« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月29日 (土)

さらば、ぶんぶん

 今日、ぶんぶんが浪合を去りました。みんなで見送りました。

 夜、ぶんぶんから家に到着したというメールが来ました。そこには次のような文章がありました。
「15期をいっしょにできない悔しさがこみあげてきました」

 私はメールをかえしました。
「職員募集してます」

 笑



 はい、もうひとり、職員募集しています。事業拡大のためです。仲間になってくれる人、センターに連絡ください。きびしい仕事ですが、やりがいと夢はあります。

 ほんときびしい仕事ですが、やりがいと夢はあります。

 くりかえしますがきびしい仕事ですが、やりがいと夢はあります。

 それから、なんだか、ここの人たちはみんな、いい人ばかりです。オレがこんなだからだと思うのですが。すいません、こんなで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

セカンドスクール研修会発足とセンター歓迎送別会

 が、今日飯田市の消費生活センターでありました。
 会長は飯田市教育長さんが、副会長には野外教育財団の羽場さんがなられました。
 私は小委員会の委員長で、セカンドスクール受け入れにあたっての仕組みやマニュアルづくりの研究をすすめることになっています。 
 がんばります。

 夕方5時半から夏焼け(浪合の焼肉屋さん)でセンター職員の歓迎送別会を行いました。ここのお肉とタレは本当においしいですよ。お酒もいけます。私、大好きです。
  ぶんぶんはここの牛モツが好きなんですよね。私もです。

 来期新人職員は、実は25日から事前研修に来ています。どんな人かは、センター園生はすでに知っているはず。そう、あの人です。

 二次会はセンターで。私とちゃづけのギターで歌いまくりましたがあまり覚えていません(笑)

 翌日、私の左手と右手の親指にはマメができていました(笑)

 ところで、川崎フロンターレのフッキが退団しましたね。ジュニーニョ、フッキ、チョンテセの3トップはもう具合が悪くなるくらい破壊力満点だと思っていたのですが、どうもフィットしなかったみたい。試合にも勝ててないですしね。でも辛抱が足らなくないか??それとも辛抱たまらんことがいっぱいあったのかな。
 東京Vに帰ったりするとちょいとやっかいな気がするなー。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

アザリージュニアユース1年生始動

 今日はアザリー飯田ジュニアユース1年生の最初の練習がありました。こどもと保護者が参加。それぞれにオリエンテーションがあり、ボールを使った練習は最後の20分程度だったかな。
 月、水、木、土が練習日。日曜日は原則トレーニングマッチや試合が組み込まれる見込み。
 水曜日の練習は、浪合から1時間ほどの喬木で行われます。往復2時間が消えます。がんばれ、si。
 アザリー飯田ジュニアだけじゃなく、飯田サッカースクールや喬木アレグリなど各チームからサッカーをクラブチームでやりたいって子ども達が集まってきています。さながら、トレセンのよう。 強豪チームになってほしいものです。がんばれ、si。

 日本U-23対アンゴラは、日本が先制したものの、一瞬のすきをつかれて同点にされちゃいました。梅崎司はやっぱいいですね。重心の低いドリブルと気の強さ、それから粘り強さ。ほれます。途中出場の中山博貴はもともとこの年代では10をつけていた選手。パスセンスには目を見張るものがもともとあったのですが、このゲームでは相手ボールを奪取する力強い守備力も見せ、うれしい限り。さすが京都サンガF.C.の選手だ!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

川口がやっちまった 涙

 ワールドカップ三次予選、対バーレーン戦(アウェイ)。

 深夜放送だったのだけど、まあ、見ましたよ。でも、オレはなんだかナーバスで、半泣きだったんだ。理由は教えてあげない。春はきらいなんだよ。悪かったな。

 試合はさ、おせじにもよくできたとは思えなかった。前半からずっとそうだ。ばかばかしい。なんだあのぐだぐださは。アウェイだからか?ハナからドローでいいってか?オシムはそんなサッカーを根付かせようとしていたのか?岡田君どうなの?????

 スペクタクルな動きはなりを潜め、こっちを伺うようにしていたバーレーンに牙をむかせ、それをどうにかこうにかいなし・・・・言っておくが、決して余裕でいなしてなかったぞ・・・で前半は0-0。けどね、夢も希望も感じさせない0-0だったぞ。

 後半、山瀬アウト、遠藤イン。おい岡田君、君は山瀬と心中する覚悟があったんじゃないのかね。この采配のぶれはなんだよ。オレはがっかりだよ。とはいえ、オレは遠藤のが好きだけどね(笑)

 で、まあ、現実的にドロー狙いが実現しちゃうのかなーなんて思ってたら、左を深く破られてクロス、川口が飛び出してパンチングもクリア不足、力なくこぼれたボールをヘッドで折り返され失点・・・・・。中澤も川口といっしょにボールにいっちゃってたもんなあ。クロス上がる前にハンドがあったとかなかったとか、それはあるかもしれんがそんなことでプレイは止まってなかったし、川口と中澤の動きが重なり、川口がクリアミスし・・・ゴール前でミスがふたつ重なれば、失点の確率はぐんと高くなるよね。

 それから日本はがしがし攻めた。まあ、そうだろうけど、なんで今までそれをせえへんねってことなんやね。

 ナーバスなオレはでもそんなことも実は、上の空だったんだけどね。

 ああ、春はやだなあ。春休みはきらいなんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

子ども夢基金実績報告書締め切り

 ここ数日で、実績報告書の締め切りがふたつ。もう睡眠時間を削ってやりましたよ。日ごろの蓄積もあったのでいいのですが、それでも私が自分の事務作業に没頭できるのは、缶詰状態をつくるかみんなの仕事が終わってから。

 なので、すいすいすいすい睡眠不足~です。

 睡眠不足すると、確実に血圧は上がりますね。まあ、わかってるのでコントロールしちゃってますが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

PTA主催学校職員送別会

 が、今日ありました。その前に新旧PTA役員引き継ぎ会もありました。

 送別会はコミセンで行われます。合併以前は村主催でしたが、合併を機にPTA主催となりました。申し込み時に2000円(参加費)を払って参加します。この方法だと、申し込んだけどやっぱいけない、という人が出ても、経費に穴があきません。今年から採用された方法ですが、いいと思いますね。

 この会で、うちの職員の異動についても挨拶させていただきました。異動をはじめて聞く人もいて、びっくしさせちゃいました。

 飲みましたね。ははは。また嫌われちゃった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

GWの事故のことについて

 詳細は書きませんが、以下状況説明を簡潔にします。

 1.2度目の手術は無事おわり、抜糸もすみました。整形外科の治療は終了、縫合からは形成外科の先生がしてくださいました。傷跡をきれいにするためです。リハビリなど、不要です。

 2.無保険車との事故でここが大きな問題となっていました。しかしながら、地道に話し合いを続け、双方およびセンターが納得できる形での示談の成立に至りました。

 御心配をおかけしました。これですべて終了というわけではないのですが、年度の末ということもあり、ご報告申し上げます。

 なお、詳細を知りたいという方もいらっしゃると思いますが、ここに書いた以上のことは、私からは申し上げられませんので、ご理解いだたきたくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

アザリーJr.卒業式

 とうことで、今朝は8時半に三日市場に集合、練習試合からです。

 1戦目は飯田SCと。siは右FW。けどそもそもボールに触れることがあまりなく、つまり攻められっぱなしで、見せ場なし。あ、あった、ショートカウンターからキーパーと一対一をはずしてた。

 後半も同じ場所で出場、今度はアザリーが攻めますが、なかなかうまく攻め立てられません。siも悪い時のsi(笑)。球離れがよすぎ。すぐはたいちゃう。タメをつくろうよ。そのパスに追いつけるのって、岡野(浦和レッズ)くらいなもんだよ。いやそれよりドリブルでしかけようよ。FWなんだぞ。試合は1-3だっけか、負けました。

 2戦目は松川。今度は左のバック。どういうわけか、今度はドリブルで持ち上がるsi。今度はカンタンにはたいてもいいんですけど(笑) オフサイドのしかけには凝っていたな。相手は5年生以下ということもあり、終始アザリーペース。けど、ゴールはそれほど奪えなかったんじゃないかな?2-0くらい??すいません、練習試合なのでこちらもぼーっとしてます(笑)

 おまけで第3戦。も一度飯田戦。再びsiは右のFW。今度はドリブルでしかける姿もありましたが、しかし得点を奪えるような感じはなく、後半途中でグランドにおもいきり頭を打ちつけたらしく、そこで交代。siは3試合に1回くらいはこうした負傷退場をします。受身とかそういうのが下手なんですね。なんとなく「またか」って感じがチームからもギャラリーからも伝わってくるのは気のせいでしょうか。結局ゲームは0-4で負け。連敗は力の差を感じさせる結果です。

 練習試合3本がおわってお昼。

 私とsiはとなりの野球場へ行って、風越高校対阿南高校の練習試合を見物しながらお昼を食べました。ひさしぶりの野球の匂いに懐かしさを感じました。こちらは7-2で風越高校が勝ちました。

 それから伊賀良小グランドへ行き、練習に合流。

 その後、6年生は伊賀良公民館にて卒業式があった模様。私はここで家内とバトンタッチし、うちに帰りました。

 まもなく、siのジュニアユースの生活が始まります。たいへんだろうねえ。人事じゃないですがsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

リトルワールドへ

 今日は職員研修ということで、みんなでリトルワールドへ行ってきました。

 えっちゃんとくずてつあたりは行ったことがあるのですが、それ以外の人たちは初めてだったらしく、半日かなり楽しむ勉強することができたのではないかと思います。

 沖縄からはじまる世界一周。人気スポットはやっぱりドイツ、フランス、イタリアでしょうか。昼食はドイツのホットドック(正式名称はちがったかもしれません)。フランスでチーズやピザに舌鼓するものもあれば、ワインのお土産を購入するものあり。

 アフリカコーナーではワニを食べてましたね。私はアレでしたけど(笑)

 野外展示の最後は山形の農家の見学。山形出身の桜さんはなんだかここが一番のお気に入りだったようです。ちなみにえつはインド。きんはインドネシア。くずてつはペルーでした。いつもケーナを買おうとし、買うならいいのがいいなと思い、いいのは高く、で、断念ということをくりかえしている私です(笑)

 夜は今シーズンの慰労会をつぼ八でやりました。みなさん、お疲れ様でした。みなさんのおかげで、今年のシーズンを終えることができました。(まだ残務は山盛りなんですけどねsad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

瑞穂へ行ってきました

 今日はお休み。

 家族と国道153号を南下、瑞穂陸上競技場に行ってきました。

 ヤマザキナビスコカップ予選Aグループ第1節、名古屋グランパス対京都サンガF.C.のゲームを観戦するためです。

 Aグループは京都、名古屋のほかに、神戸、浦和がいます。1位抜けで決勝トーナメントですから容易なことじゃありません。それにJリーグの日程を縫うように行われるので、予選突破が難しいなと思うチームは、若手を登用して彼らのアピールの場にしたりします。もちろんその場合、主力を温存することも狙いのひとつです。てことは、お目当ての若手がいる場合、魅力的なゲームになるわけです。(いない場合はつまらんですがね(笑))

 ゲームの結果はなどは こちら で。

 風が冷たい、寒い一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

離任式によせて

 センチである。

 またひとり、仲間がここを離れる。

 だからさ、オレはそういうのはイヤなんだって。はっきりいって、もうだれひとり離れたくない。オレたちは、もうそういうところまできていたんだ。

 4年の歳月は、4年の歳月は長いよ。互いに信頼しあい、カバーしあい、背中を守り、そうして、4年だ。泣いて笑って怒って許して、そして尊敬しあった4年だ。

 助けてもらった事がたくさんある。

 でもオレは、あなたに何をしてあげられたのだろう。

 はじめて会った日のことを、オレは覚えている。オレの盟友だったヒロが、あなたを連れてきた。こどもの中にまぎれて、誰があなただったのかよくわからなかった。そんなオレをヒロは笑ったし、あなたはもっと、笑っていた。

 彼女、いいですよ、いけます。そう断定的に言ったヒロの言葉に、まったく間違いはなかった。

 それから、4年。こどもの中にまぎれて見えたあなたは、その大きなまっすぐな心で、オレを、オレたちを励まし、子ども達に愛され、偉大な存在感を示すようになった。

 修園式のあとの離任式は、くそくらえだ。そんなもの、やりたくない。逃げ出したい。

 だけど。ちゃんと送り出してやるのがオレの役目だから、オレはオレがしなくちゃいけないことを、ささやかだけど、精一杯やった。

 子ども達の顔がゆがみ、涙が溢れる。会場のお母さんたちの目が大きく見開き、瞳が揺れる。

 びっくりさせてごめん。

 でも、幸せだっただろう?ぶんぶんといっしょの時間を浪合ですごせてさ。

 そして、きっとラッキーだよ。新しい仕事に、くらしに、夢にチャレンジしようとする人を間近で見られるってことはさ。

 

 んなこたあ、わかってる。でも。別れは嫌なもんだよな。

 幸福も、困難も、良いも悪いもつづれおり。

 人生に、彩りあれってか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

如水という男と、「如水」という言葉 2

昨日の続きです。今回でおしまいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「如水」。戦に明け暮れた男が、その晩年に自ら名乗った名前。なんだか、枯淡の境地みたいですね。

 だけど如水は秀吉の死後、関が原の戦いの折にもう一度チャレンジします。関が原の合戦の直前、衆目が家康と三成を中心とした大名たちの動向に集まりまさに沸騰していた頃、如水は魔法のように九州を掌握、おそらくはそのまま関が原の勝者と激突し、天下の覇権を握らんとしたのでしょう。しかし、関が原の合戦はご存知の通り、開戦後瞬く間に終ってしました。如水に、軍を組織し策略を練る時間は与えられなかったのです。

如水は掌握した九州を、あたかも最初からそう考えていたかのように、「家康殿の御為にしたまでのこと」と差し出し、いよいよ隠遁します。苦笑いだったでしょうね、お互いに。

如水とは、水のごとしということ。しかし老子の言うとおりにすることは、なかなかに難しい。自ら名乗った優秀な男でさえ、目の前のチャンスに奮起し、情熱を傾け、走り回った。醜い執着といわれるかもしれないし、滑稽であるということもできるかもしれない。

 しかし、人の生き様は、人の生き方は、思うようにならないもの。だからむずかしく、おもしろく、味わい深いのかもしれません。そんな泣き笑いが、私達のくらしを、世界を彩るのでしょう。

 それにしても、如水。上善如水。この気持ちは、忘れないでいたいものです。

 きっと、黒田官兵衛も、そこは同じように考えていたのではないでしょうか。

                            平成20年3月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

如水という男と、「如水」という言葉

 今年の浪合通年合宿記念文集に寄稿した文章です。今日と明日、2回にわけてアップします。

・・・・・・・・・・・・・・・・以下・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私は先日、ジョニーと中一の社会科の勉強をいっしょにやっていました。三学期の期末試験の直前だったと記憶しています。内容は、歴史。しかも血湧き肉踊る戦国時代。おじさんくずてつは、語りましたよ~。織田信長の破壊ぶり、創造ぶり。本能寺の変の人間模様。光秀の目論見、信じられない偶然、そして秀吉の中国大返し。ちょいと試験前の勉強ってふうではなくなり、さながら講談の様相となっておりました。

 いつの間にか子ども達が集まり、私の話をシンと聞いています。

 そこでの話しは、大広間片付けの合図だかお風呂ができたアラームの音だかでおしまいになりましたが、続きで話たいことがありました。

 それは、ひとつは黒田官兵衛という男の話です。黒田官兵衛(かんべえ)、稀代の軍師にして論客。秀吉の壮大なアイデアを実現する策略家。

 黒田官兵衛は秀吉の天下統一を支え続けますが、晩年の秀吉は彼の能力を恐れ、側近からはずし九州に封じます。秀吉という男、天下統一までは魅力にあふれる人物なのですが、どうもその後はタガがはずれてしまうのか、権力維持にきゅうきゅうとし、藤吉郎のよさを失ってしまいます。が、まあそれは権力者の常の姿と言えるかもしれません。ともあれ官兵衛は秀吉にとって、家康以上の能力の持ち主と見られていた節があったことは間違いなく、中央(当時は大阪)から実力者(もちろん官兵衛のことです)をまだ波乱含みの九州に派遣して睥睨するというもくろみはあったにせよ、「やっかい者払い」という狙いがこの人事にあったことは想像に難くないでしょう。

 黒田官兵衛はおとなしく九州博多でその任をつとめます。44歳の時、家督を息子長政に譲り、「如水」と名乗ります。黒田如水。水の如く。

話したいことの二つ目は、この「如水」という言葉についてです。黒田官兵衛と如水がちょっと絡み合いながら、話しは続きます。

さて黒田如水。彼はキリシタン大名としても知られていますが、そも、「如水」とは老子の言葉なんです。

上善如水。

水善利万物、而不争。

処衆人之所悪。

故幾於道。

読み下し文にするとこうなります。

上善は水の如(ごと)し。

水は善く万物を利して而(しか)も争わず。

衆人の悪(にく)む所に処(お)る。故に道に幾(ちか)し。

わかりやすく、あとガネーシャ※っぽく(笑)関西弁にしてみましょう。

一番エエのは水みたいな生き方やねん。
水って色んなもん成長させよるけど、喧嘩しぃひんやろ。
それに下の方の行きよるやろ。下の方って、つまり人がいやがる方ってことや。それでいて、そんな自分を嫌やとか思っとらへんで。
せやから「道(←人にとって大切な生き方のこと)」そのものや言えんねん。 

<つづく>

 ※ 「夢をかなえるゾウ」に出てくる神様。(水野敬也 飛鳥新書)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

ハチポカップふっとさる大会顛末

 残念ながら、4チーム中3位。当然、予選突破叶わず。
浪合S.C.の今年のチャレンジは、これにて終了。また、前を向いていこう。
Photo

☆第1試合 (8-0)勝ち点3、得失差プラス8
<前半>
GK ゆうや
DF しんぺい
MF あがし
MF けん
FW おちょう

得点・・けん、あっくん、おちょう

<後半>
GK はやと
DF あっくん
MF けん
MF しんぺい
FW けいと

得点・・しんぺい、けん、しんぺい、しんぺい、しんぺい

<コメント>
いい勝ち方ができました。前後半とも、キーパーは一度もボールを触ることがありませんでした。開始早々のけんのゴールが勢いをもたらしてくれました。おちょうのゴールで勝利を確信することができました。後半は1枚前にあがったしんぺいが4ゴール。相手の勢いを完全に消し去ることができました。上々のスタートだったと思います。

☆第2試合(0-3)勝ち点3、得失差プラス5
<前半>
GK けん
DF しんぺい
MF あがし
MF ゆうや
FW はやと

得点・・失点、失点

<後半>
GK けん
DF しんぺい
MF あがし
MF みほ
FW はやと

得点・・失点

<コメント>
相手は、ジツはサッカーで今年度南信大会優勝チームだったりします。
劣勢が予想されたゲームです。相手はけんの身長を見てキックオフシュートではゴール左上隅を狙ってきましたが、けんには体のばねがあります。このボールをかきだし、格上のチームに宣戦布告。しかしなかなかボールをポゼッションすることができず、苦難の時間が続きます。シュートを雨アラレと打たれますが、けんがなんとか防いでくれます。しかし、そうした状態で零封は難しく、徐々に失点を重ねていきます。盛り返す時間帯もあったものの、しかし得点は奪えず。くやしい完封負けを喫してしまいました。先の試合と連戦だったので、続けて出場した選手の疲労もあったように思えます。

☆第3試合(2-3)勝ち点3 得失プラス4
<前半>
GK けん
DF しんぺい
MF あがし
MF ひろ
FW ゆうや

得点・・失点、失点、あっくん

<後半>
GK はやと
DF しんぺい
DF けん
MF あっくん
FW きょうこ

得点・・あっくん、失点

<コメント>
体格に優れたチームが相手。その中で、DFのミスから失点。しかし前を向いてゲームを続ける浪合SC。しんぺいからあっくんへのラインが幾度もつながりますが、しかし相手のカウンターもするどく、以後五分五分の時間帯が続きます。得点も取り合いの激しいゲーム。後半はシステムを2-2に変更、相手(2-2)にあわせた戦いに活路を見出します。はやとが相手のシュートをことごとく防いでくれる中、あっくんが幾度目かのチャンスをものにし、同点に追いつきます。俄然盛り上がる浪合。しかし、決勝点は押し込んだ浪合をはねかえし、カウンターをしかけた相手が奪います。直後、試合終了。ドローなら得失点差で2位だったのですが、勝ちに行って3位は胸を張ってもいいでしょう。しかもベンチ登録選手全員出場を果たしたのですから、監督のちゃづけの采配も粋でした。
おつかれさま、浪合S.C.。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

子どもたちと一緒に環境問題を考える

これは南信州環境ネット第3号に掲載された私の原稿です。

環境ウォッチャーという立場で書いたものです。以下、転載。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

環境ウォッチャーとしての活動で、私が一番心がけていることは、子どもとともに活動することです。

 それにはいくつかの理由があります。

 まず、「この子どもたちに、この地域を引き渡すんだ」という気持ちを持つためです。この世は入れ物で、中身の一部である私たちは、次々に入れ替わっていくわけです。入れ物は大切に、きれいに維持していくことは私たちの使命ですが、次代を担う子どもたちの使命にもなるのです。その意識を私たちも、子どもたちも持つためには、子どもたちとともに活動することが一番です。

 また、「子どもたちの目線で、地域を見直す」という気持ちを持つことも大事にしています。

 しゃがむと見えてくるものがあります。気に登ると見えるものもあります。子どもたちは意外なものを見つけますが、それは活動場所の豊富さと、大人と違う体のサイズに由来するものです。

 しかし、今のこどもたちは昔ほどいろんなところには行きません。むしろ私が引き回しているくらいです。

 見回りや、川の生き物調べに子どもたちを連れて行くことは、大人と子どもが一緒になって環境問題を考える好機であると同時に、子どもたちを自然の中に連れ出すきっかけにもなっていると感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

あっくんとけんの最後の練習

昨日は水曜日、アザリー飯田ジュニアの練習の日です。

浪合からアザリーの参加しているのはうちのsiとセンターのあっくん、けんの3人です。このうち、あっくんとけんは、今日が最後の練習になりました。

来週の水曜日には、あっくんもけんも、浪合にはいないからです。あっくんは東京に戻り、東京の中学校に通います。けんは浪合中に進みますが、部活はソフトテニス部です。

そんなわけで、昨日は「お世話になりました、といってこい」というわけで、アザリー飯田の練習に行かせました。

年度も押し迫り、作文だのなんだのとやることはたくさんあったのですが、ふたりともちゃんとやるべきことをすませ、練習に参加してきました。

お疲れ様でした、あっくん、けん。

君たちの後に続く子が現れることを期待します。

そして君たちの次の舞台での活躍も期待します。

続きを読む "あっくんとけんの最後の練習"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

血液型ラプソディ

 血液型占いの話を少し。私は血液型占いをだいぶあてにしています。これ、占いっていうより気質の分類ってことですかね。
 で、私の周辺のことをいうと、
 私はABです。先日ブログに書いた女友達のふたりの息子はABで、「ほんっとに個性的なんだよねえ」と彼女はいっておりましたが、そうですかそうですか。
 私の親父もABです。私の母はBです。兄もBです。弟はAです。
 家内はOです。息子はふたりともBですが娘はAです。

 私の友達にはBが多いです。それとなぜか、ABも多いです。ABはABを呼ぶみたいです。集まってくるんです。これ、他のABの人もいってました。-もとい、でもAの友達もOの友達もいますよ。Bが多いってだけです。兄貴がBなので、Bに対してはなんとなく安心感がある私なのかもしれません。ラクっていうか。(すいません、AやO、ABがラクじゃないとか疲れるとかそういうことを言っているわけじゃないのでクレームつけないでください(笑) 実際、そんな方々ともなかよくつき合わせていただいたりしたもんですから。大丈夫です(笑))|

 センターのスタッフの方は、歴代を見てもOが多いようです。人付き合いでは天性の八方美人ぶりがありますね。いいことです。いや皮肉じゃありませんってば。それとOはよくOざっぱとかいわれますが、Oざっぱじゃないですね。少なくとも本人はそんなつもりは毛頭ない。ただ、直感を信じすぎてるだけです。カレーの水の量も直感、ケーキの砂糖の量も直感happy02。直感だけに、当たるも八卦、当たらぬも八卦、なんです。なんか一番動物っぽいのがOかな、なんていうと、怒られますかね??

 AB型は個性的といわれます。なぜだが頭がいいともいわれます。また信用できないともいわれます。言ったことがころころかわる、とか多重人格とか、なにあれ、とか、ヘンな人、とか、ちょっと信じらんなあいとか言われます。・・・なんとでもいえ、て感じです。私もAB型を見てそう思うときがあるから始末が悪いんです(笑)

 うちのおばあちゃんは自分がAB型だとずっと思ってたんです。でも入院した際に血液検査して、Bということが判明。「おばあちゃん、B型やて」って私が言ったら、おばあちゃん「せやろ!ABやろ?わかってたっちゅうねん」。「ちゃうねん、Bやねん。ABちゃうねん」。「え?Bがついてたんやろ?ほなABやんかいな」。・・・そんな爆笑会話をしたのも、今は昔です。B型っぽいっすかね、おばあちゃん(笑)

 A型の人は私はジツはあてにしています。「几帳面なようでいて、そうでもないぜえ」とかA型の人はよくいいます。大丈夫です。私よりかよほど几帳面です。ちゃんとしてます。そう見られるのがヤだって人もいるようですが、ちゃんとできるってのは美徳です。自信持っていいです。けど優しくしてください(笑) 優しくされるのが一番好きなのも、多分Aです。照れ屋だから素直に喜び表現できないけど、決して忘れてないです。ところでハメをはずしたり大胆な行動をしやすいのもA型。そのスイッチを探ってみるのも、A型とつきあう楽しさのひとつですが、それは内緒happy02

 B型についてはいろんなところでいろんなことを言って顰蹙をかっているので(笑)、まあきんぎょをよおっく見てくださいってことで、今日はおしまいgood

続きを読む "血液型ラプソディ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

松本へ。焼肉も。

今日は松本で長野県キャンプ協会の理事会があったので出席してきました。ひさしぶりに母校・信州大学松本キャンパスに行ってきましたよ。あのへん、変わったよなあ。まああれから20年以上たってんだもんなあ。
教育学部の先生とか経済学部の先生、上田女短の先生、県短の先生、長大の先生、ネイチャースキー開発者、財団理事長などお歴々の方々といっしょに、協会の今後について、意見交換してきました。

 松本はねえ。暖かかったですよ。往復の道中ではずっと一代(野外教育研究財団の理事長さん。ちなみに私、そこの副理事長さんですsmile)よもやま話をして、それはそれで楽しいひと時でした。

 夕方、アルペンによって浪合S.C.の買い物をし、それから浪合にある焼肉屋さん、夏焼けにGO!
 今日は浪合カメラクラブの会合の日なんですよ。1年間の反省をして、来年度の事業計画をたてて、写真の発表会をして、で懇親会ってことで焼肉を楽しみました。

 焼肉会が終わってからセンターへGO。ちょいと伝えなければならないことや、しなければいけないことがあったので、センターでこどもたちが就寝するまでいました。

 年度末は会議につぐ会議で、もうまだ山は越えていません。はあああああって感じです。
が、がんばります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

くされ縁っていうなよ(笑)

 家のパソコンのメールは毎日チェックするんですが、営業メールが多くて辟易してます。
私宛の大事なメールはたいていケータイの方にくることになっているし、仕事メールはセンターに届きますので、まあチェックしなくてもいいのですが、それでも日課として見ています。

 そしたら、9日の夜、若かりし頃妙に気があった女友達(ここらへんが絶妙で、いわゆる「つきあった」ことはなく、それに類することもない、ホント友達)からメールが来ていました。

 「ようこそ、40歳の世界へ」

ってさ(笑) 

 彼女は同学年なのですが、私が早生まれなので、ちょいと先に年をとるんですね。で、誕生月は違うんだけど、日はいっしょなので、お互いになんとなく覚えてて、で、お祝いメールをおくりあったりしてたんです。数年前まで。

 ところが、年齢も微妙になり(笑)、「おめでとうでもないよな」なんて私が勝手に思ったりして、彼女の誕生日にメールしないことが多くなってました。

 でもね。今年も彼女は送ってくれたんです。先の言葉でね。

 うれしかったですね。

 彼女は私の親父が生まれ育った地のすぐ近くで、小学校の保健室の先生をしています。28歳だと偽っている(本人談→児童が28歳でしょ?っていうのよ。(←それもハラ立つ(笑))そうなのですがそれはよしとしてhappy01、既に結婚し、ふたりの男の子のお母さんでもあります。

 すぐメール返しましたよ。

 そしたら返事が届いて。互いに「若くない」とかいいながら「若いんだよ、ジツは」とお年頃発言を交えながら近況を連絡しあい、ともかく、旧友をあたためました。メールでですが(笑)

 友達は大事にね。
 来年から、ちゃんと私も、おめでとメール送るようにします(反省happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

SAJ スキー検定2級合格おめでとう。

mは先日、首記検定に1点足らずで合格できませんでした。「もっかい受けてやる」とすぐ決意していたのですが、残念ながら地元スキー場のバッチテストの日(8日、Jリーグ開幕の日(笑))とは日程があわず、今年はあきらめるか・・・なんて気分にもなりました。

でも、調べてみると、駒ヶ根高原スキー場で今日バッチテストがあることが判明。そこには行ったことがなかったのですが、事前講習もあるし、チャレンジしてみるか、ということで、朝7時半に家内とsoちゃんの3人で出発しました。

風邪をひいて寝込んでしまったsiの看病をしていた私には詳しい経緯はわかりませんが(センターの記念遠足にもいけなかったんです・・・私)、夕方家内からメールが入って合格がわかりました。

Kc380030

夕方のフットサルトレーニングに合流したmに話を聞いてみると、合格点ぎりぎりだったそうです。ふう、あぶないあぶない。

それでも合格は合格。よくがんばりました。私は2級も持っていないので(テレマーカーですから(笑))、アルペンの実力は私より上ということは間違いないと思います。

息子に抜かれるって、悪い気分じゃないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

トヨタスタジアムにて

J、開幕。

それがうちから最寄のJ球技場、トヨタスタジアムで「名古屋グランパス対京都サンガF.C.」が行われるってんだから、これは行かないわけにはいきません。

家族総出で、それと、盟友よしくんも連れて、トヨタスタジアムに乗り込みましたよ!
乗り込んだのは私たちだけじゃなく、根羽村(物産展していたようです)も、喬木アレグリ(←招待シートに来てる、とsoちゃんが電光掲示板で情報を見たと主張していました。が、私はそれを確認していません)も来ていたようですが!!

試合前は、ドラガン・ストイコビッチが監督として名古屋に復帰したことを記念したセレモニーがあり、印象的でした。
Photo

京都サンガF.C.の加藤監督のコメントもいけてましたがね。
「名古屋は(元監督の)ベンガルのサッカーだ。それはストイコビッチが監督になった今もかわらない。ただ変わったのは、(当時主力選手だった)ストイコビッチがピッチにいないことだ」
だってさ。結構挑発するよね、この人。

試合は1-1のドロー。でも久しぶりのスタジアムの臨場感に酔いしれました。

サンガは、もっと強くなるはず。だけど。

のんびりしていちゃ、空中分解するぜ。

これは、ゆっとく。(むらさき観戦記のノリになっちゃいましたが(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

新旧PTA会長のあつまり

に行ってきました。
5時50分からの開会には1分遅れました。水の検体を提出する場所に迷ってしまって(笑)
受付には知り合いの奥様が。ああ、PTAだなあと実感。
Ca390138 ええと、会の正式名称は「第4回 単位PTA会長会」でした。
私、だいぶ体調が悪く(寝不足が原因とおもわれる)、かなりおとなしくしていました。幾人か「お世話になります」とご挨拶に来ていただきましたが、すいません、無愛想に見えたかもしれませんが、そうじゃない、ふらふらだったんです(笑)

午前中は野外教育研究財団の副理事長の業務で上席研究員候補の方と財団理事長の懇談をセッティング、お茶汲みしてました。

午後は京都出張の精算、公民館報の校正、そのほかもろもろ事務してました。

ちょっと、やっぱり今月はえらいな。

続きを読む "新旧PTA会長のあつまり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

平安堂飯田店にて

先般ここのブログでも紹介しましたが、元園生のデザインしたカバーの本の話です。

Photo_3

茶が最初に見つけてくれたのですが、平安堂飯田店がこんな看板を出してくださいました。うれしいですねえ。

私、感激して、今日平安堂飯田店に行って店長さんにご挨拶と御礼を申し上げてきました。

「地元に縁のある方の活躍ですから」とニコヤカに言ってくださった店長さん。ありがとうございました。本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

京都へ。

 今日は、夏、秋、その他の事業の打ち合わせで、全家研ポピー東山支部へ行ってきました。私と、桜の2名で、朝7時に支所で落ち合い、そこから出発しました。

東山支部は京都東インターをおりてすぐのところにあります。浪合からはおよそ3時間弱で到着します。便利なところです。

担当の高田さんと小一時間話しをしました。今年度事業の反省と来年度夏の日程、企画、OB、OGの活用方法、パンフ作成スケジュールの確認、それと秋の企画、それからセカンドスクールの教材研究について少々。今日はこの打ち合わせをするために来たのですが、このブログで書く内容でもないので、ほぼ割愛。

で、社長の石川さんにご挨拶申し上げた後、およそ30分ほど懇談させていただきましたた。主に京都サンガの今シーズンについてと、少年サッカーの指導について(笑) 柳沢がすきなんや、とおっしゃってました。今年のサンガは違うで、ひょっとすると、上位いけるかもしれへんで!と熱く語っておられました。

それからオーナーさんらにご挨拶させていただき、談笑を少しばかり。

その後、大津の(東山支部から500メートルも東に行けば、もう大津です)鰻屋さんに連れて行っていただき、そこでお昼を食べました。鰻屋さんで鰻食べるなんてジツに久しぶりでした。うな重をご馳走になったのですが、これがまたボリュームたっぷり。

厚焼き玉子(そのお店ではなぜか錦糸玉子と言っておりましたが)をのせたうな丼もジツにおいしそうでした。これはうちの弟推薦の一品だそうです。私はもちろん初見でした。

そこでもしばし歓談を(ご接待いただいたのは、うちの母親でして・・・ちょいと微妙な会食でした。桜、ごめん(笑) でも桜は我々親子の会話をにやにや楽しんでいた模様でした(笑))。

午後は秋の行事の活動予定場所の下見もかねて京大学界隈に行ってきました。私は京都生まれだし、桜も京都にはけっこう詳しく、穴場的場所に行こうということで、吉田神社のお山の山頂にある茂庵という喫茶店に言って午後のお茶などしてきました。ですが、ここ、結構人気あるんですね。車では入れないところなんですが、お客さんいっぱいいました。私は春ケーキセット、桜はロイヤルミルクティ。写真はケーキセットの方です。

Photo

ここから京都の西山を眺めるとほんわかします。夕日がきれいに見えそうな、そんな場所です。実際、桜はここからの夕日が好きだと言ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

公民館報づくり、とかPTA本部役員会とか。

 今日は、午前中は支所に行って公民館報づくりの追い込みをしました。元役場なので、作業スペースは十分にあり、便利なんです。あと、支所の職員の方といろいろ打ち合わせができたりして、それも便利だったりして。

 午後はスタッフミーティング。遠足の予定や修園式の予定、来年度の方針、係ごとの反省会などをしました。ちょっと今日はこのへんからフラフラしてきましたね(笑)

 ミーティングが終る頃、理事長さんが来てくださり、しばし懇談。

 夜はPTA本部役員会があり、私遅番だったのですが、1時間だけ抜けさせていただきました。実習生が3人いてくれるので、こういう動きが可能でした。

 で、センターに戻り、遅番勤務再開。だんりでは3月15日に予定されている浪合学校雪上大運動会の広報や参加の仕方などについて話をしました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

ああ、オレのせいです

 と。唐突に、とつぜんに、思うときがあります。

 それは、自分のこどもの行動や言動を見たときです。

 いいことでは「ああ、オレのせいです」なんて思いません。

どっちかっていうと、「はっはっは。やっぱオレのおかげかな」くらい思ってますケド。

 まっすぐにしゃべってくれないとき。口をあけて大笑いしてくれないとき。

寂しそうに斜めを見ているとき。

 たまにね。小さい頃のように、まっすぐ目をみて冗談言い合っているときは、ほんと幸せなんだよ。けどね。

 そういう姿が減ってしまったのは、きっと、思春期ってことだけが理由じゃないよね。

 オレが、こんなだからだよね。

 申し訳ない。

 でもさ。大好きだよ。これはね。ほんと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

お雛様

 Photo このお雛様は、soちゃんのです。ですが、うちには飾るスペースがないので(かつてはあったのですが〈汗))、数年前からセンターで飾ってもらうことにしました。

で、今年もまたゲストハウスの押入れに置いておいたお雛様をよっこらよっこらと出し、玄関の定位置にセットしました。

やっぱり女の子からは「うわー」と歓声があがります。ゼンマイをまわすと「おだいりさーまとおひなさまー」のメロディが流れ出すのですが、お雛様の前を通るたびにそのゼンマイをまわす子が続出(笑)

ひな祭りモードのセンターになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »