« 琵琶の演奏会を聞きに行きました。 | トップページ | Jくん、おめでとう! »

2007年11月 4日 (日)

木曽選抜少年サッカー大会秋の陣

U122007

 今日は表記少年サッカー大会を見に行きました。紅葉の撮影もかねて。紅葉はイマイチだな。なんだろう、艶やかさに欠ける。ここ数年、そんなことを言ってる気がしてますが。

 下伊那トレセンは昨日安曇野に1-3で敗れるなど1分1敗で今日は下位トーナメントで戦います。

 今日の一試合目は北信北トレセン。これは5-1でものにします。リュウジくんの突破力が見ごたえあったゲームでした。最終ラインを突破、キーパーと1対1を3回決めました。堂々のハットトリックです。チーム戦術としてそのことが徹底されており、よかったと思います。

 二試合目は松本トレセンと。ここの選手がでかい。キーパーもでかけりゃ、FWもでかい。前半終了間際まで0-0で凌いでいたけど、最後に個人パワーで突破され、失点。後半は点をとらなきゃ負けるという状況だったけど、勝てる気がしなかったんじゃないかな、下伊那トレセンは。あれよあれよと失点し、0-4で終了。完敗。

 相手の守備陣はよく整備され、中盤は競り合いに強く、前線はパワーに溢れていました。勉強することが多くてよかったと思います。勉強になっていればと願います。

 フィジカルで劣るなら、チャレンジでカバーするしかない。っていうか、そこが面白みなんだけど、ちょっと残念。前半を凌ぎきれば、もしかしてもう少し面白い展開になっていたかもしれません。

 siは一試合目で足を削られ(っていうか、自爆に近かったが)負傷退場。昨日も負傷退場してるし、もうなんていうかボロボロ。でも痛がりすぎっていう疑惑あり(笑) 二試合目もアタマからフル出場してるんだし、疑惑は濃厚(笑)

 今日は二試合とも右サイドハーフだったけど(システムは4-4-2の中盤ダイヤモンド)、チャレンジ精神にかけていたように思う。タッチしたボールのほとんどは2タッチ以内にパスって感じ。バイタルエリアでのチャレンジ(ドリブル)をもっとしかけて相手を慌てさせたり考えさせたりするべきだったような。

 ここんとこ、ちょっと力量が上の相手と戦う際にナーバスになりすぎているsiです。チャレンジしよう!勝てる相手に番付通り勝つ事がチャレンジじゃない、ありがたいじゃないか、格上の相手と真剣勝負できるなんてさ。

|

« 琵琶の演奏会を聞きに行きました。 | トップページ | Jくん、おめでとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/8759135

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽選抜少年サッカー大会秋の陣:

« 琵琶の演奏会を聞きに行きました。 | トップページ | Jくん、おめでとう! »