上げたのは前半にもビックチャンスをつくっていた草津背番号30、松下だった。

 岐阜は最後まで草津のサイド攻撃をとめることはできなかった。しかし草津もクロスの精度がよかったとは言いがたく、サイドの突破のわりに、得点はひとつだけで残念だった。
 
 それにしても草津の左SBの寺田の突破は見ごたえあったなあ。10番島田、9番高田も左に流れ、草津の左サイドはかなり沸騰していたぞ。

 ゲーム終了間際に岐阜が押し込み、フリーの深津があとうまく蹴りこめば・・・というところまでつくったがミスキック、草津にしてみれば大難を逃れた感じだ。これは決定的な場面だったのだが。

 岐阜は勝ち点17のまま一足早く第一クールを終え、草津は勝ち点を14に伸ばした。
 J2は首位広島(勝ち点29)から7位山形(同19)までが昇格レースに絡んでる感じだが、岐阜にしろ草津にしろ、まだまだ台風の目になってリーグを盛り上げてもらいたい。

 ところで、岐阜は今年からJ2にあがったチームで、いわゆる大物食い(上位チームに勝つ)をすることがあり、その破壊力を期待していたのだが、今期ホームでは1勝しかあげていない。道理で期待はずれだったわけだ(失礼)。ホームで勝てないってのは、気の毒だなあ。サポもなかなか増えていかないのでは・・・。今日の観戦者も3000人ちょいだったし。

 がんばれ。

|

« たんぼづくり | トップページ | 長良川競技場の紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/21035356

この記事へのトラックバック一覧です: 気まぐれ観戦・・・J2 岐阜対草津:

« たんぼづくり | トップページ | 長良川競技場の紹介 »