« 元祖むらさき観戦記10 | トップページ | 琵琶の演奏会を聞きに行きました。 »

2007年11月 2日 (金)

パーフェクトリレー

 中日ドラゴンズが53年ぶりの優勝を決めた。

 今年の日本シリーズは中日の勝ちと一昨日見極めた私にはそのこと自体にいまさら大きな感慨はない。敬愛する落合氏の偉業については、素直に喜びたい。

 私はドラゴンズの優勝を、センターの大広間で知った。宿直だった。野球好きのヒロが「1-0で中日が勝ってる」という情報を教えてくれ、ふたりでパソコンの速報を確認したとき、試合は終了していた。1-0のスコアのまま、ドラゴンズが逃げ切っていた。

 私はまず、決勝点が気になった。決勝点は、平田の犠飛だった。平田良介は、自身の甲子園決勝(駒大苫小牧の辻内との決戦)、クライマックスで三振に倒れたうっぷんを晴らしたカタチか。犠飛ってところがドラマ性にかけるが、しかしよく打った。平田は見守るぞ。がんばれ。

 ところで、平田よりもすごかったのがドラゴンズ先発の山井だ。相手がダルビッシュということもあって、緊迫した投げ合い続いたのだろう。最小点差ということも影響したはずだ。ともかく、山井は8回を投げ終え、なんと打者24人を打ち取りパーフェクトピッチングを披露していた。

 問題は9回表におきた。落合監督は、好投の山井を代えて岩瀬をマウンドに送った。山井は、しかしただの好投ではない。完全試合継続中だ。

 日本一を決めるゲームで、パーフェクトゲームを1-0のスコアで完成させる・・・これはとてつもない偉業である。この一事で、山井の名はプロ野球史に残るだろう。

 しかし落合監督は、岩瀬を送った。レギュラーシーズンがそうであったように、いつもの野球を、いつも通りやった。内心は穏やかでなかったに違いない。記録には人一倍こだわってきた男だ。

 だが、落合監督は、岩瀬を送った。落合監督がこだわった記録は、日本一だったのだ。岩瀬も見事なピッチングを展開、3人で日ハムの最後の攻撃を絶ち、ドラゴンズは日本一の座をもぎ取った。日ハムにしてみれば、この局面で投手交代をする落合采配のえげつなさのやられたという面もきっとあるだろう。

 この落合采配を捉えて、評論家の玉木正之氏は「なんと小心な采配か」と批判した。100年に一度の偉業より53年ぶりの優勝の方が大事か」ということである。気持ちはわかる。

 だが、そこが評論家と監督の違いだ。パフォーマンスを愛でる者と、勝利を目指す者の違いなのだ。とりわけ玉木氏は、結果重視の野球に辟易とし、スポーツとしての・・・そしてそのスポーツとは芸術の一分野としてのスポーツである・・・野球を愛する男だ。私は彼の主張の多くに頷いてきた者だし、その気持ちは今もかわらない。草野進氏と同じく、私に野球観戦のなんたるかを教えてくれた師(勝手に私が思ってるだけだが)だと思っている。

 勝負師は、目の前にぶらさがっている勝利を確実に得ようとするものだ。その勝利を得られなかったら、残り2試合あるとはいえ、どんなことになるかわかったものではない、いや、たいてい勝負の目は逆になる。勝負師はそのことを知っている。勝てる時に確実に勝たないと、勝つことはできない。

 監督としての判断は、間違ってない。これがレギュラーシーズンのそれなりのゲームだったら、山井続投で間違いないだろう。優勝がかかっていないゲームだったとしても、おそらく続投させたのではないか。しかし、昨日は一勝の重みが違った。優勝が目の前にぶらさがったゲームで、しかも相手はパ・リーグの覇者だ。もし負けたら、札幌での戦いを余儀なくされる上に、相手に確実に勢いを与える。

 おもしろくない采配ということはできよう。私も同意する。しかし、おもしろくない采配も野球の一部だということもまた事実だ。そのおもしろくなさ加減もまた、野球の醍醐味、スポーツの醍醐味だ。おもしろくないことも、おもしろいのである。そのことに異論を挟める者はいまい。

 なーんて話を園生にしている私なのである。

 

|

« 元祖むらさき観戦記10 | トップページ | 琵琶の演奏会を聞きに行きました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/8721599

この記事へのトラックバック一覧です: パーフェクトリレー:

« 元祖むらさき観戦記10 | トップページ | 琵琶の演奏会を聞きに行きました。 »