« 京都のつどいの下見 | トップページ | 宮の原、出動。 »

2007年9月27日 (木)

体験合宿

 通年合宿に参加するためには体験合宿をしてもらいます。体験合宿は参加する年度の1年前に行います。2泊3日です。日程は参加者と学校とセンターの都合をあわせて決めています。一度にたくさんの子を受け入れると、通年合宿の体験という意味あいが薄れますし、私達もこどもをよく見れませんので、多くても1回に3~4人の受け入れとなっています。

 日程的には、

初日・・・午後3時集合、オリエンテーション、施設・環境案内、保護者一時解散・こどもは通年合宿体験スタート。

二日目・・・学校体験(登下校から園生と行動をともにする)、保護者は朝学校へ行き、校長先生他諸先生方に挨拶、校内見学、村内見学。参加者は下校後通年合宿体験継続。なお、下校後に学力テスト実施。

三日目・・・親子面接、諸連絡、解散

 という感じになっています。

 8月下旬から体験合宿は行われ、今実施中のもので4回目になっています。まだ折り返し地点にきていません。この後も結構希望者はおります。

 つくづく・・・希望してくれる子、みんなお受けしたいと思います。でも、施設的に今の数(14人)が限界。残念でなりません。

 ただ、体験合宿をして、通年合宿に参加するのは無理だな、という子がいることも確かだし、稀ですが(ほんとに稀)、申し込みの取り下げがあることも事実。そうした動きがあることを見て、体験合宿ってやっぱ必要だなあと思っています。

 1年間の山村留学ですから、参加する側も受け入れる側も慎重に考える必要があります。考える材料としておためし体験はとても大切。まだるっかしいようですが、なくてはならないのが体験合宿なんです。

|

« 京都のつどいの下見 | トップページ | 宮の原、出動。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66200/8145202

この記事へのトラックバック一覧です: 体験合宿:

« 京都のつどいの下見 | トップページ | 宮の原、出動。 »